0612 257-001

2011-10

225話 守山区吉根(きっこ)(名古屋市)の台風水害について - 2011.10.31 Mon

 10月27日(木)夕方の東海テレビの「スーパーニュース」で、「検証・守山区の台風水害は人災か?水門の操作に浸水住民の怒り」という特集をやっていました。

 ブログ管理人は、以前に自宅が床上浸水になったことがありますので、人ごととは思えません。蔵書やレコードがボロボロになり、かなり捨てることになりました。(同居人の知らない昔です)
 標高116mのところに住んでいる理由のひとつは、そのあたりへの潜在的な恐怖があるからです。

 番組で問題にしていたのは、矢印で示した場所にある水門の操作です。(図の右側(東)は、徐々に土地が高くなっているので、雨水は左側の水門のあたりへ集中してきます)
img715.jpg

 台風の豪雨により庄内川の水位が上がったため、川の水が宅地の方へ流れ込む(逆流と言っていました)のを防ぐため、排水路の水門を閉めたということです。
しかし、この辺りにも激しく雨が降っていたので、行き場を失った水が排水路から溢れ、床上浸水を引き起こしたという説明でした。
 住民の怒りは、
・水門を閉めたこと、閉めたタイミングが早すぎること
・通報が遅れたこと

に対してです。

 通報については、色々問題があったようです。しかし、水門については、閉めざるをえなかったのではないでしょうか。庄内川の水位が限界まで高かったことは、事実です。

 水門を閉めて、ポンプで排水するのが普通です。

 ポンプ場が無いのか、確認に行ってきました。
<南側の水門建屋です>排水ポンプの存在を示すような太いパイプが、見当たりません
IMG_2998.jpg
<水門です>右側が、庄内川への水路です。
IMG_2999.jpg
<宅地側からの排水路です>
IMG_3000.jpg

<北側の水門建屋です>こちらの方が大きいように見えます。こちらも、ポンプの存在を示すような太いパイプが、見当たりません。
IMG_3004.jpg
<水門です>
IMG_3001.jpg
<庄内川への水路>川が見えます。
IMG_3002.jpg
<宅地側からの排水路です>一回り大きい
IMG_3003.jpg

 結局、強制排水施設であるポンプ場は、無いようです。(あれば、浸水していない)
ブログ管理人としては、ここにポンプを設置することを提案します。できれば、調整用のを設けると、ゲリラ豪雨、インパルス的な豪雨にも対応できます
 予算の問題もありますが、住民が一部負担してでも実現すべきです・・・「大きなお世話だ!」「言われんでも、考えとるわ(たぶん名古屋語)」

224話 A.コッカー「ポアロ」復活 紅葉情報「香嵐渓」 トモセラピー体験記(1.1) - 2011.10.29 Sat

・A.コッカー「ポアロ」復活

 A.コッカースパニエルの「ポアロ」(15.5歳、慢性心不全の持病あり)が、今朝、痙攣しながら寝ているのを、同居人が発見しました。
「死にかけてるよ~」ということで見に行くと、たしかに生命体のオーラが出ていません。
IMG_2923.jpg
 タオルが掛けてあるので、まるで、死体のようです。
 ところが、9時頃タオルを被ったまま居間に入ってきて、同居人がタオルをとってやると、外に出ていきました。(半分寝てるな)(クリックで拡大可能)
     IMG_2925.jpg
 しばらくすると、「ご飯ちょうだい」ひどいヨダレです。完全に復活しました。
IMG_2926.jpg

 ・紅葉直前情報「香嵐渓

 もみじ祭りは11月からですが、放射線治療の関係で、多分、行けなくなりますので、早めに行ってきました。(駐車場が工事中というのも気にかかっていましたので、様子を見に)シーズン中と異なり、渋滞は、全くありません。
<最下流側東岸>やや紅い程度
IMG_2929.jpg

<紅葉が無くても赤青黄色だ>(同居人撮影)(中間地点)
IMG_2944.jpg

<三州足助屋敷横の茶店(中間地点)にて>炭焼きホットコーヒーと生乳ソフトクリームをいただく。(クリックで拡大可能)
          IMG_2949.jpg

<店内で笹の葉細工をやっていたお客のアダチ?さんに、もらいました>(同居人が一生懸命見ていたので)(ありがとうございました
IMG_2953-1.jpg

<上流側吊り橋付近>やはり、まだ、紅葉は一部だけです。
IMG_2956.jpg

<ペットと入れる店も出来ました>(上流側)(本日、ポアロは、留守番です)
IMG_2964.jpg

<初めて飯盛山香積寺まで登りました>(吊り橋の方から行くと楽です)(クリックで拡大可能)神仏習合の寺です。
IMG_2967.jpg
<寺内の宇宙>
IMG_2969.jpg

<そして、駐車所の工事現場>3日後には運用開始なので、完成していました。損壊の状況は全く分かりません。
IMG_2981.jpg

 ・トモセラピー体験記(1.1)
続きを読むへ

223話 ・夜目遠目ポアロ ・鞆の浦土産II ・トモセラピー番外編 - 2011.10.26 Wed

・夜目遠目ポアロ
 高齢A.コッカースパニエルの「ポアロ」は、昨日、ドライヤーが壊れるくらい(と言っても、応力集中と疲労破壊の複合が原因ですが)しっかりお風呂に入ったので、今日、暗くなってから散歩していたら、小学生の一団に「カワイィー」と言われました。久しぶりです。やっぱ、夜目遠目笠の内です。

<壊れたドライヤー(どうでもいいけど)>よくあるコード出口部分の破断です
IMG_2903.jpg

<その時の写真はないので、昼間の写真>目やにと、ヨダレが、目立ちません
IMG_2912.jpg


・鞆の浦土産II
 こんなのもありました。
<保命酒のゼリー>
IMG_2916.jpg

<保命酒の酒粕>
IMG_2915.jpg

<問題の饅頭;ただし、岡山市内製>写す前にすでに食べつくしたので、空き箱に包装紙を被せて撮影 亀も逃げ出す饅頭恐い
IMG_2917.jpg


・トモセラピー番外編
 よろしければ「続きを読む」へ

222話 トモセラピー体験記(1) & 鞆の浦みやげ - 2011.10.24 Mon

 患者の立場で、トモセラピーによる強度変調放射線治療について書いていくつもりなので、この治療法に関心のある方は、参考にしてください。

 強度変調放射線治療: 他の臓器に影響がでないように、簡単にいえば、何も無い角度では、放射線を強く当て、他の臓器に影響しそうな角度では、放射線を弱めるという制御を、あらゆる角度に対して行うことで、ピンポイントに癌をやっつける方式と理解しています。それができるのが、トモセラピーという装置です。愛知県内に数台しかない装置のようです。
img712.jpg

 まず、照射されるときの姿勢を一定にするため型取り
 
 角度毎に強さを変えるので、当てられる方が動いてしまったら、なんにもなりません。
そこで、人型(背面だけですが)を取って、固定具を作ります。

 細かなビーズの入った袋の上に寝ていると、技師の方二人で、袋の端を叩いて隙間のできないようにしているのが見えます。その後、袋を真空に引くと型が固定されます。その後のことは分かりませんが、熱処理か、樹脂加工か何かして固定具が完成するようです。写真の右端のブルーのマット状のものが、多分、固定具)(じつは、この方式、ブログ管理人は、以前の仕事の関係で少し詳しい)

 その後、その固定具に乗ってCTを撮りました。
CTを撮ったのは、最後の排尿から1.5時間以上経っていました。(排尿、排便の管理が、かなり厳しく行われます)「寒いけど、まだ、もつぞ

 次に別の場所で、MRIです。(結構迷路になっていて、迷いました)
本当は、強いタイプのMRI?(意味不明)を使う予定で、すぐ終わるはずでしたが、インプラントによる歯科治療をしているということで、普通のMRIに変更され、延々と待たされました。その間、トイレへは行けません。
結局、最後の排尿から3時間以上経ってMRIが終了しました。

 昼食を摂っていなかったので、病院のフーズコートで、カレーうどんを食べました。味はイマイチでしたが、温まりました。

 で、地下鉄で帰ったのですが、途中で、モーターが一個動いていないというアナウンスがあり、全員、次の駅で降ろされました。バックしていく車両と見送る乗客(近くに車両基地がある)
P1030836.jpg
 すぐに比較的空いたつぎの列車が来たので、とくに支障はなかったものの、私には、焦げ臭い臭いがしておりました。乗客の婦人は「あっついねー」と名古屋語で言っておりました。他国のようなことが起きなくてよかったです。

 同居人の鞆の浦みやげ
保命酒2種(メーカーが異なる)
IMG_2887.jpg
IMG_2892.jpg
保命酒ケーキ
IMG_2895.jpg
保命酒のど飴
IMG_2893.jpg

 保命酒ばっかりやないか

さっそく味見した保命酒ケーキは、甘さがほどほどで、甘口のお酒の旨みが加わり、あまり自己主張しない行灯の明かりのような味です。(どんな味だ)さすがモンドセレクション3年連続最高金賞受賞と言いたいところですが、わたしは、もっと癖のある方が好きです(とブツブツいいながら、もう一切れをウマそうに食す)

そういえば同居人の足は、内出血は残るものの、仙酔島の温泉のおかげか、だいぶ良くなったようです。

221話 A.コッカースパニエル「ポアロ」の寝食い 紅葉情報 首のない石仏 - 2011.10.21 Fri

 尾張東部は、朝夕、小寒くなってきました。
近くの森林公園には、早くも紅葉した木が
IMG_2867.jpg

 それとは関係なく、ポアロ(A.コッカースパニエル、15.5歳、慢性心不全)は、ムラッ気のある食欲との格闘です。
(命名:タレ喰い、もしくは、ヘタレ喰い)(敷物のようなかたちで寝ているところへ、同居人が、ご飯茶碗を置いたら、そのままムシャムシャ)「極楽、極楽」
IMG_2794.jpg
ラーメンをもらう(18日)
IMG_2796-1.jpg
きしめんをもらう(21日)「太さが違うだけじゃぁニャーよ」
IMG_2849.jpg
市販の缶詰は食べない(ご飯と同じ会社のもの)(缶詰だけ残した。混ぜると全部食べなくなる)
    IMG_2841.jpg
ちゃぶ台を蹴っ飛ばしたかのような、食べ方(というか、毎日のように茶碗の中に、足を突っ込んで、撒き散らす)
     IMG_2846.jpg
「アレ、誰がやったの?」・・・オイ、オイ
IMG_2847.jpg

 食べたら、お友達と昼寝
IMG_2843.jpg

 基本、かなり極楽へ近づいています。


 話は変わり、「定光寺(尾張徳川家の菩提寺)」の紅葉の状況
名古屋市内よりも気温が数度低いので、多少はと思いましたが、やはり、この程度です
IMG_2871.jpg
ついでに境内の首のない石仏特集
(つづきへ)


220話 グリーンスムージー  同居人が馬に踏まれた - 2011.10.19 Wed

 ブログ管理人の家では、1年4ヶ月前から、㈱ゼンケンの「VEGEFULL」という搾り出しタイプのジューサーを使って生ジュースを作ってきました。
VEGEFULL ZJ-B1 (上から材料をいれ、黒い部分で材料を押し潰し、下の口からジュースが出る)(カスは、右側の口から出る)
IMG_2718.jpg

 搾り出しタイプなので、普通のジューサーよりもビタミン類の破壊が少ないということです。
美味しいし、体にもよさそうですが、大量のカスが出るので、もったいない感じがしていました。

 そんなこともあり、10日前から、同居人の考えで、最近話題になっている「グリーンスムージー」を試みています。
IMG_2716.jpg
 レシピといっても、葉野菜と果物、水をミキサーにかけるだけなようで、例えば、今日は、ほうれん草、柿、みかん、リンゴ、バナナ、ワイルドブルーベリーを、混ぜています。
IMG_2832.jpg

 グリーンスムージーは、生ジュースに比べ、粘りがあり濃厚な味わいです。飲むと言うよりも、食べる感じです。
注意としては、同時に食事をしないことだそうです。40分間空けて食事をする必要があるとのこと。

 私の場合、朝食前に飲むのは問題ないのですが、夕食前に飲んだところ、整腸剤を飲んでいるのに、ひどい腸内異常発酵が起きました。(多種類の薬を飲んでいるためかもしれません)
1日1回でしたら、快適です。

 同居人が、また怪我です。
マチカネレツジツ君(馬)の世話をしていたら、踏まれたということです。
IMG_2829.jpg
とりあえず冷やしています。踏まれたのは、2回目です。鉄板入りの靴もあるようですが・・・

 おまけ) 同居人の実家のマリ(パピヨン、♀、9歳)です。
すこし、大人になっていました。
IMG_2808.jpg
食が細いのに、私の顔をみると、「何か頂戴」 ポアロの1/3ぐらいのお菓子で喜んでいます。「ウソッ、もっとちょうだい」
IMG_2809.jpg

219話 建物倒壊シミュレータ(愛知県) パン切り(パニエーレ) コブちゃん - 2011.10.17 Mon

 耐震診断って、なんか胡散臭いですよね。
でも、東海地方では、M9クラスの地震がかなり近い時期に起きることは間違いないので、放っておくのは、東日本大震災で問題になった、いわゆる「正常化のバイアス」の影響を受けているということになります。(早い話が、人は、大丈夫だと思いたがるものだということ)

 そこで、愛知県がネット上で提供している「建物倒壊シミュレータ」を試してみました。
想定した住宅は、知人宅に似た、こんな感じの和風の家です。
(落ちていたボール紙でチョコチョコっと製作、粗雑で申し訳ない)
IMG_2791.jpg

愛知県防災学習システム」http://www.quake-learning.pref.aichi.jp
に入り、
建物倒壊シミュレータ
を選択します。

詳細版は、木造1~3階建に対応できますが、すぐできる簡易版は、木造2階建のみに対応しています。


1. 震度を設定: 今となっては、6強を想定しておいたほうが良いでしょう。
2. 建築年: 仮に1988年としました。
3. 壁の種類: 土壁軽量サイディング   劣化度: やや劣化
4. 1階のかたち: 長方形  寸法: 13m×7m
5. 2階のかたち: 長方形  寸法: 9m×6m  1-2階のズレ: 省略
6. 屋根: 瓦屋根
7. 内壁: 真壁
8. 1階の様子: 部屋を大きく取っていて壁が少ない  2階の下に壁は少ない
9. 2階の様子:部屋数が多めだが、開放性が高い
10. 基礎: 鉄筋コンクリート  ひび割れ: なし
11. 2階に重いものがあるか: 太陽熱温水器


ということで、シミュレーションを開始したところ、みごと「倒壊の危険あり」となりました。
 
とは言っても、この結果でどうこうというよりも、正式な耐震診断を受けたほうが良いというアドバイスと受け止めるべきでしょう。

 ちなみに、2005年建築の今風の建物(壁が多い)とすると、「倒壊の可能性低く比較的安全」との結果になりました。

変更した点:外壁はサイデイング、屋根は石綿スレート、部屋が細かく区切られていて独立性が高いとしました(それでも、建築年を1988年とすると倒壊の可能性が高くなりますので、建築年の影響が大きい))



 話は、大きく変わって、パニエーレの「パン切りセット」を使って約1ヶ月目の感想です。
というのも、ネット上で評価が割れているようなので、私の場合ということで、一票入れさせてもらいます。
 東急ハンズで1400円程度で買いました。日本製で、ナイフも付いてこの値段です。
IMG_2408.jpg
ご覧のように、高さは、不十分です。しかし、押しながら切るだけのことです。
ケースも付いています。たしかにデカすぎる感はありますが・・・
IMG_2413.jpg
感想と使い方のノウハウ)
・焼きたてでも切れるというのは、言い過ぎではないでしょうか。基本は、冷めてから切ることです
・ガイドの溝に刃を押し当てて切らなくても良いよう練習すべき
・刃の位置と保持する位置を一致させる(メーカーで保持具を開発して、発売して欲しい)

結論は、◯です。ムチャクチャ安いんだから、使う方で工夫しろと言いたい

218話 小空カフェの癒し系接客係 氾濫した筧池の排水路周辺 - 2011.10.14 Fri

 以前のブログで、氾濫した「筧池(カケヒ池)」に接する「小空カフェ」についてふれました。
 気になっていたので、昨日(午後遅く)一人で、行ってみました。
 オヤジさん一人で営業中で、客は私だけでした。勝手に窓側の席に座ると、なにか足元に当たるものがあります。
IMG_2753.jpg
 ワンコです。
フレンチ・ブルドッグの「シェスタ」ちゃん?です。
鼻をくっつけて嗅ぎまわっています。
「常連さんやないな」「なんか怪しいオッサンや」
IMG_2751.jpg
 真剣な表情に思わず笑いが・・・
本気で笑い始めたら、座っているテーブルの向いの椅子に、勝手に居ついた野良(ポッ?)猫ちゃんが、関心なさそうな無愛想な雰囲気で、やって来ました。(他に席は、いくらでもあるのに)
IMG_2752.jpg
 ワン・ニャン接客です。何も欲しがらず、ただ、人間のそばにいるだけです。
ほっこり癒されました

 さて、「小空カフェ」から見た「筧池」の様子です。
川になったところを除き、全く水がありません。(画面左奥が流入側、中央右にも小さな流入口が見える)
池の底だった地面が、ひび割れています。
IMG_2755.jpg
(崩壊した道路(堰堤))
IMG_2760.jpg

 排水路(野添川)には、流木の山はできていましたが、はっきりとした濁流の痕跡は残っていません。(川の中から写す。中央に排水堰が見える)
IMG_2770.jpg
 昭和っぽい味のある何軒かの住宅が、水面とあまり変わらない高さに建っていました。が、被害があった様子は見受けられません。ワン・ニャン接客の余韻と合わさって、なんか、いい気分です。
IMG_2771.jpg

217話 マチカネレツジツ君ご苦労様です - 2011.10.12 Wed

 同居人は、申し込んだ乗馬教室の抽選に外れたのですが、辞退者がでたので、乗れることになりました
 場所は、森林公園の乗馬施設です。
(なお、以前は、「乗馬倶楽部前」という粋な名前のバス停があったのですが、バス路線が廃止になったので消滅しました。残念です)

 ブログ管理人は、病気治療のため、しばらく同居人が乗馬する勇姿を拝めないことになりそうなので、散歩を兼ねて練習状況を撮影に訪れました。(というか、撮せという声もあり・・・)

 馬は前回と同様、「マチカネレツジツ」君です。今日の「マチカネレツジツ」君の機嫌は、イマイチ
「アアァ、久しぶりに暑いのに、面倒くさいな」
IMG_2736-1.jpg
「マチカネレツジツ」君は、競馬データによると、2005年4月27日生まれの♂で、出身は、北海道です。レースの方では実績が無く(5位どまり)、誘導馬として、2009年まで中央競馬会で仕事をしていました。誘導馬というのは、容姿を問われるようですが、イケメンなのかどうかは??足は長いけどね。ネット上には、競馬場で、トラ柄のコスプレをさせられた「マチカネレツジツ」君が載っています。
「ボチボチ行くか」
IMG_2738.jpg
狭い馬場をグルグル、グールグル 同居人は、かなりドヤ顔
IMG_2743.jpg
グルグル、グールグルだったら、「ポアロ」(我が家の高齢A.コッカースパニエル)の徘徊と一緒だ
IMG_2739.jpg
ハイハイ、交代だよ 「ヤレヤレ」
IMG_2747.jpg

・最初の説明25分
・馬具などのセット20分(もちろん生徒がやる)
・二人で一頭なので、実質乗馬時間は、30分程度
本日は、常足(なみあし)から速足(はやあし)まで

 同居人のコメント:「久しぶりに乗ったので、前回最後の時点よりも、腕が落ちた」とのことでした。
なお、「マチカネレツジツ」君は、人参をもらった時だけ機嫌が良かったそうです。

おまけ)庭のハナミズキの実
IMG_2590.jpg

216話 高齢A.コッカースパニエル「ポアロ」の洗顔? + 珍客到来 - 2011.10.10 Mon

 A.コッカースパニエルのポアロ(15.5歳)は、高齢ですが、季節が良くなり、週1~2回は散歩するようになりました。ただし、距離は、100m程度です。(汚い顔で、すいません)
IMG_2711.jpg

 朝、夕は、ソファーに顔をこすりつけて、洗顔を?します。
IMG_2688.jpg
IMG_2582.jpg
IMG_2720.jpg

 洗顔効果は、あがっていませんが、ソファーの汚れは、半端じゃないです。
IMG_2651.jpg

 食欲は、トッピング次第です。これは、リゾットの残りをトッピングしたときで、最高の食いつきでした。
IMG_2691.jpg

 今日は、グリーンスムージーをふりかけましたが、これも好評?なので、メニューに加えます。詳細は、後日

 若き日のポアロ
img694.jpg


 珍客到来
 アオガエル君ですが、庭のレッドロビンの地上1.8mの葉っぱの上に突然現れ、ここ二日間動いていないように見えます。体長は、3cm位です。何アオガエルかは??(ニホン・・・・・、モリ・・・・・、シュレーゲル・・・・)近くに水場はありません。池好きが、住んでいるだけです。そういえば、中学時代に、ペットとして、十数匹飼育していたことがあります
IMG_2698.jpg
IMG_2723.jpg
IMG_2724.jpg


215話 カケヒ池(筧池)復旧状況と小空カフェ+イラガ被害 - 2011.10.08 Sat

 9月24日に当ブログで報告したカケヒ池(筧池、名古屋市守山区)の氾濫、堰堤崩壊についての続報です(台風15号の被害)。

 池に接して「小空カフェ」という喫茶店があります。池好きのブログ管理人は、出張の際、しばしば昼食をとったりしていまして、この辺りへの転居を考えるきっかけになった場所です。
 ところが、水辺の喫茶店が、今は、こんな風になってしまいました。
IMG_2676.jpg

 望遠レンズで覗くと、お客さんがおられます。なんとか、営業しているようです。
IMG_2681.jpg

 森林公園側から「小空カフェ」方向は、今も、道路が無くなったままです。断崖絶壁だ
IMG_2658.jpg

 崩壊現場を斜め側方からみた写真ですが、土嚢に被せたブルーシートの大きさが異様です。堰堤を作らず、流れるままになっています。
IMG_2672.jpg

 排水路を見ると、四つの池の最終的な排水口としては、素人目にも小さいように思われます。
IMG_2668.jpg

 排水路の下流側(野添川方向)の水面からあまり高くない位置に工場があります。(「小空カフェ」は、これよりも一段上の位置にある)
IMG_2661.jpg

 上の写真の左端の畑と同じ地表の高さに民家もありますが、木々に隠れて、よく見えません。浸水被害は無かったのでしょうか。
IMG_2665.jpg

 結局、森林公園側から「小空カフェ」へ行くのは大変そうなので、止めました。後日、別ルートで訪れて、枯れ池の異様な雰囲気を味わうことにしましょう。

 話は変わり、同居人の災難の話です。「イラガ」(毛虫)にやられました。
IMG_2586.jpg

 皮膚科で強い薬をもらったのですが、1週間たってもこんな状態です。痛みは、だいぶ退いたようですが
IMG_2635.jpg  IMG_2632.jpg

214話 消えた池の位置が分かった - 2011.10.06 Thu

 昨日、森林公園植物園展示館のジオラマに存在する池が、現在は見当たらないことについて書きました。
 その続編ですが、30年前の航空写真地図の本を、じっくり見直していたら判りました
空から見た名古屋・岐阜とその周辺」という本です。(発行:日本交通公社出版事業局、1981.4.1)(どこかで見たようなタイトルですが・・・「くもじい」の先祖か)
IMG_2636.jpg

 東谷山付近のページをよく見ると、池か陶土の採掘跡かは分かりませんが、怪しげなものが写っています。マークを付けた灰色の部分です。(注:下が北)
img710.jpg

 また、植物園展示館ロビーの床タイルには、上空からの写真が焼き付けられています。それをみると、池と思しき辺りは、逆に盛り上がっているように見えます(影に注目)。既に埋められたあとのようです。(注:下が北)
IMG_2630-1.jpg

 これでスッキリしました。現場は、某の東のあたりです。今では、池・穴ポコらしきもののあった気配さえありません。(普通の住宅地)

 排水路探訪
 昨日紹介した治水用の池の排水路を追ってみました。
<池から出たところ>(昔の池の真北)(正面上部が池の堰堤)
IMG_2647.jpg
以下、続きを読むをクリック





 

213話 昔の池はどうなった - 2011.10.05 Wed

 愛知県森林公園展示館の入口に、周辺の地形の立体模型があります。
(写真は、その一部;下が北)(右半分が森林公園ゴルフ場のコース)
IMG_2628.jpg
 相当古い時代の地形と思われます。大広見池の一部が右上に見えますが、瀬戸外環状道路や新興住宅地は、作りこまれていません。 一方、中央部に小さな池があります(水色)。この池は、どうなったのでしょうか。
(瀬戸外環状道路と新興住宅地)(画面奥が北、弥勒山、道樹山)
IMG_2402.jpg

 現在、池のようなものは、模型の位置にはありません。それよりもかなり北に、小さな池があります。
IMG_2401.jpg
 池の南側と西側は、かなり急な斜面になっています。
(南側)
IMG_2612.jpg
(西側)
IMG_2601.jpg
 それぞれ、雨水の流入口と思われる大きな開口があります。
(南側)(鉄分が多い水が流入)
IMG_2611.jpg
(西側)(この時点で、水は無い)
IMG_2605.jpg

 池の水位が上昇すると、写真中央の枡状の排水口から自然に排出されます。
IMG_2399.jpg
 排水は二段階になっていて、通常は、右下の柵のある部分からチマチマと排出されますが、それを超えて増水すると、コンクリートの最上部の口からドット排出されることになります。
IMG_2599.jpg
 排出された水は、排水路(数m×数m)を通って
IMG_2621.jpg
 水野川に放水されることになります(実際には、もう少し下流、最終的には、庄内川と合流)
IMG_2617.jpg

 模型が正確だとすると、岡を削って、その土で池と谷を埋めて平坦にして、谷の末端の位置に防災用の池を設けたことになります。デッカイ工事ですね。まさに列島改造です
 この池により、雨水が一旦堰き止められるので、その下の住宅、農地が守られるとともに、水野川への流入をゆっくりにして(ディレイ効果)水害を防ぐことができます。
 今回の15号台風でも、被害はなかったようです。
(水野川の曼珠沙華)
IMG_2616.jpg

(ところで、池があった場所に、すでに家が建っているんですね。地震の時、ちょっと心配)

212話 初秋の花・実 ラクウショウ シラタマホシクサなど - 2011.10.02 Sun

 植物に疎いので、花や木の写真を撮っても、名前が分かりません。愛知県森林公園植物園は、自然を残したかたちになっているので、名札のある植物は、一部に限られます。
IMG_2265-1.jpg
 
 植物の名前を知るには、植物園が毎月発行する「花マップ」(写真はついていません)と「ウォーキングマップ」(こちらも、写真なし)を手がかりに、ネットや図鑑を頼ることになります。
 分かるとスッキリして、獲物を捉えたような、ある種の快感がありますが、曖昧ですと気分が悪くなります。
IMG_2360.jpg
 
 「ウォーキングマップ」を手がかりに
ラクウショウの実>巨木ですが、実は1cm位です
IMG_2264-1.jpg

 近くに看板あり
アズキナシの実>まさに、小豆大
IMG_2375.jpg

 「花マップ」にマーカーで強調あり
シラタマホシクサ>直径数ミリの花
IMG_2364.jpg

 ちょっと自信ない
サワシロギクサワヒヨドリ
IMG_2371.jpg

 全くの推定
<ヌルデ?>
IMG_2257.jpg

 一応知っていたが、白は・・・
<彼岸花>
IMG_2353.jpg

 秋、定番の
<萩の花>
IMG_2352.jpg

研究者・エンジニア各位殿、画像から物の名前を検索できるシステムを、早く作ってくださいね

ラクウショウの補足写真)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (357)
歴史 (34)
思い出・出来事 (136)
その他(時の力) (187)
トモセラピー(癌治療)体験記 (62)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (17)
聴く・観る (115)
落語・美術・演劇など (65)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-