0612 257-001

2012-07

331話 ・「美女と幽霊」 ・「功利主義入門」 ・95円ビール - 2012.07.31 Tue

 いないはずのポアロ(7/16に死去、アメリカン コッカースパニエル)の気配には、においが関係しているようです。オシッコの拭き残しが、この暑さで臭うということもありますが、ご飯のこぼれたのが家具の隙間にあったり、まだ処分していないポアロ用品に臭いがうつっていたりして、ふっとポアロの臭いが、立ちのぼってきます。

 同居人が、料理を作りながら口の中で、「ポアロッチちゃん」などと呼んでいるのが聞こえるのも、関係があるのかもしれません。
-----------
 人間の場合は、どうなんでしょうか・・・いまは人工的な香りが、あふれていますから

 芸術新潮8月号の特集「美女と幽霊」の中でも、これでもかといった風に、皮膚がただれたり、目玉が飛び出している絵は、「救急車を呼ばなきゃ」、「応急処理はどうするんだ」と、思うだけで、完璧な美女の奥深い怖さと比べれば、凄みに欠け漫画にしかみえません。
IMG_5671.jpg←(クリックで拡大可能)

 その点、写真家の意図がどこにあったのか知りませんが、作品(右頁)と作者(松井冬子氏)が、同じくらい怖く撮れているのは、素晴らしい。
IMG_5672.jpg
そういういい加減な感想を書いていると、窓にシルエットが写りそうです。


功利主義入門

 NHKラジオで面白い話をしていた出演者の著作を買ってみました。
          IMG_5668.jpg
<児玉聡著、功利主義入門―はじめての倫理学、ちくま新書>児玉氏:東大大学院医学系講師(医療倫理)

 そもそも、倫理学というのは、道徳講座とは違い、「ああしろ、こうしろ」、「あれをするな、これをするな」といったことを教えるのではなく、常識とされていることを批判的に見直す(その力を養う)学問のようです。その入門編として、功利主義について説明しています。(児玉さんは、功利主義の専門家)

 功利主義と聞くと我利我利亡者の考え方のような語感がありますが、Utilitarianismのことで、直訳すれば実利主義といったところで、内容から言うと公益主義のほうが、しっくりします。・・・(名称で損をしている)

要は、
「最大多数の最大幸福」
          をめざす考え方です。

 そもそも、幸福度メーターがないのに、どうやって幸福度を最大にするのか疑問ですが、まあ、考え方ということで・・・
つづきは、下にあるRead Moreを、クリックしてください。


その流れで(どこが?)、95円の低アルコールビールです。(旬楽膳で購入)
          IMG_5667.jpg
 0.9%というのが、中途半端だという考えはあるでしょうが、オールナンチャラに比べ、低価格で、ビールっぽいので、多くの人がチョットだけ幸せになれます。(それ、チガウ!)

330話 ・断層探し(猿投山断層帯) 災害列島・危険情報地図 - 2012.07.28 Sat

 本屋さんを覗いたら、こんな本があったので買っておきました。(成美堂出版、編集:小学館クリエイティブ)

          IMG_5638.jpg
 色々な災害情報を地図にしてあるのですが、とくに気になったのが、揺れやすさマップです。揺れやすさを8段階に色分けしてあり、ブログ管理人のところは、下から4番目程度ですが、同居人の実家は、最上位(最も揺れやすい)になっています。ゆる~い耐震工事はやってあるのですが、心配です。

img750-001.jpg
<揺れやすさマップの一例(一部分)、活断層、拠点病院も表示してある>他、火山、津波や原発、土砂災害、等々のデータも別図で
-----------
 それで思い出したのですが、1995年の阪神・淡路大震災のあとにも、こんな本を買っていました。(集英社、編集:イミダス編集部)
               IMG_5636.jpg
 阪神・淡路大震災が活断層による直下型地震だったので、活断層の話が中心です。東北地方太平洋沖地震のようなプレートの活動による地震についてあまり書かれていません。
まして、原発との関係については、全然触れてありません。
17年前(アカン、暗算できなかった)の常識では、被災の対象外でしたよね。

 ただ、地震の被害年表には、しっかりと三陸地震津波の波高が、Max.28.7mと記載されています。

 さらに、貞観10年(868年)に播磨・山城の大地震(阪神に近い)の翌年、三陸沿岸で建物倒壊無数、多賀城下で津波に拠る死者1000人という地震・津波が起きているのは、今回と前後関係が同じです。
-----------

 両方の本に載っている活断層、猿投山断層帯を見られないか、断層帯の南端部分、地図で赤丸が書いてある1の部分へ行ってみました。
 愛・地球博(万博)で話題になった海上地区です。

 こんな崖がありましたが、どうなんでしょうか
IMG_5666.jpg
<立入禁止です 標高120m程度の地点 高さ数メートルの崖>
IMG_5662.jpg
<少し奥を覗く>調査(トレンチ)跡かも

緑が多いのに、暑くて、目が回りそうなので、早々と退散  昆虫採集の青年二人も、やめて帰っていく(猿投山断層帯について、名前は知っていた)

万博跡には、これが残っていました。
IMG_5659.jpg

IMG_5657.jpg

 夢の跡ですね・・・ひょっとして、これも活断層の上?

329話 ・ポケット高度計 ・「天地明察」を読んで ・原発の馬力 - 2012.07.25 Wed

ポケット高度計
 カメラの中心軸を水平面に置いて撮影する“水平写真”にこだわってます。
(とはいっても、簡単な水準器を使って出す水平面なので、精度を云々できるものではないのですが)
      P1050297.jpg  P1050336.jpg
     <カメラに取り付けた水準器>左:上面、右:下面から見ると

 風景の水平写真の場合、撮影地点の標高が気になります。(画面の中心が、カメラの標高と同じ)

IMG_5474-001.jpg(一例、再掲)

 標高は、国土地理院の「標高計算システム*1」で推定できるのですが、最近造成された場所などでは、地形が変わっていたり、人工的な段差ができていたりして、使えない場合があります。*1:313話、6月20日参照

 そのため、高度計が欲しかったのですが、カシオの高度計付き腕時計は、ふだん腕時計をしないし、高価なので、二の足を踏んでいました。

 もちろん本格的な高度計は、登山用品店にあると思いますが、先日、栄(名古屋市)へ行った際、東急ハンズを覗いたら、そこそこというレベルのものがありました。
       IMG_5623.jpg
       高度計(気圧計) 直径60mm、50g、人工皮革ケース入り ¥3980(税込、駐車券サービスあり
 1目盛20mという大雑把なものですが、こんな程度でいいでしょう。機械式で電池がいりません(超アナログ)。これでも、国内で1回転近く、ペルーでは1回転以上回ることになります。
-----------
 購入後、栄地下で“抹茶あずきパフェ”を食べながらゼロ点を合わせて(外側のリングで調整)自宅へ帰ったら、写真のように100mの表示が出ていました。(美味くなかったので、抹茶あずきパフェについては、省略)

 栄の標高は13mですが、地下なので8m位でしょうか、すると合計108mとなり、-5m程度の誤差です。
また、次の日に自宅で、ほぼ115mに合わせてから同居人の実家へ行ったら、10数mと表示されました。実際の標高は、9mですので大きくは、ずれていないといったところです。

 色々な標高のところへ行けば、校正表ができるかもしれません。(バラツキのほうが大きいかも)



天地明察(小説)を読んで 冲方丁(うぶかたとう)作

 ネタバレになるので、ごく簡単なあらすじにします。

 四代将軍家綱の時代、江戸城で大名相手に碁を指導する仕事の渋川春海(算術マニア)が暦の改訂を命じられ、失敗を経て、多くの才人、賢人の支援を受けながら改暦にこぎつけるまでの数十年にわたる物語。
-----------
IMG_5635.jpg
-----------
 ハッキリ言って、ドロドロした愛憎が好きな文学愛好家には、さっぱりしすぎで不満でしょうが、本屋大賞や吉川英治文学新人賞、舟橋聖一文学賞など五つの賞をもらっています。
(私が買った文庫本の解説が、養老孟司さんであることも、この小説の性格が現れています)

 読み終わった時、中島みゆきの「地上の星」が聴こえてくるような気がしました。これは、プロジェクトXだ!
困難だが成功した科学技術プロジェクトに共通する要素が入っています。
-----------
 地道な天体観測データの収集と分析、先人の理論的到達点に対する調査と理解、適用、そして挫折、困難を克服して新しい理論の構築と適用、さらに発展型へ・・・
 有能なスタッフや助言者の存在が、成功に近づけていくんですが

 長期にわたるプロジェクトですから

 その間に必ず足を引っ張るヤツが出てくるんですよ。理論に文句を付けるのならいいんですが、自分のムラの既得権を守ろうとしたり、権力の維持のためだったり

 そこいらを、優れた権力者が守ってくれるというのは、チョイとTVの水戸黄門的(実際、作品に登場するが)ですが、気分は良いですね。

 後半、主人公が年を重ねて、政治的な工作が出来るようになってからは、さらっと書いてあるので、嫌な感じがありません。
-----------
 映画化中ですが(9月15日全国ロードショー)、主人公に比べ、宮崎あおいの役どころの人物像が、あまり具体的には描かれていないので、彼女の役づくりが見ものです。
-----------
 なんらかのプロジェクトに関わった人は、身につまされる話だと思います。それだけに、ハッピーエンドになっているのは、救いになります。


原発の馬力
 フル稼働した大飯原発の出力は、2台で236万kwということですが、ぴんときません。
馬力になおしてみると、316万馬力になります。
鉄腕アトム32人分
車3万台分
ぐらいになります。
ものすごいパワーです。その割に、緊急停止機能がヘナヘナです。
ブレーキのショボいスポーツカーのようです。車だったら車検に通らないのでは

328話 ・御礼 ・大賀ハス(春日井市潮見坂墓園) - 2012.07.22 Sun

御礼
 ポアロ(アメリカン コッカースパニエル、♂、享年16歳、7月16日死去)の旅立ちについて、コメント、メール、手紙で、お悔やみや励ましを多数いただきました。ありがとうございました。

P1020605.jpg P1030516.jpg P1030558.jpg PICT0002 (2)-1

P1020954.jpg img705.jpg img701.jpg P1030018-1.jpg
<写真をクリックすると拡大できます>

 まだ、ポアロが通れるようにと、ドアを少し開けておいたりする感覚が抜けていませんが、徐々に、近くにいる気配は薄れてきています。

 さようなら



大賀ハス
 昨日、小雨のぱらつく中、春日井市の潮見坂墓園奥池の“大賀ハス”を見てきました。(昨年は、7月12日に訪れている)

 ご承知のように、大賀ハスは、戦後まもなく、大賀博士が、発掘された縄文時代の種から開花を成功させたハスです。そのハスを根分したものが、増えました。
千葉県、岐阜県では、大々的にイベントを開催しているようですが、ここでは、ひっそりと咲いています。
IMG_5611.jpg
<比較的濃いピンクが特徴です>
            IMG_5604.jpg
            <つぼみあり>
IMG_5605.jpg
<咲きかけあり>
        IMG_5608-001.jpg
       <雨のため考え中あり>
        IMG_5610.jpg
<午前中に咲き、午後閉じるということですが、午後なのに咲いている花もありました>
-----------
墓地のトイレ、駐車場がありますが、売店などはありません。
また、天候のせいもあるのでしょうが、かなり陰の気が勝った場所です。観光には

327話 ・暑さのせい? ・八丁味噌おでん ・演劇「さんしょう太夫」前進座 - 2012.07.20 Fri

暑さのせい?
 気温が35℃になった昨日、北海道出身の食品配達のお兄ちゃんが、運搬用の保冷剤を入れ忘れていたといって、冷蔵品を持ち帰っていきました。
IMG_5602.jpg
積み込む時に忘れたということですが、“なまもの”には厳しい気温でしょうね。涼しいところからきた人にも
-----------
 今日は、一転して25℃になるかならないかです。落差が激し~い


八丁味噌おでん
 同居人不在のため、この機を狙って激怒しそうなたべものをいただきます。
IMG_5597.jpg
八丁味噌のおでんです(浜乙女製、「瀬戸しなの道の駅」で購入)。(激怒しそうな理由:甘辛味噌、豚もつどて煮入り)

箱の割に中身が少ない!?・・・食べてみたら適量でした。箱がデカすぎる(こっちには、激怒しないと思う)

 味については、甘みがかなり勝った分り易い甘辛で、塩分と八丁味噌の香りが抑えられているので、他府県の方にもなんとか食べられるのでは
-----------
 ちなみに、NHKの連ドラ「純情きらり(2006年)」では、岡崎八丁味噌の桶に、桜子役の宮崎あおいさんが、落っこちてましたね。ドラマは、あまり見てませんが、高蔵寺―岡崎間を走る愛知環状鉄道には、暗い顔をした宮崎あおいさんのポスターが、長い間貼ってありました。(当時、私の精神状態も暗かったので、すごく印象に残っています)



演劇「さんしょう太夫」前進座

 一昨日、2ヶ月前から予約してあったお芝居を観てきました。(同居人は、昨日、行きました)
ポアロ(アメリカンコッカースパニエル)の死が、二三日ずれていたら観る気がしなかったかもしれません。

 前進座の「さんしょう太夫」です。

 名古屋演劇鑑賞会主催の公演ですが、放射線治療と術後の様子見のため、昨年9月のミュージカル「天切り松*1」を最後に鑑賞会を退会していましたので、10ヶ月ぶりの再入会による観劇です。(*1:203話、2011/9/13、カテゴリ「落語、映画、演劇」)

 同居人が案内=解説を書いていることもあり、強くすすめられました。(どんだけ怖い)
IMG_5596-001.jpg

 暑いなか、会場の名古屋市金山の市民会館に半分目を回しながら、フラフラとたどり着きました。
-------------------------
あらすじ
 古くから知られた話なので、あらすじはご存知な方が多いと思いますが、森鴎外の小説「山椒大夫」ではなく、古くからある説経節をベースにしています。

 岩城判官正氏の子である“あんじゅ”と“づし王”は、京へ向かう途中、母とともに人さらいにさらわれ、母と姉弟、別々に人身売買されます。

 姉弟は丹後の「さんしょう太夫」に買われ、奴婢(奴隷)としてこき使われ、虐待されます。
一時は、死のうと思ったのですが、奴婢仲間や村人、さんしょう太夫の息子のひとりにこっそり助けられ、命をつなぎます。

 そして、あんじゅは、機を見て、づし王に京へ向けての逃走を促します。
づし王は、国分寺の聖と、お守りの地蔵菩薩の助け(発光して追手の目を見えなくする;レーザービームか)により京にたどり着くのですが、残ったあんじゅは、責め殺されてしまいます。

 京に着いたづし王は、奥州五十四郡と丹後五郡の国司になります。(ちょっと唐突ですが)

 国司となったづし王は、さんしょう太夫をのこぎりびきの刑(竹製ののこぎりで首を落とす)にする。
また、助けてくれていた奴婢を姉に、さんしょう太夫の息子のひとりを代官に取り立てます。

 さらに、佐渡に渡り、盲目の鳥追い女となった母を発見、お守りの地蔵菩薩の力で母の目を治すという物語りです。
-----------
感想
演出がすごい)香川良成氏の演出ですが、指の一本一本まで様式化された、能狂言のような動きと、ササラや太鼓、銅鑼などの古典和楽器の音色、説経節(うた)が一体となって、(歌詞はあまり聴き取れませんが)心情が伝わってきます。

 とくに、最初と最後のシーンで、説教の文字が、出演者を含め、舞台全体を覆ったのを見たのは、新しい視覚体験でした。
おそらく、プロジェクターで舞台に向けて、文字を照射しているのだと思います。出演者がグレイの布をかぶったのは分かりましたが、建物のセットなんかは、どうしているのかわかりません。なにもしてないようなのに、文字が浮かんでいました。

 比較的前の方の席でしたが、人も建物も大道具も全て文字で埋め尽くされ、3Dで生じる書割効果も起きていました。不気味ではありますが、民衆の怨念が伝わってきます。

キャストに無理が)あんじゅを小林祥子さんがやっていて、ものすごくうまいんですが、さすがに少女には見えません。少女役をやり続けた女優さんも二三おられますが、花伝書にもあるように限界があると思います。

 よく知られた物語なのに、これまでピンとこなかった理由が、よくわかりました。今日的に見ると、かなり無理のある話です。理屈で理解するのではなく、念の世界で受け止める必要があります。まさに中世的です。島原の乱で、たたりや復活を恐れ、一揆側の死体を徹底的に破壊したのと同じ感覚が活きている物語ですね。

 インパクトが強かった  飲みたい気分です

326話 ・ポアロ(A.コッカースパニエル)との別れ - 2012.07.17 Tue

 アメリカン コッカースパニエルのポアロ(16.3歳、♂)は、昨朝、旅立ちました。

      P1050437.jpg
     <16日夕 北の空>

 心臓に持病がありましたが、最後は、ほとんど多臓器不全の状態だったと思います。
約1日半、時折苦しそうに足をバタつかせて、声を出したりしていましたが、やっと楽になりました。

 明日から入院することになっている(眼科手術)ポアロの大好きな叔母さんが、たまたま休みのとれた姉と一緒に、駆けつけてくれました。
 
 みんなで花を入れました。半分は、庭の花です。

IMG_5589.jpg

 瀬戸市の場合、人間の火葬場の裏に、動物の火葬場があります。(愛犬手帳と認め印が要ります)
IMG_5590.jpg

 17年前の名古屋市の場合(先代のα)、倉庫のような場所に、適当に置いていってくれと言われましたが、ここでは、線香を立ててお別れをする場所がありました。

 みんなで見送ることができてよかった。
     P1050430.jpg
    <帰りに寄った喫茶「ランプ」にて>姉と叔母

     さようなら
     img697.jpg
     さようなら

325話 ・老犬ポアロ(A.コッカースパニエル16.3歳)かなり厳しい - 2012.07.15 Sun

 アメリカンコッカースパニエルのポアロ(16.3歳)は、持病の慢性心不全の発作と思われる症状が、昨晩から続いています。

 咳き込みはないんですが、寝ながら「ハアハアハア」という激しい息が止まりません。
さらに、ときどき「キャインキャイン」と鳴きながら、苦しそうに足をばたつかせます。
IMG_5562.jpg


 身体をさすってやると、少し静かになります。
IMG_5568.jpg
ペット用のスポーツ飲料をなめると、すこし息がおさまります。

 でも、お菓子をひとくちふたくち食べただけで、何も食べられない状態です。

お医者さんが連休中のため、連絡がとれません。(点滴を打つぐらいでしょうけど)

 「ポアロ、がんばらなくてもいいから、ねんねしなさいね」「みんな見てるよ」


追伸) 夜、獣医さんと連絡がとれました。

 結局、加齢によるものだから、とくに手の施しようがないそうです。

 自分で食べられるものであれば、なんでもOK

 薬(強心剤、血管拡張剤、利尿剤、胃酸中和剤)は、同じようにやってよいが、利尿剤は、半減ないしゼロにしたほうが良いとのこと。


メモ)
「キュウキュウ」、「キャインキャイン」と言う時の時の対処法は、身体を起こしてやることです。一瞬でも立つことができると鳴き止みます。(大抵、排泄と連動しています)・・・寝たきり24時間で分かりました。

324話 ・梅雨 ・名古屋城 城主の脱出口 ・100円で遠近両用眼鏡 - 2012.07.13 Fri

梅雨

 昨日の夕方、梅雨の合間に散歩しました。
P1050374.jpg
<コンパクトデジカメにて>右上 山上の割れ目みたいな部分の右側が、尾張戸神社(古墳)です

 水野川は、しっかり増水していました。
P1050375.jpg
<東谷東橋>水量よりも水の色にビックリ 陶土の色です。以前、鯉がいたあたりです。

 今日も、天気予報とは異なり、局所的に強い雨が降りました。洗濯物がびしょぬれです



名古屋城・城主の脱出口

 前回は、本丸御殿の記事だけでしたが、名古屋城といえば、これですよね。
      IMG_5484.jpg
<天守と西南隅櫓>右側の西南隅櫓(重文)は、改修工事中です

IMG_5504.jpg
<天守、小天守と本丸御殿>手前左が、再建中の本丸御殿工事現場、左うしろが小天守(こちら経由で天守へ)

IMG_5514.jpg
<二の丸広場からの水平写真>左は、東南隅櫓(重文)

 近所だったので、ときどき学校から写生に来たのですが、お城を描かずに、お濠ばかり描いてました。
      IMG_5516.jpg
<お濠>

IMG_5519-002.jpg
<正門>Gショックをはめた門番
-----------
 ところで、やばくなった殿様が逃げ出す脱出口って、見たことがありますか。
名古屋城の場合、画面の右の立て札のあたりです。(二の丸庭園北西隅)
IMG_5509.jpg
 よく見えない・・・当然です
 埋門(うずみもん)というんですが、お庭からスコンと降りて、石垣の下へ出られるようになっていたようです。(ドラえもんの“どこでもドア”だ)

そこから西南にある御深井丸庭園経由で、大曽根→勝川→定光寺→木曽路(JR中央線だ)に逃げることになっていたそうですが、敵が迫っていたら絶対に無理でしょう。予行演習とかやったのかなぁ

 設計思想として、腹切り部屋がある城とは、対照的です。さすが徳川さん。しぶとい
-----------
 なお、アンケートに答えたら、こんな景品(メモ用紙)をいただきました。
IMG_5526-001.jpg IMG_5527.jpg
<左:表紙  右:中身>



100円で遠近両用眼鏡

 同居人が、100円ショップで細身の老眼鏡を買ってきて、使えないと言っていたので、使用中のメガネの上に掛けてみました。
こんな感じです。
IMG_5547.jpg
下にある近くのもの(印刷物など)を見るときは、老眼鏡経由、遠くを見るときは上のこれまでのレンズだけで見ますので、なんの支障もありません。100円で遠近両用になりました。

 極力、上下方向の幅の小さなレンズを探してくださいね。
-----------
それでは、よい週末を


追伸) 名古屋城は7月15日に、1959年の天守閣再建後の入場者が、延べ7000万人に達したということです。現状は、75%ぐらい外国人です。

323話 ・名駅前は標高1.8m ・水平写真の精度 ・本丸御殿の再建工事 - 2012.07.11 Wed

名古屋駅前の標高は、1.8m

 313話(6月20日)で紹介した国土地理院の標高計算システムによると、名古屋駅前~笹島は標高1.8mしかなく、しかも、近くには、中川運河(港と同じ水位)が来ているので、予想されている比較的低い3.8mの津波でも、浸水しそうです。

 桜通りで言うと、桜橋あたりから、地面が急に下がっていきます。
          IMG_5524.jpg
     <日銀交差点からすこし西の地点 水平写真 撮影地点の標高10m>遠くの車が、沈み込んでいく。

 名古屋駅の足元には広大な地下街があります。
地下街にいて大きな地震が来たら、地上3階以上に登ったほうがよさそうですね。



水平写真の精度

 前回のブログで書いたように、水平写真のための水準器の取り付け方を変えました。接着部分が剥がれていないか、目でチェックできるので、事故的な誤差は起きなくなります。(木片とカメラは、機械的に固着)
             P1050336.jpg
            <水準器(白い部分)の取り付け部分を、下から見る>

 前回と同じ高蔵寺の標高79m地点で、確認してみました。
     IMG_5474-001.jpg
 画像中心線が空を舞っていたのが、地上に降りてきました。遠方(約8km先)の丘の高さ(Max.116m)からみて、中心線の位置は妥当でしょう。



名古屋城本丸御殿の再建工事現場を見学

 名古屋城本丸御殿は、空襲で焼けたのですが、障壁画が疎開してあったことと、モノクロではありますが、多数の写真が残っていること、戦前の学術調査が、かなり進んでいたということで、精度の高い復元ができると言われています。
 まあ、このご時世に税金を投入することには、疑問もありますが、かなりの寄付が集まったということと、お金で換算できない夢を実現するということで、ゆっくり進めればよいと思います。

 現場に入るには、ヘルメットを被ります。
IMG_5490.jpg
<南東方向から 水平写真 撮影場所の高さ 2.5階床くらい>表書院の屋根

IMG_5493.jpg
<北東方向から 水平写真 撮影場所の高さ 2.5階床くらい>手前が中之口部屋、奥が表書院

     IMG_5496.jpg
<中之口部屋屋根作業 水平写真ではない>

IMG_5497.jpg
<北(東端)から 水平写真 撮影場所の高さ 2.5階床くらい>右が表書院(こけら葺が見える)、左が中之口部屋

IMG_5498.jpg
<加工された部材が置いてある 加工場は別にある 水平写真ではない>

IMG_5501.jpg
<北(東端)から全体を見る 水平写真 撮影場所の高さ 2.5階床くらい>完成時には、この3倍くらいの建坪になる(3100㎡)。玄関だけでも、ブログ管理人の家全体よりも大きそうだ

 基本構造は、思ったよりも工事が進んでいました。来年中にも一部公開ということです。

 坪単価は、分かりませんが、寄付5万円以上で、御殿の芳名板に住所、氏名を書いていただけるそうです。そういうのが好きな方は、チャンスですよ(永代供養みたいなもんかな)

322話 ・レインリリー ・水平写真の精度向上 ・今日のポアロみたいな - 2012.07.09 Mon

 庭に可憐な花が咲いているなと思ったら、レインリリーという花だそうです。
     IMG_5460.jpg

 ムクゲも「白、はいりました~」 葉っぱが、しなを作ってます これで2色(ピンク、白、あと2色)
     IMG_5457.jpg

 町内の草刈りが済むと、季節がひとつ切り替わっていきます。



水平写真の精度向上策

 春日井市は、「Dr.スランプ・アラレちゃん」の生まれたところですが、「クレヨンしんちゃん」の春日部市と、名称が似ているのが面白いところです(たぶん、同感という人はいないでしょうけど)。

 その春日井市の高蔵寺地域は、坂の多い住宅地です。下記の写真は、標高79m地点から写した水平写真ですが、急坂であることが分かると思います。ただ、写真の上下中心が、空になっています。マチュピチュと違い、さほど、高いところではないので、写真が変です。
     IMG_5430.jpg

 従来は、アクセサリーシュー(写真左 金属部分)に、直接、比較的厚地の両面テープを貼って(写真右)、水準器を載せていましたが、暑さのせいで、緩みがちのようです。
P1050293-001.jpg P1050295.jpg

そこで、木片を削ってアクセサリーシューにはめられるようにして(写真左)、その上に薄地の両面テープで、水準器を貼り付けました(写真右)。しかし、前後方向の水平が狂っています。
P1050296.jpg P1050297.jpg

 そのため、テープの厚みで、水平を調整しました。
P1050301.jpg
その結果、このようになりました。

 レンズの高さ1200mmにセットして水平を合わせ、2m先に貼った「ナナミちゃん*1」シールの目(高さ1200mm)を狙うと、こんな写真が撮れました。誤差1mm以下です。*1:NHK-BSキャラクター、使用したのは目の大きさ2mm
     IMG_5466.jpg

テープの厚みでの調整では、まだ、心もとないので、さらに改善を続けます。



 今日のポアロ(アメリカンコッカースパニエル、16.3歳)みたいな話

 昨日は、昼の2時まで寝ていたのですが、今日は、朝8時半に起きてきて、朝食です。48時間周期の“昼日”です。
        IMG_5442.jpg
       「今日も元気だぜぇ ご飯がうまいぜぇ」

“昼日”は、おひさまが恋しいらしく、窓ぎわへ(網戸ごしです)
IMG_5464-001.jpg
「郵便屋さん ご苦労様・・・ムニャムニャ」

でも、食後はやっぱり眠い(画面の縞は、画素ではなく、網戸のメッシュです)
IMG_5465.jpg
「ムニャムニャ 豆腐かけごはんはうまいけど もう食べられまへん」パタン



 「スカイワードあさひ」標高131mからの望遠写真(水平写真ではない)をRead Moreに置きました。よろしければ

321話 ・スカイワードあさひからの水平写真 ・省力化 ・スリッパ中敷き - 2012.07.07 Sat

 明日は、町内の草刈りが午前7時からあるので、焦って書いてます。

“スカイワードあさひ”からの水平写真(尾張旭市城山公園)

 同居人の所用のため、旭前(尾張旭市)の近くへ送って行きましたので、用件が済むまで、久々に城山公園へ行ってみました。

城山公園は、1460年頃雅楽頭宗国によって築かれた城跡を核とする公園です。
小さなお城は作ってありますが、場所もかたちも、かなりテキトウな感じです。(かたちが年代と合わない)
IMG_5403.jpg
<水平写真ですが、トリミングしてあります>画面の左右両端の矢印が、撮影位置と同じ高さ

 本当の本丸の位置は、このあたりのようです。
IMG_5406.jpg
<姫がおられました>「にゃんか よ~かにゃ」水平写真ではない

“スカイワードあさひ”は、この公園内の標高76mの地点に建てられた、展望台と天体望遠鏡のある建物です。
展望台の標高は、131mということです。

 “スカイワードあさひ”については、高いところが好きな方が作成している下のHPをご覧ください。重要な点は、ふたつ 「無料」・「展望台にトイレがない」
スカイワードあさひ関連記事
-----------
本日(7/7)の展望台からの眺め 
いずれも、カメラの軸は水平ですが、画像はトリミングをしてあります。撮影地点の標高は、131m

IMG_5414.jpg
<東の方向>中央遠方が瀬戸市街、右奥が三郷(尾張旭市)

IMG_5415-001.jpg
<北東方向>森林公園の緑で覆われている

IMG_5416.jpg
<北方向>右少し奥に、滝の水池が少しだけ見える

IMG_5417.jpg
<西方向>遠方に名古屋駅周辺の超高層ビル群が見える

IMG_5420.jpg
<南西方向>遠くに東山タワー(東山公園;動植物園)が見える

IMG_5423.jpg
<南方向>手前に名鉄瀬戸線の整備工場が見える


ちょっとだけ省力化

 うす暗いところで、USBケーブルを挿すときコネクターの向きが分からなくて、イライラするときがあります。
そこで、ホワイトマーカーで、ポチンとマークを付けました。
これだけで、随分、やりやすくなりました。
IMG_5434.jpg


スリッパに中敷き

 表皮が、竹とメッシュのスリッパが、履き心地がイマイチ(硬い、チクチクする)だったので、要らなくなった靴用の中敷きを貼りました。中央部数センチを両面テープで貼っただけですが、全然ずれません。個人差があるかもしれませんが、気持ちいいので、お試しください。
IMG_5441.jpg

それでは、おやすみなさい    羊が

320話 ・山干川源流(瀬戸市曽野町) ・ポアロの冷感マット ・60円バナナ - 2012.07.05 Thu

 毎年、名前がすっと出てこないぐらい、イメージと名前が一致しない花・・・
IMG_5368-001.jpgIMG_5367-001.jpg
ムクゲです。
自宅の庭に、この花と、白、紫、赤(中心部)の4種類がありますが、こちらが最初に咲き、落ちた花が地面を覆い始めました。


山干川(水野川支流)の源流(瀬戸市曽野町)
 前回のブログで、侘び寂び系の窯元としていたのは、「麦山窯」で、じつは、「楽天」で人気No.3の陶器を提供している超メジャーな窯元でした。IMG_5354.jpg

 また、山干川は、のどかな小川のようにみえますが、土石流危険渓流に指定されていました。(写真の赤枠看板)
     IMG_5357-002.jpg

-----------
 そのあたりもふまえて、山干川(水野川支流)の源流を求めて、再度、曽野町を訪れました・・・というほどではない。車で10分の場所です。

 今回は、まず、曽野稲荷の駐車場からスタートです。
たいへん分かりにくい看板ですが、ここを曲り、すぐに右折します。
         IMG_5361-002.jpg
<水平写真 撮影地点の標高120m>

 道なりに進めば、
     IMG_5390.jpg
<水平写真 撮影地点の標高155m>

曽野稲荷の広い駐車場です。
IMG_5372.jpg
<水平写真 撮影地点の標高167m>
 お稲荷さん&となりのえびすさんにもお参り 商売でもやってたら繁盛まちがいなしでんな
IMG_5374.jpg
<水平写真 撮影地点の標高165m>

 曽根稲荷への道の途中に、池がありました。これが水源のひとつでしょう。
IMG_5387-001.jpg
<水平写真 撮影地点の標高153m>

 池に流れ込む水の音はよく聞こえるのですが、木々に隠れて見えません。
     IMG_5382.jpg
<水平写真 撮影地点の標高155m>

 道路脇の湧き水 こういった流れが、集まっていくんでしょうね
          IMG_5384.jpg
<撮影地点の標高 153m 水平写真ではない>

 すこし下ると、木々の間から流れが見えるようになりました。
          IMG_5393.jpg
<撮影地点の標高 128m 水平写真ではない>

 個人の敷地なのか、道路なのかわからないところを、ネズミのようにチョロチョロと進むと、川の見える場所がありました。
          IMG_5399-001.jpg
地図で読み取れる川の最上流部は、このあたりです。
<水平写真 撮影地点の標高 128m>

     IMG_5396.jpg
<撮影地点の標高 127m>

 よく見ると、こちらにも曽野稲荷の鳥居があります。
IMG_5400.jpg
<撮影地点の標高 128m水平写真ではない>

 神社の登り口正面の、たぶん、集落で唯一の自販機です。業務用車の方々で、商売繁盛です。
IMG_5402.jpg
<水平写真 撮影地点の標高124m>


ポアロの冷感マット

 あつくなりましたね~ 夏の省エネには、冷感マットです。
IMG_5297.jpg
「雲の上は、涼しいのう」「まだ、城にはつかぬか」「雲から落ちぬようにせねばな」

 これは、DIYのナフコという会社(本社:九州)が販売しているペットの冷感マットですが、深夜、覗いたらしっかり真上で寝ていました。(触るとひんやりしますが、何時間続くか?)

 もっとも、獣医さんは「うちで預かる場合、冷房して毛布を置いておきますよ」ということでした。
そりゃあそうでしょうけど、エネルギーが・・・


60円バナナ

 叩き売りでもなんでもなく、これ、60円で売ってました。東谷山フルーツパークの売店です。やや小さいんですが、4本です。味はまったく問題ありません。市価の半値以下では? 
          IMG_5369.jpg

319話 曽野町(瀬戸市)は、面白い(ミニ嵯峨野?) - 2012.07.03 Tue

 九州では、豪雨のため大きな被害が出たようですが、当地(尾張東部)は、いまのところ被害が出るほどではなかったようです。

 昨日は、雨を予感させるような空ではなく、ジリジリと照りつけ、夏を思わせる暑さでした。
そんな中、いつもと同じパターンで、同居人を私鉄の駅へ送っていったあと、曽野町(愛知県瀬戸市)へ行ってみました。

 曽野という地名は、曽根と同様に氾濫原を意味するようです。(備え(軍備)が訛ったという説もあるようですが、地形を見れば、氾濫原の方が納得できます)

 土地不案内のため、フラフラしましたが、ここでは、川を遡るかたちで紹介してみます。

 曽野町は山で囲まれていて、写真右端の道路(電柱のあるところ)が、町の入口になります。
IMG_5349.jpg
<水野川 曽野口のやや上流 写真は下流方向>水平写真 標高103m 道路では、工事が続いている
 このあたりで、川が110度ぐらい急に向きを変えます。

       IMG_5346.jpg
     <向きを変えた水野川 写真は上流方向>右側は、上の写真と同じ竹藪

 この屈曲点に支流の山干川が、流れ込みます。(防災から見たらムチャクチャ厳しい)(川の名前も、すごい)
       IMG_5352.jpg
    <山干川最下流部>

 山干川(水野川支流)には、やたら橋が架かっています。
      IMG_5342.jpg

IMG_5340.jpg
 さらには、豪邸専用の橋も  水平写真 標高106m
 マイ箸ならぬ、マイ橋か

 窯元が何軒かあります。ここは、侘び寂び系ですが、裏に、しっかりとした工房があります。(麦山窯)
IMG_5354.jpg

 陶芸家の家なのか、郊外志向の社長さんの家なのか分かりませんが、伝統的な豪邸が並んでいます。
IMG_5356.jpg
水平写真 標高110m 家の前が山干川(水野川支流)で、門と橋が一体化

 八王子神社と砂防ダムの関係がよく分かる場所がありました。
IMG_5333.jpg
<中央が八王子神社で、その右上が砂防ダムです>水平写真 標高112m

山干川をさらに遡ると、川幅が狭くなり
       IMG_5321.jpg
水平写真 標高115m

ほぼ、源流近くにたどり着きました。
           IMG_5323.jpg
水平写真 標高 122m

 まだ、位置関係が十分つかめていないので、次回、源流を目指すことにします。(熱中症になりそう)
この後、自販機で買ったスポーツ飲料の美味しかったこと(メーカーは、忘れました)

 このあたり、窯元と神社をうまく活用すれば、嵯峨野のミニ版ぐらいできそうです。
現状では、即売店が1箇所、陶芸喫茶が1軒で、店が少なすぎます。
もっとも、人影がほとんどありませんので、定光寺地域と連携してPRする必要があります。

その他の写真と地図をRead More

318話 ・かすみ草 ・原発 ・人魚 ・放射線 ・二脚 ・いい歯医者 - 2012.07.01 Sun

かすみ草

 直径数ミリの花です。雨の中、庭の片隅で咲きはじめました。
          IMG_5302.jpg


原発再稼働

 尾張東部にある我が家は、日曜の午後9時を過ぎて、やっと雨があがりました。
NHKニュースによりますと、ちょうど大飯3号原発が起動されるころです。議員さん達の付けたランキングでは、50基ある原発の中で、危ない順位26位だそうです。ちなみに、大飯1号の方は危険度トップということです。


波も人魚に(見方で変わる)

 たまたま、床に落ちた手ぬぐいです。
     IMG_5295.jpg
人魚に見えませんか? 
じつは、ただの波の図柄です。
見方によって違って見えますねぇ(フラダンスを踊っているように見えれば、レビー小体型痴呆症の心配がありますが)


放射線

 ブログ管理人は、放射線で癌を焼いてもらったのですが、原理的には、レントゲン、あるいは、CTの超強力(致死量)なやつということです。原子力の平和利用とは、直接は関係ありません

 日本で開発中の放射線治療装置では、焼くビームの径を、6Φから3Φと細くすることにより、より精密な治療ができるようにするそうです。ブログ管理人の場合は、癌細胞を狙い撃ちではなく、関係する器官2個をまるごと焼いたのであまり関係ありませんが・・・


二脚

 大昔に買ったカメラ用の三脚が、重いのと設置面積が大きすぎるので、一脚ならぬ二脚に改造しました。
     IMG_5309.jpg
     <これだけ切り取りました>脚:0.3kg,リフト軸(写真上):0.1kg

その結果、1.5kg→1.1kgの減量に成功しました(当たり前か)。
          IMG_5307.jpg
          <二脚です>脚は、もっと伸ばせます
なぜ二脚か?
 ・ 路上での撮影が多く、三脚は、設置面積が大きすぎて迷惑になる
 ・ 市販されている一脚は、私の体力?集中力では、安定させられない
 ・ 水平写真(カメラに水準器装着)を撮影するのに、二脚で左右方向を固定できるだけで随分楽になる


いい歯医者2013

 歯医者さんにインプラントを勧められているので、週間朝日MOOK Q&Aでわかる「いい歯医者」2013を」買って調べてみました。1kgもあるズッシリと重い本ですが、¥800です。(キロいくらというものでもないですが)
     IMG_5304.jpg
 裏話的な情報や、いいインプラント治療医の見分け方12カ条というのもあり、安心したり、ちょっとヤバイと感じたりということで、参考になりました。

 たとえば、「インプラント以外の方法もきちんと説明するか」とか、「やたら施術を急いでいないか」とか・・・
料金の例というか幅についても具体的に書いてありました。

 たぶん、医院一覧に載っていない医院には、絶対置かれないでしょうから、買っても損はないでしょう。
ただし、これだけ安いということは、広告費がかなり入っているので、そのあたりは気をつけたほうがいいでしょうね

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-