0612 257-001

2012-05

304話 等高線上水平写真(カメラに水準器貼り付け) - 2012.05.31 Thu

連絡)昨日の「中水野周辺が湖に」の浸水予想図を、色を濃くして、少し見やすくしておきました。
自宅は100m以上の標高にありますが、旧宅周辺が、下水の排水能力が低く、しばしば浸水を起こしていたので、人ごととは思えません。

等高線上水平写真(カメラに水準器貼り付け)
 「カメラに新兵器」ということで、水準器を貼りつけたことを5月28日に書きましたが、目的もなにも、まだ書いておりません。
P1040927.jpg 狙いは、高低差を正しく記録することです。

 たとえば、すこし高くなった場所から、空の比率だけを気にして、なんとなく道路の写真を撮ると、こんな感じになります。
     IMG_4807.jpg
手前が平坦で、その先がすこし登っているようにも見えます。

 それに対して、カメラの軸を水平に保って写すとこうなります。仮に「水平写真」と名付けます。微妙な違いのようですが、画像の中心が、撮影者と同じ高さになります。遠くに見える建物の屋根が、撮影地点とほぼ同じ高さ(標高約80m)であることが分かります。
     IMG_4805-002.jpg
手前が高くなっていて、その先が平坦に見えませんか(実際の状況)

 とくに説明もいらないでしょうが、一応、説明図を付けておきます。この場合、カメラ画像の高さ方向の中心に△マークが写っているので、カメラの高さが、前のビルの△マークと同じということが分かります。
    img747-002.jpg

で、なにがうれしいかというと、標高のはっきり分かる地点で撮影すれば、周辺の同じ標高の場所が、おおまかに分かることです。
つまり、「中水野周辺が湖に」の話で言うと、水没の可能性のあるエリアが、一目でわかるということです。
(標高は、国土地理院の地図で知ることができますが、具体的にどこなのか分かりにくい場合も多いのです)
-----------
 まず、標高約100mからの水平写真をご覧ください。空が広くなるのは、やむをえません。
IMG_4813-001.jpg
<A地点近傍 北方面>標高約100m (画面上下の中心を両端の→ ←で表す)

IMG_4814-001.jpg
<A地点近傍 東方面>標高約100m (画面上下の中心を両端の→ ←で表す)
-----------
 標高約80mに降りてきました。(以下、ズームは、35ミリに固定(35ミリフィルム換算56ミリ))
IMG_4820-002.jpg
<A地点北方面>標高約80m(画面上下の中心を両端の→ ←で表す)

IMG_4821-001.jpg
<A地点東方向>標高約80m (画面上下の中心を両端の→ ←で表す)
-----------
 IMG_4829-001.jpg
<B地点北方向>中水野駅にすこし近づいた場所です。大半が新しい住宅です。(画面上下の中心を両端の→ ←で表す) 

IMG_4835-001.jpg
<B地点近くの墓地>
ここは、地面が、ほぼ標高80mで、水が来ない高さです。お墓が流されないよう、明和の経験が活かされているのではないでしょうか。
-----------
     IMG_4837.jpg
<道路上の標高80m地点(A、Bの中間位置)から北方面>左の石垣の高さ(標高77m前後)は、近年(1957年)の洪水の経験によるものなのでしょうか。(ブログ管理人旧宅の場合も、建て替えの際、浸水した高さをもとに嵩上げしました)

撮影地点)下記のA,B
img746-002.jpg


たぶん次回以降に続く

明日は、近所の大病院で、ガンの経過観察です。尿と血液検査だけですが、半日仕事になりそうです。その分、本が読めるわけで

303話 ・杞憂:中水野周辺が湖に - 2012.05.30 Wed

 昨日は、落雷のため、5分間ほど停電しました。同居人は、パソコン作業中でしたが、とくに問題は無かったようです。このところ、当地(尾張東部)も、おかしな天気が続いています。


 明和4年(1767年)に、中水野周辺が大洪水にみまわれたことは、4月20日のブログに書きました。
この辺りの雨水は、水野川に流れ込むのですが、大洪水の記録からみて、水野川の排水能力が気になってきました。

-----------
 水野川は、庄内川に流れ込むのですが、その直前の川の様子は、このようになっています。
    IMG_4779.jpg
主要地方道15号名古屋多治見線大藪橋から下流方向を見る

上流側は、比較的深い谷になっており、川幅は広くありません。
    IMG_4776.jpg
同じく、大藪橋から上流方向を見る 右上の鉄橋は、愛環鉄道

(反対側の)中水野側から見ると、川の流れが、山の中に吸い込まれていくように見えます。
IMG_4791.jpg
国道155号十軒町交差点から下流方向を見る

 さらに山の方に近づいてみると、(河原に降りる)
IMG_4794.jpg
ゲゲ、急に近づくなよ!>至近距離で、私も驚きました。

IMG_4798-001.jpg
 川の両側が、急峻な崖になっています。

-----------
 ここからが杞憂と言われそうですが、山崩れ、土石流が発生したら、ここ、下水管同様、詰まってしまいまっせ。(排水できる場所が、他にない)
長雨に地震が重なれば、無いとは言えませんよ。


 高さ約20mのダムができてしまったとすると、標高約80mまで冠水することになります。
冠水しそうなエリア(標高80m以下)を地図に水色で示しました。(左上が堰き止め危険箇所)
標高100m以上は深緑、100-90mは黄色、90-80mは白

img746.jpg

この絵を回転させると、まるで妖怪のようです。
             img746-001.jpg


 不思議なのは、神社仏閣と愛環鉄道の線路が、水没しない場所、または高さにあることです。
明和4年の経験が、活きているのでしょうか。たいしたものです。

-----------
 時間がなくなりましたので、「カメラに新兵器」の話は、次回にします。
            

302話 ・芸術新潮6月号「古事記」 ・カメラに新兵器 - 2012.05.28 Mon

芸術新潮6月号「古事記」
 三浦佑之氏の「口語訳 古事記 完全版」を、あまりの面白さのため、一気に読んでしまいました。
ただし、解説になったとたん、ガタンとペースが落ちましたが・・・学術的な話は、疲れます。
再掲
IMG_4669.jpg

 読み終わった次の日に、「芸術新潮6月号」の新聞広告が出ていました。
いわく、創刊750号記念大特集(貴重永久保存版)「古事記―日本の原風景を求めて」というものです。
特別価格(¥1600)ですが、タイミングが良すぎて、これは買わざるをえません。
IMG_4783.jpg

解像度不足かもしれませんが、目次は、こんな感じということで・・・
img742.jpg img739.jpg 

お薦め記事
・グラビア「古事記の三大聖地
・グラフ「古事記は生きている」5群に分けてある。古事記の中身よりも芸術性が高い
・「ヤマト古事記あるき」:大神神社など、行きたい所がイッパイできました。
・古事記関連地図

高度な内容が欲しい方には
・三浦佐之氏の「いま改めて古事記を問い直す」:推理小説を読むような面白さ

 ただし、超速読「ユルわかり古事記」は、「口語訳 古事記 完全版」を読了直後に読んだら(見たら)、かえって頭の中が混乱しました。絵と文章のコラボもうまくいってないし・・・
でも、特大付録 神武東征双六「レッツ!!東征」は、笑える


カメラに新兵器
 カメラに建築用の水準器を貼り付けました。
P1040927.jpg

はじめ、こんな棒の上にカメラを載せて撮ってみました。アクロバットか
P1040929.jpg

レンズの軸を水平にして、こんな写真を撮りたかったのです。理由は、長くなるので次回
IMG_4788.jpg

301話 ・神吉さんの写真 ・命にかかわる歯科治療 ・ペットスエット - 2012.05.25 Fri

神吉さんの写真
 神吉猛さんの写真展「塔はいま」の会場で、チョコッと(名古屋語)感想を書いておいたら、礼状をいただきました。
   (次の会場は、大阪梅田のキャノンギャラリー、6/14-6/20)

 高尾山からのスカイツリーの写真は、台風で道路が崩落した状況の中、登頂して撮影されたものだそうです。そのほか、いろいろあったようで、なにげなく見ている1枚の写真の裏に、物語が隠されていることを、いまさらながら知りました。

 頂いたハガキの写真は、金環食とスカイツリーのツーショットです。
ブログ管理人には、技術的にまったく撮影不能な写真です。
        IMG_4766.jpg


命にかかわる歯科治療
 朝日新聞5月25日の夕刊の「論説委員室から」という囲みの中で、論説委員自身が、大動脈血管をステントグラフトに入れ替えており、それが細菌やカビに襲われた話が書いてありました。その結果、高熱、炎症、十二指腸損失ということです。

 問題は、菌の感染ルートです。医者の見立てでは、歯科治療の麻酔注射ということです。
-----------
 じつは、ブログ管理人は月曜に奥歯を抜かれました。虫歯というわけではなく、被せてあった歯冠が取れたので、持って行ったら、「歯根がガタガタなので、この際抜いてしまいましょう」ということでした。

 数日間、歯茎に大きな穴が開いていました。抗生剤を飲んで感染予防はしましたが、風邪をひいたようなしんどさがありました。
-----------
 義弟は、脳に菌が入り込んで急死しましたが、感染経路が分かっていません。
考えられるのは、通っていた歯科ぐらいだと思っていましたが、やはり、歯科治療も、一歩間違うと重篤な病気につながるのですね。

 医師が優秀でも、大勢いる歯科衛生士の技量に大きな差があります。雑な人が混じると、大変なことになりそうです。


ペットスエット
 人間のスポーツ飲料と同じような犬用のイオンバランス飲料が出ており、獣医さんに勧められました。
メーカーも、人間用と同じ大塚グループです。(ときどき飲ませる程度でよいそうです)
IMG_4590.jpg IMG_4591.jpg

効果は不明ですが、今日も元気です。(アメリカンコッカースパニエル、ポアロ、16.1歳)
IMG_4770.jpg

こんな風に・・・
IMG_4771.jpg
蹴散らしてからに

300話 ・超アナログ操作ラジオ ・JR軌道監視カメラ ・停電用蓄光テープ - 2012.05.23 Wed

超アナログ操作ラジオ

 義父母が、義弟の残したCDラジオの操作に困っていたので、母の使っていた超アナログ操作のラジオを試用してもらうことにしました。(母は、「ラジオ深夜便」専用機にしていた)
 基本的に昭和のラジオなので、使いこなせると思いますが、義父はいろいろ聴きたいみたいなので、どうでしょう・・・「いらない」ということになるかもしれませんが

            こういうラジオです。SONYが元気な頃の作品ですねぇ
             IMG_4749.jpg
            すべて日本語表記で、スイッチとダイヤルは、単機能です。
            ヒューマン マシン インタフェースへの配慮のかたまり
                   (操作のしやすさを追求)

<左:聴きやすさ選択スイッチで、聞きにくい音域を強調><右:ワンタッチ選局は、フタを開けて選局ダイヤルを回す>
IMG_4751.jpg IMG_4750.jpg 

 木目が、良いでしょ    単2電池です(AC100V用電源も内蔵です)アンテナは伸ばさなくても良い
IMG_4753.jpg IMG_4752.jpg


JR軌道監視カメラ
 
 ラジオを届けた帰り道、JR木曽川駅の1kmほど北の踏切近くで、軌道(JR東海道本線)に向けて監視カメラを取り付けていました。
数日前、この付近で、線路上に障害物を置かれるという事件がありました。そういったことの監視のためでしょうか?
踏切事故の記録のためかもしれませんが
  P1040856.jpg <撮影:同居人>

      P1040857-001.jpg <撮影:同居人>


深夜停電対策の蓄光テープ

 シャッターを閉め、遮光カーテンを閉めて寝ていますので、真っ暗です。
寝ぼけていて、出口が分からなくなったことがあります。
そこで、100円ショップで蓄光テープを買ってきて、あちこちに張り付けてあります。
出入口、懐中時計、目覚まし時計・・・

深夜、出入口方向を撮影してみました。なお、オレンジ色のランプ(グロー放電灯)は、停電になると消えます。(文字は、追記)
IMG_4764-001.jpg
<撮影条件:ISO3200,F5,3.2sec>
すごく助かっています。
なお、蓄光テープは、一晩中明るさを持ちます。

299話 ・金環食の木漏れ陽 ・尾張旭の多度神社参拝 - 2012.05.21 Mon

 本日の定番ネタ、金環食ですが、愛知県尾張東部では、こんな感じです。当地では、平安時代(1080年、永歴4年)以来ということです。永く生きてきましたが、記憶にありませんよ

 ピンホールと言うには大きすぎる孔からの人工の木漏れ陽です。(針孔写真というより、箸孔写真)(解像度が悪い
IMG_4755.jpgIMG_4759.jpgIMG_4763.jpg
<左:欠け始め>              <中:金環食>7:32            <右:戻る>
周りがどんどん明るくなっている。

金環食のときでも、空がほとんど暗くならなかったのは意外でした(7:32頃の西空)。鳥が、騒いでましたが、関係あるのかな?
   IMG_4761-001.jpg
   <西の空>
平安時代の人は、気付いていたのかな~(寺院間の争いが激しい時代だったようですが)
肉眼で、遮光フィルターを通して、よく見えましたので、次回(300年後)は、見られなくても結構です。


 尾張旭の多度神社へ参拝
 車検証貼付けのため愛知トヨタ旭営業所に立ち寄ったついでに、近くにあって以前から気になっていた多度神社へ行ってみました。

駐車場の有無が分からないので、維摩池のトイレ(南西端)脇に車を置きました。
IMG_4743.jpg
<維摩池>

 同族(池愛好家)の像がありました。「古池に飛び込んでみたら、大波小波あふれ出て」
      IMG_4741.jpg
南に進み、最初に右折できる道を登ってゆくと、多度神社の参道入口に
          IMG_4727-001.jpg
<下から神社を拝する><画面下部中央に変なブルーの光が見える方は、とりあえず拝んでおいてください

             IMG_4729.jpg
<登り切った場所から下をみる>そこそこ階段がありますが、全然しんどくないのが不思議です。

IMG_4734.jpg
<拝殿前のひろば>城の役目もできそう 柏手の音判定*1では、☆☆☆です。素晴らしい。
                  *1:神社との相性を、柏手を打った時の音の響きで判定

    IMG_4731.jpg
<社殿><狛犬とそのケージ>ワンコが、逃げるん?

IMG_4736.jpg
<社殿裏側、石垣あり>

     IMG_4735.jpg
     <立派な木だが、ご神木ではないようだ>

          IMG_4738.jpg←クリックで拡大可能
          <きれいなトイレ付きの駐車場がありました>

          IMG_4739.jpg
          <城山公園につながる小道>

              IMG_4740.jpg
              <鳥獣慰霊碑もありましたが、野生動物用かな>

 緑が多く、いろいろな年代(高度成長期~グローバル化時代)の住宅があって、散歩にぴったりの道でした。

298話 ・古墳探し「西大久手古墳」 ・HB車アクアのオレンジ色(II) - 2012.05.19 Sat

 白鳥1号墳を見つけて妙に嬉しかったので、味をしめて、4月16日のブログ(志段味歴史公園予定地)の中で見つけられなかった、西大久手古墳、大久手5号墳を探しに出かけました。ルンルン
-----------
 なお、歌舞伎の「土蜘蛛」を見ていたら、「古墳」(セリフの字幕)を「ふるづか」と発音してました。そのほうが、凄みがあっていいですね。
-----------
左下、大久手池の北西を歩いてみます。
img733-003.jpg


 志段味大塚古墳の方から入りましたので、まず、大久手5号墳からです。

この辺りのはずなんですが、なにもありません。掘り返したような跡がそうなんでしょうか? 確認できません。

IMG_4708.jpg
写真右側は、大久手池の堰堤です><後方の山は、山頂に古墳がある東谷山
-----------
 次は、以前に紹介済みの東大久手古墳です。もともとは、周濠があったようですが、いまは分かりません。後円部、前方部ともに、ひどく削られて、低くなっているようです。看板があるので、場所は確認できます
IMG_4710.jpg
-----------

 東大久手古墳から南西の位置に、看板が出ていました。
西大久手古墳です。
エェ~???
どこ?
看板があるので、およその場所だけは分かりますが
IMG_4712.jpg
かすかな段差があります
もう少し進んでから振り返ったら、
IMG_4717.jpg
なんとなく、それらしい面影がありましたが・・・

 それにしても、ひどく削ったものです。
巫女形埴輪が出土しているということですが、削った人は、多くのものを価値も分からず壊したりしたんでしょうね。

-----------
 ここに、古墳群ができたのは、庄内川に接する台地だからということです。いまでも、河岸段丘を見ることができます。
    IMG_4715.jpg
    <道路あたりまで、川だった時期もあるということ
早く保全活動をしないと、どんどん畑になっていきます。
    IMG_4716.jpg

 そういえば、歌舞伎「土蜘蛛」では、「崩せや、崩せ」という台詞があり、崩すと妖怪「土蜘蛛」が登場するのですが、この辺りの「ふるづか」を崩した人々は、どうなったんでしょうね


HB車アクアのオレンジ色の服
 HB車アクアのオレンジ色についてのブログを4月20日に書きました。その後、いろんな場面で見かけるようになりましたが、金曜に、アクアのオレンジ色を着たNHKの女子アナを発見。

 お固い「ニュースウオッチ9」の女子アナ井上あさひさんです。髪型も変えてました。スタイリストのお薦めのようですが、NHKホームページ内の本人のブログによると、気に入っているようです。そこそこ似あってました。
IMG_4747.jpg
時計の色と合わせている?

目立ち過ぎとか、いろいろ言う人もいるのでしょうが、近所をウォーキングしているオッサンも着ていましたし、目立たないと危険なご時世を反映しているのかも

ブログ管理人も部分的に取り入れようかな

297話 ・白鳥1号墳と白鳥塚古墳 ・本格ネルドリップ - 2012.05.17 Thu

 前回、白鳥1号墳について書きましたが、以前に書いた白鳥塚古墳と紛らわしいので、補足させていただきます。

 大きさを比べるためポンチ絵を描いてみました。
img736.jpg
 巨大な白いUFOに乗降路が付いたようなのが、白鳥塚古墳です。全長115mの前方後円墳です。後円部が石英で覆われていたので、白く輝き、周濠に映って白鳥のようだったのでしょう。(現在は、木々に覆われている)

 すごい権力者が作ったのでしょうが、これを見た西暦三百数十年に生きる人々は、驚いたでしょうね。

(なお、前方部と後円部の接合状況がわからないので、こんなモデルを用意しました)(ポアロのご飯茶碗を利用)
          IMG_4697-001.jpg
-----------

 ポンチ絵右下の小さな丸い小山が、白鳥1号墳のイメージです。ずいぶん小さいのですが、出来たのは西暦六百数十年で、白鳥塚古墳から三百年も後の時代です。
これでも、直径17mの円墳ですから、周辺の整地、石材運搬、石室の構築、副葬品、神事など、お安く見積もっても、豪邸1~2軒分は掛かったんでしょうね。(すべて人力ですから、石組みはプロとしても、大半は農閑期の仕事?、3~10年計画?)
なお、白鳥は地区名で、1号墳に白い葺石(ふきいし)はありません。
-----------

 さて、県大(看護)の近くから、でっかい白鳥塚古墳(前方後円墳)の全体像を撮影してみました。
IMG_4699.jpg
左が前方部で、右が後円部です。そう思ってみれば、見えないことも、ありませんね。

後円部だけですと、こんな感じです。住宅と並ぶと、大きさが実感できます。(右端の木は、周濠の外)
IMG_4686.jpg
なお、資料の図面をみると、すでに古墳の一部が、民家の駐車場として削られているようです。

撮影場所のあしもと
        IMG_4671-001.jpg


本物のネルドリップ
 使い捨ての簡易ネルドリップ器具を買うために、DIYのナフコへ行ったら、1~2人用の本物のネルドリップ器具を売っていました。もともと、2人分出す時に不便なので、追加購入しようと思っていたので、早速、買ってみました。

1. 使う前に、煮沸する必要があります。
IMG_4571.jpg

2. ドリッパー取り付け用の枠(すごく、しっかりしたものです)
IMG_4573.jpg

3. コーヒーの淹れ方は同じです。
IMG_4583.jpg

4. 使用後は、水に漬けて冷蔵庫で保管します。(異臭が出るのを防ぐためだそうです)
IMG_4574.jpg

 味は簡易ネルドリップと大差ないと思いますが、同居人からのリクエストが多くなりました。
胃にやさしいように感じています。昔の喫茶店の味じゃ

296話 ・白鳥1号墳みっけ! ・靴下の孔 ・古事記読破計画 - 2012.05.15 Tue

 名古屋市博物館の「尾張氏☆志段味古墳群をときあかす」企画展で取り上げられていた「市史跡 白鳥1号墳」を探してみました。
img733.jpg
 購入した資料に、地図は付いているのですが、地形と古墳の分布を示すためのもので、どう歩けばよいのかは、分かりません。とりあえず歩き出し、東谷橋南交差点の手前を右に曲がったら、すぐに行き止まりでした。

宅地の造成工事中で、あちこちに通行止めの看板が出ています。
  IMG_4688.jpg
  <宅地造成中><こんもりとした林が怪しいのだが、直接は行けない
-----------
 結局、白鳥塚古墳前の道から集落(白鳥地区)に入り、ウロウロと歩いていたら、怪しい雰囲気のモーテルの前に出ました(お前のほうが、よっぽど怪しいと言われそうですが)。

 モーテル横の崖の下が、国道155号です。ガードレールのある歩道があったので、一旦、出発点に戻るため、東谷橋南交差点の方へ歩き始めました。

       IMG_4672.jpg
少し歩いたところに、こんな看板がありました。
ダメもとで、看板横の50cm幅の石段を登ると、こんな状況でした。
   IMG_4673.jpg
  <画面左端に、なにかある><右は、だれかが出てきそうな井戸?>

石室入口には、DIYで売っていそうな扉が付けてあります。
        IMG_4677.jpg

石室が、西を向いており、ちょうど夕日が入る時間帯だったので、隙間にレンズを突っ込んで石室の内部を撮影することができました。
IMG_4683.jpg
マニュアル撮影、自然光のみ

昭和36年の発掘の際に、土師器、須恵器や馬具、直刀、鉄鏃のたぐいまで残っていたというのは、驚きです(盗掘の被害が少ない)。
-----------
 今回の目的のひとつは、消失古墳の現状を知りたいということもあったのですが、それらしい場所には、
  IMG_4685.jpg
花が咲いているだけでした。
       IMG_4684.jpg
-----------
 なお、受け売りをすると、白鳥塚古墳は、志段味古墳群の中で、一番古くて(4世紀前半)、大きいことから、強大な権力者(はじまりの王)の力を誇示するような墓であろうということです。

 それに対し、白鳥1号墳は、終末期(7世紀)にできており、多くある墳墓の一つで、規模もかなり小さいので、はじまりの王をしたう(血縁は、ほぼ無い)分立化した豪族が、安らぎを求めるための墓ではないかということです。




 話は、全く変わりますが、靴下がやたら破れるのです。(ここ1か月間に4足)しかも、左の親指のところばかり。
IMG_4666.jpg
足の親指が長いことは事実ですが、爪は切っております。いまのところ、対策が分かりません。


 古代史に興味がわいたので、図書館で古事記の完全版口語訳を借りてきました。
480頁なので、返却日から逆算して、1日20頁以上読めば良いと思っていましたが、あまりに面白いので、3日で140頁読んでしまいました。

IMG_4669.jpg

神代とはいえ、邪魔な奴は切り刻み、女性と見れば子供を作る、ウンチまみれウジまみれの世界です
一部、引用してもよいのですが、著作権のこともあるので、やめときます。

-----------
学校の教材などに出てくるほのぼのとした昔話の世界を想像していましたが、完全版だけに、すざまじいエネルギーです。語り部に喋らせるという設定も効果をあげています。

これから、人代に入るので、どうなるのでしょうか。楽しみです。

295話 ・光風会展 ・神吉氏写真展 ・抹茶再生法 - 2012.05.11 Fri

 パソコンの調子が悪く、どうなることかと思っていましたが、なんとか復旧しました。どうも、電源部が弱いようです。4年目ですが、バッテリーの寿命に近づいてきたんでしょうか

光風会展

 それはさて置き、美術展、写真展の終了が近づいてきましたので、見てきた感想を・・・
 まず、愛知県芸術文化センター8階で開催されている、光風会展(絵画・工芸)です。5月13日(日)に終了します。
img732-001.jpg
パンフレットの一部

 ものすごい作品の数です。出品者にチケットを頂いたので、あまり文句はいえませんが、おとなしい作品が多いようです。
見ていた高齢の女性が「どこかで見たような作品ばかりだ」と言っていました。
たしかに、下手でもいいから、なにかを描きたいといった情熱が伝わってくる作品が、多いとはいえません。

 私は、欲しい絵があるかという見方をしましたが、上記のパンフレットの中では、待井恭子氏の「藍色の刻」は、ぜひ欲しい作品です。
同居人は、その上の渡邊裕公氏の「月華清廉・グァテマラ」が好きだと言っていました。

といった調子で、素人なのに、上から目線で、偉そうなことを言って楽しむのも、面白いですよ
-----------
神吉猛氏写真展「塔はいま」

 次は、神吉猛氏の「塔はいま」というスカイツリーの建設経過を追った写真展です。名古屋では、地下鉄伏見駅そばのキャノン・ギャラリーで、5月16日(水)までですが、日曜休館なので、気をつけてください。
P1040784.jpg
名古屋キャノン・ギャラリー

        img731-001.jpg
        <案内状
 案内状の写真よりも、月とのツーショットとか、ガスで曇った東京の街並み中に立っている姿とか、竣工後、女性がゴミ袋をぶら下げて出てくる写真とか、面白い作品が、いくつもありました。

 スカイツリー自体のデザインは、あまり好きではありませんが、風景とのちょっとした違和感が、お祭りの山車のような楽しさを感じさせてくれるのでしょうね。

 抹茶再生法

 我が家の冷蔵庫は、冷蔵室が乾燥しないようになっているので、抹茶を保管していると、湿気てきます。
そのため、泡立ちが悪くなります。流派によっては、あまり泡立てず、月が映るぐらいをよしとしますが、湿気て泡立たない場合は、美味しくありません。
IMG_4655.jpg

対策1として、粉を押し付けて潰してみました。(普通でも、かたちばかりやるのですが、おもいっきり押しつぶします)
IMG_4656.jpg
これは、効果なしでした。(湿気かたが少ない場合は、効果がありましたが)

対策2として、ふるいにかけてみました。抹茶用は無いので、普通の茶こしです。(線香立ての灰をふるいにかけたことを思い出しました)
IMG_4659.jpg
このようにサラサラになりました。
IMG_4662.jpg
うまくたてることができました。
IMG_4665.jpg

 ビンボくさい話ですが、じつは、華やかなお茶会の裏で、こんな地味な作業が行われているのが普通です。わびだ、おもてなしの心だ、なんちゃって

294話 名古屋市博物館「尾張氏☆志段味古墳群・・」企画展で古代を夢想 - 2012.05.09 Wed

 283話(4月16日)、288話(4月27日)で紹介しましたように、自宅(2003年~)近くに古墳群があるという縁で、表記の企画展に行ってきました。
 公共交通の接続が悪いので、駐車の順番待ちをする覚悟でクルマで行きましたが、閉館時間に近かったためか、待たずに駐車できました。

P1040700-001.jpg
中国っぽいんですが、名古屋市博物館です

 企画展の入場料300円は、超お値打ちです。+100円で、全館見られます。
P1040696.jpg
 受付のお嬢さんが、たいへん親切でした。だからということもありませんが、すぐに資料を購入しました。
A4、全86頁カラーで800円也という、これも破格値です。ぜひ買いましょう。

        img728.jpg

 ぜひ、見たかった展示物は、これです。
img729.jpg
<資料から;志段味大塚古墳>
 資料の表紙にもなっており、馬の飾り(鈴)だろうということですが、天川神社(奈良県、音楽・芸能の神)のお守りと酷似しています。
IMG_4648.jpg

 私は、天川神社のは、UFOのたぐいかと思っていましたが、馬の鈴と言われては、夢がありません。(天川神社の鈴は、UFOっぽく、非常に高音域の澄んだ音です)

 もっとも、当時の馬は、公用車であつたり、軍用車であったりするわけですから、霊力をもった(魔除けの)装飾品ということかもしれません。


 これらも、馬を飾っていた鈴ということです。
img730.jpg
<資料から;志段味大塚古墳>
 鈴が五つというのは、いかにも霊力がありそうですね。
-----------

 展示品で感じた素朴な印象は、

・近くで見ると、埴輪が、でかい(古墳を飾るディスプレイですから)

・馬に絡むものが、印象として1/3以上ある(馬が自慢だったんでしょうね・力の象徴?某国のミサイルみたい)

・装身具は、かなり精緻だ(保存状態がよく、今でも通用しそう)

-----------

なお、尾張氏というのは、古代天皇家と姻戚関係にある氏族ということです。

面白いのは、古墳の作られた年代、場所とかたち・規模、副葬品を分類整理していくと、中央政権との関係、海外との結びつき、尾張氏の栄枯盛衰が、クリアに分かってくるということです(物証ですなぁ)。

結局、尾張氏は、熱田神宮を建て(草薙の剣を祀る)、熱田大宮司家と称して、平安末期まで続いていたというから驚きです。
-----------

志段味古墳群「歴史の里」という構想(名古屋市教育委員会)も、まだ、続いているようなので、楽しみです。少なくとも、トイレだけでも、建設を、お願いします。頻尿なので

293話 ・名鉄瀬戸線高架工事(2)喜多山-大森・金城学院前を歩く - 2012.05.07 Mon

 5月1日に、名鉄瀬戸線高架工事の小幡駅から喜多山駅の間の進み具合を観察しながら、歩いてみました。
 小幡-喜多山間は、工事期間中の仮設線路を敷設するための土地の準備が、ほとんど終わっていました。つまり、更地でつながっていました。
(5月2日付けのブログ)

 喜多山-大森・金城学院前の間は、どうでしょうか。


 この間には、幹線道路である国道302号(環状2号)と瀬戸線が、踏切で平面交差しているという、信じられない状況があります。
-----------
 喜多山駅から出発
IMG_4603.jpg
左の平屋が、喜多山駅です>いかにも、仮設っぽい。右のビルはどうするんでしょうか。ちょっと邪魔な感じもしますが

 駅の用地は、確保されています。
IMG_4604.jpg
写っている範囲は、すべて駅構内>左端には、名鉄の事務所(職員休憩所?)があります。

 線路の右側(南側)は、現在、喜多山車庫となっているので、そちらにもかなりのスペースがあります。
      IMG_4607.jpg

 看板によると、こんな駅になるようですよ。
      IMG_4628-003.jpg
      <奥が栄方面、手前が瀬戸方面

 まだ残っているこの木も、切り倒されるのでしょうね。
IMG_4609.jpg
国道302号(環状2号)踏切の西側>草が生えてないので、更地になって、間もない感じがします。

 幹線道路の車線を制限して、踏切が設けられています。
      IMG_4615.jpg
 当然、渋滞が発生します。なお、地下には、東名阪自動車道が通っています。

 踏切を過ぎ、大森・金城学院前寄りの場所です。用地は確保されているようですが、工事は、まだまだ、といったところでしょうか。
IMG_4619.jpg

 ここには、それらしい囲いが・・・進捗が、まだらです
      IMG_4621.jpg

 駅のすぐそばです。このあたりでは、地面に降りるんでしょうね。なにもやってありません。
IMG_4631.jpg

 大森・金城学院前駅に着きました。
         IMG_4634.jpg
         <右が駅ビルです

 看板には出ていませんが、国交省・名古屋市の資料には、2013年度完成となっていましたので、すぐに工事が始まるのではないでしょうか・・・変な力が、加わらなければ

そうしたら、また、ウオッチにきますよ

292話 ・守山スマートIC ・連休末日の来訪者 ・視聴率の異変 - 2012.05.06 Sun

 今年の2月14日に、東名高速道路の「守山スマートインターチェンジ」の工事が全く進んでいないという話を書きましたが、理由が分かりました。

2月14日の記事 クリックすると2月14日に飛べます(ただし、人生は戻せません)

 5月2日の朝日新聞尾張知多版によりますと、水道管の移設工事に工期や費用がかさむため、取り付け道路のコースを変更するとのこと。
要は、振り出しに戻ったということで、また、用地買収から始めるそうです。


その結果、2017年度に延期だって・・・

・水道管なんかは、着手前に分からないか?(決定から2年かかって、やっと振り出しに戻る?)

・工法などで、技術的に対応できないか?(水道管を移設するのではなく)

・どうして、5年も延びるの?(やる気が無いってことですか?)

民間人の感覚では、どうにも、不可解な話です。


連休末日の来訪者

 姉と叔母が、急にやって来ました。姉は、連休末日の今日、突然思い立ったようです。いつも一緒に来る姪は、社会福祉士なので、日曜日でも仕事があるようです。ご苦労さまです。

 急のことなので、寿司屋「光永」でランチを、
光永のHP  

  12-05-06_002.jpg
  <梅クラスのランチ:同居人が携帯で撮影
    12-05-06_003.jpg
デザートも付いて、¥1575は、お値打ちです。お値打ちは、名古屋人の好物

-----------
 一方、ポアロ(アメリカンコッカースパニエル、16歳超)は、昨年の秋まで、叔母さん(87歳)が来られると、飛び跳ねて喜んでいましたが、今回は、
    IMG_4643.jpg
「あんただれ?」といった反応です。
すっかり忘れている様子でした。

 そういえば、ご飯の食べ方も、進化したのか、退化したのか、
    IMG_4642.jpg
どこかのオッサンみたいです。

 獣医さんによると、ポアロと同じ発作を起こして、同じ薬を飲ませていたワンちゃんの最長生存期間は、2年ということです。
この7月で、2年になります。
記録更新なるか



視聴率の異変

 連休前という特異な状況のためか、4月23日~4月29日の視聴率ランキングにはビックリです。

「梅ちゃん先生」(NHK)が、ついに1位に
「NHKニュース7」(23日)が2位で
3位は、「世界の果てまでイッテQ!」(名古屋地区では、中京TV)
4位が、「ためしてガッテン」(NHK)で、
5位が、あの「クローズアップ現代」(NHK)です。

5位までの4番組がNHKです。

視聴率を左右するメカニズムが、わかりまへん???

「梅ちゃん先生」のどこが良いんでしょうね?
かなり、無理のある展開だと思いますが・・・と言いつつ、つい、毎日見てしまうブログ管理人でした。

291話 ・長久手天然温泉 ・水出し抹茶 ・窓ぎわのポアロ(老犬)  - 2012.05.04 Fri

 長久手市の農産物直売所「あぐりん村」では、ポイントカードを発行しています。
P1040663-001.jpg
あぐりん村

 ポイントカードが一杯になると(30ポイント)敷地内の天然温泉「ござらっせの湯」に入ることができます。
        IMG_4585.jpg
        <ポイントカード

 今回、60ポイント以上たまったので、温泉に入ってきました。
P1040664.jpg
長久手温泉>いつも賑わっている(田んぼの中で何をやっているかと思ったら、温泉を掘っていたのだった。愛・地球博のころは、駐車できないほど混んでいた)

P1040658.jpg
入口>すぐに靴を脱ぐ

 長久手市民は入泉料500円ですが、市外の者は700円とかなり高い。(今回は、タダですが)

 アルカリ泉に追加加熱をしているようで、源泉には、少しヌメッとした感じがあります。いろいろな種類の湯を楽しめるようになっていますが、全部入っていたら目が回りそうです。

 さらに、岩盤浴とか、エステとかやっていたら半日は過ごせるのでしょうが、ブログ管理人は、高温多湿が苦手なので、すぐに休憩室で、漫画「へうげもの」を読みながら同居人を待つことに


 それでも、ものすごく、しんどくなりました。代謝が良くなったということでしょうけど


水出し抹茶

 利休さんによると(なれなれしい)、お茶の極意は、結局「美味しいこと」らしいので(漫画からの知識)、これから夏に向けて、水でお茶を点ててみました。

 まず、常温20℃程度です。茶杓2杯のお茶で、泡立ちは全く問題ありません。
IMG_4521.jpg
ただし、お茶の香りは、あまりしません。

 次に冷蔵庫に入っていた5℃程度の冷水です。茶杓2杯のお茶で、意外なことに、これでも、泡立ちは変わりません。
IMG_4565.jpg
常温以上に、香りが立ちません。不味いわけではなく、清涼飲料としては、問題ないでしょう。ただし、お茶の旨味は、ありません。

結局、現時点では、茶杓3杯のお茶を(多め)、80ccの常温の水で点てた場合、香りはNGですが、味としては楽しめるようです(もちろん個人差大)。気軽に楽しめるので、おすすめします。


窓ぎわのポアロ

 16歳超のアメリカンコッカースパニエル「ポアロ」は、最近、窓ぎわが気に入っているようです。見当たらないと思っていると、居間の窓ぎわで寝ています。
IMG_4526.jpg

外に出てしまうと、同居人の耳掃除が待っています。
IMG_4529.jpg
「ギャー、助けてくれ~」
でも、この後、同居人にベタベタくっついていました。君はドMか!



290話 ・瀬戸線高架工事(1)小幡-喜多山間の土地確保  - 2012.05.02 Wed

 癌の放射線治療のため、ほぼ2ヶ月間、名鉄瀬戸線を使って名古屋市内の病院に通っていました。そのとき、線路に沿って、空き地が多いことに気付きました。

 最近、名鉄瀬戸線について検索を進めていくうちに、「瀬戸線高架工事」の記事に突き当たりました。空き地は、高架工事の関係かと思います。
高架化されるのは、小幡駅から大森・金城学園駅の間です。


 沿線住民の方には、知らされていると思いますが、瀬戸街道利用者など、影響を受ける可能性があっても、少し離れた地域には、情報が来ないのが実状です。そこで、工事予定地域を歩いてみて、現状を報告します。

 今回は、小幡駅から中間地点の喜多山駅までを歩きます。
    IMG_4530.jpg
<小幡駅構内から喜多山駅方面を望む>線路脇に、更地が見える

IMG_4532.jpg
<最初の踏切、3人乗り自転車で横切るのは大変だ>

  IMG_4535.jpg
<線路の左側(北側)の更地に、仮設線路ができる>

IMG_4538.jpg
<この辺りは、土地の確保が済んで、側道も完成している>菊華高校、守山東中学が近い

    IMG_4545.jpg
<急カーブして瀬戸街道と交差する踏切に至る>

IMG_4550.jpg
<踏切付近は、左右の急カーブがあり、いわゆるS字カーブを描く>高架にする際、回転半径を大きくできるのだろうか?

  IMG_4553.jpg
<喜多山駅近く;まだ、道路の付け替えが不十分か?>

          IMG_4554-001.jpg

IMG_4556.jpg
<喜多山駅直前、第三銀行さんが最後のバリアか?>

    IMG_4560-001.jpg
<喜多山駅>高架化にともない嵩上げされる

 小幡駅から喜多山駅までは第三銀行の建物を除き、いつでも工事ができる段階にありました。

 喜多山駅から大森・金城学院前までについても、近日中に歩くつもりです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (357)
歴史 (34)
思い出・出来事 (136)
その他(時の力) (187)
トモセラピー(癌治療)体験記 (62)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (17)
聴く・観る (115)
落語・美術・演劇など (65)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-