0612 257-001

2017-03

561話 準日常となった森林公園です - 2017.03.19 Sun

 そんなわけで(前回ブログから)、毎度お約束の自宅から車で5分の森林公園(愛知県尾張旭市)にやってきました。

 ただし、本日は、サンタ(M.シュナウザー)の美容院(高蔵寺)からの帰りなので、多少時間がかかりました。桜はまだですが、連休ですし、春のような陽気につられて、お隣の東谷山フルーツパークに出入りする車も、数倍多いように思いました。

  image1703sk6_convert_20170319205646.jpg
<森林公園に到着>

IMG_17030346i_convert_20170319210129.jpg
<子供広場への道>

IMG_17030347i_convert_20170319210145.jpg
<子供広場>4時過ぎなのに人が多い

IMG_17030241i_convert_20170319210301.jpg
<大広場へ向かう>

IMG_17030248i_convert_20170319212831.jpg
<鹿の宿から鹿がいなくなって久しい>


image1703sk11_convert_20170319212739.jpg
<鳥小屋から鳥が消え>

image1703sk3_convert_20170319212722.jpg
<それでも巨木は、モンスター化しながら生き続ける>


IMG_17030253i_convert_20170319212852.jpg
<小川の岸には、桜>もうすぐ・・・かなぁ~?

IMG_17030245i_convert_20170319212817.jpg
<大道平池への道>

IMG_17030336i_convert_20170319212933.jpg
<池のほとりの注文の多いバーベキュー場>
 禁煙はともかくとして、包丁持ち込み禁止(調理道具の貸し出し無し、調理済み材料を持ち込む)、燃料持ち込み禁止(支給のものを使う)、ゴミ持ち帰り、等々、禁止事項が多い。第一、駐車場から随分遠い。なのに、1卓2時間3200円(土日祝)です。15時45分までしか使えないというのも、お役所的。武家の商法みたいだ。


 などと言うのも、始終来るので劣化が気になるのです。
全国植樹祭を機に、いろいろ見直しが進むのでしょうか。

954話 サンタ(M.シュナウザー)的には並評価の瀬戸市民公園 - 2017.03.10 Fri

 瀬戸市民公園は、森林公園(尾張旭市)のように17時30分で駐車場から締め出されることもなく、すこし遅めのサンタ(M.シュナウザー)の散歩を、のんびりとできるので助かります。
 しかし、森林公園では、サンタは「キューキュー、ピーピー」言って喜ぶのですが、市民公園では興奮しません。

       IMG_17020183i_convert_20170310192809.jpg
      <フン>

 競技場中心の公園で、野趣が足りないからでしょうか。
IMG_17030264i_convert_20170310193049.jpg

IMG_17030263i_convert_20170310193033.jpg
<陸上競技場の中へは入れない>


    IMG_17030260i_convert_20170310192952.jpg
 公園の端の谷には、第二次世界大戦中の地下工場跡があるのですが、野趣がありすぎ

IMG_17030262i_convert_20170310193014.jpg
そう思って見ると、画面右のマンホールの部品のようなものも、中から日の丸の鉢巻きをした女の人が、這って出てきそうな趣があり、不気味です。

IMG_17020174i_convert_20170310192700.jpg
 一方では、植木を特産品の瀬戸焼茶碗風に剪定しているのは、ご当地のゆるキャラと同じかたちでもあり、無理矢理すぎて、すこし笑えます。

       IMG_17020179i_convert_20170310192717.jpg
      散歩コースとしては、ともかく急坂の連続(ここをジョギングしている人もいますが)登ったり、

       IMG_17020182i_convert_20170310192753.jpg
       下ったり、

       IMG_17020184i_convert_20170310192828.jpg
       ほとんど、滑り降りたり、

IMG_17020186i_convert_20170310192856.jpg
競技施設を横目に見ながら、歩いていると、

IMG_17020187i_convert_20170310192919.jpg
やっと、芝生広場に出ます。
 ただ、森林公園と比べると、圧倒的に狭い。
また、高低差がありすぎます。
 そのあたりが、サンタにうけない理由でしょうか。

 私にとっても、あまり爽快感を感じない場所ではあります。もっと、遠景が見られると、気分が良いのでしょうけど

952話 瀬戸の粘土の謎が解けた「日本列島100万年史」 - 2017.03.06 Mon

 暖かくなってきたので、赤池タイヤさんで、夏タイヤに交換(会員制無償)。
IMG_17030246i_convert_20170306212957.jpg
 留守番のサンタ(M.シュナウザー)は、窓越しに見送り。

 帰ってから、留守番のお駄賃で市民公園へ散歩に。
IMG_17030247i_convert_20170306214233.jpg
 画面正面、市民公園の東は、粘土の採土場が広がっています。

 尾張東部に転居してきてから、ずーっと疑問に思っていた「どうして粘土がいっぱいあるの?」の答えが、山崎晴雄、久保純子著「日本列島100万年史」にありました。

 100万年前まで、東海湖盆という伊勢湾西岸から東濃・三河高原にいたる盆地があったそうです。(今の地形は、1回忘れましょう)
 瀬戸あたりが東の端で、西の端は、養老断層に至ります。

 瀬戸や知多半島付近、伊勢付近が、最初に堆積が進んで、淡水湖が埋められていった感じでしょう。(なお、ときどき聞く、この辺りまで海がきていたということは、痕跡がみられないそうです)


 近くの岡崎は、墓石に使う花崗岩で有名ですが、花崗岩の風化物が、瀬戸、土岐、常滑の谷や低地に堆積して、粘土になったということです。しかも、花崗岩の風化物だけで、混じりものがない良質な粘土(陶土)なので、陶磁器産業につながったわけです。
 まさにガッテン!

IMG_17032358c_convert_20170303215122.jpgクリックで拡大できます

 以上は各論ですが、この本の主題は、日本列島が今日の形になるまでの物語の方で、CGで動画になったら、100回観ても飽きない、壮大な作品になりそうです。
 長くなるので、講談社ブルーバックス「日本列島100万年史」を読んでいただくとして、衝撃を受けたキーワードは、「日本海開裂」です。チマチマした人間世界がばかばかしくなること受け合いです。

949話 小さな遊水地の流出路を見っけ! - 2017.02.25 Sat

 世の中、ハッキリしないことばかりです。
IMG_17020148i_convert_20170225210547.jpg
<2月23日、朝の霧>散歩道

 しかし、注目していれば、時間とともにハッキリしてくるのは、隠蔽しにくい世の中でもあるからでしょうか。

 世の中の大きな霧とは違い、ささやかな謎として、940話(2月5日(2017年))の中で、遊水地の流路が見えないと書きましたが、本日、散歩の途中で見つけました。

IMG_17020169i_convert_20170225220709.jpg
<一番低いところは、調整池の底、その次の低くなったところが、遊水地> どんどん水位が上がったら、最終的にどこへ流れ出るのか、という疑問です。

答?
 サンタ(M.シュナウザー)に引っ張られ、S薬局(右)とM特殊陶業(左)の間の蛇の道のようなところを通り、東に進むと、

     IMG_17020152i_convert_20170225210612.jpg

小さな橋がありました。
IMG_17020154i_convert_20170225210631.jpg
 突き当りがコンクリートの頑丈な壁になっています。この壁が、遊水地を囲んでいるようです。
 壁をよく見ると、右側の方が、やや、低くなっています
ここが、流出場所だ!


 その下は、すぐに川になっていて、
IMG_17020156i_convert_20170225210655.jpg

低い方につながっています。
IMG_17020158i_convert_20170225210708.jpg

IMG_17020162i_convert_20170225210742.jpg

IMG_17020161i_convert_20170225210724.jpg
 足元には、工事についての銘板がありました。
これは、変です。昭和68年度となっています!!
さすが、土木業界。何でもありです。


IMG_17020165i_convert_20170225210817.jpg
 なお、この辺りは、土石流危険地帯のようです。気をつけろということですが、公営住宅も建ってるし・・・
 ともかく、豪雨がきたら、逃げましょう



937話 夕暮れ時に志段味大塚古墳などをスマホで撮ってみた - 2017.01.28 Sat

 遅ればせながら、望遠レンズの無いiPhone7の実力をチェック

 これは、朝ですが、フルに望遠に振ってみました。
IMG_17010007i_convert_20170128185147.jpg
 やや逆光気味ですが、さほど画質が荒くもならず、なんとか写っています。

 夕闇には、まだ間のある、午後4時ごろの広角のままの写真です。
IMG_17010008i_convert_20170128185204.jpg
中景にフォーカスされてます。

同じ場所で、思いっきり望遠に振ると・・・
IMG_17010009i_convert_20170128185222.jpg
山上の建物が、ぼんやりと捉えられます。しかし、肉眼ではもっとクッキリと見えており、光学望遠のある安物のデジカメにもかなわないでしょう。(棲み分けにはなる)
 中・近景を拡大する機能として考えておいた方が、良さそうです。(クリップオンの望遠レンズが無いか調べてみますが)


IMG_17010012i_convert_20170128185238.jpg
 どーでもいいから、早く散歩に行こうというサンタ(M.シュナウザー)に引っ張られ、近所の森林公園へ。5時少し前です。

IMG_17010013i_convert_20170128185253.jpg
陽が沈む中景逆光のシーン。(大道平池)

IMG_17010019i_convert_20170128185320.jpg
 これは、森林公園バーベキュー場周辺の古典的防火対策。ちょっと心配だが、画面は明るく写っている。(暗さには、強い)

IMG_17010022i_convert_20170128185337.jpg
 森林公園から少し北西に足を延ばすと、志段味古墳群があります。(車で5分程度)
(かなり暗くなってきましたが、それらしく写っています)


IMG_17010023i_convert_20170128185351.jpg
これも古墳。肉眼で見るよりもそれらしい。大久手池の北~北東に、いくつも古墳があります。


IMG_17010034i_convert_20170128185405.jpg
 これが、志段味大塚古墳で、帆立貝式古墳ということです。超復元中で、3月末まで、工事が続きます。(やりすぎ感あり)
(さすがに画面に暗さが、にじみ出ています)
(なお、この写真は順光ですが、暗いと、逆光に弱く(フォーカスが甘く)なるようです)(なので、大久手池は、絵にならなかった)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (305)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (69)
散歩;池を中心に (51)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (35)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (335)
歴史 (33)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (169)
トモセラピー(癌治療)体験記 (60)
トモセラピー予後 (28)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (110)
落語・美術・演劇など (60)
オーディオ (12)
犬 (49)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (7)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-