0612 257-001

2011-11

236話 トモセラピー体験記(10)・八事興正寺の紅葉 ・副作用でる ・改善策 - 2011.11.30 Wed

 病院の近くにある八事興正寺(名古屋市昭和区)まで、紅葉を見るために足を伸ばしてみました。(11月29日)
<中門と五重塔>正面入口です
IMG_3121.jpg
<五重塔と紅葉>
IMG_3122.jpg
<墓地の紅葉>ここは綺麗でした
IMG_3129.jpg
<由緒ありそうな墓碑>ウロウロしていたらここに出ました
IMG_3136.jpg
<阿弥陀堂への道>
IMG_3141.jpg

 このあと、方角が分からなくなって、すごく大回りをして帰りました。汗だくです

 トモセラピー体験記に戻ります。

11月28日(月)18回目
 夜間1.5~2時間の間隔で尿意あり。

 ボーとしていたため、いつも乗る電車にやっと飛び乗った。
期末試験だったのか、高校生の姿が多い。乗り換えの駅も人が多い。早くも師走モードか

 照射の担当は、主任さん
「バスーン バスーン カチャカチャ シュッシュポッポ」で、治療を終える。
上着も靴も脱いで治療を受けるのだが、治療後、靴を履くときに、靴が裂けかけていることに気づいた。
それほど古くない靴なのだが。左右とも一直線上に、ところどころ裂け目ができていた。

 スカイレストランで「Aランチ」、今日は、チキンカツだ。(以下、小さい画像は、クリックすると、拡大できます)
       P1030963.jpg なぜか、奴豆腐付き 
カツは食べきれず残してしまった。
 食後、暑くてたまらないので、ベランダに出てみた。
<西、ビル群><正面、中京テレビなど><東、ライオンズマンション八事ガーデンなど>
P1030965.jpg P1030964.jpg P1030966.jpg
 帰宅後、早速、靴を購入(鹿皮だが、いつものように特価品なので、リスク大)

 11月29日(火)19回目
 夜間頻尿変わらず1~2時間間隔でトイレへ(記録に残した)

 当然、電車に乗って居眠り、地下鉄に乗って居眠り

 治療後、診察あり(女医さんが、業者と話し込んでいて待たされる)
トイレへ行った時間の記録を見せる。
副作用が始まったとの判断
尿意をコントロールする薬を、試しに3日分もらう。
バップフォー錠10mgである。
この薬の副作用を見て笑った。
いわく ないものが見える(他にも副作用あり)
ちょっと危なそうだ。

 スカイレストランで幅広きしめんを食べる。
IMG_3118.jpg
幅も厚みも普通の2倍でした。ワンタンと言うよりも、餃子の皮を食べているみたいな食感です。もう少し薄くすれば、人気が出そうですが 500円は高い

食後、冒頭の八事興正寺紅葉狩り
 久しく八事を歩かなかったので、天皇陛下も宿泊されていた旅館八事八勝館が、門だけを残し、レストラン+マンションになっていたとは知らなかった(ランチ16,000円から・・・オイオイ)。
IMG_3146.jpg
 遅くなったので、大曽根の電飾が点灯されていた。節電気味だ
IMG_3148.jpg

 11月30日(水)20回目
 薬を1回飲んだだけなので、まだ、何も変わらない。
夜間頻尿続く(1~2時間間隔)

治療の途中で寝てしまう

同居人の乗馬最終日につき、バスで帰る。
ノンステップバスは、タイヤハウスの出っ張りが半端ではない。よじ登る
P1030968-1.jpg

治療は、まだまだ続く
(時間切れ、推敲未完)

235話 トモセラピー体験記(9) ・半分まで来た ・副作用これからが勝負 - 2011.11.26 Sat

11月24日(木)16回目
 朝、トーストに納豆をのせているとき、突然、「アウフヘーベン」という言葉が浮かんだ。意味は忘れているのに、言葉だけが頭のどこかに引っ掛かる。

 昨日は祭日で、治療が休みだったのと関係があるのかどうか、夜間頻尿はなかった

 通院に使う私鉄線の高架部分のコンクリートが、崩落しているとの報道があった。さすがに、一部の区間では徐行気味だが、その分他の区間で快調に飛ばしているようにみえた。気のせいかもしれないが

 休み明けなのに病院内に人が少ない。もっとも、外来は午前中なので、見舞いの人が少ないということかもしれない。

 担当は、ジョイ君似の技師 順調に終わる

 会計は、混んでいた。ややこしい人が多いようで、一人ひとりに時間がかかっているためだ。

 自販機の「生姜レモン」ドリンクで、「カロリーメイト」を押し込む。

 地下鉄の駅構内に、若者の姿が少ない。
 それでも、大曽根の小さな地下街もクリスマス気分だ。
P1030947.jpg

 私鉄の電車の中で、小学生の男の子が、クリスタルのようなものを床で独楽のように回していたかとおもうと、席に座って舐め始めた。並んで座っていた同級生と思われる女の子が、かなり引いていた。
女の子にトカゲや昆虫を掴んで見せるのと同じ心理なのかなあ リスクが大きいなあ 感染症が広がるはずだ

 車中で柳澤桂子さんの「生きて死ぬ智慧」を再読
やはり、綺麗に表現しすぎのように思える。

 同居人が乗馬なのでバスで帰る。(後から聞いたが、初めて駆け足(ギャロップ)をやったとのこと;自転車程度の速さ)
ポアロ(A.コッカースパニエル)は、ブログ管理人が帰ったのをみて、残りのご飯を食べ始めた。

 副作用なのか、少し肛門痛がある。

 11月25日(金)17回目
 鼻がつまって、眠りが浅かったが、漏れてくる夜明けの光をみて、なぜかものすごい至福感に包まれた。それと同時に鼻づまりが突然消滅した

 乗り継ぎの駅(大曽根)では、エスカレーターの整備をしていた。雨露が降り込みやすい構造なので、整備も大変だろう。
P1030949.jpg

 治療は、本日で半分終えたことになる。
ラジオ体操の出席簿のような治療カードの認印欄が、半分埋まった。
    P1030905.jpg
 本日は、一番若い?技師

 診察があった。待合室は人でいっぱい。ずいぶん待たされた。それでも地元の病院ほどではない。
(看護師が、三角巾で腕を吊っていた。怪我ではないということだが)

 夜間頻尿が収まっていることを伝えた。
ブログ管理人:「風邪けか、がきていたせいかもしれません」
女医さん:「そうかもしれませんね」「これから大部分の人に副作用がでるようになります
ブログ管理人:「えぇ~~
女医さん:「まあ、副作用がでないよう、祈っておきます
ブログ管理人:「ア、ありがとうございます

 遅くなったので、スカイレストランは、ほとんど売り切れが予想される。やむなくフードコートで「カニ玉あんかけスパ」を食べる。
P1030950.jpg
 イタリアでも、ベルギーでも、デンマークでも中華を食べたが、こういう融合は、名古屋にしかないのでは? 少し、腹にひびいた。

 続きあり

234話 トモセラピー体験記(8) ・高額療養費(支給)制度 ・スカイレストラン - 2011.11.23 Wed

 11月21日(月) 14回目
 私鉄の旧型電車の窓から入り込む日差しが暖かい。新型は、遮熱膜があるので、こうはいかない。

 腹の中が空っぽで気持いい。

治療は、主任さん
修理後、C/T前後のバスーンという音が、ほんとうに大きくなった

 支払いは、2回分  といっても、自動なので、手間は同じだ。
それにしても、この病院の事務処理は、恐ろしく速い
支払い手続きの受付に数秒、自動支払い可能になるのに数分、カード支払いであれば、領収書のプリントまでに5秒程度、薬がなければそれで終了 気分が良い
 近所の病院の5分の1以下の時間だ。
P1030893.jpg

 6階のスカイレストラン「マロン」で昼食(写真の大阪のオバちゃん風の人は、食べるものがないといって、戻っていった)
P1030921.jpg
 レストランというよりも社員食堂に近い(職員専用のコーナーがある)
残っていたのは、同居人が激怒しそうな日替わり丼(本日は、豚丼550円)だけ
     P1030915.jpg

 帰りに市役所へ、高額療養費(支給)制度について聞きにいった。
月約8万円を超える分の医療費については、戻ってくることを確認(金額は、若干実際の療養費で変わる部分がある)
来月分については、超える分を支払わなくても良くなる手続き書をもらった。(これを、病院に提出する)



11月22日(火) 15回目
 一晩中、45分~1時間毎にトイレ  その割には、眠くない
 
 朝食は、パンに納豆
<パン用の納豆、ゴパン・・・どこかで聞いたような>(画像をクリックすると拡大可能)
P1030923.jpg  IMG_3088.jpg バターしょうゆ風味たれが付いているが、とくに違和感はない
強いて言えば、少々塩辛い

 前日の報道では、スゴイ寒さを予想していたが、暖かい。
私鉄の車内で本気で寝てしまう。よくある話だが、乗り越しの夢で目を覚ましギリギリセーフ

 治療の担当は、ジョイ似の若い技師((自虐ネタの)「ひろし」も混ぜたほうが正確)
照射の際の低音増加は、シュッシュポッポのポッポ部分に加わったボンボンという音

 技師が言うには、ほぼ半年に1回は不調になる。でも、部品を交換することなく、調整(初期値の再設定)で済んでいる。ただ、最近は、不調の周期が短くなってきた感じで、心配だと言っていた。
 ついでに、地震への対応を聞いたが、緊急停止して手動で患者を引き出すのだそうだが、訓練はしてないようだ。

 診断があるということで、珍しく待たされる。診察室には誰もいない。
P1030929.jpg

どうも、女医さんが、通信可能エリアで長電話をしているようだ。雑役のオバサンが呼びに行ってやっと戻ってきた。

 夜間頻尿のことを話したら、ほとんどが寝る前の水分のとりすぎということだった。摂らないと、と言って頭に手をやる。私が「プッツンですね」といったら、答えず、試しにコントロールしてみてくれということだった。(脳梗塞などのリスク増大)
ダメなら、排尿を抑制する薬か、睡眠薬を考えるとのこと。

 会計へ高額療養費の書類を提出 来月から支払いゼロ 自己負担分は、再来月清算することになる。(役所の説明では、自己負担分を超えたら払わなくて良いということだったが、この病院の方式のほうが、簡潔)

 今日もスカイレストラン
Aランチが残っていた。500kカロリー程度のはずだが、ものすごいボリューム(春巻き、肉団子、焼きそば、奴豆腐、ポテトサラダ、味噌汁、どんぶりご飯)
P1030931.jpg
<6階スカイレストランからの景観>東山タワー(電波塔)が間近に
P1030932.jpg
<手前は、屋上庭園>後方に東山スカイタワー(三角屋根、展望台)が見える
P1030934.jpg

 地下鉄にMr.ビーンにそっくりな高校生(ハーフ?)がいて、耳を押さえて車内を歩きながら、キィーーーという悲鳴をあげる。周りの人は慣れているようだが、気味が悪い。(音声・聴覚ノイローゼか?)

 同居人は、演劇鑑賞会(私は休止中)なので、一人で夕食
といっても、昼のAランチが、まだ腹に残っているので、鍋の残り物だけ、ご飯無しで十分

 ポアロは、シャンプーしてもらって、多少はましな顔
<1眼で>自動ホワイトバランス
IMG_3085.jpg
<コンパクトデジカメで>黄色っぽいけど、黄疸じゃないよ(金色のオーラは、カメラ(光源)のせい)
P1030941.jpg

(なお、このところの病院や、通院中の写真は、ほとんどコンパクトデジカメで撮影

233話 トモセラピー体験記(7) ・装置壊れる ・治療中断 ・保険申請の条件  - 2011.11.20 Sun

11月18日(金)(13回目―延期)
・保険会社に、保険金申請の可否について問い合わせをする。
照射強度が、50グレイ以上だったらOK」 とのこと

・病院の看護師から電話あり
トモセラピーが壊れた「とりあえず、予定の時間には治療できない」
・再度技師から電話あり
「直らない」「治療を、日曜日に変更する」「時間は、16時」

・この時、ついでに照射強度を聞く
74.8グレイですよ」「絶対に保険はおりますよ」 とのこと

 掛金が少ないし、がん特約を少し前に解約したので、期待はできないが、多少でも出れば、御の字です。

11月20日(日)13回目
 またまた、地下鉄の異常に遭遇
大曽根で乗った行きの車両が、ナゴヤドーム前矢田で乗客を降ろして全車両を交換
ロスタイム4分だが、1ヶ月弱の間に2回目だ
 腹がはって痛くなってきた。

 指示通り、受付などに寄らず、地下2階の直接精密放射線治療センターへ

<隣の臨床検査室は、真っ暗>
P1030912.jpg

<待合室には誰もいない>(普段は、ベッドに乗ったリニアック治療の人、付き添いの看護師さんなどがいる)正面が、リニアック室、右が、小線源治療室
P1030911.jpg

<ご参考 小線源治療室>体内へ放射性物質のチップを埋め込む・・・間寛平ちゃんがやった方法
P1030910.jpg

<治療中のトモセラピー室>患者本人は見られない閉鎖したドアと、照射中の表示を、先客がいたので見ることができた。技師は、左の部屋(ドア半開)から遠隔操作する
P1030908.jpg

治療開始
 まず、C/Tから
問題発生:C/Tで見ると、便とガスが多いので治療不能・・・トモセラピーから降ろされる
  トイレへ行って、尿を出さずに、便とガスを出してくるように・・・たしかに腹は痛いが、そんな器用なこと
  結局、ガスだけでも出して再チャレンジ、型枠に入ってからも、スースー漏らしながら

 なんとか、照射開始
音色が変わっている。低音が強くなっていた。

帰り いつもより2時間遅く、地下鉄から私鉄に乗り継ぐ
<大曽根地下街>この下に調整池がある(普段は空)
P1030913.jpg

<地上と地下をつなぐ階段とエスカレーター>ここはエスカレーターの上以外、屋根がなく、ビル風が強いので、排泄管理中のものには辛い
P1030914.jpg

腹痛の原因)普段は、昼食をとらずに治療を受けているが、今回は、2時間遅いので、昼食をとった。
・大豆、トマト、鶏肉、玉ねぎ、人参、エリンギの入ったミネストローネ風
・しそ巻き味噌
・卵焼き
・五穀入り玄米ご飯と鮭の瓶詰め
食べ過ぎである。

232話 トモセラピー体験記(6) ・ リニモ研修生 ・大曽根に池 ・ポアロの歌 - 2011.11.17 Thu

 精密放射線治療センターは、電磁波シールドの中にある。携帯電話は、当然、圏外
<精密放射線治療センターの受付付近>男性のいだく、婦人科のイメージ
P1030866.jpg

11/15(火)10回目
 ともかく眠い。行きの車中で居眠り、乗換駅を間違えそうになる。

 地下鉄に、車椅子のお婆さんと介護の人が乗っていた。同じ病院かと思ったが、途中で降りた。申し訳ないが、かなりの異臭を感じた。

 治療は、珍しくちょっとだけ待たされた。主任さんが担当
C/Tの開始・終了と治療の開始は、音色の変化で分かるようになったが、終了は、まだ分からない。

 診察あり、昨晩の尿意のことを言ったら、「私も冷えて、何度か起きた」ということだった。

 病院のフードコートで、自宅では絶対に食べられない「味噌カツ丼」を食べて帰る。(同居人が、とんかつ嫌い+甘辛い味噌大嫌い)カツの下に敷いたキャベツの千切りの層が、八丁味噌の辛さを中和して、食べやすくなっている。(¥580)(画像をクリックすると拡大可能)
P1030869.jpg

 リニモ(リニアモーター線)経由で帰ってみる。
 丁度、新人研修をやっていた。
 リニモは、地下区間以外、無人運転だが、全線にわたって、マニュアル運転の練習をしていた。
<ポニーテールの研修生>左の兄ちゃんは、指導員
P1030881.jpg
<リニモの線路>浮上するので、いわゆるレールは無いが、停車、低速時用の補助車輪を受ける板がある。
P1030871.jpg

<車窓から:菅池>(長久手古戦場)約30年にわたって、昼の散歩コースだった。
P1030875.jpg

<車窓から:万博名残の大観覧車>動いていた。
P1030876.jpg

 病院からリニモの終点までで、1時間もかかったので、このコースは、使えない。

 11/16(水)11回目
 放射線の副作用よりも、排泄管理のほうが大変
グリーンスムージーは、飲んでから40分以内に食べると腸内異常発酵を起こすので(実際、経験した)、当面は、止めて、野菜+果物のジュースにする。
<野菜+果物ジュース>みかけは変わらないが、のどごしはサラサラ
IMG_3076.jpg
 しかし、搾りかすが多くて勿体ない(何かに混ぜて食べるか、肥料にするか)
IMG_3077.jpg
 治療の方は、やっと終わるときの音色の変化が判った。

 同居人が馬の日なので、バスで帰った。マナカ(名鉄、名古屋市交通局共通プリペイドカード)が使えるので、便利

 11/17(木)12回目
 便秘ではないのだが、ガスが溜まっている感じ(薬は飲んだのですが)。しかし、何事も無く治療終了。病院の庭で、自販機のお茶でカロリーメイトを食べて帰る。

 記憶によると、乗換駅の大曽根には浸水対策の貯水池が作られているはずなので、探してみた。
なんのことはなく、数十歩歩いた駅の前にこんな表示があった。駅前広場の地下に池がある。
<調整池の表示板>は住めないでしょうね。
P1030894.jpg
 帰りの私鉄には、言動と見かけが超個性的な中学生と先生の20人ほどの団体がいて、あっけにとられているうちに、迎え要請のメールを出すのを忘れていた。しかし、電話をしたら本屋で立ち読みもできないくらい早く迎えに来てくれた。
 帰宅してもポアロのお迎えはなく、見ると奥のほうで、爆睡
P1030902.jpg
結局、起きてきたのは2時間後でした。

続きあり

231話 トモセラピー体験記(5) ・マーカー ・将来の転移 - 2011.11.15 Tue


 11/10(木) トモセラピーによる強度変調放射線治療も7回目です。
 名鉄で病院に向かっていたのですが、ミズノ駅で、乗ろうとしていた子供が電車とホームの間に靴を落としたということで、電車が停まってしまいました。結局、車掌の判断で、その子とその母親を残して、少し遅れて発車しました。

 病院には、余裕をもって間に合いましたが、何が起きるか分かりません
 本日も担当は、一番若い人です。今回は、確認用の顔写真が表示してありました。また、タオルを2枚掛けてくれました。

 しんどくなるのを防ぐため、自販機のココアを飲んでから帰りました。
 南山大学と同じ地下鉄の駅なので、外国人の姿が目立ちます。
 大曽根で地下鉄から名鉄に乗り換えます。
<大曽根商店街オズモール入口周辺>
P1030863.jpg
 名鉄電車のスピードメーターを見ていたら、80km/h出していました。揺れるわけだ。となりに、妙にニヤニヤした若者が座っていたので、よけい疲れました。

 11/11(金)(8回目)
 担当は、ジョイ君似の技師です。
 終了後、身体にマーカーを入れない理由を聞いてみました。(パンフレットには、マーカーを入れるので、消すなと書いてある)
内蔵の位置はセンチ単位でずれる。この病院では、毎回、治療の前にC/Tを撮って内蔵の位置確認をミリ単位でやっているので、マーカーの意味が無い」ということでした。(ただし、隣室にあるリニアックでは、マーカーを入れるそうです)

 診断あり、「しんどい」ことを話したら、局所的に放射線を当てるので、副作用と言うよりも、通院や排泄管理の疲れではないか、帰ったら1時間ぐらい寝るとよいということでした。

 ホルモン療法を止めていることを話したら、将来転移する可能性が中程度なので、普通は併用するとのこと、
エ~~~中程度」可能性は低いと思っていた

(なお、女医さんが、広末涼子系というのを修正します。それに、阿川佐和子と久保純子を混ぜてください(どんな顔じゃ))

 帰りは、JRで

 ホルモン療法の代わりに、ざくろジュースを、しっかり飲むことにしました。
<トルコ産の有機ザクロを使用したジュース>旬楽膳で、これまでのものの半額近い値段で購入
      IMG_3060.jpg

 11/14(月)(9回目)
<トモセラピー治療室への入口>前の職場でもしばしば見た放射線発生装置の表示(赤丸の周りに三つの赤い扇型)がなつかしい
P1030865.jpg
今日は、病院内の喫茶店でランチのあと帰宅(携帯でランチの写真を撮ったのですが、うっかり消去)
P1030862.jpg

夜、腹痛と1時間ごとの尿意に悩まされる。

(時間が来たので、続きは次回へ)

230話 高齢犬「ポアロ」(A.コッカー)の近況 ケガの功名 チャッキリ節の謎 - 2011.11.12 Sat

 高齢アメリカン・コッカー・スパニエルの「ポアロ」(15.6歳)は、気温が下がってきたのにもかかわらず、ベッドで寝なくなりました。それで、腹が冷えるのか、お腹の調子が良くありません。
囲みの高いものにも、
IMG_3051.jpg
囲みの低いものにも入りません。
IMG_3055.jpg
午前3時でもこんな調子です。体が、うまく動かせないせいかもしれません。
IMG_3057.jpg
 仕方がないので、床に30センチ角のタイル状のカーペットを敷いてあります。これなら、汚れたところだけ、交換できます。でも、これからの寒さ対策が難しくなってきました。
 腹の調子が悪いので、食欲もイマイチです。

 そんなことを考えながらお茶を飲んでいましたら、同居人がアレッ!と声をあげました。「これ、お茶と違うIMG_3066.jpg
私は、昆布茶だと思って違和感なく飲んでいましたが・・・
IMG_3071.jpg
 枇杷の葉茶のパックと、だしパックを間違えたようです。

 結構、美味しかったので、ポアロの残したご飯にかけてやりました。すると、
IMG_3074.jpg
「うみゃあ、ウミャア」(ナゴヤ語)といって食べ始めました。食欲不振に、効いたようです。ケガの功名です。

 話は変わり、亡くなった母の使っていた、チャッキリ節の鳴る茶筒のフタですが、電池が入っているようなので、捨てずに置いてあります。(母は、ポアロのお菓子入れに使用)
IMG_3065.jpg
これが、触らないのに鳴り出すことは、前に書きましたが、最近は、朝、カーテンを開けると鳴るのです。なんか、「頑張って、病院へ行け」と言っているようです。
でも、よく考えたら、明るくなると鳴るのではないか、ということに気付きました。そこで、こんなことをやってみました。
IMG_3062.jpg
 チョットだけ隙間をあけて、懐中電灯の光を入れてみたのです。
鳴りました「歌はチャッキリ節男は~次郎長~花は橘~茶の香り」
光の変化を検出していたのです。
 残る問題は、何年も経っているのに鳴ることです。光のエネルギーを使っている可能性があります。これについては、もう少し年月を経れば自然に分かることです。十三回忌まで鳴っていたら、光発電をしていることになります。
 とりあえず、不気味な現象ではないことが、判りました。かなり、スッキリ

229話 トモセラピー体験記(4) 前兆現象 - 2011.11.09 Wed

 トモセラピーによる強度変調放射線治療の体験記です。

 トモセラピーは、地下2階にあります。
 待合室に入るための自動ドアがコレ(正面)です。(全体が、一枚の引き戸になっています)
 個人識別はしていないので、侵入者を防ぐことはできませんが、物理的(放射線、電磁波)なシールドはかなりしっかりしています。(ちなみに、左側のドアは、暗証番号が必要)
P1030858.jpg
 壁のようなドアで、ちょっとビビりますが、この奥の待合室は、明るく快適です。(もちろん、窓はありませんけど)

 11/7(月)4回目
 毎回書きますが、治療終了まで1.5時間排尿できません。今回は、水分を多くとったためか、すこし苦痛でした。しかし、早めにスタートしたので、助かりました。治療も、主任さんの担当で、最小時間で終わりました。

 これまで、飲まず食わずで帰宅した日は、しんどかったので、病院で食事をしてから帰ることにしました。
 Aランチ600円(カツカレーに、サラダみたいなものと、スープみたいなものが付く(写真省略))ですが、あまり売れていないようでした。なかなか油分の多い、ヘルシーとは違うベクトルの食事でした。でも、元気は出て、この日、身体が楽でした。
P1030861.jpg

 11/8(火)5回目
 すごく患者が多く、少しだけ待ちました。女医さんも、走り回っていました。技師は、タレントのジョイに似た若手で、多忙のせいか、ピリピリしていました。でも、寒いからと、タオルを2枚掛けてくれるなど、分かりやすい気配りがありました。こういうのは、モテるぞ。

 診察がありましたが、別段変わったところもないので、下剤の減量が上手くいった件と、インフルエンザの予防接種の話をしました。ワクチン接種は、熱が出たりするとまずいので、金曜か土曜にしろということです。女医さん自身、アレルギー気味で、気分が悪くなるので、気をつけているそうです

(なお、同居人が、女医さんが誰に似ているかということを気にするので、TVに出ている人を指さしたところ、広末涼子系ではないかということでした。動きも含めると、そんな感じですが、目が違います。どうでもいいですが

 待合室の前の席に、爺さんと娘?、孫娘?がいました。看護師さんが、転移しているので、どうのこうのという話をしているのに、爺さんはニコニコしていました。付き添ってもらったことが、よほど嬉しかったのでしょうか。4回とか言っていましたので、たぶん、リニアックによる治療なんでしょうね(同じゾーンにある)。

 缶コーヒーだけ飲んで帰りました。ヒートテックのせいか、暑い。このところ、治療費は、毎日1万円チョットに収まっています。

 11/9(水)6回目
 病院の中は、工事をやっていることもあり、迷路化しています。色分けした線をたどっていくのですが、はじめは迷いました。しかし、さすが、6回目ともなると、スイスイ歩けます。
P1030860.jpg
 今日は、初めての技師で、一番若い。
トモセラピーの装置に小生の顔写真が出ていなかった。聞いたら、すでにそのステップは終わっているとのこと。ブログ管理人は、分かりやすい顔ではあるが、一応出しておかないと、本人確認に対して慎重でないように思われるぞ(と、思ったが言わない
C/Tの開始時点と終了時点に、装置がパスーンというのを確認。 今日も、早く終わった。

 個人専用の固定具が棚からあふれて、壁に立てかけてあった。技師に聞くと、終了間際の人と、これからという人の物が重なったため多いということですが、患者も増えているそうです。


 同居人が馬と遊んでいて、迎えが無いので、病院でラーメンを食べ、私鉄の駅からバスで帰りました。(塩辛いラーメンでした)
落ち葉だらけの庭の掃除をやったためか、またまた、しんどい。(ブログを書いていたら良くなった


 地震と一緒で、あとから考えると、あれが陛下と同じガ◯の予兆だったのかなぁ、という事象を挙げてみます。
以下、続きを読む

228話 通院中ちょっと道草: 二つ池はホットスポットか? - 2011.11.07 Mon

 トモセラピーによる治療のため、34回通院する必要があります。
同じ時間に公共交通で通う繰り返しなので、せめて帰りだけでも変化をつけるため、ときどき途中下車して沿線を探索することにします。
 本日(11/7)は、名古屋市守山区の「二つ池」へ行ってみました。(また、池です)(前世の影響か、水溜まりでもうれしい)

 名鉄瀬戸線の「喜多山」駅で下車して、北へ向います。
名古屋第二環状自動車道をまたぐ、ちょっとシュールな歩道橋がありました。
IMG_3011.jpg

橋の上からは、地下道路の換気をしながら防音する、吸・遮音板が見えます。下が道路(金かかってるねえー)なお、車が見えているのは、一般道
IMG_3012.jpg

第二環状自動車道を超えてさらに北へ行くと、「二つ池」がありました。
二つ池は、上と下に並んで池があり、二つセットになった池です。(そのまんまや!

<上の池 流入口のある西側>個性的な住宅が並ぶ(豪邸も多い)
IMG_3025.jpg

<上の池 流出口のある東側>金城学院大の教会の三角屋根が見える。(電柱が多すぎる
IMG_3032.jpg

<二つの池を仕切る堰堤>通路になっている。手前が上の池、向こうに下の池が見える。
IMG_3033.jpg

<上の池の溢出堰>下の池から見る。コンクリートの傾斜部分 かなり段差がある
IMG_3036-1.jpg

<溢出堰の上から下の池を見る>
IMG_3023.jpg

<下の池 取水用の弁>
IMG_3028.jpg

<下の池 西南側>
IMG_3029.jpg

<下の池の溢出堰>
IMG_3045.jpg

<排水路は民家の脇を通る>フェンスの下が水路 意外に細い
IMG_3047.jpg

 名前からパワースポットではないかと期待しましたが、陰の気が強く、負の霊気を感じます。早い話が、トイレに行きたくなったので、これはダメかなと・・・
 ただ、この日、丁度、池周辺の草刈りをやって、きれいにしていましたので、多少は呼ばれているのかなとは思います

 氾濫した筧池と同様の構造ですが、雨水の流入が少なそうですし、下の池が花壇部分まで含めれば、キャパシティに余裕があるので、問題が起きないのでしょう。ですが、下の池の溢出水の水路が、ショボすぎるような気がして、ちょっと気にかかります。(水路に物が置いてある状況も見ました)

227話 トモセラピー体験記(3) 居住者の気配 マウスタコ対策 - 2011.11.05 Sat

トモセラピー体験記(3)3回目
 下剤が効き過ぎたのか、下痢気味
 暑いぐらいなのに、尿を1.5時間溜めているのが苦痛
 右足(とくに膝)が痛い

 前回紹介した個人専用の保持具について補足しますと、カチカチで、クッション性は全然ありません。いまのところひどく冷たくはありませんが、冷える方向です。治療するときは、トモセラピーの中心まで持ち上げられます。トモセラピーの穴?の中は、明るく真っ白で、距離がつかめない雲海の中を飛んでいるようです。
P1030837.jpg P1030838.jpg

 治療中の音について言うと、強い放射線を当てているとき(4分間)は、「シュッシュポッポ」といった音に変わります。その音が消えたら終了です。

 本日は、医師の診察あり
・足の痛みは、副作用とは考えられない
・副作用は、1年後ぐらいに現れやすい。膀胱関係は5%の確率、直腸の方が可能性が高く15%の確率で出る。(出血など)
・(C/T画像を示しながら)ブログ管理人の特異性として、小腸が垂れ下がっており、そちらに影響が出るかもしれない。(下痢がちになるかも)
ということを、女優のような女医さんに、ニコニコしながら言われました

 当面の下痢気味対策として、1日あたり
パントシン錠2錠×2回を、1錠3~2回(腸の動きを促進)
マグミット錠2錠×2回を、1錠3~2回(胃酸抑制、便通改善)
ガスコン錠1錠×2回を、1錠3~2回(胃腸内のガス改善)
に変更です。回数は、自分で判断

 それにしても、いささかしんどい。風邪のひきはじめのような感じです。

居住者の気配
 所用で同居人の実家へ
 しんどいので、亡くなった義弟の部屋で仮眠をとることに

 業者に依頼して、ほとんどの物を処分してあり、ガランとした空間になっていました。
 寝転んでみると、色々、ひとが住まなくなった部屋らしい物が目につきました。

<止まったままの時計>
P1030849.jpg

<古いゴミ出しカレンダー>平成20年度版
P1030847.jpg

<救急処置のポスター>家族の救急を考えていたようですが
P1030843.jpg

寝ていたら、すこし体調が回復しました

マウスタコ対策
 パソコンを多用しているとマウスタコができます(私だけか?)結構、痛い。
P1030856.jpg
以前は、外付けのトラックボールで対処していたのですが、使いやすいものではありません。
電気屋さんへ行ったら、こんなものをいっぱい売っていました。(黒いかまぼこ風のかたまりと、マウスパッド)
P1030852.jpg

使用状況(手首を載せる)
P1030854.jpg
 かまぼこの中身はジェルで、ふんわりサポートしてくれるので痛みが消えました。(Supreme Gelと書いてあります)長時間使う場合は、蒸れる可能性があるので、柔らかい布を被せたほうが良いでしょう。(メーカは、サンワサプライ?)(各社、色々出していますが、どれが一番良いかは未検討です)


226話 トモセラピー体験記(2) - 2011.11.02 Wed

 11月1日から、いよいよ、トモセラピー(TomoTherapy)による強度変調放射線治療の本番が、始まりました。
初日)
 直腸は空っぽにして、膀胱には1.5時間分の尿を溜めるということになっています。幸か不幸か下痢気味で、直腸は空っぽ、また、季節はずれの暖かい日で、尿を溜めるのにも苦痛はありません。

 開始予定は、14時です。受付に、最終の排尿時間を聞かれ12時40分と言ったら、10分待たされました。それぐらい厳密です。

  ブログ管理人の足から首までの背面を型取りした保持具が置いてありました。(体験記(1)参照)(技師の許可を得て撮影)(ソコソコ、足が長いでしょ(自慢)
P1030837.jpg

 位置合わせのためのマーカーを身体に書き込むことが多いようですが、ここではやりません。(レーザービームは出ています)

 他の方と間違わないよう、顔写真を撮影してから保持具に寝るのですが、おしりから行かないと、コケて危ないということです。
(手前が足で、装置に近い方が頭になります)(すごく柔らかいマットに、透明人間が寝ているようです)

 手は胸の前で組みます。ほとんど、亡くなったときのようです。(じつは、胸前に緊急連絡ボタンを持つので、そんなかたちになる)
P1030838.jpg

 はじめに、この装置でC/Tを取ります。3~4分です。これで、内蔵の位置の微妙なズレをチェックします。
情報処理の時間が数分あって治療に入ります。

 治療時間は、4分です。言われていたように、全く痛くも痒くもありません
MRIのような騒音はありませんが、正味4分でも前後に準備動作の時間があり、あっという間に終わったという感じではありません。
 説明をいれて全部で20分程度です。

 この病院では、ほとんど全員、自動支払機で払っていました。(説明員が常駐しています)
P1030840.jpg
 金額を見てビックリ
約3万円です。毎日これだったら、100万円以上になってしまいます。

 二日目(11月2日)
 技師が若い人に替わっていました。
いい機械なので、だれがやっても変わりませんよ」とは、なかなかブラックなジョークだ
 トモセラピーの左右のディスプレイに、ブログ管理人の顔が表示されていました。
 昨日のデータがあるので、C/Tの時間が短く、さらに早く終わりました。

 初日の人(主任)も今日の人も、説明が好きで、技術系の人間にとっては、面白かったのですが

 例えば、「この部屋の温度は、装置のために24℃一定です」「毎朝、確認しているけれど、ズレたことがありません」
「冬だからといって厚着をすると、肌着の暑さが数ミリ違うことで、放射線の当たる位置がずれてしまう」「前後左右は、修正できるが、厚い肌着で生じる回転方向には対応できない」等々

ほとんどウンチクです。

 検査や、計画作成費用が無いので、料金は約1万円でした。これなら、想定の60万円に収まりそうです。

 明日は、祭日で治療もお休みです。
 ホルモン療法は休止していますが、残った錠剤を、半分だけ飲む予定です。
それと、ザクロジュースです。東谷山フルーツパークで買ったのですが、以前のものとは違っています。こちらの方が、やや、割高です。ストレートで飲んだときの味には、酸味が強く、沢山は飲めません。ご婦人に嬉しいと、更年期障害に効くようなニュアンスのフレーズが、書いてあります。 IMG_2992.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (357)
歴史 (34)
思い出・出来事 (136)
その他(時の力) (187)
トモセラピー(癌治療)体験記 (62)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (17)
聴く・観る (115)
落語・美術・演劇など (65)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-