0612 257-001

2017-04

963話 がん細胞も休眠中? - 2017.03.31 Fri

       IMG_17030409i_convert_20170331205124.jpg
   <ぼつぼつ、春ですね~。このあたりの桜は、あと一押しで開花かも>(スマホで、背景のボケが出せた
------------------------------------------------
 さて、ひさびさにやってきました地元の大病院へ。
 ドクターカーが、待機中です。着陸場所を考えなくてもよいので、ドクターヘリよりも出番が多いかも。(救急車が隣にいるので、セットで出動ということでしょう)

IMG_17030384i_convert_20170331205002.jpg

 待ち時間を減らすため、検体検査と診察を別の日にしてもらっていますので、まず、採血・検尿だけして、あとは喫茶店へ。IMG_17030393i_convert_20170331205031.jpg
小さな川をまたいで、

IMG_17030396i_convert_20170331205048.jpg
駅前の「シルビア」へ。

IMG_17030397i_convert_20170331205103.jpg
愛環鉄道と名鉄瀬戸線が交差するところで、広場もあり、バス、タクシー乗り場もあるので、一息つくのに便利。

------------------------------------------------
 で、別の日に診察。待ち時間、マイナス10分(予約時間よりも早かった)。
 結果は、図のように良好。(74ヶ月経過)(0.6以上が危険レベル、マイナスになるほど沈静化)

PSA推移(至170323)_convert_20170331204929
 放射線治療は、トモセラピーによるものです。はじめホルモン療法をして、放射線治療中は、併用していません。
 再発後は、リュープリン注射と、ビカルタミドの服用をしていました。(3か月前に終了)
 現状は、最初の治療終了後の値よりも、PSA(指標値)が一桁小さい(沈静化している)ので、一安心。
 当分、薬も飲まず要観察処分。このままいけば、東京五輪まで、何もせずに持ちそうですが・・・

------------------------------------------------
 何をやっているのか知りませんが、延々と続く病院の工事も、それまでには、終わっているでしょう。
IMG_17030450i_convert_20170331205145.jpg

922話 骨転移は広がってない - 2016.12.22 Thu

 昨年の11月に、前立腺がんの指標値PSAが危険ラインを超えたので、ホルモン療法を再開していたのですが、今年9月にはPSA値が大幅に下がったので投薬を休止しています。(無為に続けると、効かなくなる)
 その後の経過と、転移の状況を診断していただくために病院を訪れました。

IMG_16122155i_convert_20161222204448.jpg

 朝一の予約だったのと、先週すでに検査(生体、骨シンチグラフィー)ずみなので、ほとんど待ち時間なしで診察室に呼ばれました。
 まず、PSAについては、上昇しているといっても、全然問題のないレベルなので、このまま様子を見ていくということです。

PSA160915pp_convert_20161222204504

 骨転移については、骨シンチグラフィーの画像を見せられましたが、1年前と全く変わっていないように見えました。脊椎ではなく、骨盤なので、いまのところ自覚症状はありません。骨折や、まひの心配はありますが、昨日の朝日新聞によれば、「ランマーク」といった良い薬ができたようなので、少し安心です。

 来年は、薬も、注射も無い生活です。1年ぐらい続けば、ありがたいんですが・・・

763話 指固定具とMRIおよび骨シンチグラフィーの関係  - 2015.11.07 Sat

 前立腺癌再発の可能性が高いので、先週のC/T検査に続き、MRI骨シンチグラフィーの検査を受けた。同時に、定番の生検(血液検査と検尿)も

 MRIでは強力な磁場内に入るので、金気は禁物である。女性(に限らないが)の化粧(金属成分を含む)もアカンらしい。もちろん、時計や、携帯のたぐいは、壊れるのでNG。
 指の固定具も金属なので聞いてみたら、「今回は、腹と腰のあたりを調べるので、しっかり固定されていればOK」ということだった。
 バスローブのようなものに着替え、身動きがとれない台の上で、胸の上で手を組んだ状態で、磁気を浴びる。
何回も受けているのだが、今回は、磁気が透過するのがよく分かった。気のせいか、検査部分の体内(内臓?)が温かいのである。
なかなか気持ちが良い。ピップエレキバンの比ではない。腰痛が治りそうだ。

 検査室は、振動を嫌うためだろう、地下にあるが、坪庭のようなものが作ってあり、空の光が入ってくる。そこが、「ギャラリー天青」という作品展示スペースとなっている。
   IMG_15110801i.jpg
 当日の展示物は、招き猫とはちがい、不気味なほどリアルな猫の群像であり、作者のネコ好きが伝わってくる。自宅の庭にこういった作品を散りばめて、ライトアップするというのも、趣向としてはアリだが。
--------------ー
 MRIが終わったら、次は、骨シンチグラフィーだ。
ラジオアイソトープを注入する。かなり大量の薬液だが、点滴のような感じではなく、一瞬で終わる。
--------------ー
 撮影は3時間後ということなので、先に生検に向かう。
金曜日の10時過ぎであるが、立って待っている人もいる。30分ぐらい待って順番が来た。
恐ろしく血の出方が良い。血が止まらない。採血したところを押さえながら、一旦帰宅する。
--------------ー
 前回もそうだったが、ラジオアイソトープを注入すると、時々、灼熱感のある瞬間が訪れる。天候が、このところの気温と違い、25℃を超えていたせいもあるのだろう。
 日清のインスタント焼きそばに、添付のソースをかけず、レトルトの中華丼のもと(生協)をかけて食べてみた。
「大変美味しゅうございます」とまではいかないが、案外、胃に優しい。

 そうこうしている間に、時間が来たので病院に戻りアイソトープ検査室
おっと、その前に排尿。尿があると骨盤撮影の邪魔。
こちらも、金属のものはダメだが、指の固定具はOKとのこと
 台の上で、検査技師二人に布で簀巻き(すまき)にされ、巻き寿司になったような気分で、15分間じーっと撮影終了を待つ。といっても、ほとんど寝ていた。3回、幽体離脱する夢を見た。
--------------ー
 帰宅後は、同居人が「朝カル」の日なので、サンタと二人で1時間以上散歩。
   IMG_15110802i.jpg
暗くなると、近所のケーキ屋さんの明かりがうれしい。(最新のスマホだったら、もう少しまともに撮れるかもしれないが)
夕食は、まだだ。エネルギーを体内の放射性物質で得ているので、身体は温かいが、少し疲れた。

756話 M先生これですか・前立腺癌の新治療薬 - 2015.10.22 Thu

 八事(名古屋市)に近い大病院のM先生「前立腺癌が再発したら、また、ホルモン療法をやることになりますね」
私「しかし、以前、ホルモン療法をやって全身が痒くなりました」
先生「今は新薬が出ているので、選択肢が増えましたよ」「泌尿器科の先生と相談するといいですよ」「高いけどね」ということでしたが・・・具体的な薬品名などは聞かずじまいでした。

 月末には精密再検査が始まるので、気になっていたのですが、10月20日のETV「きょうの健康」で、この件が放送されました。
「前立腺癌の新しい薬物治療」
 講師:JCHO 赤倉功一郎先生
概要)
2015年に発覚したガンの件数でトップ
前立腺癌で、年間1万人が死亡
骨、リンパ節へ転移する(骨が80%;背中の痛み、脚のしびれあり)

で新薬は、再発した(去勢抵抗性)場合や、転移した場合に使う。(つまりは、進行した癌に)
ホルモン療法としては、
アビラテロン : 癌細胞が、コレステロールから男性ホルモン(癌の栄養)を作るのをやめさせる・・・低カリウム血症、高血圧の副作用あり(肝臓病の人は☓)
エンザルタミド : ホルモンの癌受容体への結合を抑える・・・疲労・食欲不振の副作用、けいれんの副作用あり(てんかんの人は☓)

抗がん剤としては、
カバジタキセル : 従来の抗がん剤(ドセタキセル)が効かなくなっても、こちらは効く・・・白血球減少、好中球減少→感染症にかかりやすくなるので、発熱などに厳重注意←GCS投与

問題の費用は、高額療養費制度を使ったうえで、月数万円とのこと
(我が家の場合、誰かの道楽カットで対応可能か?)

なお、早ければ来年あたりから、放射性ラジウムを使った治療法も始まるということなので、放射線好きな私は、そちらに期待 (ラジウム温泉と間違えている)

(なお、NHKから当番組のテキストが出ているようです)

748話 カラダガタガタ いよいよガン転移の検査へ - 2015.10.02 Fri

 身体がガタガタというのは、今日の夕方、サンタ(M.シュナウザー)の散歩で暗い道を歩いているとき、側溝の蓋の欠けているところに左足の先がはまり、そのタイミングでサンタが強く引いたものですから、うつ伏せに倒れて、全身を打ってしまったということです。起き上がるのに時間がかかりましたが、なんとか自宅にはたどり着くことはできました。
 擦り傷は、見える範囲で7箇所、打撲は、主に膝、階段を登るのが、辛くなりました。まずいのは、左手薬指が、曲がったまま戻らなくなったことです。痛くはありませんが、気持ちが悪いので、明日、整形へ行こうと思います。
--------------ー
 それに比べ、こちらは、何の自覚症状もありませんが、ついにPSA(前立腺癌の指標)が、再発判定基準値に近づいてきました。
PSA5632.jpg

ということで、早めに検査に入ります。

 まず、体幹部のC/T
別の日に、MRIでも見ます。
さらに、骨への転移がないか、ラジオアイソトープ(放射性物質)を注射して、全身の写真を撮ります。(ガンのところが光る?)

 しばらく、X線や強力磁気、放射線を浴びて、元気が出そうです。(ラドン温泉と違う、ゴジラか)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (310)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (74)
散歩;池を中心に (51)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (35)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (339)
歴史 (33)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (173)
トモセラピー(癌治療)体験記 (61)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (110)
落語・美術・演劇など (60)
オーディオ (12)
犬 (49)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (7)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-