0612 257-001

2011-01

これって風水? - 2011.01.31 Mon

 風水は,ややこしくて分かりませんが,ベッドの配置を変えたところ,寝心地はたしかに変わりました

 最初,東枕で,動線がベッドを横切っていました
この場合,家の内外の物音が良く聞こえるので寝付きが悪く,悪夢を見たり,途中で目を覚ます傾向がありました.
P1030282.jpg

 そこで,北枕にして,動線に逆らわないようにしました.
これで,寝付きは良くなったのですが,早朝に犬の物音や臭いで起きてしまいます.
P1030285.jpg

 現状は,南枕にしてあります.寝付きが良くなり,途中で起きることも無くなりました.ただ,いくらでも寝られるので困ります.
 P1030289.jpg

 なお,本ブログ管理人の場合,寝付きが良いというのは,横になって1分以内に意識がなくなることを言っています


 話は変わり,闘病犬ポアロ(14.9歳,慢性心不全)ですが,シニア用のご飯を受け付けず(もどしたり,下痢をしたりする)もっぱら肥満犬用を食べています.
PICT0317.jpg
 その場合,栄養不足に陥る可能性がありますので,体重を見ながらご飯の量を加減するよう言われています.
本日は13.0kgで,定常値でした.
一番多いときは,15kgあり,その時はダイエットを命じられました.原因は,お菓子や,人間のご飯のおこぼれです.

 このところ寒いので,寝間着を着せています.
PICT0316.jpg
ほとんど冥界に居るような寝方ですが,食べ物の匂いがすると,ガバと起き上がります.

102話 東谷山 尾張戸神社 工事車両用登り口 - 2011.01.29 Sat

 東谷山(名古屋市守山区、標高200m)の尾張戸神社を勝手に氏神様とさせていただきましたが、初詣もしてなかったので、遅ればせながら参拝させていただきました。
 
 今回は、北西方向にある工事用車両のための道路を利用しました。

 登り口の目印は、この廃屋です。巨石が敷地の中に入り込んでいます。宅地開発で、東谷山北西方向の古墳群が失われたという説明を以前見ましたが、関係あるのでしょうか。それと、廃屋になったことの関係は・・・など、気になります。墓を荒らす者に呪いをかけるのは普通ですから (このあたりから急に、陰の気が漂っていることは確かです)
PICT0288.jpg
PICT0291.jpg

他にもこんな、消滅した宅地跡のようなところがあります。
PICT0296.jpg

 車は、途中で通行できなくなっていますが、マウンテンバイクや山岳マラソンの人が時折通ります。
PICT0301.jpg

 こんな道が続きます。
PICT0313.jpg

 山頂の神社の東側にある石室は、下から移築したものです。
PICT0305.jpg

 本殿については、すでに書いたので省略します。
 神社の裏に賽銭箱もない祠があります。ここでは、柏手の音が完全に吸収されます。無響室の中で、手を叩いているようです。道がわからないので、引き返してもとの工事用道路で帰りました。
PICT0311.jpg

 木が生いしげっていて近くの街並みは見えません。
PICT0308.jpg

 東谷山フルーツパークの駐車場から往復約7000歩程度なので、丁度良い運動になります。
それと、フルーツパークの売店は、結構お値打ちですよ。今は、無料駐車場も空いてますし

一見変だが役に立つ 異型歯ブラシ - 2011.01.26 Wed

 健康診断を受けまして、2個ばかりひっ掛かりました。
その項目については、6点満点中5点というなかなかの成績です(6点だったら健診受けてる余裕ないだろ)。

 メタボ関係は、腹まわり76センチ(ホンマかいな、自分で測ると80センチはあるけど)ということで、軽くパス(1点)です。

 引っ掛かった2項目については、精密検査を予約しました。なにかありましたら、また、ご報告を



・・・ということで、歯ブラシの話です(健康つながり)。

 インプラント手術のあと、月1~2回歯科医院に通っています。
プロにきれいにしてもらっているのですが、こちらでも努力をしています。
しかし、素人ではなかなか磨ききれません。
そこで、変わった道具を使います。

(以下、写真は私の上側の歯型を使っていますので、上下逆だとおもってください)

No1. T型ヘッドです。商品名:T-style(ときわ商会)
PICT0112.jpg
ヘッドが90度曲がっているというか、まさにT型です。歯の裏側とか両端を磨くのに大変便利です。ただし、これ一本で全体を磨くのには向いていません。裏と側面専用に近いです。そのせいか、近所の店頭から姿を消しました。残念です。通販だったら、あるようですが

No.2 ピンポイント攻撃タイプです。商品名:Profits(エビス)
PICT0114.jpg
局所を磨くには、歯間ブラシに近い高い効果があります。硬いので、鉛筆のように持って、掻き出したいところだけに使うようにしないと、歯茎に傷が付きます。

No.3 細いインライン型です。商品名:デントサイン3列スーパースリム(サンスター)
PICT0119.jpg
こういう方向よりも、横向きにして、歯と歯茎の間のブラッシングをするのに適してます。
これも、面白いように歯垢が取れます。取りにくい歯垢が取れるので、ツイツイ磨きすぎます。やりすぎに注意

No.4 フワフワタイプです。商品名:TAMPOPO(STBヒグチ)
PICT0121.jpg
デンタルリンスなどの液体歯磨で口をゆすいだあと、これでブラッシングします。細かな毛なので、こびりついたものを落とすというイメージではありませんが、意外とスッキリ感があります

 この他、下の写真左端の電流を流すタイプ(商品名:KISS YOU(フクバデンタル))も好きですが、電動歯ブラシ(回転型と超音波)はやめました。補修した部分には、きつすぎるようで、詰め物がとれたりしました(私の押し付け力が強すぎる)。いまは、手動で、1回2~3種類のブラシで、10~20分かけて磨いています。

使い分け)
1は裏面、2は歯間、3は前面(歯と歯茎の間)、4は、全体を軽く、写真左端は全体を普通に

使用歯ブラシ一覧(左から、電流を流すタイプ、4、2、1、3)
PICT0125.jpg

第百話 演劇「出番を待ちながら」にみる女優という不確定な存在 - 2011.01.24 Mon

 初期のころ、うっかり二つばかり消した記事があるようで、項目別、月別の記事数の累計と会いませんが、サーバーの表示では、今回がちょうど百話となっております
 アクセス件数も、とくにランキングには参加していないのに、上位2~3%程度にあり、複数の方に覗いていただいているということで、喜んでおります。
 まいど、ご来訪、ありがとうございます


 さて、本題ですが、1月20日に「出番を待ちながら」という演劇を観てきました。(名古屋演劇鑑賞会@名古屋、金山、プルニエホール)
原題は、Waiting in The Wingsです。
この場合のWingsは、舞台の袖(役者が出番を待ってひかえている舞台の両端)という意味がありますが、じつは、引退した女優たち専用の慈善老人ホーム(無料)の名称なんです。
日本には、そういうものは聞いたことがありませんが、英国には実際にあるそうです。
img610.jpg
 そこで起きる様々な事件、ライバルというか数十年前の恋敵が入居してきていがみ合うとか、認知症の女優がボヤを起こすとか、退屈のようにみえて嵐のような日常が描かれています。
そこへ、新聞の取材が入り「人生の黄昏で戦い続けるライバル」と書きたててしまう。
その記事をみて、疎遠だった息子が元女優を引取りに現れるが、それに対して・・・

 演劇で泣くことは少ないのですが、疲れ目のためか涙が出てしまいました

 出演の三田和代さん、新井純さん、はじめ皆さん、役の年齢と近いし、本物の女優さんですし、妙なリアリティがあります。とくに、三田さんは、すごく若いころを見ていますので、女優一本で、ここまでやってこられたことに感慨を覚えます。
 いかにも婆さんといった大方斐紗子さんが突然、すばらしい歌声を聴かせるいくつかの場面は、驚きとともに舞台を華やかにしました。

 ともかく本物の女優さんというのは、特異な生き物だと思います。
女優として生き残ったベテラン女優たちを思い浮かべると、そういう人を一所に集めた施設というのは、考えるだけでも恐ろしい。

 なお、観劇している層も、ウイング住人に負けない高齢者集団であり、幕間に聞こえる話は、養老院に入りたくないといった、リアルな話題でした 

プリウス バックモニタの盲点 - 2011.01.22 Sat

 現行プリウスのバックモニターは、大変便利です。
ただし、万能ではなく、盲点(見えない部分)があり、突起物にコツンと当ててしまったので、調べてみました。

 写真のように障害物を後方左端に置きました。
PICT0259.jpg写真1(クリックで拡大可能)

前後方向は、バンパーとスレスレといったところです。
PICT0258.jpg写真2(クリックで拡大可能)

 モニターの画像では、このようによく見えています。(画面左端の丸に十の字) 
PICT0257.jpg写真3

 中央はもちろん、問題ありませんので省略します。

 ところが、右端は、少しバンパーから離れないと写りません(写真5)。
PICT0265.jpg写真4(クリックで拡大可能)

PICT0264.jpg写真5(クリックで拡大可能、写真2と比べてください)

 しかも、右端の障害物は、かなり見にくくなっています
PICT0266-1.jpg写真6

ということで、右後方バンパー直近については、盲点(見えないゾーン)があると思って、お互い、十分注意しましょう

ドッコイ生きているポアロとヌーちゃん - 2011.01.20 Thu

 ポアロ(14.8歳)は慢性心不全ですが、朝3種類、夜4種類の薬を飲み続けているおかげで、大きな発作も起きず、体調の良い時は、なにか食べるものが落ちていないかと屋内を物色しております。(写真床面は、お漏らし対策のペットシーツ)美容院に行けないので、全身が毛糸玉状態です。とくに、目に毛がかぶさっているのが気になります。別の犬種のようです。
PICT0280.jpg
最近の症状を列挙しますと、
・寝ていたのに突然キャンと言って起きた(小発作?)
・お菓子をもらいに来る途中でキャンと言った(関節痛?)
・お菓子を空中キャッチできなくなった(眼があまり見えていない)
・外から帰ってきて、ワザワザ、ペットシーツのない居間にウンチをした(洋犬は呆けないと言いますが? 空間認識が・・・
しかし、相変わらず食欲は旺盛です

 散歩が少ないので、爪が伸び過ぎていました。
25年前に買った、前の犬(ビーグル)用の爪切りを使ってみました。
なんの手入れもしてないのに、スパスパと、よく切れました。
 LIFE社(日本)の特許製品のようですが、ニッポン品質デスネー
PICT0284.jpg PICT0285.jpg

 さて、以前(12月17日)紹介した森林公園のヌートリアですが、寒波に耐えて、こちらも生きています。
ピンぼけですが、昨日の夕方、あなから出てきたところを写しました。(画面中央)草を食べている
PICT0279.jpg
同居する鳥たちとの共存は、可能なようだが
PICT0273.jpg

やっぱり謎の「空海」 - 2011.01.18 Tue

 故立松和平さんの「道元禅師」、五木寛之さんの「親鸞」を読み、その後出版された対談集「親鸞と道元」を読むことで、真理探求型の道元、民衆救済型の親鸞という、それぞれ異なるベクトルでの仏教活動のありようを、ざっくりとはなぞることができた。

 そればかりか、それらを読んでいると、小説家の筆の先で生み出された人間像かもしれないが、現代のお坊さんが見せない、悩み、闘う宗教家像が活き活きと目の前に現れてくる。
 
 もともと歴史好きから始まった仏教本読みなので、道元(曹洞宗)の1200年生まれ、親鸞(浄土真宗)の1173年生まれというのは、比較的新しいことのように感じられる(鎌倉時代)。

 それに対し、774年生まれの弘法大師空海は、さらに400年前の人であり、一層謎解き的な興味がわく(奈良末期~平安時代)。
 また、祖父が信奉していたためか、臨済宗なのに、今も仏壇に旅姿の弘法大師像(たぶん)がある。そんなこともあって弘法さんに親しみがある。

PICT0130.jpg
 はじめに読んだ本は、山川健一さんの「空海の向こう側へ」という写真右側の新書である。
この本は、腰巻(帯)に書かれた「密教はドラッグよりハイになる」という一行がしめすように、山川さんのドラッグを含む実体験から得た密教に対する体感的理解が描かれている。したがって、密教・空海に興味を持たせるための入門編といった位置づけの内容となっている。これでは、空海が霧の彼方で光を放っていることが分かる程度である。

 そのあと本屋で出会ったのは、写真左側の三田誠広さんの「謎の空海」である。
こちらは、空海の生い立ちの謎、遣唐船に乗り込めた謎、唐へ入ってからの超人的な活躍、最澄との関係など、極力史実に基づいて描かれており、輪郭がかなり見えてくる。

 しかし、まだまだ不思議すぎる。言語能力、行動範囲、理工学、医学的な知識と実践など、あまりに超人的である。説得力・マネージメント能力もすばらしい。
 そして、広大深遠な宇宙観である。
 脳の深層を働かせて理解・応用のできる人だったかもしれない。いわゆるSPECの人(TVドラマから)。

 三田さんは、小説「空海」も読むように書いているが、まだ、入手していない。そこで、どのように解釈しているか、みものである。

理解を超えた蓄熱効果「ほかほかパッド」 - 2011.01.16 Sun

 これから、一年で一番寒い時期になります。
 雪のおかげで、いままで目立たなかったガーデンシクラメンが、デビューしたばかりの新人のようにハッとその存在を気づかせてくれます。
PICT0244.jpg

 外気温は、午後3時でもマイナス2.9度になっています。
PICT0242.jpg

 じつは、当ブログ管理人は、寝るときに、いまだコタツを使っておりません。
オイルヒーターを一番弱くして入れているのと、建物の断熱が良いせいもありますが、西川の「ほかほかパッド」を使っているのが主な理由です。
こんな感じの多層構造です。
PICT0253.jpg

箱に付いていた説明は、
img609.jpg

 購入した理由は、使っていた敷毛布が、夜間火花が見えるほど、ひどく静電気を発生して不快なので、静電気を逃がすカーボンメッシュ層の働きに期待したためです。

 使った結果は、「アチチ」というほど効果がありました。発熱体は入っていないような説明になっており、体温よりも高くはならないはずですが、「ほかほか」を超え「アチチ」です。
蓄熱効果なのでしょうか。不思議です。ヒートテックみたいなことしてませんか

 暑すぎるので、写真右側の木綿のパッドの下に敷いてます。これで丁度いい感じです。
PICT0252.jpg

 西川産業とはなんの関係もありませんが、とりあえず、冷え性の方にはおすすめします。
欠点は、表面の触感がザラザラしていて良くないことです。裏返せば良いようですが、静電気除去効果が薄れると思い、試しておりません。

 それでは、おやすみなさい

初めて便利屋さんを呼びました - 2011.01.14 Fri

 我が家の女神様の指示により、2階の部屋の大幅な配置換えを始めました。
らくらくヘルパー(大洋精工)というアイデアグッズを使い、まあまあ楽にできるかなと思っていました。
PICT0231.jpg
右側のテコで持ち上げ、左のミニ台車を挿し込む。ミニ台車の丸い部分は、回転可能

PICT0229.jpg
こんな感じで、例えば本を収納したまま移動することができる。

ということで、ルンルンと移動をほぼ終えたのですが、ライティングビューローを捨てることになって問題が発生しました
PICT0225.jpg
階段の途中で降ろせなくなってしまったのです2階から見た状態

テコの原理の専用の工具を作って何とかならないかと考えましたが、むしろ危険だという女神様の反対があり、人力に頼ることにしました。
とはいえ、頼める人もいないので、便利屋さんをネットで探し、お願いしました。
午後6時50分に頼み、来ていただいたのは、午後7時50分でした。早い

ベンリーという全国展開している便利屋さんです。
二人来られて、手慣れたもので、スイスイと降ろしていただけました。
ただし、料金は、1時間分取られました(基本料金)。一人3150円×2でした。

まあ、それでも持病の腰痛が発症するよりはマシということで、納得
うちの女神様は、ほぼ口だけ出した感じでしたが、背筋痛になったといって「バンテリン」(コーワ)を塗りたくっていました。

京都の老舗旅館「柊家」 - 2011.01.12 Wed

 ほとんど記憶が残っていませんが、幼稚園児のときに京都の老舗旅館「柊家」へ行ったことがあります。
なぜか、この季節になると消えかかった断片的な光景が浮かびます。柊が冬の季語だからかもしれませんが、むしろ、まわりの空気の冷たさと連動しているのかもしれません。

 幼稚園へ祖父が来て、すぐに京都へ行くということで、連れていかれました。

 じつは、父が柊家で寝込んでいたのです
倒れたのは、民間航空機の中と聞いていますので、そのまま、予約してあった旅館へ運び込んだのかもしれません。

 記憶に残る確かな光景は、京都駅前の輪タクの群れだけです。 
廊下に並ぶ尿瓶は、「柊家」であるはずもなく、旧名古屋国立病院(今は、明治村にある)の記憶と混じり合ったのでしょう。いまだに、漫然とした不安を抱かせる夢として登場します

 それから2年ほどで父は亡くなりました。なので、父の記憶はあまりありません。

 「柊家」は、古くは川端康成、三島由紀夫、林芙美子などの有名人がしばしば宿泊した老舗旅館です。チャップリンやアランドロンなども宿泊しました。
柊家のホームページ
柊家HP

 ここの元副女将の田口八重さんが2009年2月に99歳で亡くなられたとき「おこしやす」という自伝が話題になったのでAmazonで取り寄せました。父のことが一行でもいいから書いてないかと思ったからです
PICT0221.jpg PICT0223.jpg(クリックで拡大できます)

 もちろん一行も記述は無かっのですが、父が寝込んでいた頃は、進駐してきたアメリカ人の客もあったようです。(たぶん)英語もできないのに米軍の接待が仕事だった父との接点を見たような気がしました。

「おこしやす」の中では、川端康成が睡眠薬中毒に近かったこと、三島由紀夫が例の事件の直前に家族で訪れていて問題を抱えている様子が垣間見えたことなどが、淡々と語られています。
仲居は見た、といったところでしょうか。

(田口さんは、28歳で離婚後、岐阜県から子連れで京都へ出て仲居を始め、60年務めた人です。いろいろな経験をしていると思いますが、悪意のない枯れた語り口で書かれています;栄光出版社)

 今後、よほどのことがないかぎり、「柊家」に泊まることはないでしょう。最初で最後の経験を子供の時にしてしまいました。

新設される道の駅「瀬戸しなの」の進みぐあい - 2011.01.10 Mon

・サーバーの方で、なにか障害があつたようで、1月5日、1月6日の来訪記録が消えています。
しかし、本日(1月10日)早朝にサーバーのメンテナンスがありましたので、障害は完治したと思います


・さて、管理人は、なぜか高速のサービスエリア、パーキングエリア、一般道の道の駅が大好きです。(国交省とは関係ありませんが)
観光客による浮き立つ感じが好きです。
並べられた怪しげなみやげ物も、企画者の冷や汗が見えるようで、好きです。

・なので、今年の3月に道の駅「瀬戸しなの」がオープンするのを楽しみにしています。工事の進み具合は、写真で分かるように屋根瓦が乗った段階です(1月10日撮影)。
県道210号にできるのですが、国道248の品野町からは数分です。東海環状自動車道の「せと赤津」インターから10分もかからないはずです。
PICT0209.jpg
PICT0207.jpg

 同じ場所に品野陶磁器センターがありますので、正直に必然性を言えば、蓮舫さんに仕分けされそうです。
相乗効果とか言ってるんでしょうね
品野陶磁器センター
PICT0211.jpg

 アコギなことをすると近所のゴジラが襲ってきそうです。
上水野町交差点の北、屋上で咆哮するゴジラ系巨大生物?ともかくデカイ
PICT0213.jpg

地デジ用のブースター挿入 簡単で十分な効果 - 2011.01.08 Sat

以前、地デジのアンテナを設置した家で、テレビを3台使いたいということなので、3分配器を取り付けます。
電波を三つに分けるので、それぞれに行く電波が弱くなってしまいます
3分配器PICT0203.jpg
マスプロ電工のホームページを見ると、6~10dBの損失があるようです(つまり1/2~1/3に弱まる)。

 そこで、マスプロ電工のUHFラインブースター(UB18L)という増幅器を入れました。本体は、写真上部の銀色の部分、長さ5cm、直径1.5cm、と小さなものです。
PICT0200.jpg
なお、この機種を選んだ理由は、訪れたホームセンターで一番安かったことと、雑音指数が低かったことです
カタログ上、利得は16~20dBということなので、電波を6~10倍に強めてくれるはずです。

 結果は、3ch(NHK)が、TV受像機の表示で80~81dB、10ch(TV愛知)が69~70dBとなりました。

 分配器+ブースターを取り付ける前は、3chが70~77dB、10chが70dB以下でしたので、予定通り分配の損失を補って余りある結果となりました。

 所要時間は、ブースターのみでしたら数分といったところです。
モザイク状のノイズも入らず、安定した受信が続いております。

「あかぎれ」って知ってますか - 2011.01.06 Thu

 “おしん”の時代でもないのにあかぎれになりました。切ったわけでもないのに指先が、割れました
P1030274.jpg
 蛇口をひねればお湯が出る時代でも、あかぎれにはなるんです。

想いあたるのは、
・風呂洗いでの洗剤の使用
・インフルエンザ対策としての手洗い・殺菌
・深夜の外出による指先の冷え
・油分の少ない食事?
・加齢
などです。

 ゴム手袋をしていれば良いのですが、作業がしにくくなります。

 あかぎれ用の塗り薬は、たとえば、メンソレータムの「ヒビプロ」など、たくさん出ています。
PICT0194.jpg
でも、結局、ベタつくので仕事中は使えません。

 傷口を接着するタイプを使ったこともあります。それにより作業性は良くなりますが、治療という面ではいま一つでした。

 チョッとだけ水仕事という状況では、絆創膏とかフィルムを貼るのが効果的でした。
たとえば、リバテープ製薬の「サニープ フレックスケアフィット」という厚さ10ミクロンのフィルムを使ってみました。
PICT0189-1.jpg
これは薄いので触覚に影響が無く、表面がすべらないので精密作業もできますが、剥がれやすいです。膜自体は、想像よりも強度がありますが、膜に合わせて接着強度が抑えてある感じです。
PICT0187.jpg

「ニチバンのあかぎれ保護バン」は、分厚いのですが、形状に工夫があって指によくなじみます。
PICT0191.jpg PICT0195.jpg
PICT0183.jpg
傷口をしっかり固定するせいか、治りが早かったように思います。
ただし、見栄えは良くありませんので、見栄えを気にする方は、フィルムを使ってください。

 痛いときは、古典的な「オロナイン軟膏」がよく効きました。でも、濡れると元の木阿弥です。
それでは皆様、お気をつけて

90話 趣味人新年会 二十数年続く - 2011.01.04 Tue

 二十数年続いている、血縁も組織も関係の無い、強いて言えば趣味人が集まる新年会みたいなものを紹介します。小パーティーの参考にでも・・・

 年末は、ところによっては雪でしたが10-12-31_002.jpg(着信写真;一宮北部から)開催場所は当日晴れて温かくなりました。
 
 参加者は、“読書空間”のオーナーさん(某社の役員級)、競馬生活者の方、風水研究家とその妻のグッズ企画・デザイン会社社長さん、文筆家で人形、彫塑、仏画制作者の人、そしてオーディオと落語愛好家の当ブログ管理人

 場所は、ブログ管理人宅、3.6m×6.1mの居間、1.8m×0.9mの机一つで全てまかないました。不便な場所なので、JRの駅、名鉄の駅へ迎えに

 時間は、15時から23時までの長丁場

 皆さん気を使っていろいろなおみやげを・・・極力、当日消化を目指す

PICT0158.jpg久保田の萬寿PICT0180.jpg蔵出しワインPICT0159.jpgブランデー

PICT0164.jpgマカロン(東海市のセリュリエ)写す時点では1個に PICT0167-2.jpgカステラ

PICT0172.jpg小あゆ煮 PICT0162.jpg漢字暦 PICT0168-2.jpg版画カレンダー

PICT0157.jpg
梶原花江出作の深皿(陶芸家でもある読書空間のオーナーによれば、光っているのは銀の成分であろうとのこと)

料理
・カナッペ(カブとイクラ、オイルサーディン、チーズなど)
・ハムとプチトマト
・エビの煮物ブロッコリーあえ
・おせち
・ぜんまいの煮物
・なます
・湯豆腐
・牡蠣ご飯

最後は、カステラとコーヒー
(コーヒーを6人分一気に出したので、濃すぎて、わけのわからないものになった)

■ぜんまいの煮物、なます、おせちの豆はほとんど手をつけられなかった。正月で、こういった味は、食傷気味か? 牡蠣ご飯は、大好評

◎酒の量、食べる量が例年よりも少なく、カブ寿司など出せなかったものもある。飲み食いが少ない分、話が沢山できた。話は、創作活動の予定から健康、競馬必勝法など多岐にわたるので、書ききれない。

◎後始末も例年よりも楽だった。良い正月になった。

89話 孤飲コーヒー器具を比べてみました - 2011.01.02 Sun

 本年も評判を気にせず、内容テキトウ、表現カッチカチで、行けるところまでいってみたいと思います・・・というか、それしかできない。ウケなくても更新だけはします。サイエンスホラー小説みたいなものにも、挑戦したいと考えていますが、ブログで発表しても読んでもらえないでしょうね。

 さて、そんな新年ぽいグチはさておき、一人でコーヒーを飲むための器具がいくつか集まったので、比較してみた結果を発表します。

 ただし、官能検査で用いられる一対比較法などのきちんとした手法はとっておりませんし、コーヒー本来の味を知っているわけでもないので、あくまで印象ということでよろしく。

PICT0153.jpgよくある紙製器具とペーパーフィルター、粉が一体になったタイプ。キーコーヒー“トアルコ トラジャ”です。これをAと呼びます。

PICT0135.jpg上と同じタイプですが、コーヒーは自分で充填します。商品名はマイドリップで、メーカーはゼンミです。コープ愛知で売っています。これをBと呼びます。

PICT0142.jpgハリオ製の金属メッシュのフィルターとガラスカップが、セットになつたものです。コースターの部分は、収納時の蓋になります。これをCと呼びます。

PICT0145.jpgハリオ製の円錐形ドリッパーの1~2人用です。円錐用のペーパーフィルターを使います。これをDと呼びます。

 B-Dのコーヒーの粉は、たまたま手元にあった、キーコーヒーの“横浜1920CLASSIC”としました。

結果です。
A:当然、一番簡単に淹れられる。フィルターが深いので、湯に浸かるかたちになる。あまり香りは立たない。苦みは少なく、油が多い感じ、多少の酸味を感じる。分子が小さいようなまろやかな後味

B:コーヒーを充填するとき、こぼすこともある。後始末は、A同様簡単。湯に浸からないし、湯の通りが早いので、さっぱりとした飲みやすいコーヒーになる。何杯も飲むには適しているが、味わいはやや浅い

C:コーヒー粉を入れやすいが、捨てるときは、洗う必要があり、少し手間がかかる。十分な蒸らしを行えば、深みが出せるが、基本的にはBと似ている。習熟が要る

D:円錐形というだけで、普通のペーパーフィルターと変わらないようだが、底面は、小さな孔が明いているのではなく、スコンと切り取ってあり、洗いやすい。粉を多めにし、蒸らし30sec、淹れるのに3minというマニュアル通りできれば、深みのあるコーヒーが淹れられる

結局、器具とは言えない(A)も含め
利便性は (A)>B>D>C

味の深みは D>(A)>C>B(左側が濃厚、右側があっさり) 

でした

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (363)
歴史 (34)
思い出・出来事 (138)
その他(時の力) (191)
トモセラピー(癌治療)体験記 (67)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (22)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-