0612 257-001

2012-06

317話 ・ドライブレコーダー(信号無視のオバちゃん) ・ポアロ(老犬)爆睡 - 2012.06.28 Thu

ドライブレコーダー(車両事故録画カメラ)を買いかえました

 昨年の3月17日(123話)にドライブレコーダーのレンズが白内障になって(白濁して)使えなくなったことを書きました。その後、お値打ち品がないか見ていたんですが、限定何個とかいって、行ってみると売り切れということが続きました。

 今回、イエローハットの安売りで、やっと買うことができました。
FRC社のFT-DR ZEROという機種です。
IMG_5240.jpgIMG_5235-001.jpg
<前面中央がカメラのレンズ、両脇に赤外線ランプ>    <強力な吸盤 角度調整ネジ>

以前のものとの違いは、
・液晶モニタ付き
・電池内蔵(事故で電源を喪失しても、正常に書き込みを終了できる)
・赤外線ランプ付き(夜間)

 これだけの物を、6,980円で売っていては儲かりませんが、もっと安いものもありました

 テキトーに推定した原価を、カメラ600円、液晶ディスプレイ500円、電池100円、筺体200円、取付具300円、メモリ400円、電子回路1000円、赤外線ランプ400円、付属ケーブル類300円、梱包・説明書など100円・・・と計上していくと、結局、儲けは開発費(設計・試験・ソフト・・・)次第ということになりそうです。しっかり、耐久試験なんかやってられない感じです。

 取り付けた状態は、
     IMG_5260.jpg
 コンパクトで、視界の妨げにはなりません。
          IMG_5261.jpg
小さなディスプレイですが、設定と動作確認用と割り切れば、これで十分です。
-----------
撮影画像の一例を紹介します。(実際は動画)
IMG_5288.jpgIMG_5290.jpg
<スーパー構内の横断歩道 人が横断 車が右折>    <左折中 自転車が横断>

IMG_5291.jpgIMG_5292.jpg
<集配作業中なのでやむなく右車線に>      <こちらの信号が青なのに、平然と横断する自転車のオバちゃん>

 信号無視のオバちゃんが写っていましたが、ぶつかれば、こちらが信号無視したと主張される場合もあるんでしょうね。
このあたりをハッキリさせるのが、ドライブレコーダーの役目です。

(ただし、証拠能力としては、さほど強くはないようですが)
注文としては、路地での歩行者とか自転車の飛び出しに対応するには、もう少し画角が広いほうがよさそうです。コストとの兼ね合いで、きりがありませんが・・・


ポアロ今日も爆睡

 アメリカンコッカースパニエルのポアロ(16.2歳、♂)は、48時間周期の夜の部なのか、午後1時半まで、飲まず喰わずで寝ていました。
IMG_5272.jpg
<ムニャムニャ、ここは天竺ですか>

やっと、食欲に引っ張られて起きたようですが、
     IMG_5273.jpg


なぜか、玄関ドアに激突するので、
          IMG_5281.jpg
          <もっと光を>

庭に出したのですが、ほとんど固まったままです。
IMG_5274.jpg
          IMG_5278.jpg
          <ここはどこ・・・・・・>

 だっこして部屋に入れると、結局、爆睡の続きです。
IMG_5286.jpg
<夢と夢の間になにかあったような気もするが、とりあえず寝とこ>

 庭に出たのは、徘徊、あるいは、夢の続き?

316話 ・トモセラピー効いている ・白鳥塚古墳横の道路拡幅 ・事故か? - 2012.06.26 Tue

トモセラピー効いている
 癌の強度変調放射線治療(トモセラピーによる)を受けた名古屋第二赤十字病院(八事日赤)へ、経過観察のための診察を受けに行ってきました。

名古屋第二赤十字病院のHP

 建物の工事が終わり、すこし様子が変わっていたので、まごつきました。工事中よりも表示が少なくなっており、案内のボランティアに聞いてやっと分かりました。

詳細は、末尾のRead More>>

 この病院で早く移動するコツは、エレベーターに乗らないことです。場所がら、乗降に時間が掛かるためか、なかなか来ません。
-----------
 今度の先生(男性、年齢不詳)は、たいへん穏やかな人で(癒し系)、沢山の死にそうな人と話をしてきたのだなと、感じさせます。
 診察結果は、ホルモン療法の効果が切れている分、PSAの値が、わずかに上昇しているが、まったく問題ないということでした。(要は、今の数値が、強度変調放射線治療の効果分ということで、だいたい、こんなもんだということ)
なので、次回は、4ヶ月後となり、検尿も、なしということになりました。ヤッタ!


白鳥塚古墳横の道路拡幅

 ローカルな話になりますが、観光で訪れる方も多い名古屋市守山区の東谷山フルーツパークから東谷橋にぬける道路は、交通量の割に狭く、走りにくい道です。

 ここを先日通ったところ、盛大に道路工事をやっていました。
IMG_5268.jpg
<感慨にふけるおっさんたち>やるんだゼェ~やっちまったか(県大(看護)敷地付近)(人(前のめり)に合わせたら、画面が傾きました

IMG_5266.jpg
<フルーツパーク寄り 後方に白鳥塚古墳の円墳部(森のようなところ)が見える>

IMG_5244.jpg
<後方の建物は、県大ですが、無くなると、ここに何があったか分からない 覚えていない

IMG_5250.jpg
<途中に、住宅が二軒ありますが>

IMG_5251-001.jpg
<その後ろは、これです

 着手しただけで、完成しない道路工事が多い地域ですが、「税金が勿体にゃーで、すぐにやってちょーよ」;後半は、河村市長風名古屋語


事故か?
 たまたま通りかかったんですが、6月23日(土)18時頃、名古屋市守山区の天祖光教の建物(写真右奥の大きな屋根)付近で、消防車4台、救急車2台が集まって救助活動をしていました。新聞、テレビには報道されなかったので、小さな事故だったんでしょうね。訓練にしては、物々しすぎるし・・・煙は出てません。近所の人も遠巻きに見ているだけ
IMG_5253-001.jpg

315話 ・瀬戸市曽野稲荷 ・八王子神社(曽野町) - 2012.06.24 Sun

 同居人を私鉄の駅まで送っていった帰りに、車で八王子神社の下見をしようと思い、ナビで検索してみました。市街地にある同じ名前の神社は、出てくるのですが、愛知県瀬戸市曽野町の八王子神社は、候補にもあがってきません。

 とりあえず、曽野町に入ってみました。
曽野口の交差点を過ぎ、道なりに進むと、大きな鳥居がありました。曽野稲荷です。
お稲荷さんは苦手ですが、立派な神社なので、登り口の脇に車を置いて登り始めました。
IMG_5170.jpg
<曽野稲荷登り口 この地点の標高124m>伏見稲荷の系統の正一位稲荷です。バス停もあります。

          IMG_5175.jpg
          <階段を登り切っても、延々と赤い鳥居が続きます>(水平写真)(儲かった人たちからの寄進でしょう)

          IMG_5176.jpg
          <途中に、仏教系の祠もありました>(水平写真)

IMG_5178.jpg
<山上に大きな平面空間と立派な社殿です>(水平写真、標高165m)掃除をしていたおばさんと話をしたら、大きく回りこめば、この高さまで、車でも来られるそうです。正月は、すごい賑わいで、一方通行になるそうです。

     IMG_5179.jpg
     <縁結びの神さんも、おられまっせ>(水平写真)一方的にお祈りされると、チョイ怖いけど

     IMG_5181.jpg
     <柏手の音が、よく鳴り響く拝殿 ご利益ありそう>

IMG_5187.jpg
<こういう山中にあります 神社裏の駐車場から>(水平写真、標高173m)

 ここまで来ると、ナビ画面に八王子神社の表示が現れました。
IMG_5196.jpg
<曽野町の一部、里山+陶磁器産業という瀬戸市郊外の典型的な光景ですが、やや、山間地の雰囲気があります>(水平写真、標高119m)

集落の細い道をたどると、八王子神社がありました。
     IMG_5199.jpg
     <コンパクトな社殿です>(拝殿の標高122m)

IMG_5204-002.jpg
<すぐ横が、土石流対策の砂防ダムです>出来たばかりというか、工事中かも・・・よくデザインされた、立派なものです。

 八王子神社は、土石流を鎮めるための装置だったのかもしれません。今後は、砂防ダムの安全を見守ってくれることでしょう。

 曽野町は、街に近いのに深山のような雰囲気があって良い所です。これからも、しばしば訪れようと思いました。
-----------
 明日は、放射能治療を受けた病院で、検診です。新しい先生なので、どういうことになるか楽しみです。
それでは、また

314話 ・未来予測 ~2025年 ・今日の水野川(雨のあと) - 2012.06.22 Fri

未来予測レポート2013-2025
 「日経BPコンサルティング」さんから、こんなカタログをお送りいただきました。
          IMG_5232.jpg
「未来予測レポート2013-2025」です.

医療・健康編など1分野が21万円、自動車とエネルギーといった2分野セットでは35万円ということで、個人で購入するような資料ではないと思いますが、カタログをパラパラとめくってみたら、すごい見出しがついていました。

例えば、
<国際情勢>
・中国は分裂し、連邦共和制へ移行(2015-2019年)
同居人によると、どこかの(臨死体験に基づく)未来預言者も、そう言っているようです。

<国内情勢>
・原発が一部再稼働(2015-2019年)
 2015-2019年というのが、優秀なコンサルタントが、膨大な資料から導き出した論理的な結論でしょう。実際、 大飯原発のハード的な安全対策が一通り終わるのが、2015-2019年ですから、このレポートの予測が妥当だと思います。ところが、事実はご承知のとおり、すぐにでも再稼働しちゃいそうです
-----------
 レポートの対象期間内に当然発生する、東海・東南海地震や、富士山噴火、太陽活動の激変などの災害については、直接は書かれてないようです。
そのあたりは、超能力者や占い師の独壇場でしょうか


今日の水野川(瀬戸市)(6月22日)(水野川周辺を歩く(2))

 台風と昨日の雨の影響と思いますが、工業団地につながる支流から、濁った水が流入していました。
     IMG_5228.jpg

 本流の上流側では、流量は多いのですが、はっきりとした濁りは見られません。
     IMG_5224.jpg

 水北町東端の道路(曽野口交差点から南へ向かう細い道)
IMG_5222.jpg
 昔お嬢さんだった方、二人に話しかけられまして、このあたりは風が強く、木がなぎ倒されて、道路が通りにくくなっているそうです。(後ろの地肌の見える崖は、珪砂の採石場)(水平写真、標高88m)

     IMG_5226.jpg
 典型的な里山+陶磁器産業(水平写真、標高86m)
(市民公園からここまでで往復6000歩を越えます。夕方の散歩には、十分です)

313話 ・台風4号県内上陸 ・国土地理院の標高計算システム試用 - 2012.06.20 Wed

 17日は、きれいな夕焼けでした。二日後の19日に台風4号が県内に上陸するとは・・・
   P1050099.jpg
   <19:30ごろ コンパクトデジカメで撮影>

 我が家は台風進路の左側になったので、風の向きと台風の移動とが逆になって打ち消しあうことで、大した風が吹かなかったので助かりました。(ブログ管理人は、風が苦手

 進行速度が速かったので、午後9時前には、気圧が戻りました(低気圧→通常)。(一番下の■表示)
        IMG_5162.jpg

 それでも、水野川(瀬戸市)上流部は、多少増水していました。直接関係があるのかどうか分かりませんが、川の左側の道路(地方道208号)は、ガードマンがいて、交通規制をしていました。
IMG_5165.jpg
<穴水橋から撮影>

 山から大量の水が、音を立てて流れ込んでいました。
IMG_5163.jpg
<曽野口>

 一方、台風が通過する間寝込んでいたポアロ(アメリカンコッカースパニエル、16.2歳)は、
     IMG_5206.jpg

今日は、活動モードです。
          IMG_5157.jpg
 なんかチョ~


国土地理院の標高計算システムを使ってみる

 国土地理院が、地図をクリックするだけで、その地点の標高を知ることが出来るシステムを公開しているということなので、早速、使ってみました。

その結果を元に、前回(312話 ここどこ)の記事の標高を書き直しました。
すべて、ほぼ、合っていたのですが、10m刻みを、1m刻みにできました(表示は、0.1m刻み、四捨五入した)。

 市民公園東1:128m
 市民公園東2:123m
上水野交差点北: 89m
水野川支流の橋: 87m(工業団地方面への支流)
   清玉神社:118m

(一部、場所が曖昧なため、書きなおしてない場所があります)

 関心のある方は、下の太字をクリックしてみてください。自宅の標高が分かりますよ。
標高計算システム

ちなみに、ブログ管理人の標高の履歴は、
10.6m→6.2m→113.7mでした。

312話 ・それぞれの「じつは」 ・ここどこ(清玉稲荷・如如庵(瀬戸市穴田)) - 2012.06.18 Mon

 人によっては、約1/4世紀ぶりとなる飲み会がありました。@金山駅(名古屋)近くの「かこいや」(個室・炉端)です。 
メンバーは、10名でした。写真右端の元イケメン風のオッサンがMC役で、それぞれの近況を肴に酒を飲みました。
  DSCF0032-003.jpg

 最初にブログ管理人が癌の話をしたせいか、病気の話が多くなりました。
          DSCF0007-002.jpg
                                  <写真撮影:右端のMC役>
 二三ピックアップすると、
:夫が開業医になったのは、じつは、勤務医のとき自身が倒れて死にそうになり、ICU(集中治療室)に運び込まれるということがあったためです。大病院に居ると、どんどん急患が運び込まれ、とても続けていけないということで、融資を受けて医院を建て、開業医になりました。はじめは、経営が大変でした。(順風満帆と思っていましたが、たいへんだったんですね。でも、お子さんが二人、医学部ということで、後継者の心配もなく、よかったです)

:親に脳ドックを受けさせるため、ついでに受けた健診で、じつは、自身に脳動脈瘤が見つかり、頭蓋骨をパカっと開けて手術をしました。(たしかに額に多少の陥没が、たいへんでしたねぇ)

:頻尿がらみで手術をしたら、じつは、取り除いた器官に癌細胞が見つかりまして、奥さん(癌経験あり)の命令で、素食を続けております。(たしかに、若く見えるし、スリムな体型を維持しておられます)

:まぶたが垂れ下がる病気で、最近、手術をしました。手術中に麻酔がきれてきて、痛かったです。それと、じつは、娘が20kg痩せる病気になりましたが、やっと治ってメディカル系の大学へ行くようになりました。いまは、授業が外国語だと言っているので(日本語だけど高等数学なので)私が教えています。(「梅ちゃん先生」か!でも、教えられるのがすごい!

カミングアウトの連続でした。


ここどこ

 当選確率が高いという宝くじを買ったこともあって、瀬戸市民公園から八王子神社(瀬戸市曽野町)を目指して歩き出しました。
IMG_5099-001.jpg
<瀬戸市民公園東(東向き) 標高128m 水平写真>全体が左(北)に下がっている。右側の禿山のようなところは、陶磁原料採掘現場跡で、ゴミの最終処分場 左奥は、工業団地 (以下、写真左端の→が、カメラと同じ高さを示す)

IMG_5102.jpg
<瀬戸市民公園東(北向き) 標高123m 水平写真>写真右端手前側の丘を目指す

IMG_5107-001.jpg
<定光寺山脇線に向かう 標高約100m 水平写真>共同墓地(少しぼかした) 川に近づき、急に標高が下がっていく

IMG_5109.jpg
<上水野交差点の北 標高89m 水平写真>定光寺山脇線 すこし下がったところ(車が通過中)が水野川支流にかかる橋 (かなり、暑くなってきた)

IMG_5110.jpg
<橋から見た水野川支流の下流側 標高87m 水平写真>

IMG_5111.jpg
<橋から見た水野川支流の上流側 標高87m 水平写真>

   IMG_5113.jpg
<橋を越えて最初の道を、段丘につられて右折 標高90m前後 水平写真>

IMG_5118.jpg
<犬に吠えられながら、細い道を登ったら、こんな光景が 標高100―110m 水平写真> 

IMG_5121.jpg
<すこし行ったら こういう建物がありました 「如如庵」です 標高100―110m 水平写真>
 あとで調べたら、禅の道場でした (訪れた時点では、無人のようでした)

      IMG_5128.jpg
<さらに進むと神社がありましたが・・・>(水平写真ではない)陶器の灯籠

           IMG_5127.jpg
<清玉稲荷(穴田神社)でした>(水平写真ではない)建物は標高118m

       IMG_5131.jpg
<脇の祠の銅鐸のような竹製のものが気になりました>何ですかねぇ?
 いずれにせよ、人の気配がなさすぎるので、早々に退散しました。

 尿意も感じましたので(私のリミッター)、八王子神社は、後日ということで、市民公園に帰ります。

      IMG_5135.jpg
<上本町 標高約100m 水平写真>明るい陶器屋さん(窯元)で、元気をとりもどします。

 目標地点に到達できなかったぐらいですから、宝くじはもちろん外れました。
外れることの予知ができたということで、よしとしましょう(じつは、抽選日を過ぎていたので、それすら???)

311話 ・ポアロの生活リズム ・「へうげもの」買い間違い - 2012.06.15 Fri

 ポアロ(アメリカンコッカースパニエル、16.2歳)の水平写真 第3段(床から約6cm 左顔) 
IMG_5139.jpg

垂直写真も・・・ポアロの平面図です
          IMG_5096.jpg
ほとんど寝ている日と、比較的起きている日が、交互にやってきます。
ポアロの中では、2日で一区切りの感じです。
夢のなかで、自転の遅い別の惑星にでも行っているのかな。

そういえば、以前、そんな2日周期の生活リズムの最高齢者が、おられましたね


「へうげもの」買い間違い

 お茶のまねごとをしていたので、古田織部を主人公とする戦国茶道漫画である「へうげもの」を、すこしのめり込んで読んでおります。

 1服~8服(巻)まで文庫本で購入してきたのですが、
     IMG_5028.jpg
<活字(いわゆるネーム)が小さくて虫眼鏡が要る>

出版社(講談社)が、文庫版は、しばらくお休みというので、続きをKC版というかA5版で購入しました。単純に8服(巻)の次だから9服(巻)だろうということで
            IMG_5140.jpg

ラッピングしてあって中身の確認ができません。
            IMG_5144.jpg

文庫版と、KC版は、ズレてますよとの注意は書いてあったが、多少のことと思っていました。
それが、甘かった。

文庫 8服(巻):104席(話)―119席(話)

KC版 9服(巻):87席(話)―97席(話)
    10服(巻):98席(話)―108席(話)
    11服(巻):109席(話)―119席(話)
    12服(巻):120席(話)―130席(話)
ということで、文庫8服(巻)の次は、KC版12服(巻)に飛ばなければいけなかった。

書店に相談したところ、交換していただけました。(ブックス オオトリという店です
対応が良かったので、在庫のあった14服(巻)も購入しました。
     IMG_5149.jpg
KC版は、虫眼鏡なしで読めます。

 それにしても、講談社の売り方には疑問があります。
表紙に、何席から何席(何話から何話)と明確に表示するのが普通でしょう

また、文庫を中断する時に、KC版の何服(巻)に続くと言うのが、まともな営業活動なのでは。

出版不況も当然だと言いたくなります。町の本屋さんも大迷惑ですよ


本日は、飲み会があったので、この程度で・・・おやすみなさい

310話 ・紫陽花水平写真 ・瀬戸市水野川周辺を歩く(1) - 2012.06.13 Wed

 庭の紫陽花を水平写真で(カメラを前後左右に傾けない)撮ってみました。
          IMG_5077.jpg
<カメラ位置の制約のため、こんな風に花の横顔を撮ることになる>空や周りが写る。空気感が生まれる。

 ふつうに上から撮ると、
     IMG_5080.jpg
     <普通です>ギラギラして、やや息苦しい。好き好きですが

瀬戸市水野川周辺を歩く(1)上本町と水北町の一部
 市民公園に車を置いて、水北町の八幡神社を目指して歩き始めました。水野川の中流と言ってもいいんでしょうね。氾濫原の最初の部分です。

     IMG_4990.jpg
     <上本町の整備された水路>標高80~85m

IMG_5085.jpg
<上本町(上水野町)のお地蔵さんと神様が一体になった祠>標高80~85m、たぶんここまでは、水は来ない(以下、特記のない写真は、すべて水平写真)

IMG_5088.jpg
<政松禅寺跡地 建物は、傾いてません 錯覚です 電柱は傾いてますけどね>標高80~85m 
 地図にある政松禅寺が、消滅して宅地になっていました。歩いていたお婆さんに聞いたら、「知らんねぇ お地蔵さんのことでにゃーかね お寺だったら感應寺があるけど、一緒に行くかね」と言われ丁重に断り、別の老夫婦に聞いたら「お寺が無くなって、この住宅街ができたんだがね」ということでした。上の写真の木々が、寺の名残でしょうか。

 そうこうするうちに、水野川に達しました。
IMG_4993.jpg
<御用橋から>下流方向

     IMG_4994.jpg
<川岸に崩れた跡があります>コンクリートブロックにも土砂の跡が(水平写真ではない)

     IMG_4996-001.jpg
<工業団地からの川(中央)との合流地点>(水平写真ではない)こういうところは、氾濫しやすい 右の円弧部分は、修復が新しい

IMG_5000-001.jpg
<定光寺方向の川(上の写真の左)を少しだけ遡る>右の山が崩れているのは何だ?

     IMG_4998.jpg
<この辺りの陶器工場の一つ>川沿いの道路が高くなっているので、水平でも、こんな写真になった

 水北町 丘の上の八幡神社
     IMG_5005.jpg
<瓦の龍が迎える>(水平写真ではない)

     IMG_5008.jpg
<龍の鱗のような陶器瓦>標高90~100m 亀に乗った恵比須大黒 怪しい光を放つ瓦 いい仕事してますよ 知られざる名所ですねぇ

IMG_5011-001.jpg
<神社と同じ高さからの景観 神社西側道路から> 標高約100m 中央桜並木が、水野川の岸辺

ここでも、神社は、急な坂の上にあり、水が出たら逃げ込める場所となっている。

次回は、もう少し上流に行ってみたいのですが・・・天候が

309話 ・東谷山南の道路工事 ・カーグラTVでのTOYOTA86他の評価 - 2012.06.11 Mon

 歯医者さんの予約が今日だという認識がなく、すっぽかしてしまいました。典型的なボケです
      IMG_5032.jpg
<水平写真 床面から10cm 今日は、横顔> ポア爺は、飲まず食わずで、午後1時まで真剣に寝ていました。

東谷山南の道路工事
 話は変わり、このところ東谷山南側の道路で、延々と工事が続けられています。
     
 鎌倉の切り通しのように、山に溝を入れたような道路があったのですが、それを拡げる工事です。
IMG_5066.jpg
<北みずの坂交差点(正式名称不明)付近 水平写真 標高約90m>

岩盤が露出している場所も、掘り進め
     IMG_5046.jpg
     <掘られた岩盤 水平写真ではない>

かなり進んでいるようですが、
IMG_5063.jpg
<愛知用水のすぐ東 水平写真 標高約80m 路面は、まだデコボコ いまは、ガス管の工事>

 急に狭くなるここからは、まだ、着手されていません。すれちがいの難しい、交通上の難所です。
     IMG_5059.jpg
しかし、南側(画面の左側)には、東谷奇玉宮(関係者以外は、入れない)があるので、拡幅できません。<水平写真 標高70~80m>

     IMG_5058.jpg
<東谷奇玉宮(とこくにくしたまのみや)>

ところが、日曜日に通りかかったら、こんな看板が出ていました。
     IMG_5054.jpg
地質調査をするということです。発注者は、遺跡調査関係ではなく、土木・道路の方です。

IMG_5056.jpg
こんな場所です。<水平写真 東谷山南参道入口付近>
今年度内に、着工できればいいんですけどねぇ。


カーグラTVでのTOYOTA86他の評価
P1050047.jpg
 カーグラフィックTVでのTOYOTA86、スバルBRZ、ロードスター3代目(マツダ)の比較を見ました。
評価者は、いつものように、CGTVから田辺憲一さん、車好きの代表として音楽家の松任谷正隆さん(ユーミンの旦那)
------------------------
松任谷:86とロードスターとは、音に違いを感じる。86は、大きく、つまった感じ、ワイルド・闘争的な気分。乗り心地(振動)は、BRZよりも86のほうが柔らかい。

田辺:ロードスターの初代は、運転に難しさがあったが、2代目以降安定した。しかし、初代の軽快さといった良いところは残っている。(ブログ管理人:映像を見ると、初代は、かなりのオーバーステア(切れすぎ)である。86、BRZも、オーバーステアを想像したが、さすがにロードスターが出たころとは、技術が違うか)

路面によっては、BRZのほうが乗り心地がやさしい。86、BRZともに操縦感覚は、ニュートラルである。重心の低さも分かる。
------------------------
結論)86とBRZにほとんど差は無い。
松任谷:運転オタクの車にならないか、一般に理解されるか心配
田辺:そういう部分(ファン トゥ ドライブ・・・ドライビングファン)を、後世に伝える役割の車があっても、よいのではないか

ブログ管理人:オーバーステアについては、心配しなくてもよさそうですが、かなり足回りは硬そうなので、デザインだけで買うと、お尻がいたくなるかも(座布団敷くなよ!)

308話 ・氾濫原(中水野周辺) ・ポアロ - 2012.06.08 Fri

 雨が降ってきました。東海地方が梅雨入りということで、部屋の温度は、夜なのに27℃、60%ですが、とくに暑くはありません。

ポアロ 水平写真
 このところ水平写真(水準器を使い、上下左右に傾けないで写す)に凝っております。

老犬ポアロ(コッカースパニエル、16.2歳、♂)の水平写真(高さ:床から9cm)です。 食後、茶碗を枕に、気持ちよく寝ています。 慢性心不全の治療期間が例外的に長くなったせいか、獣医さんから、薬代を多少安くしていただいています。
IMG_5024.jpg


氾濫原(中水野周辺)

 国土地理院のHPに、こんな図がありました(トリミングして、文字追加)。茶色の濃い方が標高が高く、緑がかった方が、標高が低くなっています。
     IMG_4976-004.jpg
中水野周辺は、ミニ盆地というかスープ皿のようで、広い範囲から雨水が流れ込むのにもかかわらず、出口が1箇所で細く、排水がままならない様子がよくわかります。しばしば、氾濫するのではないでしょうか。

 川が蛇行していて、氾濫原(洪水時の土砂が堆積してできた平地)と言われる地形と一致しています。
中水野、上水野、水北という地名は、地形の成り立ちとよく合っています。(昔は、水だらけ

 ということで、標高の低い場所へ行ってみました。(水平写真)
IMG_4935.jpg
 氾濫原は、肥沃で農業に向いているようです。何で豊かなのかは知りませんが、農作業を終えた爺さんが、農道に駐めてあったBMWで帰っていかれたのには、驚きました。(普通は、軽トラックのイメージですが

 なお、一段高くなったところが一般道路で、これでも、川沿いの国道よりも若干低くなっています。つまり、田畑が極めて低いところにあるということです。

 なので、住宅は、かなりの嵩上げをして建てられています。(水平写真)
IMG_4934.jpg
-----------
 高架鉄道は、過去の災害を考慮して建設されるので、冠水することはほとんどないと思われます。
そこで、愛環鉄道の線路の高さから周りを見てみることにします。
     IMG_4891.jpg
<四谷トンネル>この辺りで撮影

IMG_4893.jpg
<鉄路+αの高さからの水平写真>こまで水がきたら(ありえないが)、近くの建物の1階は、水浸しだ。

IMG_4904.jpg
<逆に道路から愛環鉄道の高架を水平写真>中水野駅のプラットホームの端が写っている。やはり、新しい建物の1階は、浸水の可能性がある。電柱と街灯が傾いているのは、地盤が弱いせいだろうか(愛環鉄道の給電線の柱は、鉛直)

-----------
スーパー豪雨のときは、神社に登ろう
IMG_4908-001.jpg
拝殿が段丘の上(標高80m超)にあり、水は来ない。

        IMG_4916.jpg
これだけの段差がある(約10m)。(水平写真ではない;上から下を撮影)

IMG_4923.jpg
<拝殿と同じ高さからの水平写真>3階ぐらいの高さ
-----------
 治水対策として、川の水位が一定以上になったら、溢れさせる場所を作っておくという方法があります。近くで知っているのは、庄内川に接した、名古屋市西区の洗堰緑地、庄内緑地公園です。豪雨の後で行ってみると、ゴミが木の上に引っかかっていたりします。中水野周辺は、結果としてそういう効果を担っている可能性があります。
 普通は、道路まで冠水することはないと思いますが、タクシーの運転手が、よく水が出るようになったと言っていたそうなので(同居人談)、スーパー豪雨の時は、通らないほうがよさそうです。(国道155など)

307話 ・C型肝炎の新薬による治療 その後 ・標高約100m(2) - 2012.06.05 Tue

 昨晩は、部分月食ということで、夜空を見たのですが、やたらと暗くて何も見られませんでした。
雲が厚かった上に月食ですから、暗くてあたりまえでしょうか・・・
それでも、深夜には、雲間から食の終わった満月の月を見ることができました。明るい空のほうが安心できます。


C型肝炎の新薬による治療 その後

 272話で、知人の女性が、C型肝炎の新薬(テラビック)による治療を始めることができて、よかったといった記事を書きました。
太字をクリックすると、その記事に飛べます)
  272話

 しかし、その後、激しい副作用に見舞われたそうです。
症状としては、はじめ、強度の食欲不振で激ヤセし、つぎに皮膚にひどい湿疹が現れました。

結局、1ヶ月ちょっとで治療を中断しました(その時点で、菌はすでにゼロ)。

治療を止めたところ、湿疹が治り、体調も回復したということです。
-----------
 先週の朝日新聞によると、テラプレビル(=テラビック)は、治療効果は良好ですが、副作用が重いことがはっきりしてきたので、日本肝臓学会が5月18日に、66歳以上には使わないよう指針を定めたそうです。

 その女性は、現在でしたら、適用しないか、使用量を控えるかといったことになったはずです。
いわゆる、結果オーライではありましたが、新薬のリスクを身近に知ることになりました。

 苦しかったら、我慢しないで、文句を言うべきなんですね。

       IMG_4972-002.jpg
     

標高が同じ(約100m)(2)

 水野川を挟んで反対側の標高100m地点(第3地点)を目指します。最上段の青い屋根のあたりが、90~100mです。急だなぁ
     IMG_4950.jpg     
    <東東谷橋の東からの水平写真;標高75m前後>

IMG_4952-001.jpg
<第3地点から南東方向水平写真;標高90~100m>正面に県営瀬戸住宅

IMG_4953-001.jpg
<第3地点から南方向水平写真;標高90~100m>左の丘の上に瀬戸北高校 丘の右端が第2地点

IMG_4954.jpg
<第3地点から南西方向水平写真;標高90~100m>正面の丘は、北みずの坂

さらに少し登る。
       IMG_4959.jpg
<標高100mに近い児童公園>夕方なのに誰もいない

IMG_4956.jpg
<児童公園から南南西方向水平写真;標高約100m、これだけズーム88ミリ、他は35ミリ>中央が第2地点

 体調が良いので、一気に登っても、さほどしんどくはなかったのですが、階段が急なので、高齢者、足腰や心肺能力に問題のある方には、厳しいでしょうね。でも、視界の広さは抜群です。
住人のひとりに「景色がいいですねぇ」と言ったら、「まあ、そうですけど・・・」みたいな返事でした。
(若い時に住みついて)絶景に慣れてしまうと、しんどさが全面に・・・(空き家あり)

306話 ・標高約100m(1) ・カーグラTVでTOYOTA86 - 2012.06.04 Mon

標高が同じ(約100m)ー水平写真で探す等高地点

 健康のための散歩ですが、目的があったほうが面白いので、カメラの軸を水平に保って撮影する水平写真を使って、同じ標高のところを探す遊びをしてみます。
IMG_4842-003.jpg
<今回の第1地点から西北西方向を見る:304話(5月31日)のA近傍100m地点(0地点)は画面中央付近>うしろの山は、東谷山(山頂が古墳)

IMG_4843-001.jpg
<第1地点から北東方向を見る:右の薄茶色の大きな建物(下水処理場)の上に見えている集落が、ほぼ同じ高さ100mの地点のようだ(第3地点)>

IMG_4844-002.jpg
<第1地点から東を見る:一番近い標高100m地点なので、次はこの写真の左端の場所(第2地点)へ向かう>

IMG_4859-001.jpg
<第2地点から第1地点を振り返る;道路の最上部(左端)が第1地点>

IMG_4866.jpg
<第2地点から北の方向を見る:ちょうど緊急車両が通過;指揮車なのでキャンピングカーのように見えた>

          IMG_4873-001.jpg
<北東方向の集落に向かう途中にあったお地蔵さん:明和8年に2名、天明2年に1人の童女が亡くなっているのを、あとから弔ったものだろうか;なお、明和8年は大洪水の4年後、天明2年は大飢饉の年である>

     IMG_4883.jpg
<川につながる道:正面奥に急な坂(段差)が見える 河岸段丘なのか、人工のものかは分からない>

IMG_4886.jpg
<水野川に出た:陶磁器の産地だけあって、左岸に粘土層が露出している(灰色の部分)>

          IMG_4928.jpg
<上の写真よりも少し下流に、鯉がいた:名古屋市北区の黒川にもいましたが、相当、耐環境性の強い魚のようですね>

次回に続く


カーグラTVでTOYOTA86

 6月6日(水)、23:00-23:30のカーグラフィックTV(BS朝日、BS5ch)で、TOYOTA86、スバルBRZの試乗記が放送されるそうです。

 なお、新聞記事によると、TOYOTA86の一番売れている色が「白」ということです。
ちなみに、BRZは、「ブルーマイカ」が一番ということです。

 「オレンジ」にしろとは言いませんが、「白」は、つまらない。せめて、アニメのステッカーでも貼ってください。

 ブログ管理人は、オープンカーで、ハイブリッド化されたら考えますけど(ルマンにHEVで参戦するんでしょ)

305話 ・トモセラピー治療の予後 ・転ける梅ちゃん先生 ・女医さん - 2012.06.02 Sat

トモセラピー治療の予後
 トモセラピーによる強度変調放射線治療を終え、5ヶ月目の経過観察です。
前回(4月)PSAの値が、わずかに上昇していたので、やや早めの受診となりました。

 結果は、このように上昇傾向は止まりましたが、ホルモン療法終了時点の数値には、戻っていません。
お医者さんの話では、放射線治療の場合、こんなものでしょうということです。
img748.jpg
 自覚症状もありませんし、通常の観察を続けていくことになりました。
(悪ければ、再度、精密検査という話もありましたが)
-----------
 なお、今回、お医者さんからいただいた図は、対数表示になっていました。logPSAですわ。
馴染みのない人は、すごく上昇したように思うかもしれませんね。ブログ管理人は、音の関係で、対数尺度で生きていますので、残念ながら驚きませんよ
     img749.jpg

 その他の血液検査の結果が、恐ろしく良かったのには、驚きました。これまで甲状腺や、アレルギーの指標が多少悪かったのですが、完全に戻りました。(放射線と甲状腺の連想は、ありましたが・・・)(メタボ系とは縁がないし)
-----------
問題は、待ち時間の長いこと・・・血液検査の結果を待ってということなので
受付 8:15 ~ 採血 8:45 ~ 診察 10:15

今回も、待合室を抜けて喫茶室へ
     P1040977-001.jpg
前回の店とは違います。以前からある店で、直接、外からも入れます。
     P1040976.jpg
モーニングのセットですが、チョイ贅沢をして、¥490(¥400からあり)
コーヒーは、こちらの方が美味しいと思います(紙カップじゃないし)
-----------
本は、これを
          P1040982.jpg
字が大きいので、多少、暗くても読めました。


転ける梅ちゃん先生
NHKテレビ「梅ちゃん先生」のオープニング画像で、フルバージョンのとき、こんな画像があるので、ぶったまげてました。交通事故が問題になっているこの時期に、オート三輪に跳ねられている映像はどうかと思っていました。
P1040980.jpg
写真を撮ろうと思ってよく見たら、オート三輪が通り過ぎたあとで、びっくりして自分で転けて(転んで)いたんですね。紛らわしい・・・それにしても、オート三輪が、どうして空を飛んでいるのでしょうか?
(大好きだった祖父が、オート三輪に跳ねられて、それがもとで体が弱って、死んでいったので、いまいち笑えません)

女医さん
 トモセラピーによる放射線治療をやっていただいた女医さんが転勤されたことは、前に書きましたが、「梅ちゃん先生」の連想で、お名前を検索したら、出てました。
 強度変調放射線治療のできる病院が、増えるんでしょうか・・・伝道師のような仕事ですね

 なお、ブログ管理人も、実名を検索すると出てくるんですよ・・・クワバラクワバラ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (349)
歴史 (34)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (182)
トモセラピー(癌治療)体験記 (61)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (112)
落語・美術・演劇など (62)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-