0612 257-001

2011-06

170話 牧野ヶ池の謎・後編; 池を巡る(14-b) - 2011.06.30 Thu

 前回は、公園の東口から池の東側半分ほど歩いて行って、印象に残った風景を拾ってみました。

 今回は、公園西口から歩きはじめました。
児童公園として、東側よりもよく整備されています。
IMG_1481.jpg

 池へ向かう道の脇に“羽白美衣龍神”の祠への入り口があり、暑い日でしたが、この辺りから少し涼しくなっていました。(龍神ですから夜叉ケ池の例でみるように、水を司る神でしょうね)
IMG_1478.jpg

 丘の上に展望台が作られていましたが、木々に囲まれてあまり良い眺望は得られません。(画像はクリックで拡大できます)
IMG_1490.jpg
こんな程度です。(北東岸を望む)
IMG_1488.jpg

 森の奥から、子供たちの騒ぎ声が聞こえてきます。
IMG_1495.jpg
 森を抜けると池に出ましたが、そこには、市街地と変わらない人工的な世界が広がっていました。
IMG_1498.jpg
 人工構築物
IMG_1499.jpg

 池の北東岸は、マンションなどで埋め尽くされています。
IMG_1503.jpg

 鳩も人に馴れきっています。はいポーズ
IMG_1506.jpg

 人工構築物(北西岸)から池の中央付近(南岸)を見る。全周こんな感じだったら江戸を感じられますが
IMG_1513.jpg

 一方、池の西端部分には人だかりが・・・
IMG_1522.jpg
 これか・・・魚と亀がイッパイ
IMG_1521.jpg

 牧野ヶ池不動産の係争があったかどうかについては、まだ分かりませんが、もともと個人の土地だったものを、昭和15年に国が二束三文で接収したという経緯だけは分かりました。(太平洋戦争がらみでしょう)
 戦後になって、揉めても、不思議はない話です。

 名称も以前は、牧野池牧ノ池)だったようです。
池の南岸東側にある教育委員会の説明の立て札には、牧ノ池と書いてあります。(画像はクリックで拡大できます)
IMG_1457-1.jpg
 江戸時代の尾張名所図会では、牧の大池となっています。 
風媒社刊、田英作著、水野鉱造写真、尾張名所図会 絵解き散歩より(画像はクリックで拡大できます)(名古屋市博物館で売ってます)
IMG_1530.jpg

 この公園が癒しの空間として機能し難いのは、しばしば指摘されているように、中央の主要部分をゴルフ場が占めているためかもしれません。(ゴルフ場とを仕切るゲート)
IMG_1518.jpg
 また、池の周りを一巡できる遊歩道が無いことも挙げられます。
 しかし、一番大きいのは、池の周長の半分くらいが、人工構築物とアパート、マンションで埋められていることではないでしょうか。
(ただし、児童公園としての機能は悪くはないと思います)

 それでは、また

169話 牧野ヶ池の謎・前編; 池を巡る(14-a) - 2011.06.29 Wed

 名古屋市内に住んでいたとき、犬の散歩を兼ね、移住先として候補に挙げた土地の下見をしていた時期があります。十年以上前になります。

 牧野ヶ池周辺は、そのころ地図で見て、いかにも環境が良さそうなので、ピックアップした場所のひとつです。
 行ってみると、意外と埃っぽく、清々しさを感じられない場所として記憶に残っています。癒されるようなエリアでは無かったように思います。

 また、話は変わりますが、以前、大脇雅子弁護士(当時、参議院議員)が、長者番付に載ったというニュースがありました。前の住まいの近くに弁護士の事務所兼住居があったので、記憶に残っています。
 不動産訴訟の謝礼が多額に上ったためということでした。
その係争のあった土地が、牧野ヶ池がらみであったような気がしますが、確認できていません

 そんなことで、牧野ヶ池は、妙に気にかかる場所になっていました。

久しぶりに行ってみると・・・
 シュールな杉がお出迎え(東口側)
IMG_1423.jpg

 水面はレディ・ガガならぬ「ガガブタ」が多くの面積を占める(池の東部分)
IMG_1439.jpg

 白鳥は、ごく近くに寄っても知らんぷり(逃げないけれど、頭も上げない)(南岸東寄り)
IMG_1432.jpg
IMG_1430.jpg

 水辺の紫陽花(いっぱい咲いてます)(南岸東寄り)
IMG_1435.jpg

 釣りをする子供たち(南岸ほぼ中央)
 IMG_1448.jpg

 深夜に騒いでそうなファンタジー杉(勝手に命名、南岸通路中央付近)
IMG_1441.jpg
 
 池の東端の木々の間から北東岸を望む(街だ)
 IMG_1469.jpg

 
 高圧鉄塔と雲(東口方面)
IMG_1470.jpg

(後編につづく)

168話 森林公園の睡蓮、オカトラノオ、古墳、ヌートリア - 2011.06.26 Sun

 いやー、暑いですね
前日、訪問先で居眠りをしたためか、昨晩、熟睡できておりません。
こういう時は、散歩でもしないと・・・

 またまた、近所の公園(愛知県森林公園植物園)に・・・夏の空じゃー
IMG_1356.jpg

 園内「ふるさと橋」近くの睡蓮の咲き具合が気になっていたんですが・・・まだ、こんなところです。
IMG_1366.jpg

 ですが、近くにこんな花が咲いていました。
たぶん、「オカトラノオ」(岡虎の尾)という花です。
見かけとズレのある、変な名ですね
IMG_1373.jpg

 植物園の案内図に古墳とあったので、行ってみました。
瀬戸市穴田古墳群の中の一番大きなものを移築したとあります。
中には、副葬品の金環、銀環の他に、江戸時代のてあぶりや、すり鉢などもあったとのこと。
わけも分からず住み着いていた人でもあったのでしょうか
IMG_1388.jpg

古墳の内部(ストロボ使用せず)
IMG_1393.jpg

後ろからみると
IMG_1395.jpg
四重になった環状の石が、土留めになっているようです。



 話は変わり、森林公園に住みついたヌーちゃんヌートリア)の様子を伺ってきました。
池の周りを回っても、ヌーちゃんがいません。帰りかけたところで、ヌーちゃん発見(中央、草の傍)
IMG_1404.jpg

 望遠が88ミリなので、映らないと思っていたら、むこうから近づいてきました。
お呼びですか~
IMG_1409.jpg

ヨッコラショっと
IMG_1412.jpg

モジモジ
IMG_1415.jpg

お呼びじゃない」「コリャマタ失礼いたしました」 
IMG_1418.jpg


当ブログのヌーちゃん(ヌートリア)関連記事

2011年5月18日落合公園のヌーちゃん 
落合公園のヌーちゃん

2011年3月31日森林公園のヌーちゃん 
森林公園のヌーちゃん

2011年1月20日森林公園のヌーちゃん越冬 
越冬ヌーちゃん80" height="480" />

2010年12月17日大道平池のヌーちゃん 
大道平池のヌーちゃん

167話 慢性心不全のA.コッカースパニエル・ポアロの近況ほか - 2011.06.23 Thu

 慢性心不全のA.コッカースパニエル・ポアロ(15.2歳)は、梅雨に入ってから体調を崩しています。
昼間は発作が起きないのですが、夜は咳き込みがひどく、このまま回復しないのではないかと、心配になるほどです。

 ただ、強心剤、血管拡張剤、利尿剤と胃酸分泌抑制剤を通常どおり与えた上で、様子を見て、夕刻に利尿剤(ラシックス)を追加して与えることで、かなり抑制できることが分かりました。

 食欲は相変わらず旺盛で、「食っちゃ寝」状態ですが、ダイエット向きのご飯の量をコントロールしているので、体重に変化はありません。

「なんか頂戴
IMG_1335.jpg
「チョットだけよ」「ムヒョー
IMG_1336.jpg
「喰ったら寝るだけだ」「お菓子が来たら起こしてね」
IMG_1340.jpg
・・・シマッタ、本気で寝ちゃった
IMG_1344.jpg
という繰り返しで、当分、大丈夫なようです。


全粒粉パン の出来 

 再度挑戦して、そこそこ膨らみましたが、イマイチです。(星一つです)
 これまでと違うメーカーのドライイーストを使ったことが原因でしょう。ドライイーストを多く入れる必要がありそうです。

 今回は、味もイマイチでした(不味くはないが、量販品と変わらない)。
そうこうしている間に、全粒粉が無くなったので、次はライ麦パンだ
IMG_1342.jpg

166話 池を巡る(13)大道平池・・・新しいカメラを使ってみた(訂正あり) - 2011.06.21 Tue

 やっと梅雨の合間の晴れとなりました。そこで、新しいカメラになれるため、時間距離で一番近い大道平池(尾張旭市、愛知県森林公園)を撮影してきました。


 その前に、自宅の玄関と駐車場でパチリ
IMG_1333-1.jpg

IMG_1330.jpg

 背景のボケ方が一眼らしくて、ニンマリ


大道平池
 中央押し出し部分
IMG_1317.jpg

 この池には、ボート乗り場があります。相当古い建物で、よく昭和の味を出してます。
IMG_1319.jpg

 釣り人がいないせいか、魚影があちこちに・・・しかもデカイ(このシーンでは、偏光フィルターが欲しい)
IMG_1322.jpg

 緋鯉もいます
IMG_1284.jpg

 マニュアル・フォーカスができるので、こういった「アトピント」の写真が撮りやすくなりました。(ボールの浮きは、ボートの立ち入り制限用)
IMG_1313.jpg

 植物園内通路脇のヒメジオン(訂正しました)
IMG_1307.jpg

 (場末のマダム風毒きのこ)園内水生円園付近
IMG_1280.jpg

 (AKB48系・集団アイドル花)園内北門付近
IMG_1308.jpg

 (宇宙人の樹)園内北門付近・・・本日の収穫
IMG_1309.jpg

 このレンズもしくは、私の眼は、どうも半径5メートル以内が得意なようです。
 

165話 カメラが届きました + パン焼き失敗 怪我の功名 - 2011.06.18 Sat

 せっかちな同居人に、「御託ばっかり並べてないで早く買え」と言われ、結局、一番お値打ちなCanon EOS Kiss X50」をAmazon.co.jpで買ってしまいました。新型ですが、価格.comで、デジタル一眼中最安値でした。

 購入ボタンをクリックして、1日半で届きました。早い!
パソコンの場合、最安値のものは、付属品が省かれたりしていることもありますが、これは、きちんと一式揃っていました。さすがAmazonさん

 自宅で見ると、量販店の店頭で見るよりも存在感があります。
没落貴族の令嬢というのは、製品仕様の数値を見ての妄想ですが、実物の外見から言うと、アメリカに渡った元貴族の子孫で、趣味は柔道のようです。
初代デジカメKonica KD-300Z2001年製、故障引退)と揃い踏み
PICT1268.jpg

二代目(右:MINOLTA DiMAGE Z12003年製、現役)と並んでもデカイ(じつは、重量差は小さい)
P1030599.jpg

小型軽量の三代目Panasonic DMC-FX352008年製、現役)と並ぶと大きさが際立つ
PICT1271.jpg

どんな写真が撮れるか楽しみです。とりあえず、天候の回復を待ちます。


パン焼き
 米粉パンの成功で気を抜いていたためでしょうか、パンが上手く膨らまなかったんです。
以前のパン作りの記事
凹んだパン
PICT1230.jpg
 原因は、単純です。
 全粒粉350gとライ麦50gを混ぜていたんですね。
PICT1236.jpg  PICT1237.jpg
 その場合、パン焼き器は、全粒粉という設定をする必要があるのですが、単に食パンとしてしまっていたのです。かなり、練り+発酵時間が違うので、膨らまなかったということです。
 ところが、これが美味いんですよ。塩味が効いて、サッパリとした食感なので、何も付けないで食べられます。これはこれで成立するのでは・・・
PICT1233.jpg (写真は、クリックで拡大できます)

164話 次期カメラ候補の10機種を人間に例えると・・・ - 2011.06.16 Thu

 各機種の性格(機能・性能)を人間に例えることができます。
もちろん、ブログ管理者の妄想ですが・・・

そのほうが、自分との相性が良いかどうかがわかりやすいと思います。

1. FinePix X100: メーカのHP  FinePix X100
 良家の子女で、見るからに品が良いだけでなく、仕事面でも飛び抜けた実力を持っている。しかし、気配りの面で庶民感覚とはズレを感じるときがある。そこが逆に魅力でもある。血液型はAB

2. FinPix HS20EXR: メーカのHP FinPix HS20EXR
 努力家で、どこへいっても、勉強、スポーツともに上位に位置付けられる。また、少々のことではへこたれない。一方、頑張りすぎて、怪我や心の病が心配になる。血液型はA

3. Cyber-Shot DSC-HX100V: メーカのHP Cyber-Shot DSC-HX100V
 全ての面で要領が良く、人に説明することが得意。遊びも浅く広くこなす。哲学的に深く考えたり、地道に研究するタイプではない。やや、八方美人なところがある。血液型はB

4. COOLPIX P7000: メーカのHP COOLPIX P7000
 見かけを気にしないが、不快な感じは与えない。かなりの根源的な力を持っているが、背伸びをしないで、着実に成果を上げている。暗くは見られないが、押しが弱く、地味な印象を与える。血液型はO

5. COOLPIX P500: メーカのHP COOLPIX P500
 口がうまく機転も利く。都会的なかっこよさがある。しかし、事件、事故にあったときの精神的なひ弱さ、病原菌などに対する肉体的な脆弱さが心配である。血液型はAB

6. LUMIX DMC-FZ100: メーカのHP LUMIX DMC-FZ100
 地味だが、大きな欠点が無いのに、もてないと思っていたら、突然、一番に結婚にゴールインするタイプ。大成功はしないが、それなりの人生をおくることができる。血液型はA

7. PowerShot SX30IS: メーカのHP PowerShot SX30IS
 ごく普通に良い人で、こつこつと貯金に励んでいる。ユニクロ中心であるが、ファッションセンスは悪くない。上司の引きが弱く、社内での立ち位置は微妙。血液型はA

8. PowerShot G12: メーカのHP PowerShot G12
 野獣系の外見のため、かなり引く人もいる。仕事では、骨太の実力者。信頼できるマネージャータイプであるが、やや、不器用な面が目立つ。友達になるのに時間がかかるが、なってしまえば裏切らない。血液型はO

9. EOS Kiss X50(18-55レンズキット): メーカのHP EOS Kiss X50
 没落貴族の令嬢のように見えるが、ニューハーフかもしれない。素晴らしい演技力を持っているが、活用の仕方が下手で、理解されない。でも、意外に叩かれ強い面を持っている。良いマネージャーに恵まれれば、開花する。血液型はB

10. PENTAX K-r(18-55レンズキット): メーカのHP PENTAX K-r
 ぶっ飛んだファッションで驚かされるが、根は真面目。歌や踊りの実力は、半端じゃない。組織の中で力を出させることは難しいが、使いこなす人がいれば、大ブレークする。血液型はB

163話 次期カメラ選び(2) リストアップしました - 2011.06.15 Wed

 候補機種の主な仕様を表にしました。
(ただし、FinePix X100については、11万円を超えるので、参考(規範)データとして掲載します)

表の中で背景に着色してある部分は、いいなと思わせる数値、仕様のところです。

機種(メーカー)ファインダ画素数撮像素子レンズ(35㎜フィルム換算)
FinePix X100 (富士フィルム)(参考)光学式+電子144万ドットのハイブリッド1230万画素23.6×15.8mm CMOS約35mm(固定)、F2
FinePix HS20EXR (富士フィルム)電子20万ドット1600万画素1/2型CMOS24~720mm、F2.8~F5.6
Cyber-Shot DSC-HX100V (SONY)電子20万ドット1620万画素1/2.3型CMOS 27~810mm、F2.8~F5.6
COOLPIX P7000 (ニコン)光学式1010万画素1/1.7型CCD28~200mm、F2.8~F5.6
COOLPIX P500 (ニコン)電子23万ドット1210万画素1/2.3型CMOS 22.5~810mm、F3.4~F5.7
LUMIX DMC-FZ100 (Panasonic)電子20万ドット1410万画素1/2.33型MOS25~600mm、F2.8~F5.2
PowerShot SX30 IS (Canon)電子20万ドット1410万画素1/2.3型CCD24~840mm、F2.7~F5.8
PowerShot G12 (Canon)光学式1000万画素1/1.7型CCD28~140mm、F2.8~F4.5
EOS Kiss X50 (18-55レンズキット)(Canon)ミラー(一眼レフ)1220万画素22.0×14.7mm
CMOS
29~88mm、
F3.5~F5.6
PENTAX K-r (18-55レンズキット)(PENTAX)ミラー(一眼レフ)1240画素23.6×15.8mm
CMOS
29~88mm、
F3.5~5.6

機種(メーカー)撮影感度(ISO)マニュアルフォーカス液晶モニター電池寿命
FinePix X100 (富士フィルム)200~6400可能2.8型46万ドット充電式300枚
FinePix HS20EXR (富士フィルム)100~12800可能3.0型46万ドット単三電池700枚
Cyber-Shot DSC-HX100V (SONY)100~3200可能3.0型92万ドット(マルチアングル)充電式410枚
COOLPIX P7000 (ニコン)100~3200無し3型92万ドット充電式350枚
COOLPIX P500 (ニコン)160~3200無し3型92万ドット(チルト式)充電式220枚
LUMIX DMC-FZ100 (Panasonic)100~1600可能3.0型46万ドット充電式410枚
PowerShot SX30 IS (Canon)80~1600可能2.7型23万ドット充電式400枚
PowerShot G12 (Canon)80~3200可能2.8型46万ドット充電式370枚
EOS Kiss X50 (18-55レンズキット)(Canon)100~6400勿論可能2.7型23万ドット充電式700枚
PENTAX K-r (18-55レンズキット)(PENTAX)200~12800勿論可能3.0型92万ドット充電式560枚


 スペックとしては、超低価格一眼レフの健闘が目立ちますが、あまり安いので不安になります。

 コンパクトデジカメでは、FinePixの高感度に◎、COOLPIXとCyber-Shotの液晶モニタの高解像度に◯をあげましょう。
また、FinePixは重い代わりに、電池寿命が優れています。
Cyber-Shotの人気は、機能が充実しているためではないでしょうか(ソフト)。

 最終的には、使い勝手、楽しさ、信頼性(取扱店の信頼性も含む)なども含めての総合判定になりますので、想像力の世界になってしまいます。

 何もなければ、今日明日中に発注します。

162話 次期カメラ選び(1) 現状 - 2011.06.14 Tue

 このブログでは、7年半前に購入したコニカミノルタ“DiMAGE Z1”というカメラを使っています。(コニカミノルタは、今ではカメラの製造を行っていない)

(この写真は、Panasonic“DMCFX35”で撮影)
P1030567.jpg 
 とくに高価なカメラではありませんが、レンズに傷を付けたため修理に出したので、その費用を合算すると高くなってしまいます。「もったいない」ということで、今日まで使い続けてきました。
 すでにズーム操作のレバーが折れ、爪で引っ掛けてなんとか操作しています。

 画素数が320万と今日のカメラの1/3程度です。(受光素子の大きさは、1/2.7インチ)
35mm換算38~380mmのズームレンズが組み込まれています。

 このカメラの良いところは、スイッチで、電子ビューファインダーに切り替えられることです。
(機械的に液晶モニターが幕で覆われます。下の写真の状態)

 古い人間ですので、外に付いている液晶モニターよりも、ファインダーの方が早く反応できます。
また、明るい屋外では、ファインダーの方が見やすい場合が多いと思います。
ファインダーを覗く方が、手ぶれも少ないということです。
ただし、このカメラでは、解像度が低く(数値不明)、フォーカスのチェックは、ほとんどできません。

 もっとも、写真で分かるように、液晶モニターが1.5インチ、11.3万画素という小さなものなので、こちらでもフォーカスが分からないのは同じです。

 結局、シーンセレクターで対象を選び、フォーカスフレーム(焦点を合わせたい領域)を決めて、あとはオートフォーカスにお任せということになります。

P1030566.jpg 
 ところが単純な構図の場合はよいのですが、カメラの内蔵ソフトが発展途上のためか、実際にはフォーカスフレームを望むところに持っていけない場合が多かったのです。
(失敗例:いろいろやったが、弘法様にフォーカスフレームを持っていけなくてピンぼけ)
PICT1086.jpg

 そこで買い替えを前提に、高性能・低価格化が進むデジカメの比較をやってみました。
条件は、
1. ファインダーを覗いて写真が撮れること
2. 持ちやすく操作し易いこと
3. 見かけが、大袈裟でないこと
4. 価格の目安は5万円未満(最高性能の必要なし。そこそこ楽しめればいいんです)
といったところです。
(つづく)

161話 1周年過ぎてました - 2011.06.12 Sun

 159話「仏の発見」は、さほど面白くないので、大幅に削除しました。(ブログ管理人が、仏教、とくに真宗に疎いということもあります)

 
 そういえば、ブログを始めて1年経ちました。(2010年6月7日~(来訪者のカウントは、2010年7月13日から))
最初の記事は、ペルーの話でした。
マチュピチュは高野山だ

 その後、色々なことがありました。

 始めて1ヶ月後、ポアロ(A.コッカースパニエル)が心臓発作を起こして倒れました。
それから長い(ドッグイヤーで換算すると)闘病生活が続いています。
ポアロ闘病記

 半年過ぎた頃、健診で管理人にガ◯が見つかり、治療を続けています。
本格的な治療は、装置の順番待ちのため約5ヶ月後に始まります。
2ヶ月間、毎日(休日除く)、放射線をあてることになります。
 愉快な話でもないので、この件については、あまり書かないことにしました。
ただし、ときどき「ボヤかせて」いただきます。
(治療方針が決まった時の記事)
緊急MRI

 9ヶ月後には、東日本大震災が起きました。
原子炉事故について、技術者としての素朴な懸念が、どんどん現実になっていくのには本当に恐怖を覚えました。

震災発生
原発事故現場の人
極限環境作業ロボット
 浜岡原発を停めたのは、英断だと思います。今後、どうしても必要なら、耐震ではなく、最小規模で、全面的に免震地盤振動からフローティングしたもの以外、作るべきではないでしょう(採算性を含め、不可能だったら建設中止)。

いろいろ暗い話題はありますが、このブログでは、極力、脳天気な記事を書き続けていきたいと思っています。

160話 池を巡る(12)奥池(春日井市) 大賀ハスはまだ - 2011.06.10 Fri

 春日井市の潮見坂霊園(平和公園)は、アルファ(先代の家族犬・ビーグル)が、唯一怖がった場所です。たしかに、名古屋の平和公園と比べると、陰の気が漂っているように感じます。

 その潮見坂霊園の入り口にあるのが、奥池です。

 奥池には、大賀ハスの子孫にあたる蓮が、育てられていると聞いています。
大賀ハス:1951年に千葉市内の縄文遺跡から種が見つかり、大賀博士が発芽・生育に成功したハス)
 森林公園の睡蓮が咲き始めていたので、ひょっとしてと思い、様子を見に訪れました。(睡蓮とハスは、かなり違うそうですが、植物に疎いので勝手に連想)
PICT1218.jpg
 睡蓮は、そこそこ咲いています。

 道路を挟んで東側の小さい方の池に観察場所があるのですが、大賀ハス(ピンク色)は、見つけられません。
(この通路は、老朽化のため通行禁止です)
PICT1214.jpg

 大きな池のほうも、睡蓮が水面をかなり埋めていて、浮島のようになっています。
PICT1212.jpg

 名前の分からない白い花も咲いていました。
PICT1200.jpg

 フェンスを乗り越えて釣りをしている元気な人もいました。まわりには、蛙の声、鳥の声が響きわたっています。
PICT1208.jpg

 大賀ハスにはまだ早かったようなので、ひと月後ぐらいに、また訪れようと思います。

159話 対談本「仏の発見」 痛快フレーズの宝庫(訂2版) - 2011.06.08 Wed

 紫陽花が咲きましたね~
P1030558.jpg

PICT1183.jpg

 ゲ、また、硬い本の紹介ですか~
PICT1187.jpg
いや、まあ・・・硬そうな本もミーハー精神で読めば結構面白いということで、梅原猛、五木寛之の対談本「仏の発見」を紹介するぞ平凡社、2011年2月初版、全277頁

 今回は、主に梅原猛さんの痛快なフレーズをピックアップ
(番号は、個人的にインパクトが大きかった順、話の順番とは異なる)

1. 梅原:(生い立ちの話の後)・・・ 父も変わっているんですわ。私をもうけたあと、東北大学に復学して、たいへんよくできるというので、工学部の専任講師だったんですよ。

 そしたらまた恋愛事件を起こしてね(笑)。私の義母ですけど、それはまた派手な人でしてね。父は、学校をやめて義母とバーを経営して
(中略)

・・・まあ、バーのマスターとしてやっていたとき、ちょうどトヨタ自動車の豊田喜一郎さんが、自動車産業をはじめようとして人材を探していたんです
(中略)
・・・東北大学の中に研究所をつくってくれた。昼は研究所へ行って、帰ってくるとバーのマスターになって・・・

(中略)戦後、トヨタへ来いといわれて、仙台を引き揚げ愛知へやって来た。最初は、トヨタの検査部長で・・・最後には常務となりトヨタ(豊田)中央研究所の所長になった。・・・サクセスストーリーですわ。・・・

2. 梅原:笑いを論理的に解明しようということで、ほとんど毎日、大阪の寄席に通いましてね・・・ノートしながら漫才を観ていたんです(笑)・・・変な男がおる、というのでね・・・マスコミに取り上げられるようになったんです。

3. 梅原:・・・マリナーズのイチロー選手は、仏に近いといっても、お釈迦さんは反対しないと思います。(欲望のコントロールに関して)

4. 梅原:・・・川端さんはノーベル賞とってまだ、女の人が通ってくるのを、ドブに入って眺めたり、そういう事を平気でやったと思うんです(笑い)。それはやっぱり異常な世界ですわ

(五木:・・・NHKのある女性アナウンサーが、川端先生に足を触られたと言っていました(笑))

・・・川端さんは・・・仕事をやりながらもね、やはりものすごい孤独で、魔界にいたと思うんです。・・・その矛盾に耐え切れなくなって死んだという気がします。

5. 五木:(宗門の人たちは、「親鸞」っていう字を、誰でも読めると思っているんですよ。だけど、こないだ書店で若い人が、「えっ、オヤドリ ?」とか言っていましたから(笑)

158話 池を巡る(11)岩本池: 鳥たちのサンクチュアリ(森林公園植物園) - 2011.06.06 Mon

 岩本池は森林公園植物園(愛知県尾張旭市、公園内有料ゾーン)の中にあります。

 池に近づくと、絶え間なく鳥の声が聞こえてきて、何か天変地異でも起きるのではないかと不安になりました。

 野鳥観察地と名づけられた場所が水際近くにありますが、肉眼で鳥を観察するのは、矯正視力1.2のブログ管理者でもほとんど不可能です。
PICT1138.jpg

PICT1152.jpg

 バカチョンカメラの望遠でチョット気を抜いたら、ボケボケの写真になりました。樹の上が、ヒッチコックの「」状態なのが伝われば結構ですが
PICT1146.jpg

 池を見渡せる場所は、ごく一部しかありません。
PICT1166.jpg

PICT1159.jpg

PICT1140.jpg


 卵を温めているのか、瀕死の状態なのか、水辺にスッポン君(目測身長20cm)がじっとたたずんでいました。
PICT1149-2.jpg

 池の端には、鳥の糞が吹き寄せられたような、白濁した汚物の層ができていました。
PICT1153.jpg

 何かが出てきそうな井戸も見つけました。。
PICT1158.jpg


 明るい話題は、睡蓮がもうすぐ咲きはじめそうなことです。
PICT1171.jpg

PICT1162.jpg

 終了時間が17時と早いので、のんびりしていたらすぐに門が閉じてしまいます。
PICT1170.jpg
 16時以降は、一方通行のゲートを押して出ることになります。
PICT1180-1.jpg


 薬(ヤクと読んではいけません)の副作用(かゆみ+ホットフラッシュ)で、睡眠が浅くなっています。しかし、安静にしているよりも、歩きまわっている方が、調子が良いように感じます。
この日は歩数が1万歩を超えました。(少ししんどかった 

157話 愛宕山弘法大師巨像(尾張旭市) - 2011.06.02 Thu

 バロー(スーパー)尾張旭店(愛知)内の三洋堂書店を出て、車を停めた場所に向かって歩いていました。
PICT1128.jpg

 ふと目をあげると、巨大な僧形の像が飛び込んできました。
丘の上に、錫杖を突いて妙にてらてらと白い四階建てほどもある僧が、歩き出しそうな雰囲気で立っています。
 移住してかなり経ちますが、そういった像があるということは、聞いたことがありません。
PICT1086-1.jpg

 車に戻り、ナビを見てみましたが、それらしいものは何も書かれていません。
位置としては、「退養寺」の辺りではないかと思われます。
しかし、像のある方向へ車を走らせましたが、なにも見えません。

 帰宅後、ネットで調べました。
愛宕山大師」・「厄除弘法大師」・「新居の弘法さん」という呼び方で、紹介記事がありました。
やはり、「退養寺」に関係しているようです。

 再度、「退養寺」を訪れました。ブログの記事を参考に、寺の駐車場へ車を置いて歩き始めます。
落ち着いてみれば、案内看板が出ていたのですね。(ここからは、大師像は全く見えません)
PICT1124.jpg
 参道
PICT1125.jpg

 やっと至近距離で大師像にお目にかかれました。そういえば、管理人宅の仏壇にも、同じ像があります。15センチ程度ですけど
PICT1132.jpg

 仏像と違って、どこか修行中の感じがよく出ています。悩みを背負っているような・・・

 受け売りをすると、浅野祥雲さんの昭和5年の作品で、高さ10m(コンクリート)とのこと、祥雲さんには平和公園の兵士群像など、いろいろな場所でドッキリさせられます。
 やたら白いのは、今年、補修を終えたばかりだから(関係者一同の石碑がありました)のようです。

 樹木に隠れているため、特定の場所からしか見られないというのは、勿体無いと思います。
次の手入れの際には、そのあたりも改善してはいかがでしょうか。

156話 池を巡る(10)濁池(愛知県尾張旭市) - 2011.06.01 Wed

濁池(愛知県尾張旭市)
 濁池は、4月26日に紹介した維摩池から西に300mほどのところにある、さほど大きくない池である。

 バブルの頃に、この池の西岸が売りだされたことを知り、名古屋市内からの移住を考えたことがあった。
水面を見ながら生活できることは、子供の頃からの夢だったからである

 結局、資金面や、当時の利便性の低さから諦めた。

 後年、こちらの条件が整った頃には、候補物件として挙がってくることはなかった。
池の周辺が、埋め尽くされていたのである。

(住宅群;ベランダが池に突き出している
PICT1097.jpg

 特別養護老人ホーム「アメニティあさひ」という施設もできていた。
PICT1115.jpg

 池の周りに散歩道はない。
道が狭く、行き止まりが多いので路駐すら難しい。
しかし、カタツムリがのんびりと車道を横断できる場所もある。
PICT1104.jpg

 池に近づける場所はごく限られるが、そこからは、こんな光景が見られた。
(北西岸)
PICT1099.jpg
(西岸)
PICT1100.jpg
(水面)
PICT1098.jpg
(東岸)
PICT1113.jpg

 人と人との関係だけでなく、どこに住むかというのも、まさに「時の力」が絡んでくることで、人間の一生程度の短い期間では、不可逆性に支配されているように思う(やり直しが効かない)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-