0612 257-001

2013-08

508話 ・水漏れ実験 ・キャラの位置づけ - 2013.08.31 Sat

 当地では、台風15号の影響が最小限に収まりそうなので、明日は、安心して母の7回忌ができそうです。(命日は、10日ですが、お寺さんの都合で、早めになりました)

 さて、前回のワンコの水飲み器具の記事を書いていて、中学のごろの実験を思い出しました。
IMG_9598.jpg
まず、水を入れた容器とお皿を用意します。(見やすいように、水に着色してあります)

IMG_9600.jpg
容器にお皿を被せて

IMG_9601.jpg
裏返します。

水は、流れ出しません。大気圧で抑えられているためです。


IMG_9605.jpg
爪楊枝で、少し隙間を開けてやると、水が流れ出しますが、すぐに止まります。
なかなか漏れるものではありません。
汚染水が漏れだしたタンクというのは、どうなっているんでしょうか。



キャラの位置づけ

 ものがたりのキャラクタだけ考える遊びをしていて、思いついたのですが、これまで、マンガやドラマで描かれてきた登場人物は、どんな位置づけになるんでしょうか。

 とくに「へうげもの」では、キャラの濃い人物が登場するので、考えやすいです(16服(巻)を買ったばかり)。
 軸としては、思いつきで、思考様式として「ひらめき型」と「統合型(既存の知識を集約する)」、行動様式として「孤高」と「調和(協調)」を考えました。そのあたりは、遊びということで・・・


 で、書いてみたのが、この図です。
位置づけ-003
あくまで、私が見たマンガやドラマで描かれた人物像から推定したものです。車や料理も入れてみました

NHKの朝ドラ「あまちゃん」の登場人物は、どんどん、変わっていくので、決めつけられませんが、琥珀のベンさんが統合型で調和タイプなのと、忠兵衛爺さんが、ひらめき型で孤高タイプに位置するのは、わかります。

皆さんは、どんな位置づけでしょうか?
まあ、そういう遊びです。それでは・・・

507話 ワンコの水飲み器具 - 2013.08.28 Wed

 病院へ行ったあとは、いつも体調不良です。マスクもしないで、至近距離でゲホゲホやる人がいるからでしょうか。何やら眼が落ち窪んでいくような気がします。

 話は変わり、一昨日の夜だったと思いますが、iPadで自分のブログを見たら、アクセスのカウンターが、こうなってました。丁度よりも、一個手前のほうが、ワクワクします。次の区切りは、44,444ですが、数カ月先になりそうですね。4は、中国では縁起の良い数字なので、嫌がらずに、ご来訪よろしくお願い申し上げます。ナンチャッテ
     P1060789.jpg
-----------
 さらに、話は変わりワンコの水飲み器具の話です。
はじめは、ペットショップ推奨のこんな器具を使っていました。

     IMG_9580.jpg
 先端(写真下部)を舌で押すと、水が出るしくみです。
製品のバラツキなのか、水の出が悪く、うちのワンコ(サンタ、M.シュナウザー)は、結局、お皿の水だけを飲むようになりました。ところが、お皿では、ひっくり返したり、ホコリが入ったりしてイマイチでした。


 そこで、こんな製品に変えました。
        IMG_9570.jpg
常時、お皿に一定の水が供給される器具です。

        IMG_9572.jpg
先端にバルブが付いているので、下向きでも水がこぼれません。

 それからしばらくして、こんな製品を見つけました。射出成形一発で作ってありますので、値段は忘れましたが、安価です。
      IMG_9577.jpg
バルブが付いていないので、水飲み部分を逆さにしてペットボトルを取り付ける必要があります。また、床に置く必要があるので、ホコリの点では不利です。ひっくり返すことは、ありませんが、百均のトレイに置いています。
これでも、水位は一定に保たれています。


 分かってみれば、原理は簡単です。
   img105.jpg
水面とペットボトルの口がくっついていると、大気圧とのバランスが取れていて、水は落ちてきません。落ちようとすると、極端に言えば、ボトル内の空気部分が真空に近づくので、水を吸い上げます。

   img106.jpg
 ワンコが水を飲むと、水面が下って隙間ができるので、空気がボトルの中に入り、ボトルの水を押し下げます。そして、水面がボトルの口に達すると、大気圧とのバランスが取れて、水が止まります。

 したがって、基本動作だけなら、バルブがなくてもOKです。特許がどうなっているか分かりませんが(あるいは、公知?)、色々、応用が効きそうなやりかたです。(ミステリーでの毒薬の入れ方とか。危なくて書けない)

506話 トモセラピーによる前立腺癌治療後のPSA値 - 2013.08.25 Sun

 最近、東海三県には、やたら竜巻注意情報が出ております。ビビリますねぇ。竜巻に遭遇するのは、人生で1回程度ということが気象の本に書いてありました。それなら私は、もう竜巻には遭わないはずですが、10回の人ひとりと、0回の9人の平均かもしれませんので、油断はできません。

 気象が不安定なせいで、尾張東部の我が家の周りは、かなり気温が下りましたが、その前は、「軽いフェーン現象」とかいって、異常な暑さでした。

「フェーン現象は、風に乗って山を上昇する湿った空気が、山の上で温度が下って雨を降らせ、山を越えるときには乾燥した空気になって、温度を上昇させながら降りてくる現象です。山に上がるときは0.5℃/100mの割合(湿潤温度減率)なのに、降りるときは1℃/100m(乾燥温度減率)となるので、両者の差(0.5℃/100m)と標高(標高m/100m)の積(1000mだったら5℃)の温度上昇をもたらすことになります。
 新潟などと異なり、この辺りには、500~1300m程度の山しかありませんので、「軽いフェーン現象」ということになります。しかし、仮に3℃の上昇でも、この季節、骨身にこたえます」



 骨身にこたえるといえば、木、金と近所の病院へ行ってきました。(前立腺癌のただの経過観察です)
     IMG_0260.jpg
 新館の工事(後ろの建物全部)は進んでいますが、駐車場の容量が減ったままなので、入り口で大渋滞が起きています。
IMG_0263.jpg
正面玄関には、説明が書いてありますが、近くで見てもよくわかりません。当然、ドライバーには分かりません。

 それはともかく、検査結果は、こんな感じで、良好です。
logPSA1308.jpg
縦軸を前立腺癌の指標値PSAの対数値としました。(上限値は4なので、対数では、0.6になります)
 治療終了後、順調にというか、変動無く、一様に数値が上昇しています。このままの上昇傾向が続けば、ざっくりというと7年後に危険水域に達します。骨に転移とか言うのは、遊べなくなって洒落になりませんから、そうなる前に、なんとかするのでしょうね。(まとめて遊んでおくとか



 なお、同居人のブログ「空飛ぶじゅうたん・多次元滑空」の東日本大震災後の霊的現象をとりあげたNHKスペシャル関する記事は、アクセス数が普段の5倍以上という、大きな関心を持たれています。よろしければ、ご覧ください。

「空飛ぶじゅうたん・多次元滑空」ここをクリックすると開く

505話 東谷山の南に立派な道ができそうだけど・・・ - 2013.08.23 Fri

  3月のおわりごろ、東谷山の南で道路の測量が始まったという記事を書きました。(池が好きですが、工事も好きなので、気になってました)

東谷山南に新道か (クリックすると、以前の記事が出ます)

IMG_8532-002.jpg IMG_8534-001.jpg
工事前 測量のポール

その後、時々、現地を通りかかっても、道路からは見えないところなので、進展具合は分からなかったのですが、先日、視界がひらけて、えらく立派な道路の様子が飛び込んできました。
そこで、買い物の帰りにチョット寄って、様子を見てみました。


img104.jpg
古い地図に場所を書き込みました。周りに、たくさん池があります。

IMG_9558.jpg
1. NHKグランドの手前は、まだ、通行止めのままです。

IMG_9556.jpg
2. 通行止めの先を覗くと、歩道の広い高規格の道路が、ほぼ出来上がっています。

IMG_9566.jpg
3. その先も、工事は進んでいて、大きな排水路が作られています。ここは、2011年の豪雨の際、車が水没したところなので、排水には気をつけているようです。

IMG_9565.jpg
4. ここから見るとNHKグランド方面(右奥)とのつながりが、よく分かります。

IMG_9562 - コピー
5. いまのところ、終端は、画面左側の細い旧道につながっています。

IMG_9560 - コピー
6. 舗装は新しくなりましたが、車のすれ違いが難しいほどの細い道です。
 東谷山の端っこを少し削って道を広げないと、新たな交通難所を造るだけです。工事(公共投資)自体が目的ではなく、交通対策の一環でしょうから、早急にお願いしたいものです。

 歩道がしっかりしているので、完成すると、ウォーキングで、東谷山フルーツパークを訪れる人が増えるんでしょうね。

504話 映画「カウントダウン ZERO」 ほか - 2013.08.20 Tue

 暑いですね。室内は28℃ですが、天井や壁から遠赤であぶられているようです。燻製か!

 お盆で来訪した姉と叔母、姪に大受けだったサンタ(M.シュナウザー)は、暑さのせいか、初めて朝ごはんを残しました。
P1060770.jpg IMG_9550.jpgクリックで拡大できます

 某親戚は、食欲が無いということで、かかりつけの医院へ行ったら、◯◯の可能性があるということで、大病院で検査。結果は、アチコチに転移していて、手が付けられない状況でした。しかし、手術しないし、入院もしない、強い薬を飲まなくてもよいということで安心したのか、かえって元気になっているということです。
 高齢ですし、おそらく、◯◯を治療しても死期は変わらないでしょう。むしろ、放っておいたほうが、長く生きられるのではないでしょうか。これも医術です。



映画「カウントダウン ZERO」(Countdown to Zero)

 お試し期間中のスター・チャンネルで、「カウントダウン ZERO」というドキュメンタリー映画を見ました。
 監督:ルーシー・ウォーカー
(3.11東日本大震災のため上映延期になったそうです。原爆の話ですが、原発推進派からみたら都合の悪い映画でしょうね)

 映画は、ケネディ演説の中で強調された核兵器の危険性、「狂気」、「事故」、「誤算」を核に構成されています。
P1060786.jpg
<核兵器を吊るした糸が、「事故」、「誤算」、「狂気」によって切られる>

-----------
<狂気による>

 オウムによる地下鉄サリン事件や、9.11など、あちこちで無差別大量殺戮テロが起きています。
 オウムは、ロシアから核を手に入れようとしていたようです。

P1060781.jpg

 ビンラディンは、自派の殺害された人数を400万人とみて、アメリカ人を400万人殺害することで、均衡がたもたれると主張していました。そのために、9.11の前に核兵器の入手を計画していたということです。

拡散)
 旧ソ連では、ジャガイモの方が警備が厳重と言われるほど、核の管理がずさんで、一般の従業員でも少量の高濃縮ウランの持ち出しが可能でした。それが、グルジア経由で中東などに流れています。まして、プロだったら・・・ 当時、流出した高濃縮ウランがどこへ行ったのか、分かっていません。
P1060775.jpg

 原爆を作るのに必要な量は、6本入り缶ビールの容器程度で、猫のトイレ砂の中に入れておけば、港湾での検出は不可能です。(セシウムよりも、高濃縮ウランの方が、検出し難い)

 高濃縮ウランと中古の大砲があれば、20名程度ですぐに広島型の原爆ができます。先端に高濃度ウランを閉じ込め、砲弾を発射して押しつぶします(臨界値に達する)。爆縮型です。効率は悪いのですが、都市ひとつくらいは破壊できます。パーツは、高濃度ウラン以外は、店で買えるもので間に合います。(大砲の代替品もありそう)
P1060779-001.jpg

 パキスタンの原爆の父、カーン博士が、核兵器技術を事業化して世界中にばらまいていたことが、発覚しました。中心となる遠心分離器は、1950年代の技術なので、どこの国でもこなせます。拡散先の北朝鮮やイランの核は、その国が所有するだけでなく、どこへでも売る可能性が大きいことが問題です。
P1060778.jpg
<カーン博士>
(なお、世界の街での街頭インタビューで、日本が核保有国だと思っている人が、中国系を含め複数あったことは驚きです)


 一方、米国でも、1分で水爆ミサイルを打ち出せる「ミニットマン」基地において、初期の暗証コードが単にゼロゼロの並びだったとか。映画「博士の異常な愛情」では将軍でしたが、じつは尉官クラスでも核攻撃のシステムを作動させることができたことなど、危険な体制でした。
 いまも、基本は変わっていないことと、大佐クラスで、「核戦争が起きても15億人が死ぬだけだ」と言ってしまう人がいることで、「博士の異常な愛情」のような危険性を、かかえたままです。

P1060783.jpg
<ミサイル発射基地内>
-----------
<誤算による>


 1995年にアメリカが、オーロラ観測ロケットを打ち上げたところ、ロシア側が誤認、核攻撃準備に入りました。エリツィンが5分で判断してとどめたので、良かったのですが・・・

 アメリカでも、訓練用のテープを誤認してミサイル発射寸前にカーターが止めた事件や、1ドルもしないコンピュータチップのエラーで同様のことが起きたそうです。

P1060784.jpg
-----------
<事故による>

 核兵器を搭載したまま墜落したり、沈没したりした航空機、潜水艦などは多数あります。
例えば、1961年に核兵器を2個積んだB52が墜落して、ひとつはパラシュートが開いて無事でしたが、

P1060776.jpg

別のひとつは、6段階の安全装置の5段階まで解除されてしまい、最後の6段階目で停止がかかったということです。
P1060777.jpg
<決死隊か?>
-----------
フェルミ(物理学者、フェルミ推定で知られる)は。
「不可能でないことは必然であり、必ず起きる」
と言っています。これは、重要な事実です。


可能性を無くすには、核をゼロにすることですが、核弾頭を半減したところから、進んでいません。現在、世界で計2万3千発

ケネディは「核兵器に滅ぼされる前に、核兵器を滅ぼす」と言っていました。

さらに、世界に散らばった高濃縮ウランとプルトニウム(日本にも原発絡みで、大量にある)を、国際的に集中管理する必要があります。

少しまとまりが不足で、眠くなるシーンも少なくありませんが、大変勉強にはなりました。素人向けには、NHKスペシャルの方が、うまいかな。でも、闇の部分を、よく暴いています。

503話 「自衛隊と憲法 日米の攻防」Nスペ - 2013.08.16 Fri

 終戦記念日なので、憲法9条がらみのテレビ番組が、多少多くなってます。
NHKスペシャルの「自衛隊と憲法 日米の攻防」(8月11日放送)というのを録画してあったので、見てみました。

-----------
 機密資料が公開されたところから話が始まります。(身分職責などは当時のもの)

   P1060767.jpg
 1990年の湾岸戦争のとき、ブッシュ(父)大統領から海部首相に、軍事面での支援要請があったことが、記録されています。
     P1060762-001.jpg
 それに対して、海部首相は、憲法の理念からそれを断って、経済支援にとどめました。(どうでもいいけど、いまだに水玉のネクタイですね)
 アマコスト駐日大使は、本国に、日本の孤立に対する不安感を煽れば、一歩踏み出させることができると報告しています。
 そういう圧力をはねのけることができたのは、後藤田官房長官の「蟻の一穴論」に押されたということです。つまり、堤防にちょっとした穴が開くと、水が来た時に決壊してしまうというものです。もちろん、堤防は、憲法であり、穴は憲法解釈で、抜け穴を作ると、圧力がきたときズルズルになって、国の体をなさなくなってしまうということです。
 もちろん、海部首相自身の学徒動員や、空襲などの悲惨な戦争体験が背景にあります。


 首脳会談で、海部首相が憲法理念を説いたところ、父ブッシュ大統領は、「分かった、非軍事支援で良いからすぐに頼む」といったそうです。(子ブッシュよりも大物だ)後に、小切手外交と揶揄されましたが、1兆円の支援が行われたわけです。
-----------


1992年(宮澤内閣)には、PKO協力法が成立して、カンボジアへPKO派遣が行われました。
このとき、武器の所持・使用について、大きな議論がありました。自衛隊内などでは、劣位の武器を持っての参加など、できないという声も強かったようです。


このとき、いま話題の内閣法制局が歯止めをかけました。
     P1060764.jpg
 憲法というのは、国政でやれる枠なんだから、はみ出したらどこまで行くかわからない。ということで、身を守るための最小限度の武器を持ってのPKO参加ということになりました。
-----------

1993年の北朝鮮ノドン発射の際は、米からの原爆開発情報で、自衛隊が色めき立ったので、この機に日本を飲み込もうという動きが活発になったということです。米の軍事行動の支援を自衛隊にさせようというものです。

 軍トップのリチャード・マイヤーズ大将は、「障害は、憲法ではなく、憲法解釈だ」とはっきり言っています。
  P1060765.jpg
 補給も集団的自衛権につながるので、NOです。
そこで、1999年(小渕内閣)の周辺事態安全確保法では、戦闘をしていない後方地域の支援をできるようにしました。
それに対して米側は、これで満足しているとの反応でした。グラスには半分の水しか無いが、最初からそれを望んでいた。これで、日本のやることがはっきりしたという言い方です。(要は、分担が明確になれば、作戦が立てられるということか)
-----------


 2004年の陸上自衛隊イラク派遣(小泉内閣)のときもこの考えで、非戦闘地域へ派遣されました。バクダッドを避け、サマーワへということですが、ロケット弾を打ち込まれたり、住民の反発があって一触即発の状態だったようです。(近所の自衛隊員のお宅に黄色いハンカチーフが吊り下げられたのは、この頃です)

-----------
 結局、憲法がどうこういっていますが、アメリカの方では、解釈を拡大して、戦争に参加ができるようになれば、ありがたいといったところでしょう。今の内閣の方向とピッタリ一致します。
現代の戦争では、始まったら双方が負けというのが実態です。ボタンを押した時点で、国益も吹っ飛びます。

502話 ・集中豪雨とバックビルディング ・本屋さんのポイントカード ほか - 2013.08.13 Tue

 このところの集中豪雨について、以前紹介した「天気と気象についてわかっていることいないこと」という本では、どんな説明が書いてあるのでしょうか。読み返して紹介します。キーワードは、「バックビルディング」のようです。
   img086-001.jpg   img102.jpg
 この章は、気象庁気象研究所の加藤室長の担当です。
  
 37ページの話を、素人が1ページ以下に抄録したので、かなりテキトーになってます。(話の順番も入れ替え)
-----------
 結論から言うと、メカニズムは、かなり分かっているけれど、予測は困難ということです。
理由は、日本列島の南海上に観測の空白域が広がっているためです。

 観測したいのは、大気下層の水蒸気量です。大雨をもたらす水蒸気が、そういった海上からやってくるということです。中国のように広いと、水田も無視できないようですが。

 将来は、衛星から観測できそうですが、いまのところは不可能です。
-----------
 下層の空気の水分量が多いというのは、爆薬を抱えている状態のようです。
高温で湿った空気が、空気の塊がぶつかる前線で持ち上げられたり、温暖前線に向かってゆっくりと上昇する空気の流れに乗って上昇したり、地形と風の影響などで上昇すると、巨大な積乱雲に発達します。
しかし、普通は、移動したり、消えたりしていきます。


   img103.jpg
 ところが、最近の集中豪雨は、上の図4.7のように、降水帯が細長くなっていて、移動しても、真下の地上から見れば、延々と雨が降り続くことになります。これを線状降雨帯といいます。

 積乱雲1個では、図4.8のように5~10kmの大きさですが、移動したあとに次から次に湧き上がると、これがまとまってバックビルディングを形成します。この積乱雲群は、50km程度になり、これがさらに連なると、100km以上の線状降水帯となって豪雨をもたらすわけです。

 こういったことは、鉛直シアと呼ばれる下層と上層の風速差が、強すぎず、弱すぎずという条件のもとで起きるのです。この、条件を正確に見極めることが予測する上で、難しいということです。(ゲリラ豪雨については、省略)



本屋さんのポイントカード

 近所の本屋さんのポイントカードを比較してみました。結果が下の表です。
本ポイントカード
・イマジンは、すぐに還元されるので使いやすいのですが、有効期限が3ヶ月なので、たまにしか本を買わない方は、ポイントが消失しがちかも
・e-honは、ネットでポイントを確認する必要があり、ちょっと面倒臭い。でも、図書券で貰えれば、どこでも使える(トーハン系)
・三洋堂は、本屋としては評価できるけれど、ポイントに関しては、渋い

なお、イマジン瀬戸西店は、椅子が置いてあって、ほとんど図書館状態
また、理工系の図書も比較的置いてあるほうです。こんなのもありました。

   img098-001.jpg
 国土地理院の活断層図です。他に、一万分の一とか二万五千分の一地形図もありました。GPS全盛ですが、登山の時には役に立つかも


お盆には、姉と叔母と姪が来ますが、姉と姪は、サンタと初対面です。
IMG_9544.jpg
どういう反応になるか・・・ ソファーを占拠し始めたサンタ

501話 ・ハイブリッド車 ・電撃殺虫器 - 2013.08.10 Sat

 しばしばコメントを頂いている鮎釣り名人の「かやのたも」さんから、ホンダフリードに新フィットのハイブリッドシステムが載ったら・・・といったコメントがありました。それが頭の片隅にあったので、犬の散歩で近所を歩いていたら、フリードのハイブリッドが置いてあるのを見つけました。たしかに、カーラインナップにはありますが、燃費をみると、フィットとともに、まだ旧システムのようです。
honda.jpg
新システムが載るのは、もう少し待つ必要がありそうですね。

ホンダホンダのHP
-----------
 なお、トヨタの場合、アイシスクラスから、ノア、ヴォクシークラスまでのハイブリッドが抜け落ちていて、狭い道を通って釣りやキャンプなどをする人の需要を満たしていません。強いて言えば、カローラフィールダーに乗れっていうことでしょうか。車中泊を考慮すると、それは、チョット違うような・・・
toyota.jpg

トヨタトヨタのHP


電撃殺虫器

 家人が物理的な攻撃を加えたために、電撃殺虫器が壊れました。代りに買ってきたのは、ミョウにデカイものでした。
メーカーは同じオーム電機です。値段は、大きさによる差があまりなく、2千円未満だったと思います。(業務用は、一桁高い)

IMG_9536.jpg
左が、死んだ電撃殺虫器

 進歩したのか、大型だからなのか、廊下に置いているんですが、バチン、ピシンと音を立てて虫を殺しています。
その音には、ある種の爽快感があります。ヒヒヒ

500話 ・トヨタホームに塗り薬(土台の耐震補強) ・歩数の変動とサンタ - 2013.08.08 Thu

 3.11東日本大震災によって、トヨタホームの土台の隅が欠けた例があるということで、無償で耐震補強をしていただきました。
 トヨタホームは鉄骨の立体ラーメン構造で、本体には損傷が無かったようですが、力が集中したりして、土台が負けたということでしょうか。無償で対応してくれる(売りっぱなしでない)のは、車屋さん的です。


 補強前です。
  IMG_9509.jpg
北東角 築10年なので少し汚れてます。地面からの高さ37cm

 まず、化粧モルタルを削り落とします。
  IMG_9515.jpg

 そこへ、強化繊維の入った樹脂(塗料)を塗りつけます。
  IMG_9521.jpg
幅30cm程度です。厚さは5ミリ前後でしょうか。同じことを四隅に行います。クラックは、表面から進展するので、この程度でも効果があるんでしょうね。

 4日後に化粧仕上げをするということです。似た手法を、橋脚の補強で見たような気がします。
 東日本大震災では、津波の被害ばかりが注目されていますが、原発を含め、地震の被害も相当あったのではないでしょうか。少なくとも、問題点がわかったら対処しておくことが、大袈裟に言えば、歴史に学ぶということなんでしょうね。



歩数の変動

 サンタ(M.シュナウザー)の散歩のためかなり歩いているはずですが、大きな変動があります。
IMG_9540-001.jpg
サンタ
IMG_9539-001.jpg

 7月からの歩数を見てみますと、7000歩から14000歩という大きな幅があります。猛暑日(図中赤丸)が関係しているかというと、そうでもなさそうです。周期性がありそうですが、フーリエ分析をしてもしょうがないので、週毎*サンタの気分ということにしておきましょう。
130808-3.jpg
     ブログ管理者 2013年7月からの歩数実績

499話 これでいいのだ! - 2013.08.06 Tue

 小さな山々がせき止めてくれているのか、あちこちで被害の出ている豪雨が、自宅の周りでは、急に弱くなっています。

P1060747.jpg
「あまちゃん」の時間を8時35分までさげたのに、安倍首相の演説が終わっていません。(画面右上字幕)

 松井広島市長の話は、感動ものでしたが、安倍さんのは、お役人が書いたような盛り上がりのないはなしで、プレゼンとしてはイマイチだなあと思っていたら、字幕に反して、演説の途中で、いきなり「あまちゃん」に切り替わりました。
P1060748.jpg
 官邸からなにか言われるかもしれませんが、「これでいいのだ!」
NHKは(も)、これでなきゃぁ



脱力系高校講座「地学基礎(入門編)」・・・これも、これでいいのだ!

 地学というのは、面白くも、つまらなくもできて、講師の腕があらわれやすい分野のようですが

P1060755-001.jpg
 Eテレのこの番組は、教える気のなさそうな地球調べ隊関口隊長と、友達感覚の垣内隊員による
P1060761.jpg
ほのぼのとした地学の話です。

P1060759.jpg
垣内隊員は、7月20日の「ケータイ大喜利」で局アナの代わりをやってましたが、アナウンサーではなく、タレント(アイドル)です。ネットで調べたら名古屋出身ということですが、そこそこ売れているけれど、まだ大ブレイクはしていない「あまちゃん」に出てきそうな、売れっ子直前の人たちのひとりのようです。

 今日は、「これまで地球を意識することはなかったんですが、この番組をやってきて、今は、自分は地球で生きているんだという感覚を持つようになりました」みたいなことを言ってました。こういったコメントを連発できれば、仕事増えますよ。たぶん

498話 ・武士道とホラーの二本立て ・麻生報道とNHK ・足元のわんこ - 2013.08.04 Sun

 いやー驚きましたねぇ。江戸時代は、武士道一直線といった忠臣蔵と、ホラー暗黒死闘ものの東海道四谷怪談を二本立てで上演していたんですね。
P1060727-001.jpg

 BS歴史館の「大江戸・妖怪ブーム」の中で知りました。忠臣蔵、四谷怪談、どちらも一本で満腹といった作品です。さらに、その内容の落差というか、清濁、明暗、理と情、本音と建前みたいなものを併せ呑み、食い合せをしない江戸っ子のキャパシティに驚きます。
P1060730-001.jpg
8月1日のBS歴史館:後ろ姿が司会進行(MC)の渡辺真理さん、この日のゲストは、左から荒俣宏さん、磯田道史さん、小松和彦さん
妖怪話が倒幕にまでつながるとは、歴史モノでは群を抜いてオモロイ


麻生発言で立ち位置を見られたNHK

 麻生副総理が、ナチスに学べみたいな、だれにも受けないブラックジョークを講演会でのたまうという失敗を、またやらかしましたね。それで驚いたんですが NHKテレビは、8月1日の7時のニュースでは何も触れず8月2日にやっと出しました。

 8月1日の夕方のニュースで麻生発言を取り上げなかったのは、当地方では、NHKとテレビ愛知だけでした。東海テレビ、CBCテレビ,中京テレビ、メーテレは、ガンガン報道してました。もちろん世界でも大きく取り上げられたわけですが・・・

P1060732.jpg
(8月2日)これを見てホッとしたんですが、最後まで何も言わなかったとしたら、言論統制をうけているか、自主規制で何も言えないのが内情なのかと、暗澹たる思いに押しつぶされるところでした。
 


 こちらは、わんこ(M.シュナウザーのサンタ♂8ヶ月)に足の自由を奪われたアッシ
IMG_9503.jpg


P8033109.jpg

497話 地震ハザードカルテを見てみました - 2013.08.02 Fri

 防災科学技術研究所が、地震危険度のカルテを無料公開するサービスを始めたということなので、見てみました。
地震ハザードカルテ

 例えば、愛知県長久手市武蔵塚付近(長久手古戦場公園付近)ですが、
IMG_9501.jpg
<周りの景観>以前は、田んぼでした。

IMG_9502.jpg
どんどん埋め立てていますね。リニモ「古戦場」駅(高架)も近い

この辺りの総合評価は、こうなってます。地盤が良い方なのに、危険度は高い(AからEにいくにしたがって危険度が高い)(囲まれたピンクの面積が小さい方が、総合危険度が低い)
P1060742.jpg
ここで、
Vs=1,100mの上面深さは、堆積層の深さ
Vs=2,700mの上面深さは、硬い岩盤の深さ

です。
-----------
 名古屋市内と比べてみましょう。名古屋市東区葵3の例です。

IMG_0246.jpg
<周辺状況>服地の大塚屋(左)の裏にあるたこ焼き屋さんから写しました。ビルと昭和の住宅が混在 iPhoneにて

IMG_0248-001.jpg
大塚屋の立体駐車場から愛大の方向(北西)iPhoneにて

総合評価は、
P1060743.jpg
ということで、やや面積大
東区葵3は、堆積層が厚く、硬い岩盤にも遠いのですが、地盤増幅率は、同クラスになっています。北区と違い、台地だからでしょうね。それと人口が少ない。過疎化する都市ですね。

P1060720.jpg
分布図でみてみると、地盤増幅率1.0~1.2で、比較的良いほうです。

P1060722.jpg
震度6弱以上の地震に見舞われる確率は、猿投山、高座山、東谷山などの山の周辺以外は、全体的に極めて高くなっています。

P1060724.jpg
一方、山の方は、内陸の活断層による地震もありますし、なかなか逃げられません。

 はじめから住宅を、地面がガタガタ揺れ続けているという前提で設計をすれば、どうということもありません。早い話、大型バスのような住宅にすればいいんですが、落ち着かないでしょうね。(トレーラーハウスかよ)いや、案外売れるかも

-----------
なお、地震ハザードカルテを見るときは、一時的にポッアップのブロックを解除しておく必要があります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-