0612 257-001

2013-04

456話 根尾谷断層(1)剥き出しのホンマモン - 2013.04.29 Mon

 「根尾谷断層(岐阜県本巣市)」へ行きます。朱鷺と同様、国の特別天然記念物ということです。スゴイ!

 自宅から名古屋駅まではJR中央線で30分、名古屋駅から大垣までも同じ時間で到着しました。
そこからは、樽見鉄道です。1時間に1本あるかないかのローカル鉄道です。
樽見鉄道のHP

「薄墨桜」のころは混雑すると思って避けました。たぶん正解です。1両だけの車内には、サクラが終わっていても、20名程度の観光客と思われる乗客がおられました。

 車両は、レールバスと呼ばれていて、JRのディーゼル車よりも小ぶりのワンマンカーです。揺れ方が観光バスのようで、はじめ、とまどいました。
 「本巣」を過ぎると山が深くなってきて、運転手さんのモードも切り替わりました。橋を通るときには減速して景観の説明をしたり、地名の説明をしたり、まるで観光ガイドです。まあ、35kmを1時間で運行するのですから、余裕がありますけどね。

 で、1時間(家からは2時間半)かけて「水鳥(みどり)」に着きました。降りたのは私一人
IMG_8874.jpg
<走り去るハイモ295-516型>

 案内の矢印があり、それに添って歩き始めると、すぐに「地震断層観察館」が見えました。
IMG_8878.jpg
<地震断層観察館 ピラミッド型の建物>

その前に腹ごしらえ
IMG_8887.jpg
<「天狗そば」>観光地価格でした。味は素朴

IMG_8891.jpg
観察館へは、樽見線と並行した道を行きます。線路の向こうの八重桜は、まだみごろです。

IMG_8928.jpg
数分で観察館に着きました。出入り口は、円筒形の建物の方にあります。(近くの丘から撮影)(休館日:月曜(祝祭日の場合は翌日)、駐車場あり)

円筒形の地震資料館の中は、こんな感じで、小さな博物館のような構成です。地震体験館は、故障で休館中でした。
IMG_8905.jpg

IMG_8917.jpg
 この断層をつくった濃尾地震があったのは、1891年10月28日で、多くの外国からの支援や調査協力があったようです。上の写真は、イギリス王立地学協会によるものです。

-----------
ピラミッド型の建物が、断層を見る地下観察館です。
地層を掘削(トレンチ)して保存した実物の裸の断層を生で見られます。こんな施設は、世界で唯一だと聞いています。
IMG_8910.jpg
<北西方向>下の説明図と併せてご覧ください。石ころとか土の層へ、6mも岩の層(黒っぽい)が突き上がってきています。理論や再現模型ではなく、いまの地下の状態が目の前に見えているのです。ジェジェ!

IMG_8907.jpg
<北西方向の地層説明図>断層粘土というのは、断層面で岩が擦られて粘土になったものです。チャートは、プランクトンの遺骸の殻が集積してできる。てえことは、もとは海?

反対側の南東方向は、
IMG_8914.jpg
<南東方向>

IMG_8916.jpg
<南東方向の地層説明図>こちらの隆起していない側には、水田跡とか洪水跡とかいった地震前後の状況が、たくさん閉じ込められています。

 地表から見るとたんなる段差にしか見えない断層も、地下は大変なことになっているんですね。このあたりは土の層が薄いので、すご~く分かりやすいです。平野の沖積層が何百メートルもあるようなところでは、埋もれて分からなくなってしまうんでしょうね。

続く田畑に残る断層、水鳥駅周辺など)

455話 美白地層@上水野(瀬戸市) - 2013.04.27 Sat

 地層とか断層の記事が多くなりましたので、カテゴリーを追加しました。これまでの記事で、主に地層とか断層、地震に関するものは、そちらへ移しました。

 4月から朝カルで、そういった方面の講座を受講するつもりでしたが、人が集まらないということで、とりあえず開講延期になってしまいました。講座名にチョット難があるような気がします。以前、1回だけ開催された講演会と同じタイトルで、題して「地球科学の目で「日本列島」を見る、食べる、学ぶ」なんですが、食べるというのは??
-----------
 地層に感度が高くなっていると、ふと見た崖が気になってしょうがありません。
その崖は、道の駅「せと品野」の帰りに見つけました。

-----------
 瀬戸市民公園に車を置いて、上水野交差点に向かいます。
IMG_8830-001.jpg
<交通公園東口交差点西の歩道からの水平写真(仰角ゼロ)>(A地点)標高121m、右端矢印付近を目指す

img046.jpg
<略図 Aから*へ向かう>

IMG_8861.jpg
ちなみに、交通公園(B地点)からは、こんな感じ 標高125m(撮影時間が異なる) 結局、よくわからないので、だいたいの方角を目指して歩き出す。

(途中省略)

上水野交差点を右に曲り、水野川の支流を越えると、その崖が見えます。上端の標高97m
   IMG_8831.jpg
 真っ白な層の上に粘土層があり、その上にまた真っ白な層が重なっています。立ち入れないので、構図が制限されるのと、夕日なので少し印象が違って見えますが、肉眼で見ると白さが際立っています。
 真っ白な層は、近くに朝日珪砂鉱業の採石場があることからも、珪砂でしょう。ガラスや磁器の材料です。白い部分は、いかにも無機質な感じで、草も生えていません。


IMG_8832.jpg
石油タンクを置くために削られた人工的な崖だと思いますが(写真に写っているパイプは、その設備の一部)、垂直に近い崖が土留も無いのに、あまり崩れていません。砂といっても、かなり強固なんでしょうね。(自然の崖だったらスゴイ)

-----------
さて、「地層・断層・地震」カテゴリーとしては、阿寺断層に続き、根尾谷断層へ行く予定です(体調とお天気次第、早ければ明日にでも)。

454話 ・光ネットでテレビ - 2013.04.26 Fri

光ネットでテレビ
 地デジは、デジタルタワーが近いので、室内アンテナでも十分映りますが、衛星放送は、カラスとか、何らかの飛行物体のために時々画像が途切れたりします。そんな時、ネットで使っている「commufa光」から衛星放送も入る「光テレビ」の勧誘があったので、早速お願いしました。回線速度を1ギガにするのもまとめて、お得というキャンペーンということです。

 まず、テレビの工事が来ました。
IMG_8854.jpg
 各部屋につながった分配器と、光回線の来ている場所とは、廊下を挟んで12mほど離れているのですが、幸い上の写真のオレンジ色のパイプが天井裏でつながっているため、そこにテレビのケーブルを通せばよいのです。
IMG_8869-001.jpg
一番上が1階と2階をつなぐLAN端子、真ん中が外とつながっている光ケーブル、下がTVの信号を分配器に送るケーブル。
IMG_8864.jpg
1が新設の光テレビの機器です。光ケーブルをつないで、TVの信号に変えて分配器の方へ送ります。
2は、ネットの受け(モデム)です。ここから、3の光電話と4のルーター(有線と無線WiFi)につながりますが、これらは、まだ、これまでのままです。

結果)
 54dB以上必要な信号レベルが、地デジ71~73dB、衛星60~69dBなので、安定して受信出来ます。デジタルなので関係無いように思いますが、画質が良くなったように見えるのは、気のせいでしょうか。
 なお、料金は483円/月です。

453話 ・白鳥塚古墳横道路のネック部分解消か ・トヨタホーム10年点検 - 2013.04.23 Tue

 ローカルなニュースです。
名古屋市、春日井市方面から、東谷山フルーツパークや、愛知県立大学看護学部に向かわれる方に朗報です。
 白鳥塚古墳横の交通のネック部分が、解消されそうです。
今日、夕方通りかかったら、工事が始まっていました。

IMG_8852.jpg
 画面左、シートを被せてあるのが、解体中の建物です。(ドライブレコーダーの画像、449話(4月14日)とは、進行方向が逆です)

 449話で、一棟が解体されたことを紹介しましたが、これで二棟の幅だけ道が広がります。外構も撤去する必要があるので、多少、日にちがかかるかもしれませんが、しばらくの辛抱です。
 移転していただいた家族に、感謝しましょう。(ブログ管理人も、小学生のころ、地下鉄工事による立ち退きの経験あり 人生変わる)

その先は、歩道のある走りやすい道路が、完成しています。

IMG_8769-001.jpg
<449話の写真を再掲 県大前から白鳥塚古墳方向 ドライブレコーダーの画像>


トヨタホームの10年点検
 名古屋城の近くから陶磁器の街へ転居して、10年経ちました。
その間に、万博(愛・地球博)があり、母の永眠、義弟の急死、ポアロ(A.コッカースパニエル)の死、自身のガン(中期)発覚と治療、他、色々ありました。

 そんな年月を経て、建物も傷み始めるのでしょうね。メーカによる築10年目の点検です。
初期点検はありましたが、保証期間が30年なので、長いスパンでの1回目の点検ということになります。

 土台、外壁、屋根の外観点検を終え、次は部屋に入っての点検です。

IMG_8835-001.jpg  IMG_8843-001.jpg
床下収納の食品を外へ出して

IMG_8838-001.jpg  IMG_8841-001.jpg
箱だけにすると(写真左)、簡単に外れました。これで、床下が観察できます(写真右)。業者さんは、中に潜り込んで見ておられました。

2階の屋根裏も、
IMG_8845.jpg  IMG_8846.jpg
脚立に上り、点検口(写真左)をひょいと持ち上げれば、観察できます(写真右)。

ベランダでは、雨樋と排水口、床面防水処理の点検です。
IMG_8848.jpg

 1週間後には、写真入りの診断書がいただけます。

なお、3.11の経験を活かし、土台の補強を、後日、無料でやっていただけるとのことです。


 土台の四隅に繊維混入の強化塗料を塗るということですが、イメージ的には、こんなことかな
IMG_8853.jpg

ベランダの防水処理が、かなり傷んでいるようなので、改修が必要になりそうです。改修後、保証期間が5年延長されます。補修にお金をかけて、100年住むのが、これからのいきかたでしょう(ナンチャッテ)

452話 ・「日本列島地震の2000年史」 ・KBS京都ラジオで「っボイノリオ」 - 2013.04.21 Sun

日本列島地震の2000年史
 3.11の震災以降、色々な立場の人が、原点に立ち返って現状を見直し、問題提起するという作業が続けられています。
「日本列島地震の2000年史」は、歴史学者17人によるそういった見直し作業をまとめた、いわゆる歴史の本とは違った趣旨のものとなっています。
監修:保立道久、成田龍一、発行者:中村正史、発行所:朝日新聞出版、発行:2013年2月28日

IMG_8828-001.jpg
 座談会の章から始まります。
・被害を受けなかった東北電力女川原発と、最悪の事態に至った東京電力福島第一原発の違いは、貞観地震の伝承を活かしたかどうかだ。そして、歴史学者は無力だった


・関東大震災を予測して発表した今村明恒を、上司の大森房吉がいさめたが、その後、実際に震災が起きてしまったことは有名だ。今村が言っていた地震の周期性については、歴史学者が協力できる部分なのに、いまだに、地震学者と歴史学者は没交渉で、役に立たなかったのが実態です。

・3.11については、行政によるデータ保全が不十分なので、NPOに期待しているが(アーカイブ化)、限界がある。(すべての歴史資料を資料保全ネットワークへ)

・「安全神話」というのは、とんでもない。敗戦のときの「一億総懺悔」と同じだ。「安全宣伝」とでもすべきだ。
-----------
・ミレニアム津波については、アイヌの伝承がある。
・昔の人の思い「子孫が災害を被らないよう」が、多くの石碑に残されている。しかし、忘れられたものも多い。
・遺跡に液状化の跡が残っている。
・昔の人は、震災(津波)に遭った場所を避けて移住することで、進化論的に安全な地にたどり着いていた。いまは、その知恵を無視している。
-----------
・被害だけでなく、どう救済したかも重要な歴史であり、学ぶべきところが多い。
・濃尾地震が、災害救済の転換点

・地震と噴火の連動・連鎖の記録が残る地震活動期が存在する。
-----------
ほか、歴史に残る地震・津波・噴火の記録の実例や、震災と神話の結びつき、文明の高度化がもたらす複合的な災害などに言及

IMG_8829.jpg(画像クリックで拡大可能)

読後感)歴史学者の責任ついては、私は無いと思います。貞観地震について東京電力は知っていても、結局、何も対策しなかったのではないでしょうか。

 地震が突然起きるものでないことは、だれもが知る時代になりました。エネルギーが蓄積され、限界を越えると放出されるという現象である以上、歴史に刻まれているはずです。ある程度の資料が集まれば、マグニチュードの推定も、地震学者と協力することで精度よく可能となります。

 色々な分野に関連する現象なので、理系と文系の知をコラボさせて、早急に、有用な知恵にまとめて欲しいと思いました。すでに地震活動期に入っているので



KBS京都ラジオで「っボイノリオ」

 土曜日に買い物に行くとき、ラジオをKBS京都ラジオにしていました。
IMG_8826.jpg
愛知県の尾張東地域ですが、標高が高いためかKBS京都を受信可能です。

で、帰りの時間5時頃だったと思いますが、っボイノリオさんの声が聞こえてきました。
「っボからボイン」という番組です。うんちく話あり、エッチ話ありのしょうもない内容はCBCの大人気番組と同じですが、相方の局アナ“小高直子”がいないので、ひとりで喋り倒しです。

IMG_8817.jpg
<東谷橋>

っボイファンのかたは、東谷橋の上でお聞きになることをおすすめします。NHKと変わらない明瞭度で聞けますよ。

京都の方向である西に、障害物がないことが良いんでしょうか。
IMG_8804.jpg
<東谷橋から西の方を望む>

はたまた、東谷山が反射器になっているんでしょうか。ガンガン入ります。
IMG_8812.jpg
<東谷山と庄内川、愛知用水水道橋>


おまけ)
サンタ(M.シュナウザー)の
P1060577.jpg

初めての古墳巡り
IMG_8823.jpg
<大塚古墳 帆立貝式>サンタは、この後、妙に大人しくなった。

案内板:
IMG_8820.jpg

451話 ・人形供養に上野天満宮 ・清明神社(名古屋) ・他  - 2013.04.18 Thu

 亡母の持ち物を処分中ですが、そばに置いていた人形の一部は、ゴミとして出すのに抵抗があるので、人形供養に出すことにしました。
IMG_8794.jpg
<ゴミとしては捨て難い人形達>姉の作品もある

 名古屋市千種区の上野天満宮が、受け付けているということなので、上の写真の16体を袋に詰めて持っていきます。(うつむいている人形もありますので、よく数えてみてください)

IMG_8800.jpg
<上野天満宮本殿> 「合格お礼」と書かれたお賽銭袋があった

IMG_8801.jpg
<社務所 人形供養受付>

供養のお礼は、1袋¥2000でした。

-----------
 ついでといっては申し訳ないのですが、すぐそばの名古屋清明神社へ
御札が賞味期限切れなので、更新に

IMG_8797.jpg
<左が清明神社>あたり一帯の地名が「清明山」ですが、神社自体は、往時よりも随分小さくなっているようです。
なお、社務所は火木土日・祭、16時まで

   IMG_8795.jpg
   <すぐ横は、断層っぽい急坂地形>

 そういえば、このあたり段丘のような地形が目につきます。
ざっくりと地形の断面を描いてみました。(国土地理院のデータ使用)

     img045.jpg
     <宮前橋~田代本通り方面の地形断面>
上野天満宮と清明神社は、明らかに矢田川の河岸段丘の上にありますが、さらにもう一段、急な坂があります。(河岸段丘:川の土砂が堆積して平坦になった地面が隆起してできる)
IMG_8803.jpg
<水平写真(仰角もゼロ) 天満通りから姫池方向を望む>画面奥の方 2段目の急坂
2段目の方は、周りがフラットになっていないので、河岸段丘ではないようですが・・・
大地というのは、グニャグニャですね。



おまけ)1. 復活したハナミズキ
 幹に穴が開いて花がチラホラしか咲かなかった我が家のシンボルツリーのハナミズキに、ことしはイッパイ花がつきました。
IMG_8783-001.jpg

2. サンタの進化
IMG_8787.jpg
散歩に行くようになってから、トイレの失敗が無くなりましたよん。エヘン(ヤッパ、ニクソンに似ている)



450話 ・ウォーキングで頻尿の理由 ・3000円台でこだわりのSONYラジオ - 2013.04.16 Tue

 ガン治療のため、2011年11月-12月に35回にわたり、トモセラピーによる強度変調放射線治療を受けました。
 その後、はじめ2ヶ月毎、最近は3ヶ月毎に経過観察ということで、治療いただいた病院を訪れています。


 で、いや~、今回は速かった。なぜか、予約時間直後には診察を終えていました。ジェジェ
他の患者もおられたのに、簡単なので優先していただいたのかな。

IMG_0202.jpg
<病院会計 自動支払機が標準>

 簡単というのは、毎回、地元の病院で行った検体検査結果を提示しているんですが、53項目すべて適正値内に収まっていて、普通のおじさんたちよりも良いぐらいなので、あまり話がないのです。
-----------
 それでも今回は、頻尿の理由が分かるという収穫がありました。
状況としては、ウォーキングの途中で尿意を感じて、公衆トイレをしばしば探さなければならないといったところです。夜間とか、昼間じっとしているときは、問題ありません。


 先生が言われるには、血行が良くなり、腎臓を流れる血流が増えるので、尿が増加するということです。いっそ、汗が出るほどの運動であれば、そちらで出てしまうので問題ないのですが。
(もしかしたら、NHKの「あるある」で類似の話を聞いたかもしれません。脱水症がらみの番組で、塩分をとるの取らないのっていう)。


薬が無いわけではないが、副作用があるので、勧めないということでした。(旅先以外では、トイレ勘が鋭くなっているので大丈夫です)



3000円台でここまでやるかといったSONYのラジオ

 地震が頻発しているので、携帯ラジオを追加購入しました。
とくに事前調査もなく、安い方から3番目のラジオを選んだんですが、これが結構、こだわり系のSONY製品でした。
値段は、3000円台後半です(ヤマダ電機)。

IMG_8757.jpg
<購入した携帯ラジオ 手のひらサイズ>SONY SRF-18型 (電池は、大きさ比較用)(単三2個使用)
 一応、スピーカが2個付いてます。


 小さいので、おでこに載せて聴いてみたら、広がりがあってなかなかイケます。ただし、屋外では変な人に見えるので、できません。(写真不採用)

IMG_8759.jpg  IMG_8760.jpg
本体の横を、よく見たら、音声出力とか、音声入力とかが付いています。
そこで、音声出力をパソコン用のパワードスピーカ(1万円弱)につないで聴いてみました。(付属のケーブルではなくJVCのチョット良いものを使用)

IMG_8764.jpg
これが、馬鹿に出来ません。
とくに近接聴取(1m以内)では、期待以上に楽しめます。
音場が単純なこともあって、くせがなく生々しい。
なお、イヤホン出力をつなげば同じかというと、音声出力の方が、
・電池が長持ち
・ON-OFF時のノイズがほとんどない
・帯域、歪など、音質が優れる
・信号レベルが大きい
などの優れた点があります。端子を2個増やすのって、3000円台のラジオにとって、コスト面では苦しいと思います。企画の人、頑張りましたねぇ。製造は、中国ですけど

449話 ・白鳥塚横の道路ネック部に変化 ・コーヒーも水だ ・サンタは熊本 - 2013.04.14 Sun

白鳥塚古墳横の道路工事 ネック部分に変化が

 名古屋市の北東端のローカルな情報です。
 東谷山フルーツパークから東谷橋に向かう道路は、かなり工事が進み、県大看護学部から白鳥塚古墳までは、ほぼ、出来上がっています。

IMG_8769-001.jpg
<ほぼ完成した白鳥塚古墳付近の道路> 左の林が白鳥塚古墳の円墳部 (ドライブレコーダーの画像)

ところが、一部狭くなっている場所が残っていて、交通のネックとなっています。
IMG_8773-001.jpg
<ネックになっている場所>渋滞が起きている。歩行者(県大生、東谷山フルーツパークの客)もここを通る。(ドライブレコーダーの画像)

でも、よく見ると、右車線側に並んでいた家の右側が無くなっています。
IMG_8772-001.jpg
<今日(4/14)の状況>(ドライブレコーダーの画像)
家屋解体用の重機(赤色)と瓦礫運搬車(白色)が、右側で作業を続けています。
残っている家の方に、丁度、人が入っていくところが見えましたが、今後、どうなるのでしょうか。



本格コーヒーも水しだい

 同居人の友人のブログ・ホームページの管理人が、サンタ(M.シュナウザー)を見に来訪されるということで、せめて最安値のコーヒーは止めて、上質なものをお出ししようということで、サンタの散歩圏内の専門店SAKURAさんで、コーヒー豆を買ってきました。

来訪者のブログ・ホームページ(クリックで開きます)
「田舎暮らしへの助走-週末田舎暮らし」

IMG_8751.jpg
<SAKURAの「サクラブレンド」>

SAKURAのホームページ(クリックで開きます)
Coffee SAKURA

 当日は、まあまあの味だったようですが、今日淹れたらイマイチでした。
何が違うかというと、水です。
当日は、ペットボトルの水(キリンのアルカリイオン水)を使いましたが、今日は水道水です。
お茶の場合も同じですが、我が家の水道水は、どうもせっかくの豆や茶葉の良さを引き出せないようです。


 同居人の実家(木曽川の近く)、義母の実家(岐阜の山の中)で飲むインスタントコーヒーの美味さにはビックリですから


サンタは熊本出身だった

 M.シュナウザー「サンタ」の血統書が届きました。
P1060557.jpg
<散髪前>ワイルド サンタ

P1060573.jpg
<散髪直後>リボンは、すぐに取った

IMG_8776.jpg
<血統書>
 血統など血糖に比べ、全くどうでもいいのですが、ブリーダーが熊本市の方だということが分かりました。
愛知県は、熊本とは、加藤清正つながりで親近感があります。元の名前のACHAZというのは、ギリシャっぽい名前かもしれませんが、当地の赤津焼(陶器)を思わせます。

 まあ、なんかの縁があってやってきたんでしょうね。サンタ

448話 ・DIYダイエット ・遠赤ヒーターのリコール - 2013.04.12 Fri

 4月になってから、やたらしんどかったり、眠かったりで、風呂あがりに体重計に乗ったら、普段よりも1kg以上増えていました。ジェジェ!(NHK朝ドラより)
          img041-001.jpg
          <体重と体脂肪率の推移>

 間食を摂らないように気をつけていたのですが、体重は、なかなか減りません。
増えるといったら、脂肪か、うん◯か、腫瘍ぐらいしか思いあたりません。(ちなみに、ほとんど肉は食べません(好きだけど))


 ところが、急に体脂肪率の方は下りました。
後から考えると、机の寸法を縮めるDIY作業の後です。800g位は、筋肉になったのでしょうか。
身体を鍛えながら、物が出来上がっていくとしたら、一挙両得です。名付けてDIYダイエット



遠赤ヒーターのリコール
 腰痛のときに、腰を炙ると楽になるので愛用していた遠赤外線ヒーターが、新聞の折込広告に載っていました。リコールです。煙や火が出たりするんだそうです。ジェジェ!

IMG_8750.jpg  IMG_8749.jpg(クリックすると拡大出来ます)
デンソー製の10FA型 品番479000-2170というものですが、他にも対象機種が多いので、心当たりのある方は、確認されることをおすすめします。
          IMG_8743.jpg
          <引渡し直前の遠赤ヒーター>
機種を書いておきますと、
7FX型、12F・12FD型、10FA型、10FC型、ERF121型、DZR-08FR型、DZR-10FR型、ND-08FR型、ND-10FR型の一部です。


デンソーのホームページデンソー

GACのホームページGAC

該当品は、回収になります。引渡し代金として、現金で2万円渡されました。
IMG_8752.jpg
メーカー側としても、大変なことですね。設計ではなく、製造上の問題のようです。
 そういえば、空気清浄機でも、リコールで部品を無償交換したことがあります。こちらは、送られてきた部品をこちらで交換するというものでした。
          IMG_8754.jpg
          <部品を交換した空気清浄機>

 デンソーさんは、民生用の遠赤ヒーターの製造をやめているので、安上がりな対応ができないんでしょうね。



447話 大広見池の堰堤復旧工事 その後 - 2013.04.10 Wed

 車で、東谷山フルーツパークから森林公園(愛知)交差点に抜ける細い道を走っていたら、2011年9月の豪雨のあと造られていた大広見池の仮堰堤が、無くなっていました。

これは、堰堤の復旧を諦めて別の手段に変えたのかと思い、後日、見に行きました。

別の手段として考えられるのは、
1. 堰堤を無くして、雨水をそのまま流す
2. 池を掘削して水面を下げ、堰堤を低くする(地下タンク的な発想)


 堰堤をなくした場合、大広見池の場所に集まった濁流が、この小さな橋と道路を押し流してしまう可能性があります。
IMG_8716.jpg
<堰堤決壊の跡が残る橋>2013年4月の状況

また、濁流は橋を経て、大村池に注ぎ込むので、さらに下流にある蝮池、筧池の氾濫を誘発します。実際、そういう現象が、2年前に発生したのです。

IMG_8714.jpg
<大広見池の水流が大村池へ流入する地点>

IMG_8718-001.jpg
<仮堰堤が消えている(ブルーシートの手前>左下、黒いパイプから水が流れ出ている

-----------
工事現場に近づきます。夕方で、すでに工事は終わっていました。

IMG_8725-001.jpg
いやー、見えました。モノリスのような巨大な人工物が(中央下)。
造っているんですね。恐ろしく立派なものを


周りを見渡すと、少し水の溜まったところも見えます。以前、池のあったエリアです。
IMG_8726.jpg

IMG_8727.jpg
堤ができていて、大きな黒い排水管が繋がれています。

ここで、やっと工事の状況が見えてきました。
img039-001.jpg
現在は、上の概念的な断面図のように、仮の堤で水をせき止めて、仮の排水路(パイプ)で余分な水をバイパスして流している状況です。本物の堰堤は、水のないところでしっかりと造っているということです。(たぶん)

そして、6月末には完成して、
img040-001.jpg
梅雨を受け止めてくれるのでしょうね。生き物も

堰堤の造り方は、はじめて見るやり方(銀色の多孔板を組み上げる)なので、誇張でなく未來を見たような気がしました。
(なぜか子供のころから、工事を見るのが大好きです)


おまけの写真をRead Moreに
(大村池夕景、NHKグランド、同隣接地物件?)

446話 ・サンタ(M.シュナウザー)の初タッチダウン ・机を縮めた(2)  - 2013.04.08 Mon

 ワクチン接種から1週間 やっとサンタ(M.シュナウザー、4ヶ月)も、外での散歩ができるようになりました。

最初の一歩は、庭の中で
     IMG_8695.jpg
<おお、外界は、おもちゃで満ち溢れておる>

IMG_8696.jpg
<これだけ枯れ葉があれば、当分、不自由しないぞ>

 家から出た途端、枯れ葉がない道路なので、ビビりまくって大変 近所の「レックス君(黒ラブ)」が、「変なやっちゃ」という顔をしてしげしげと眺めていました。
 というわけで、私は写真も撮れなかったので、同居人のブログ「空飛ぶじゅうたん・多次元滑空」を見てください。(リンクしてあります)

 それでも、帰ってきたサンタは、急に成長したように感じました。



机を縮めた(2)
 前回、半分ほど切断したところで終わりましたが、その続編です。

全部の切断を終えました。
          IMG_8685.jpg

     IMG_8690.jpg
<くっ付ける前の状態です>

     IMG_8694.jpg
<切断した部材を、木工用ボンドと木ねじ(5☓40)で、裏側から切断箇所を塞ぐようはり付けます>

IMG_8705.jpg
<短縮した机の完成>いわばオーダーメイドなので、隙間にスッポリと収まる。(左端はコンセントのスペース)
物を載せなければ、完璧ですが・・・なにせ、活断層(截断面・継ぎ目)があるので不安

          IMG_8692.jpg
<電動ドライバー用の木ねじを手動ドライバー締めたら、手がコンナンになりました>トホホ

IMG_8712.jpg
<この程度の物だったら、大丈夫>

なかなか落ちつく机です。

445話 ・グレイとシーベルト ・水平写真の一考察(修正) ・机を縮寸 - 2013.04.05 Fri

グレイとシーベルト
 朝日新聞3月30日(土)の「今さら聞けない」という欄に(放射線被曝の)「等価線量と実効線量」というテーマが取り上げられていました。

ブログ管理人は、局所的に致死量の放射線を浴びているので、気になります。

 このコーナーは、すでに常識になっていて今さら聞けない情報を扱っているんですが、今って、等価線量とか実効線量って誰でも分かるんでしょうか。


 突っ込みをいれたいところもありましたが、比較的分かりやすく解説してありました。

この図が、キモですが、説明がないと分かりません。
     img038.jpg
<線量の種類の説明図>朝日新聞

自分の放射線治療について計算してみます。

治療期間中(2ヶ月弱、35回)の吸収線量は74.8グレイです。

放射線の種類は、エックス線なので、吸収係数は1
したがって、等価線量は、74.8シーベルトになります。


被曝部位は、図に無いんですが、ネット上の資料で見ると、影響の受けやすさ係数は0.08のようです。
したがって、実効線量は、5.98シーベルトということになります。


よく使われるミリシーベルトでいえば、等価線量74800ミリシーベルト、実効線量5980ミリシーベルトということになります。

 この記事では許容値については何も言っていませんが、よく聞くのは、100ミリシーベルトがどうとか、200ミリシーベルトがどうとかいうオーダーなので、被曝量としては、とんでもない数値ということになります。
しかし、治療対象以外の部位には放射線があたらないようピンポイント制御した装置であることと、鉛板を腹にのせて治療していたので、大丈夫です。たぶん



水平写真の一考察
 水平写真というのをかなり撮影してきました。左右方向を水準器で水平に保つだけでなく、仰角も水平というのがミソです。

 某誌に、カメラを水平に保つと、水面を含む画像が不自然になるとの指摘がありましたが、どうでしょうか。
IMG_8607.jpg
<こちらが水平写真 東谷山フルーツパーク石拾い池>右奥が遠くなっているので、岸辺が斜めになっている。

IMG_8608.jpg
<気にしないで写した場合>無意識に岸辺が水平になるように写している。バランスは良い。

 どちらが良いかは、微妙ですね。私の場合は、地形を記録したいので水平写真でないと困るのですが、一般的には、中途半端に水平を崩すよりも、思い切って斜めに撮影したほうが面白いでしょうね。


机を縮寸
 リサイクルショップで買って、同居人の作業台にしていた机が、邪魔になってきたということで、サイズを縮めてブログ管理人が使うことにしました。
IMG_8675.jpg
<検討中>縦0.8m横幅1.5m  横幅を0.2m縮めないと置けない

IMG_8678.jpg
<白線のように切る>V型に切るのは、曲げに強くするため

IMG_8681-001.jpg
<工事中>じつは、これですでに半分は切断済みです。
電気ジグソーで切るつもりでしたが、木が堅く、振動が大きいので、電気ドリルで孔を開け、回し挽き鋸で広げ、最後に鋸で切る手段をとります。忍者が天井に孔をあけるのと同じ方法です。
土日で、残りの切断と、接合をする予定です。

444話 ・サンタ(M.シュナウザー)のワクチン接種 ・技術者のこだわり? - 2013.04.03 Wed

 サンタ(M.シュナウザー、4ヶ月)は、3回目のワクチン接種を済ませてきました。

 我が家から車で10分程度の定光寺で「カニコーラ型の犬レプトスピラ病」に感染したワンちゃんがいるということで、9種混合ワクチンを接種することになりました。なお、感染したワンちゃんは、亡くなったそうです。

 強いワクチンなので、アレルギー症状が現れる場合があるそうです。
それを見分けるには、「顔が腫れてきたか」をチェックする必要があるということですが、この顔で変化を見分けることは、至難の業ですよね。

       IMG_8667.jpg
<甘え顔>

       P1060554.jpg
<悪乗り中>

 結局、半日ほどおとなしかったのですが、その後は元気すぎる日々を送っています。
-----------
 過剰な運動量のため、天使が棚から落ち、羽根が折れていました。(同居人の作品ではなく、ホームセンターで売っているものです)

     IMG_8670.jpg
   <羽根のとれた天使>

IMG_8672.jpg
   <とれた羽根>サンタがおもちゃに


Canon技術者のこだわり?
 18-55㎜・ズームレンズに、常用焦点距離として50㎜位置のマークを付けようと思い、目盛の位置関係を調べていたら、Canon技術者のこだわりのような事実を見つけて感動しました(関係者の間では、公知なんでしょうけど)。

やったこと
レンズの外周にポストイットを貼ります。

P1060543.jpg

目盛りのある位置にマークを付けます。
P1060544.jpg

ポストイットをはがして、展開し、物差しで、目盛の長さ関係を調べます。
P1060545.jpg

 目盛はリニアで、驚くべきことに焦点距離18㎜を18㎜のところに合わせると、24㎜、35㎜、55㎜もピッタリ一致します。比ではなく、絶対値でですよ。目盛をリニアにするだけでも大変と思いますが、絶対値を合わせてしまうという設計技術にイグノーベル賞でも贈りたいくらいです。(うれしいけど、必然性はあまりないと思いますよ。他のレンズは、ノンリニアですし)

443話 桜情報 東谷山フルーツパークと森林公園(愛知) - 2013.04.01 Mon

 ブログ管理人の近所の桜情報です(3月31日(日)~4月1日(月)時点)。

1.東谷山フルーツパーク
 説明するよりも、見ていただくほうがはやいのですが、今週末が限界かも
IMG_8591.jpg
<花の中を走る>

    IMG_8596.jpg
<丘を越えて>弁当を広げるのに最適な丘

IMG_8599.jpg
<丘からは一面の桜>

IMG_8603.jpg
<花より団子、焼き芋に長蛇の列>焼きたて、安い

IMG_8610.jpg
<石拾い池(神池)周りの桜>うしろが駐車場

2.森林公園(愛知)
こちらのほうは、ほぼ満開。できれば早めに
   IMG_8623.jpg
<つぼみもある>

IMG_8656.jpg
<春だ~>

   IMG_8651.jpg
<八重の桜も混じって、濃~い桜並木>

     IMG_8647-001.jpg
<だるまさんか?うしろはフレンチブル>

IMG_8632-001.jpg
<池から眺める 大道平池>貸しボート屋さんは、無店舗営業中

IMG_8624.jpg
なお、大道平池の南岸に、バーベキュー場がオープンします。
4月6日(土)からです。予約・問い合わせは 0561-53-1551ということで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (363)
歴史 (34)
思い出・出来事 (138)
その他(時の力) (191)
トモセラピー(癌治療)体験記 (67)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (22)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-