0612 257-001

2011-12

246話 マズイ!腰痛だ - 2011.12.30 Fri

 昨晩、寝室のヒータが入っていなかったためか、ゴミ出しのとき冷えたのか、ともかく原因不明の腰痛になりました。(これまでは、重いものを持ったとか、何か原因が考えられたのですが)

 タイミングから言うと、頻便の後です。(5回/日)
 個人的に、小腸にも放射線が当たりやすい内部構造のようで、女医(放射線科)さんに、しばらく頻便になる可能性を指摘されていました。(トモセラピーによる強度変調放射線治療終了後9日目)
 頻便も、5回目ともなると、気を失いそうになります。

 意識が薄れた中で、死後の世界(入口かな)が見えたような気がしました。
僅かに光の見える、音のない無限空間の中で、どちらかに向かって進んで行きます。ものすごい孤独感です。

 「入ってる?」ノックされて現実に戻りました。
その後、腰痛です。
 死の入口体験については、まわりに否定されました。たしかに、ソフトバンクの“お父さん”の宇宙遊泳か、缶コーヒー“ボス”の“宇宙人ジョーンズ”の影響も考えられます。

 ただ、足の血行はホントに良くないようです。
<足の爪の色に注目>下がブログ管理人(青い)外傷の跡はありますが、水虫歴はありませんよ。上は、乗馬もする健常者
IMG_3255.jpg

 対策としては、これです。今回は、“バンテリン”がよく効きました。(あまり、効かないときもある)(クリームタイプだから良いのかな)もちろん、まだ、痛いのですが
IMG_3265.jpg

 年末で、掃除をしていたら、これがウエスとして放りこんであるのを発見しました。
故「小南」師匠の手ぬぐいです。救出できてよかったです。本人も泣いています。
IMG_3260.jpg

 ポアロ(アメリカン・コッカー・スパニエル、15.7歳)は、同居人の実家へ連れて行くために、お風呂に入れました。
<協力したんだから何かおくれ>爺さんぽいね
IMG_3264.jpg
<アア疲れた>ウールの服だよ~ん
IMG_3250.jpg


などと言っているうちに、2012年がやって来ます。
良いお年を

245話 ・森の雫 ・トモセラピー治療を終えて1週間 ・寒さ対策  - 2011.12.28 Wed

 北海道出身の方からこんなものを頂きました。
IMG_3253.jpg
 白樺の樹液(100%)ということです。顔にでも塗るのかと思ったら、飲むのだそうです。

 早速、半分だけ飲んでみましたが、ごくわずかなとろみと甘みがあるだけで、ほぼ水です。
しかし、気のせいかのんびりとした気分になり、居眠りしてしまいました。30分ぐらい寝たような感じですが、時計は10分程度しか進んでいません。

 故桂枝雀師匠の傑作に「夢たまご」という噺がありますが、それに近いかも。(“夢卵”売りの卵を食べると、夢の世界へ入ることができるが、そこで、夢と現実がねじれて、からみついた、ややこしい話がもちあがり・・・)


トモセラピーその後

 トモセラピーによる前立腺癌の強度変調放射線治療を終えて1週間になります。
現在、治療中の方、今後治療される方の参考のために、状況を紹介いたします。
ただし、誰もがこうなるということではなく、ひとつの事例にすぎませんが

◎治療中から「ハルナールD錠0.1mg」を夕食後2錠飲んでいます。その上での状況です。

12月22日(木)就寝時、午前2時台、4時台、6時台、計3回トイレへ、痛みはない
起床後トイレ内で漏れる。全く感覚が無い
この日は、極力早めにトイレへ
(その後、問題が無かったので、夕方、タイヤ屋さんに出かけ、スタッドレスタイヤに交換 待合室の空気が悪く(石油ファンヒーター)、気分が悪くなる)(薬のためか、ふらつき感あり

12月23日(金)前日と同様午前2時台、4時台、6時台の3回痛みはない
(明け方近く、喉、鼻が乾き、苦しいので、マスクをして寝る)

12月24日(土)前日と同様午前2時台、4時台、6時台の3回痛みなし
予約してあった歯医者さんで定期検査と清掃(放射線治療により免疫力が低下するので、ぜひ来いとのこと 超満員で疲れた)(夕方、愛知トヨタで車の6ヶ月点検 PHVのカタログを持ち帰る エスプレッソを出してくれたので、帰りに強い尿意が)

12月25日(日)午前3時台のみトイレへ(1回なので頻尿ではない)、痛みも無い
雪は降っていたが、DIY2軒、生協をはしご 年賀状をプリントアウトして出す
ふらつき感が、まだある)

12月26日(月)午前2時台、3時台、4時台に集中して3回トイレへ、痛みはないむしろ、胃が痛い
少し長い散歩をする

12月27日(火)午前4時台1回のみ頻尿なし)、痛みもない
ふらつき治る

12月28日(水)午前3時台2回、5時台、(7時台)の4回、痛みはない
就寝中、暗い感じに
あちこちへ買い出しに

 データがすくないのですが、どうも、一人で出歩いた日の夜は、頻尿にならないようです。今後、確認していきましょう。


寒さ対策
 ポア爺(A.コッカースパニエル、15.7歳)が出入りするので、ドアが閉められません。
しょうがないので、臨時のカーテンを付けました。

 リング付きのクリップを突っ張り棒に通し、たまたま有った布を吊るしただけです。作業時間3分程度
ラメも入ったインドシルクの布ですが、薄いので、あくまでも応急措置です。でも、これだけで、結構暖かくなりました。
IMG_3194-1.jpg

244話 ・雪 ・コテコテのクリスマスケーキ ・電源喪失 - 2011.12.26 Mon

 雪が降りました。(12/25-12/26)(愛知県尾張東部)
庭のローズマリーも 雪をかぶりました。
IMG_3230.jpg

 昼頃には陽が差してきたのですが、山には雪が残っています。(近所の公園の展望台から)
IMG_3239.jpg
 600~700m程度の山並みですが、雪をかぶると神々しさを感じます。
IMG_3238.jpg

コテコテ ケーキ
 24日には、同居人がクリスマスケーキを作りました。
といっても、スポンジケーキは、宅配ものです。
生クリームは、電動の攪拌機でホイップします。
砂糖はクリームに対して、重量比で7%とします。これが、黄金比だそうです。
スポンジケーキにクリームを塗ります><スライスしたイチゴをのせて>
IMG_3208-1.jpg IMG_3210.jpg 

さらにクリームを塗ります><さらにスポンジケーキをのせてクリームを塗り>
IMG_3213.jpg  IMG_3217.jpg       

イチゴをのせれば完成です。
IMG_3225.jpg

「どれ、ポア爺が味見じゃ」 「見かけはコテコテじゃが、味は良いぞ」
IMG_3226.jpg

電源喪失
 12月25日の朝、寝ながら聴いていたラジオが、急に鳴らなくなりました。
後で聞いたら、ブレーカーが一度落ちたそうです。
 居間のエアコンを200V電源にしているので、めったに落ちることはないのですが・・・

 誰もいない部屋から光が漏れてくるので覗いてみると、ランプが点いていました。
このランプは、リモコン式で一度電源を切って再投入すると、点灯するタイプでした。
IMG_3246.jpg IMG_3247.jpg

 また、このオイルヒーターは、スイッチが入っていると、停電してもスイッチオンのままになっている昔のタイプでした。
 こういうタイプは、災害で停電して、復旧後、再通電したとき、人の居ない場所で作動してしまうので、安全上問題になります。また、再投入時の電源の負荷が大きくなってしまいます。

 一方、私の部屋のオイルヒーターは、停電などで電源が途切れると、再度、スイッチをセットしないと通電しないタイプです。(ラジオも同じタイプでした)
IMG_3244.jpg
 安全上は良いのですが、誰も気づかないと、切れたままになってしまい、寝たきりの方の場合、最悪、凍死につながります。


 福島原発の緊急用復水器が、後者のタイプでした。一度、電源が切れたので自動的にバルブが閉になり、作動していなかったのです。(NHKスペシャルから)
だれも、それに気づいていなかったので、高温の水蒸気が水に戻されず、冷却水が急激に失われていきました。
その結果、メルトダウンです。

 最新の原子炉は、電源喪失時でも全自動で炉心冷却ができるようになったようです。古い原発も、稼働したいのなら、直ちにそういったタイプに改造すべきでしょう。

 我が家の電源喪失の場合は、起きて、暖かい服装になりましたが、ちょっと風邪気味

243話 トモセラピー体験記(16)・治療終了 - 2011.12.23 Fri

12月19日(月) 装置故障のため治療なし

12月20日(火)33回目
 なぜか、夜間頻尿なし(当然、痛みもない。治療が3日間ないことと関係しているのか?)

 通常どうり治療 担当は主任さん

 診察があった。
 治療修了後の副作用の出方について聞いた。(副作用:頻尿、排尿困難、下腹部痛、肛門痛、出血、頻便・・・)

・2週間程度は、むしろ悪化する場合がある

・それ以後、数ヶ月で収束に向かう

・ただし、頻尿は、なかなか直らない(年単位でも、どうか・・・)


 このところ、食事をすると腹の調子が悪くなるので、昼食抜き


12月21日(水)34回目・・・最終回
 相変わらず夜間頻尿だった。痛みは無い。


 トモセラピーが故障した12月19日の代わりとして、既定の治療時間の隙間へ割り込ませていただくことになっている。(1日16名のところを20名にする。23日の祭日に回る患者もある)

 ただ、患者個人としては、通院所要時間と排尿の時間(治療の1時間半前)の関係で、自由度はあまりない。(結局、30分前に家を出て、駅のトイレを利用して、15分ほど早めの治療を狙うことにした)
 
 いつもと少し時間帯が異なるためか、クリスマス休暇~冬休みと関係しているのか、女子大生が大勢乗り込んできて、猛烈に騒がしい
 先日、隣の席で「おばあちゃんになっても、エロスのエネルギーは持ち続けたいわ」などと、女子高生同士ぼそぼそと話し合っていたのと比べ、かなり幼い。


 病院へは、20分程度早く着いた。
 トモセラピー治療室の扉は既に開いていた。すぐに治療開始。狙い通りだ。
トモセラピー治療室;再掲><扉開放 (迷路と呼ばれている通路;放射線の漏れを防いでいる);再掲>(画像をクリックすると拡大可能)
 P1030908.jpg  P1030865.jpg

 担当は、タレントのジョイ君に似た技師である。
修理前後の音色の変化がないか、聴き分けようとしたが、途中で眠ってしまった。

 最終回なので、私の固定具(型取りしたもの)は、棚に戻されず、壁に立てかけられた。あとは、処分されるのであろう。
 立てかけられた自分の体型のコピーを見て、終わったという実感が湧いた。

 しかし、正直、とくに嬉しさとか、達成感とかは無い。不思議な感じだ。

 この治療法は、一度しかできないと聞いている。もう、来ることはないだろう。
<個人専用固定具;再掲>(画像をクリックすると拡大可能)
P1030837.jpg

 隙間を縫ってと言えば、同居人は、治療時間がズレた隙に(迎えの時間が変わるので)馬に遊んでもらいに出かけた。お相手は、「マチカネレツジツ君」である。


 帰りに以前の職場の女性(既に退職、結婚)に酷似した人を見かけた。
これを作った人だ。こちらが、大きなマスクをしていたし、居るはずのない路線だったので、多分気づいてはいないと思う。

<プレゼンの当番を知らせるマーカー>現在は、自宅にある。ある種、お宝である。
IMG_3189.jpg

話を戻し、治療全体の経過を簡単に言うと

2週間目で副作用の兆し

5週間目で、かなりひどくなる(痛みを伴う)

ハルナールD錠が、劇的に効いた

ということになる

 詳細を表にまとめた「続きを読む」をクリック

242話 同居人は見た - 2011.12.20 Tue

 本ブログ管理人は、トモセラピーによる放射線治療を受けているので、副作用として夜間に頻尿気味となっています。したがって、十分な睡眠が取りにくい状況にあります。

 先日、そこへ輪をかけるように、深夜に起こされました。
いわく、「今、1階の廊下に居た?

 私、夜間頻尿ではありますが、かなり前から2階のベッドの中におりました。それに、トイレは、2階のものを使っています。

 泥棒でも侵入したのかと気になって、見て回りましたが、とくに異常はありません。

 どこか空いていれば、このシステムの緑ランプが赤に切り換わるはずですが、変化はありません。
IMG_3185.jpg
その後も、とくに異常な物音はなかったのですが、しばらく気になって寝られません。

 翌日、状況を絵に描いてもらいました。見えたのは、右側の黒い影です。頭部は見えず、黒っぽいガウンかコートを着ているようだったとのこと。なお、Poというのは、A.コッカースパニエルの「ポアロ」(15.7歳)です。グルグル回っていたということです。
P1040041.jpg

 たしかに、夜のかなり早い時間に、ポアロの排泄物の始末のため、1階の廊下にいましたが・・・

考えられるのは、
・同居人が、1階にいるブログ管理人を見た時間を誤認(寝ぼけて)

・ブログ管理人が夢遊していて、自分で気づいていない
(寝ていて、寒く感じた時間はありましたが・・・)

・ブログ管理人の生霊(なんで?)

・あちらの方(霊界関係者)の散歩

わけの分からないことがあるものです。

関係無いと思いますが、問題地点のランプが切れていました。
P1040038.jpg

 予定では、本日、治療完了日でしたが、装置故障により、1日伸びました
これも、意外でした。

ポアロは、冬の格好です。ブログ管理人のチョッキを改造(しばらくお風呂に入っていないので、顔が汚い)
IMG_3178.jpg
IMG_3180.jpg
IMG_3182.jpg

241話 トモセラピー体験記(15)「ハルナールD」劇的に効く - 2011.12.17 Sat

 ブログ管理人が受けているトモセラピーによる強度変調放射線治療では、計74.8グレイ(Gy)の放射線を、34回にわたってピンポイント的に(他の臓器の隙間を狙って)照射されているのですが、これって、相当強力な放射線のようですね。(ネットで調べると、無秩序に浴びれば、命に関わるレベル)

 そのため、管理人の場合も、多少の副作用が出てきまして、夜間頻尿に加え、排尿困難と下腹部の痛みを覚えるようになりました。

 その中の排尿困難と下腹部の痛み対策として、「ハルナールD錠」を処方していただきました。
 
 これが、劇的に効きました。尿の勢いが良くなり、周辺部の痛みも無くなりました。薬の副作用として挙げられている、めまい、立ちくらみを感じることもありません。

以下、治療記録+通院などの周辺事情の記録です。


12月14日(水)照射30回目
 夜間、トイレに起きた回数3回、排尿困難、痛みなど無し(ただし、胃酸逆流あり)

 通院のとき、私鉄車内で 「ばかにぶっ飛ばすなぁ!」「ガタガタして恐いくらいだ」と思っていたら、あとから分かったのですが、震度3の地震でした。この鉄道(または列車)、自動停止しないんですね  おかげで、遅れはゼロでした。

 ところが、乗り継ぎの地下鉄が来ません
環状線なので、どの列車が遅れたのかは分かりませんが、10分後に来た列車に乗り込みました。

 2駅ほど過ぎてから、地震による遅延を取り戻すため、停車時間を少なくするというアナウンスが聞こえて、はじめて事情が分かりました。


 病院も揺れたようですが、地下2階なので大したことはなさそうです。
 治療の担当は主任さんで、何の問題もなく治療終了

 病院のスカイレストランでA食のハンバーグを食べたのですが、腹が張って痛くなりました。
このところ、昼食後は、毎日腹痛です。
     P1040004.jpg



 今日は、たまたま待ち時間なしで乗れるので、地下鉄の途中の駅(砂田橋)から新交通システムの「ゆとりーとライン」に乗り換えてみました。
<ゆとりーとライン砂田橋駅>
P1040007.jpg
 一般名は、ガイドウェイバスと言います。普通のゴムタイヤのバスが、道路の両脇にある金属性のガイドに沿って(機械的)走ります。今の水準から言えば、ローテクです。

<ガイドウェイ>道路両端のU字鋼材のようなものが、進路を誘導するガイド(2車線(片側1車線))画面は大曽根方向
P1040008.jpg

<運転席>どう見ても、ただのバスですが、運転手は、ステアリングホィール(ハンドル)から両手をはなしています
P1040010.jpg

<バスの外観>普通のバスと変わりありませんが、ガイドウェイを走るときは、前方床下に方向を決めるアームが出てきます。ガイドウェイから降りた普通の道では、このように引っ込めて、普通に走れます。
P1040011.jpg

 経営が苦しいという話を聞いていましたが、乗った車両について言えば、ひどく満員でした。ガイドウェイの区間は、普通のバスよりも圧倒的に速いので人気があるのでしょうね(35分→13分)。間接経費や、償却費がどうなっているか、仕分けをする必要があります
 建設費が安いので、東北の被災地で、鉄道の代わりとして建設が検討されているようですが、採算を考えたら、駅をもっと質素にする必要があります。

 歩くのがしんどいので、再び鉄道に
<地震の影響で混雑する高蔵寺駅>JR中央線は、この時点では一部運休中です。ブログ管理人は、愛知環状鉄道(地震の影響なし)を利用(1区間ですけどね、平地ではないので、歩くのは辛い)
P1040012.jpg

12月15日(木)31回目(全照射回数の90%を超える)
 トイレに起きたのは、2回のみ、排尿が順調で、痛みも全くありません


 私鉄が、いつもは4両編成のところ、3両×2の6両編成になっていました。したがって、前から4両目には運転席があります。
P1040016.jpg

無人の運転席を覗いていたら、僅かな直線部分で、以前書いたように、80km/h以上出していることが確認できました。
<運転席;右端のメーターが速度計>このあと瞬間最大90km/h出ていました。
P1040017.jpg


 治療の担当は、久々に若手の技師さんでした

 地下鉄が駅の中間点で2回停車しました。昨日のこと(地震)があったせいでしょうか、緊急時訓練と言っていました。


 昼に腹痛になるのは、治療後すぐに食事をするせいかもしれないと思い、地下鉄から私鉄への乗り継ぎ地点の大曽根で食事をすることにしました。駅の近くの「オズモール」を、すこし歩いたのですが、飲み屋さんが多くて、半端な時間帯のため、準備中の看板ばかりです。

 結局、場末感ただようガード下のこの店へ
P1040019.jpg
 入ってビックリ! 中は、本物の昭和です。数十年間、あまり手を入れていない感じです。

 全部カウンター席というか、屋台が大きくなったようなつくりで、客も大正、昭和のオッサンばかりです。
 それぞれの席の傍らには、昼間からビール瓶と日本酒のコップが並んでいます。

 店主は無口で頑固そうなおっちゃんですが、奥さんがチャキチャキで、酔っぱらいに突っ込みをいれています。ちなみに、ブログ管理人の隣の席の爺さんは、85歳だと言っていましたが、だれも「お若いですね」とオベンチャラを言わないのが良いところです。

 あとから、店主の息子さんらしき人が、加わりました。定食(うどんにご飯、揚げ物、小鉢)を頼んだので、ポイント券をもらったんですが、これが、5回食べるとつぎの1回は無料になるという、すごくお得なものです。でも、定食を頼んでいる人はいなかったようです。ほとんど、おでんとか、キモとかいった酒の肴ばかりです。うどん屋の看板と中身がおおいに違っています。

 店を出ると、痩せこけてちょっと危ないレゲエ風のおじさんが、店の周りをうろついていました。しばらくすると、近くの公衆電話の受話器を手に取り、周りに聞こえるように大きな声で話していました。「大型コンピュータを設置する工事があるんで・・・」そのあとも、なにか専門的なことを言っていましたが、会話になっていません。一方的に専門用語を並べているだけです。(多分、電話はつながっていない)
 本人が壊れる前の仕事が分かります。もしかしたら、この店の常連だったかも。(近くにM電機、M重工と、その子会社が多くありますが、関係ないかな)

 結局、大曽根で食べても、腹の調子は良くない。


12月16日(金)32回目
 排尿関係の問題は無いが、寝入り端、腹部膨満感に悩まされる


 気温が低い。
 治療終了まで尿意に悩まされる。

 診察があったので、薬が劇的に効いたことを伝えた。胃腸の調子が悪いことについては、「ハルナールD」の場合、一部の人に、そういう副作用があるということだった。でも、飲み方の工夫でなんとかなりそう。

 放射線科としての経過観察のための診察が来年1月にあるので、それまでの日数分の薬をいただくことになった。

 飲み方としては、夕食後2錠(現状)を1錠にしたり、錠剤を半分に割って1.5錠とか、朝晩各1錠とか、試してみることにする。


 昼食を摂ると調子が良くないので、今日は食べない。(結局、茶漬けを食べることになったが)


 治療とは関係ないが、今日のように寒い日は、この帽子を愛用しています。30~40年使って何も問題がない。さすが、イギリス製である。ドヤ顔
P1040021.jpg

240話 ・高齢犬「ポアロ」低位均衡 ・トモセラピー体験記(14)新しい薬に期待 - 2011.12.13 Tue


 高齢(15.7歳)のA.コッカースパニエルの「ポアロ」は、僧帽弁閉鎖不全という、最近の新聞紙面を賑わせた病気を抱えていますが、このところ、その発作である咳こみの症状がみられません。

 獣医さんによると、持病が改善されたのではなく、良かった方の弁も悪くなり、バランスがとれたためだということです。でも、本人(ポアロ)は、身体が楽になっているはずとのこと。喜んで良いのか・・・

実態は、
<今、食べようか、一寝入りしてからにしようか>とりあえず、寝ながら考えよっと バタンキュウ!
IMG_3162.jpg

<ヒーター(右下)が入って、ぬくぬくじゃ>
IMG_3169-1.jpg
といった感じで、うやむやのうちに、なんとか年を越せそうです。


 ブログ管理人のトモセラピー体験記(14)
12月12日(月)照射28回目
 夜間トイレに起きることが少なくなったが、多少排尿困難となり、痛みを伴うようになった。
 相変わらず変な夢をみる。


 治療のスタートが15分ぐらい遅れる。
 タレントのJoy君に似たイケメン(ヨイショ)技師が担当であるが、前の時間帯の患者が、初めての方で、説明とか、腸内のガスの問題ため時間がかかったということである。


 今日もスカイレストランのAランチ(メンチカツ)P1030994.jpg 上手く揚げてあったが、後から腹が張ってきた。(画像をクリックすると拡大可)


 私鉄の構内(大曽根駅)には、近所の神社をPRするミニ拝殿が設置された。お正月が近い。
P1040001.jpg
ただ、置かれてある方角(西)には疑問がある。通路の関係で、やむを得ないけれど


 津波被災地で、鉄道に代わって敷設が検討されている新交通システムの「ゆとりーとライン」で帰れないか、調べてみた。
<ゆとりーとラインの大曽根駅>結局、自宅近くまでの路線は、本数が少ないので、また、後日挑戦することにした。
P1030998.jpg

12月13日(火)29回目
 前日と同じで、夜間のトイレは3回だが、やや痛みを伴う。トイレの回数が少ないのに、眠い。


 地下鉄に、ほとんど寝台のように水平に倒した車椅子の方が、看護の方2名と一緒に乗っていた。


 今日も、治療のスタートが遅くなった。理由は分からない。(同じ患者のはず。あえて、聞かなかった)
 担当は、久々に若手の技師だ。

 診察があった。
 排尿痛というか下腹部痛について話したところ、今度は、ハルナールD錠を処方していただいた。
前立腺肥大にともなう排尿障害を改善する薬らしい。
これが効けば、かなり楽になる。とりあえず、これを書いている時点では、痛みに効いているような気がする。あとは、就寝時どうなるかだ・・・


 スカイレストランは、Aランチが売り切れなので、こだわりパスタ(画像をクリックすると拡大可)
P1040002.jpg
美味しかったのだが、やはり腹が張る(食べるタイミングが悪いのか)

 赤十字の病院なので、こんな展示があった。頭がさがります。
P1030996.jpg


 帰りの地下鉄にも、車椅子の方がおられた。こちらは、格闘技でもしていたかような立派な体格の人でした。どんな事情があるのか・・・

(今日も時間切れ、乱文ですいません

239話 トモセラピー体験記(13) ・天網恢恢疎にして漏らさず - 2011.12.11 Sun

<何でしょう?いつの間にかのびて紅くなりました>自宅駐車スペースの脇(追記:「ゴシキカズラ」ということです・・・「みなちゃん」さんからの情報)
IMG_3155.jpg

12月8日(木)治療26回目
 1時40分ごろまで、すごい寒気がしました。寝具、寝間着とも替えて2時40分ごろには良くなり、3時20分には、むしろ暑く感じるようになっていました。それでも、1時間毎くらいの頻尿が続きましたが、さほど眠くはありません。

 地下鉄で2度経験した車両交換となる障害が、私鉄でも起きました。アナウンスが聴き取れず、何が起きたのか全く分かりません。
<乗り換えた列車の車内から故障車両を写す>熱線吸収ガラスのため上手く写りません。
P1030989.jpg
 このため病院到着が10分遅くなりました。受付を通って高精度放射線治療センターに着いたのは、予約時間の7分前でした。(普段は、15分以上前に着いている)
 すぐに主任さんによる治療が始まりましたが、急いで来たので、心拍だけでなく、内蔵の位置がなんとなく落ち着かない気分です。それでも問題なく治療を終えました。

 昨日、体調不良のため検尿をしたので、その結果に基づく診察がありました。
結果は、潜血反応とか、細菌感染が疑われる兆候は無いとのこと。膀胱炎ではないということです。

 スカイレストランでA定食、まぐろカツでした。(画像なし)

 このところ地下鉄に学生の姿が多く、混んでいて優先席にも座れません。平然と優先席に座る若者は、が壊れているんでしょうね。

12月9日(金)27回目(全体の80%まで来ました)
 夜間のトイレ通いが3回と少なかったのですが、1回目の排尿の際、痛みがあり、出にくい状態でした。

 交通機関は、昨日と異なり至極快調

 今日も主任さんによる照射です。

 診察がありました。
夜間頻尿が落ち着いているようにみえますが、これからは、肛門痛とか出血の可能性が出てくるそうです。
暗示にかかりやすいので、なんかお尻がモゾモゾしてきました(あくまで気分として)。

それ以上に驚いたのは、女医さんに
ブログやってますよね
と言われたことです

 患者さんの中に、その患者さん本人のブログのことを話した方がおられるようで、その方のブログから網を辿って行ったら、ここへたどり着いたようです。
 まさに、天網恢々疎にして漏らさずです。
ただし、天網は、Webの方ですが。いまだったらクラウドの中でしょうか

 たしかに、治療カードを掲載した時、変な予感がしました。東京電力の提出資料なみに、もっと隠蔽しておけばよかったのかな。しかし、経過を見れば、大体わかりますよね。トホホ

 とりあえず、スカイレストランで今日もA定食を食べる
<トンテキです>結局、A定食が一番まともかな
P1030991.jpg


 帰宅後、インフルエンザワクチンの接種を受けました。
 この夜、夜間のトイレ通いは、3回でした。
 
ちょっとだけ続く

238話 トモセラピー体験記(12) ・体調悪い - 2011.12.07 Wed

12月5日(月)23回目(全照射回数の2/3を超えた)
 薬(バップフォー)を飲んだが、ほぼ1時間ごとの夜間頻尿は改善されない。
(午前1:20、2:10、3:10、4:00、5:35、7:20)

 寝ぼけているので、空席の目立つ私鉄車内に「幼い顔をして、ヤンキーの兄ちゃんのように大股開きをしたアナーキーな女子高生」が居ることが、幻覚のように感じられる。

 高精度放射線治療センターの待合室には、リニアックによる照射を受けるためか、患者を乗せたベッドが置かれていた。
「大丈夫ですよ お母さんは 普通に肺の機能を保っておられますよ」
看護師がそう言っても、家族と思われる女の人は、心配そうな表情を変えない。

 すぐにトモセラピー治療室に呼び込まれたので、その後どうなったかは分からない。

 照射の担当は、JOY君似の技師

 フードコートのB定食(ハンバーグ スパゲティ デミグラスソース)を食べて帰る。不味くはないが、コテコテや
P1030979-1.jpg
 地下鉄の車内に、携帯を見て泣いている若い女性がいた。ハンカチで涙を拭いていた。メールで泣けるということは信じ難い。色々な乗客を見る日だ。

12月6日(火)24回目
 薬が効かないので、飲用を止めてみる。
(午前1:45、3:50、5:20、(5:45)、7:45)
夜間頻尿はとくに増加しなかった。

 眠いがなんとか病院にたどりつく。

 照射担当は、JOY君似の技師

 診察があったので、薬が効かないことをデータを示して説明。
薬を止めて様子を見ることになった。下剤のみ補充する。


スカイレストランで日替わり丼を食べたが、脂身の多い牛丼風のかなりひどいものだった。

久々の雨だったが、病院と地下鉄、私鉄と道路が屋根付きなので、傘なしで済む。
<病院と地下鉄を結ぶ通路>
P1030985.jpg
<地元私鉄駅の通路>
P1030975-1.jpg
同居人は、随時申込で乗馬をしてきたとのこと。「スウィートバイオレット」という社交的な馬ということだ。

夕方から、なんか気分が悪い
下腹部がチクチク痛い

12月7日(水)25回目
 夜間頻尿
(午前1:20、1:45、3:25、4:30、6:00、7:35)
午前1:30から3:00ぐらいの間、膀胱のあたりがひどく痛かった。
4:30に起きたのは、うなされて呼吸荒く、脈拍上昇のため

夢をみました。

大きな川の堤防道路をバスで移動しています。
周りには、近未来的な建築物が見えています。

一瞬意識が薄れ、知らない間に反対側の岸にいました。
横穴の中に閉じ込められており、穴の入口は、列石で閉じられています。

乳白色の煙のようなものが入って来ました。
吹きとばせ
声ではなく、意志そのものを感じました。
近くにあった木の板を持って、一生懸命あおぎました。
息が苦しくなって来ました。苦しくてもあおぎます。

そして、目が覚めました。息が荒く、脈拍が上昇していました。
落ち着くと、下腹部の痛みがなくなっていることに気づきました。

 高精度放射線治療センターの待合室にもクリスマス・ツリーが飾られました。
P1030986.jpg
照射は、主任さんの担当でした。
下腹部の痛みについて話したら、女医さんに話を通していただき、臨時に診察を受けました。
膀胱炎などの疑いがあるので、今日は、別の棟で検尿をしました。
明日、それに基づいて診察です。

237話 トモセラピー体験記(11) ・中間まとめ(Q & A) ・高齢犬ポアロ - 2011.12.03 Sat

これからトモセラピーによる治療を受けられる方のために、わかったことの中間まとめをしておきます。

1. 照射中、痛くも痒くもないというのは、本当ですか : 本当です(ただし、尿を1.5時間溜める必要があり、辛い日があります)(直腸を空っぽにする方は、下剤を飲むことで何とかなっています)

2. 副作用はありますか : あります(私の場合は、夜間頻尿です)(通院の疲れかもしれませんが、風邪のひきはじめのようなダルさもあります)(いまのところ、副作用対策は、上手くいっていません)

3. 治療に時間がかかりますか : 正味15分です(型枠に入ってじっとしている必要があります)これを私の場合、延べ34回(2ヶ月)繰り返します(待ち時間は、ほぼ、ゼロです)

4. 照射強度は十分ですか(11月26日の朝日新聞:阪大などの調査によると、前立腺癌の放射線治療受けた患者の半数が、根治に必要とされる放射線量を照射されていない)(なお、保険の請求には50グレイ以上が必要です) : 74.8グレイなので十分です

5. 費用は : 3割負担として、最初の日に3万円、以降一日あたり1万円+αです(高額療養費制度の対象なので、最終的には、毎月8万円チョットの自己負担です)

6. 治療効果の検証は : 私の場合、治療終了後、地元の病院(泌尿器科で検査を受けます


体験記
12月1日(木)21回目
薬を飲んでいるのに、夜間頻尿がおさまりません。
夜が明ければ 2時間以上もちますが、夜間は、1~2時間間隔です。
痛みとは違うので、さほどの苦痛はありません。
でも、眠い、眠い
<通院時目覚まし用マンガ本>少し茶道をやっていたので、共感できます
P1030969.jpg

照射は、主任さん
所要時間を測ってみたら、脱衣、着衣の時間を含めて15分でした。(公称25分なので、余裕をみてあります)

高額療養費制度が適用されるようになったので、今後、支払いはゼロで、来月清算ということになります。(自己負担分のみ支払う)

フードコートで「かき揚げきしめん」を食べました(画像なし)。少し酸味のある正統派のきしめんのツユでしたが、ちょっと濃すぎました。温まったので、地下鉄では、上着を脱いでいました。それでも汗だくです。


 12月2日(金)22回目
黒にんにくのせいか、自家製ヨーグルトのせいか、夜間頻尿に加え、腹痛であまり寝ていません。

このところ照射は、主任さんばかりです(というか、技師の顔ぶれが変わっています)。
診察があったので、状況を話しました。
その結果、現在、朝晩1錠ずつとしているのを、夕食後2錠に変更することになりました。

薬局で薬をもらいます。1種類の薬なので、数分でもらえました。(会計と情報がつながっていて、患者が来る前に、どんどん準備している)
P1030972.jpg
スカイレストランでカレー い~い器です
P1030974-1.jpg

帰りに市役所に寄り、先月分の高額療養費の手続きに行きました。
結局、2ヶ月後にハガキが来るので、こちらからは何もしなくて良いことが分かりました(役所って、ちょっと心配ですが)


12月3日(土)
 夜間5~7回トイレに起きたのが4回に減っただけで、はっきりとした薬の効果は、まだありません。
副作用かどうか、2回ほど、めまいがしましたので、薬の量を、1.5錠に減らしました。

続きは、脈絡なくポアロ(A.コッカースパニエル)の寝姿です
続きを読むをクリックしてください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-