0612 257-001

2018-02

1052話 山の辺の散歩道(尾張旭市)小幡緑地コース始点 と 本年最恐(暫定)の夢 - 2018.01.21 Sun

本年最恐(暫定)の夢

 2018年になって、まだ20日ばかりですが、怖い夢を見ました。はっきり覚えている中では、最恐の夢です。(年初に付き、当然、暫定1位)

 腹が痛くて1時間ごとに起きて、3回目に寝始めたとき、なにか気配を感じて左後ろを見ると、ガラス越しに真っ白な女性の顔がありました。(実際には、窓がある場所ではありません)
 女性の後ろには、大きさは顔と同じで、白いフィルム状のものが、空間に漂っていました。
 さらに、女性は、顔をガラスに押し付け、にらみつけてきました。
 おもわず大きな声をあげたのですが、5回ほど叫んで、やっと目が覚めました。

 真の誘因は分かりませんが、
・賞味期限切れの牛乳を飲んだ
・フグを食べた
・見知らぬ道を歩いた
・もめごとの話を聞いた
ストレスとしては、以上のようなものでしょうか。

 白すぎる以外は、美形だったので、もう一度お会いしても良いのですが・・・
やめたほうが、いいんでしょうね。
IMG_18011582i_convert_20180121183109.jpg
維摩池

山の辺の散歩道(尾張旭市)小幡緑地コースほんの入口

 昨年の11月に、山の辺の散歩道(尾張旭市)の城山公園に向かうコースの一部を歩いたのですが(1032話、2017年11月16日の記事)、今回は、小幡緑地(東園)コース(西コース)の始点を覗いてみました。

 森林公園南門前(西)駐車場を出たところに、案内表示があります。
IMG_18011563i_convert_20180121182752.jpg
矢印にしたがって西に向かいます。

IMG_18011565i_convert_20180121182811.jpg
歩道は、ありません。車に注意。

IMG_18011566i_convert_20180121182825.jpg
右手に、県の消防学校があります。

IMG_18011567i_convert_20180121182842.jpg
異様な建物ですが、救助訓練をするための塔なんでしょうね。

IMG_18011568i_convert_20180121182856.jpg
シャッターの中に消防車や救急車などがあり、出動訓練をしている様子を、ときどき遠目で見かけることがありました。

IMG_18011569i_convert_20180121182910.jpg
すこし下ります。

IMG_18011570i_convert_20180121182925.jpg
街なのか、山の中なのか、よく分からない道が続きます。まさに山の辺の道。ちなみに、画面左端の家は、鉄骨で耐震補強してあるのが、よくわかります。
この辺りで、戻り始めましょう。

IMG_18011572i_convert_20180121182939.jpg
90度左に曲がりました。消防学校の塔が見えるので、スマホの地図を見なくても安心です。空が広い。

IMG_18011576i_convert_20180121182953.jpg
森林との境目の道です。住宅は多いのですが、ものすごく静かです。

IMG_18011578i_convert_20180121183009.jpg
すこし広い道に出て、維摩池方向に戻ります。

IMG_18011580i_convert_20180121183028.jpg
名鉄バスのバス停。広場の周りには、高速道路よりも厳重なの防音壁が造られている。目的がよく分からない。ヘリポートにでもするつもりか?

IMG_18011581i_convert_20180121183052.jpg
和風の喫茶店(和穏)を過ぎると、もとの場所にでます。

西ルートを評価するには、早く戻りすぎたようです。次回は、もうすこし先まで歩くことにしましょう。

1051話 愛知用水37km地点 - 2018.01.17 Wed

 森林公園(尾張旭市)の駐車場から見える建物が気になったので、フラフラと歩いていきました。
IMG_18011548i_convert_20180117205951.jpg
愛知用水(下流側)

IMG_18011545i_convert_20180117205905.jpg
兼山取水口から37km地点という看板。知多半島の先まで続いているので、まだまだ水源に近い。

IMG_18011547i_convert_20180117205933.jpg
上流側

IMG_18011546i_convert_20180117205919.jpg
水路沿いに、ずいぶん前からグループホームがあります。

IMG_18011549i_convert_20180117210012.jpg
こちらは、社会福祉法人「蒲生会」の児童養護施設、老人ホーム、職員の寮などが集まっています。駐車場から見えていたのは、この建物群です。

IMG_18011551i_convert_20180117210043.jpg
東名古屋キリスト教会
この辺では、お寺よりもキリスト教会の方が多い。


IMG_18011550i_convert_20180117210029.jpg
庭の広いお宅

IMG_18011552i_convert_20180117210101.jpg
名産大グランドと喫茶店(paper-moon)

IMG_18011554i_convert_20180117210134.jpg
すこし下ると(下流側)暗渠になっています。落ちたら大変。
今日は、ここまで。

1050話 楽しみなドラマ二つ始まる / 維摩池排水路(その2) - 2018.01.13 Sat

 楽しみなTVドラマが、二つ始まりました。

 一つは、「anone」(日テレ系(名古屋では中京テレビ)、水曜22時)です。
 初回は、わけありの若者たちが、まあまあのお金をひろい、なにか事件に巻き込まれそうな空気を漂わせながら終わったのですが、話の展開の面白さ以上に、広瀬すずを中心とした本格的な演技、よく練られた映像が、ドラマの面白さの一つの典型をみるようで、観る側のレベルを一段押し上げてくれるような気がしました。
 huluで再放送を観られるようなので、「anone」で検索してみてください。


 もう一つは、「アンナチュラル」(TBS系(名古屋ではCBC)、金曜22時)です。
 こちらは、不自然死究明研究所の活動を描いたものですが、解剖医の視点から、怪しげな死因をひっくり返し、本当の死因にたどり着いていく話です。単純なサイエンス面だけの謎解きだけでなく、死に至る、いろいろな背景についても、登場人物それぞれの個性・得意分野を統合して、詰めに導いていく、脚本の力が大きいように思います。(逃げ恥の脚本家 鈴木亜紀)
 こちらは、1話完結のようなので、次回からでも楽しめそうです。



 維摩池排水路(その2)
 前回、維摩池排水路の堰堤下へ行ってみたのですが、今回は、その先がどうなっているのか、探ってみました。

IMG_18011537i_convert_20180113195829.jpg
維摩池(尾張旭市)
IMG_18011530i_convert_20180111211936.jpg再掲:堰堤の上から見る
IMG_18011529i_convert_20180111211918.jpg再掲:排水路の始まり

IMG_18011538i_convert_20180113195844.jpg
この道の突き当りが、堰堤です。水路は、左側になりますが、住宅の裏で、ここからは見えません。

IMG_18011541i_convert_20180113195939.jpg
住宅の裏側が見える場所がありました。

IMG_18011540i_convert_20180113195916.jpg
さがって見ると、こんなふうになってまして、水路は、また地下に潜ります。

IMG_18011539i_convert_20180113195859.jpg
そして、再び地表に現れます。
豪雨のときは、溝の中だけでなく、左右の土留めの間いっぱいに流れるのでしょうね。
そのわりに増水対策(嵩上げ)をしてある家と、あまり考えていない家があるようです。


IMG_18011542i_convert_20180113200003.jpg
堰堤にもどるとき、山の上に、巨大な弘法さんの像が、見えました。

1049話 維摩池2018(ヌートリア) / 「振り袖詐欺」に一枚 - 2018.01.11 Thu

 朝日川柳に「・・・が振り袖詐欺に・・・・・」(全体は著作権の関係で書けない)というのがありましたが、振り込め詐欺だけでなく、振り袖火事まで連想させて、うまい!と、うなりました。(ちなみに、最近の研究では、振り袖火事の本当の火元は、大名屋敷のようです。けしからん)

 それはさておいて、今年初の維摩池散歩です。
IMG_18011517i_convert_20180111211719.jpg
尾張旭市の維摩池
 風を遮るものが少ないので、体感的にかなり寒い。

IMG_18011519i_convert_20180111211739.jpg
 猫も、風を避けているのでしょうか。

IMG_18011524i_convert_20180111211800.jpg
 これは、ネズミではなく「ヌートリア」。久々の登場です。

 年のはじめに、まえから気になっていた維摩池の水の出口を見てみました。
IMG_18011530i_convert_20180111211936.jpg
 上から見ると、先の方がどうなっているか、わかりません。

IMG_18011525i_convert_20180111211816.jpg
 写真では分かりませんが、急な階段です。

IMG_18011526i_convert_20180111211833.jpg
 流量計でしょうか?

IMG_18011527i_convert_20180111211855.jpg
 水路が、続いています。右側の建物は、集会所です。

IMG_18011529i_convert_20180111211918.jpg
 水路の先は、こんな風ですが、見えている水路は、あまりにも細すぎるので、木が生えていない地下に、大きな配水管が埋められているのではないでしょうか。(未確認)

IMG_18011531i_convert_20180111211957.jpg
 池の方は、こんなに大きな口が開いている。

IMG_18011533i_convert_20180111212013.jpg
 その近くには、ヌーちゃんも。
前のとは、別の個体で、やや大きい。


 地図の上では、水路はいったん地下に潜り、北の方に用水路として地表に出ているようなので、途中に痕跡がないか、いずれ確認するつもりですが、今日は、ここまで。

1044話 栃木へ (4) 神社仏閣・瀧・湖そして温泉 - 2017.12.27 Wed

 来年は、多難な年になりそうなので、日光山輪王寺の鬼門の魔除けを、自宅の居間に取り付けました。(貼るというには、立派すぎ)
<画像削除>

栃木その四は、瀧と湖です。

IMG_17121449i_convert_20171227200454.jpg
 湯瀧です。落下というよりも、ジェットコースターのような流れになっています。
-----------------------------------------------
IMG_17121453i_convert_20171227200543.jpg
 こちらは、竜頭の瀧。二本の瀧が合流する地点の岩が竜の頭のようだということですが、私には、お猿さんの顔に見えました。

IMG_17121456i_convert_20171227200639.jpg
 その上流部分で、氷と雪も混ざって、こちらには、ワンコの顔が現れています。
-----------------------------------------------
IMG_17121469i_convert_20171227200719.jpg
 次は、有名な華厳の瀧です。エレベーターで90mほど降下してから、トンネルを経て、さらに階段を下ります。トンネル内には、瀧で亡くなった方の慰霊碑がありました。

IMG_17121473i_convert_20171227200802.jpg
 スマホなりに、アップを試みる。

IMG_17121471i_convert_20171227200747.jpg
 瀧の右側。川をせき止めて瀧を造ったのと同様の溶岩が、柱状に固まっている。(場所によって違いがあり、岩石好きの人にはたまらないだろうが、私にはよく分かりません)

IMG_17121463i_convert_20171227200659.jpg
 近くの山。 ここにも人面が・・・というか、地質がややこしい
-----------------------------------------------
 ここからは、中禅寺湖
IMG_17121478i_convert_20171226212221.jpg
 寒そうな景色ですが、ホンマに寒かった。観光客は少ない。

IMG_17121481i_convert_20171226212234.jpg
 寒いけど、こういうところに住みたい(池好き

IMG_17121483i_convert_20171226212253.jpg
 紅い橋の下を通って華厳の瀧につながる水路となっていますが、寒いのと時間がないのとで、ここまでで追及終了。(瀧から飛び降りた人のルートを探りたかったが・・・)

 栃木の自然は、長野よりも鋭い感じがしたのと、いろいろな人の売り込みが積極的で、癒しというよりも、積極的にリセットしにいく地域のように感じました。
-----------------------------------------------
 蛇足:購入した腕時計の高度表示は、気圧を基にしているので、当然、天候によって変動しますが、いろは坂の高度変化は、きれいに捉えていました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (330)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (39)
散歩;公園など (83)
散歩;池を中心に (56)
地形を楽しむ (53)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (376)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (203)
トモセラピー(癌治療)体験記 (74)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (24)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (124)
落語・美術・演劇など (73)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (86)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-