0612 257-001

2014-06

606話 ニューカマーと、おなじみさん - 2014.06.26 Thu

ニューカマー
 いまどき、特記するほどのことではないのですが、洗濯機を買い替えました。
          IMG_4060194.jpg
          Panasonicのドラム式でNA-VX9300Lです。

 前のものは、サンヨー製の「洗剤ゼロ」を売りにしていた機種です。(結局、洗剤ゼロは、洗濯時間が長くかかり、繊維が痛むので、使わなくなっていました)
--------------------
 買い替えの理由としては、脱水が十分にできなくなったのが、一番大きいですね。それに、洗濯槽を洗浄しても、藻のようなものが付くことがあって、いやな感じでした。
 すでに、数年前から、風呂湯汲み上げ用のポンプが壊れていましたし、振動が激しくなった気がします。
  購入後12年なので経年劣化が考えられますし、引っ越しの時、ロックをかけてなかったので、細部に損傷を受けたかもしれません。
--------------------
置けない・通れない
 同居人が、ネットでの評判などを見て、日立のビッグドラムと、Panasonicの斜めドラムに絞り込みました。
 そこで、大きな制約があることが分かりました。
我が家のドアは、80cm幅なのですが、洗濯機を置く洗面所だけ引き戸になっていて、66cmなのです。
また、置き場所の幅は80cmで、壁と洗面台が迫っています。

 日立ビッグドラムのうす型は幅が広いので、横にして入れて、向きを変えるという手もありますが、かなり厳しいことになります。また、置き場所も、かなりギリギリの感じなので、振動してまわりに当たる心配が多少あるので、やめておきます。
 日立ビッグドラムのスリムデザインと、Panasonicが残りました。
--------------------
除菌の違い
 洗濯槽の洗浄は、両社とも気を使っています。
 ただし、日立の方は、「温風除菌」はできるようですが、Panasonicの「ナノイー」のような、はっきりとした除菌の仕組みが、すくなくともカタログ上は、書いてありません。ここが、同居人には、引っかかったようです。
--------------------
音・振動
 日立は、5重流体バランサー、3D加速度センサー、ツインアクションサスという三つの低振動化技術を使っているということです。要は、洗濯物の偏りのバランスを十分に補正して、さらに振動の大小でサスペンションの硬さを変える機構になっているということです。
 騒音レベルは、洗い39dB(A)・脱水39dB(A)・乾燥49dB(A)となっています。

 Panasonicは、上吊りサスペンション(2本)(振動により硬さを調節)と、高減衰ゴム制振ダンパー(3本)、3D見張りセンサー(振動が増えたら、回転を変えて洗濯物の偏りを是正)ということで、少し設計思想が異なるようです。
 騒音レベルは、洗い32dB(A)・脱水41dB(A)・乾燥42dB(A)となっています。

 両社とも、十分静かですが、Panasonicは、ほとんど気にならないレベルです。
--------------------
値段の壁をセールで越える
 操作性も大差はありませんが、Panasonicのほうが、かなり売値が高くなっています。
迷っていた時、プリンタの用紙が無くなったので、高蔵寺のJoshinへ買いに行き、ついでに実物を見ることにしました(既にヤマダ電機で見たことはある)。
 そこで、候補機種が、本日中特価(3日間の最終日)、さらに10000ポイント付与、3000円クーポン有効(会員ですので)ということが分かり、翌日納品ということなので、すぐに発注しました。
--------------------
ファースト・インプレッション
 車と違って、試乗とかできませんので、同居人が、取説をあまり読まず、いきなり使ってみての印象です。
完全に「おまかせ」で洗濯から乾燥までやった結果ですが
・洗濯の時は静かですが、脱水、乾燥のときは、それなりの音がします。(静音のナイトコースあり)
・洗いあがりは、柔軟剤無しでも、フカフカでした。すぐに着られます。
・水の使用量は、すごく少なそうです。
きちんとした評価は、すこし使い込んでから同居人がするかもしれません。


おなじみさん
 心の病気をかかえた元同僚の女の人から、久しぶりに電話がありました。
なんと、入院していたということです。
 心の方ではなく、「肺血栓塞栓症」ということで、1ヶ月入院です。
 肺血栓塞栓症というのは、いわゆるエコノミー症候群として有名な病気です。
フライト中というわけではなく、自宅で家事をしているときなったそうです。
症状は、息切れ、脚のむくみということで、病院へ行って検査をしたら、即入院になりました。
 彼女は、もやもや病という脳血管の病気があり、心臓も悪いようなので、簡単に血液をサラサラにする薬を使うこともできず、微妙なバランスを取りながらの治療だったようです。
 お母さんの介護もやっていますので、そちらは、しばらく施設に預けたということですが、お母さんは、施設に認知症の人が多すぎるといって、早々と帰ってきたそうです。(旦那さんは、在宅)
 旦那さんは腰痛で、退院しても、病-老介護か、病ー病介護みたいな日々が続きそうです。
 ストレス溜まりますね

605話 ・分かりやすい有働アナ ・再度「往生写集」展 ・豊田フィル定期演奏会 - 2014.06.23 Mon

分かりやすい有働アナ
 NHKの朝ドラ「花子とアン」を、なんとなく観続けています。4年前の「ゲゲゲの女房」を、半分仕事のように観てから、くせになりました。白蓮が中心の場面と、花子が中心の場面のトーンがあまりにも違うので、ハラハラします。物語というよりも、吉高由里子氏と仲間由紀恵氏の関係が・・・

 その後の番組が「あさイチ」という情報バラエティ番組です。担当の有働アナは、直前まで「花子とアン」を観ているようで、本日の花子がふられた?最後のシーンで、大受けして(笑いのツボにハマる)、なんか、ダハハという笑い声まで入っていました。以前にもありましたが、今回は、吹っ切れた感じで・・・いい人です
      P1070885.jpg
--------------------
再度「往生写集」展
 同居人が招待状をもらってきましたので、再度、荒木経惟の写真展「往生写集」を見に行きました。
      IMG_0383a.jpg
      雨あがりの豊田市美術館です。

        IMG_0387a.jpg
        黒御影石でしょうか、雨で濡れて鏡のようになっていました。
 
 写真で空間を切り取るという言い方がありますが、荒木さんの場合は、時間を切り取った作品群だという感じがしました。例の「決定的瞬間」という考え方がありますが、それよりもジワーっと切り取っているところが荒木風なんでしょうね。
 今度こそ、館内でランチをいただこうと思っていたのですが、満席で、並んでいる方がおられましたので、諦めて、少し離れたコンサートホールの方へ
--------------------
豊田フィルハーモニー管弦楽団 第25回定期演奏会
 これも、同居人の知人の演奏家の方に勧められて、聴きにいくことになりました。
 ランチを食べ損ねたので、この写真の正面のGAZAというビルのたこ焼き屋で、エネルギーを補給
IMG_0394a.jpg

 「豊田市コンサートホール」なので、すぐに分かると思っていたら大間違い。
 独立した建物ではなく、図書館と能楽堂のある「豊田参合館」という建物の10階・11階となっています。
 豊田市民にとっては当たり前でしょうが、看板が小さく、外のものにとってはわかりにくくなっています。
IMG_0392-001.jpg
豊田参合館の内部;エスカレーターに乗っているのは、大部分コンサートの聴衆

IMG_0391-002.jpg
ホールの内部 約1000人収容のホールが、大部分(95%)埋まっていた。 正面のパイプオルガンが、巨大に見えた。

今流行の直方体のホールで、残響時間は公称2秒ということなので、理想的

今回は、チャイコフスキーの作品ばかり
・エフゲニー・オネーギン作品24より「ポロネーズ」
・ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33 チェロ独奏 橋本専史
・交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

 演奏をどうこう言えるような耳も知識も持っていないが、団員のキタさんが書いた、曲目解説まんがを見てから聴いたので、演奏の難しいことぐらいはよく分かりました。
         IMG_0183a.jpg

 音楽ではなく、音だけでいうと、管楽器、打楽器の音は、90dBを超える感じで聞こえてくるのに、バイオリンの音が小さくしか聞こえないという現象がありました。同居人は、加齢のせいだといいますが、表板が正面に見えた橋本氏のチェロ独奏は、十分大きく聞こえたので、楽器の指向性と座席(位置)のマッチングのせいかもしれません。座席は、左右方向は中央付近ですが、前後方向は4/5ぐらいの後方で、かなり高くなっていました。

 しかし、演奏者というのも、格闘技ですね~ あとでぐったりでしょうか(あるいは、マラソンのように、脳内麻薬物質が出て、気持ちが良い?)
指揮者(佐藤寿一氏)の発汗もスゴイ。汗の量で言うと、ポロネーズ>第4番>作品33でした。

 久しぶりに生音を聴いて、気分転換になりました。


604話 QRコード開発者は宇宙人? 「ファーストコンタクト」コズミックフロントBS3 - 2014.06.20 Fri

 QRコードの開発者(デンソー、豊田中央研)が、欧州発明家賞人気賞を受賞されました。おめでとうございます。

 QRコードというのは、白黒の四角い囲碁のような模様です。これで、英数文字だったら最大4296文字(実用時には、これよりも減る)の情報を表示できます。
IMG_0178a.jpg  IMG_0179a.jpg

 この発明者の中の二人を知っていますが、一人は、宇宙人のような雰囲気の人です。 この模様は、いかにも宇宙人が使っていそうな文字に見えます。望郷の念から、故郷の文字に似たQRコードを流行らせようとしたのでしょうか。

 折しも、BSプレミアムのコズミックフロントという宇宙科学番組では、「ファーストコンタクト」というテーマの放送がありました。(宇宙人との遭遇ですよ) その中に、QRコードのような映像が・・・
--------------------
 SETI研究所が、地球外知的生命体の探索を始めて半世紀になります。

 ドレイク方程式によれば、銀河系に数千の文明があるようなので、意味のある電波を飛ばしている星があっても、おかしくないわけですが・・・(地球のTVは、1932~現在、80光年先まで届いている)
P1070882.jpg
なかなか見つかりません。(その代わり、別の発見がありましたので、無意味ではない)

 データ量が多すぎるのです。
 そこで、「SETI@」という方法が取られています。個人のパソコンに解析ソフトをダウンロードして、皆さんに分業で解析(自動監視)してもらおうというものです。解析ソフトのダウンロードの件数は、世界で800万件を超えているようです。
P1070884.jpg
<こんな感じで>

 ここからは、シミュレーション(ドラマ)ですが。ある日、普通の若者が電波の異常を発見して、その話題が世界を飛び回ります。(すぐにネット上で発表したので)
P1070883-001.jpg
<人工的なピークあり>

 SETIの研究者が悩んだ末、信号の中にフィボナッチ数列(渦の構造に関連する、1,2,3、5,8,13、21,34,・・・みたいな)があるのを見つけて、知的生命体からの信号と判定しました。

 次には、星震の音を発見。白色矮星とパルサーの二連星の音であることが分かり、どの星かも特定できました。

 さらに、しばらくして、昔、ボイジャーに載せた世界55カ国の挨拶の音声が、そのまま返信されてきました。(スゴイ知能だ!)

 さらに、光学望遠鏡でも、接近する巨大宇宙船の姿が捉えられるようになりました。ソーラーセイル方式で、帆の大きさは、テキサス州よりも大きい。
P1070878.jpg
<母船は、画面中央の芋虫のようなもの>星間の方舟 宇宙人様、数百万人在住
 速いのは、宇宙の時空間の歪みで生じるワームホールを利用しているため

 最終的に送られてきたのは、一般のTVで受信できる、次の画面
P1070875.jpg
 QRコードやんけ!

 これを解読すると、ダークエネルギーを利用する装置の図面のようです。(地球人が、ダークエネルギーの存在を知ったのは、20年前)
P1070876.jpg

P1070879.jpg
<かなり近づいたので、探査機をばらまいている。母船下のゴマ粒のようなもの>

P1070880.jpg
<お約束の UFOに驚く地球人達>

P1070881.jpg

 未知の知的生命体が近づいた時、心理テストのように、その国(その人)の考え方が、炙りだされるというナレーションがありました。危害を加えるおそれがあると言って、古典的な兵器(宇宙人から見れば)で、ドンパチやり始めそうな国、友好的な受け入れを試みそうな国など、いろいろ目に浮かびます。宇宙人が来る頃、我が国は???

 そもそも、本当に進化した知的生命体は、暴力的な問題解決なぞ思いつかないだろう、という意見もありました。すいません。いまだ、殺しあう猿なもんで・・・取り扱い注意を、QRコードで刺青されそう

603話 最近買った本(「ぐっとくる!仏像」 など) - 2014.06.17 Tue

 最近買った本を、ご参考までに紹介します。
資料のような、何度も読み返しそうな本だけを買うことにしています。
IMG_0163.jpg井沢元彦著、逆説の日本史[20]幕末年代史編III、小学館、2013/10
 発売されてから随分遅く購入したことになります。

購入理由:これまで全て(1~19)購入している。大変読みやすい文体で、面白く読みながら、歴史の裏表を知ることができる。
印象に残ったところ:長州(ABE首相の選挙区)の攘夷勢力が原理主義的な過激派で、今日の中東情勢を思わせるテロ活動を行い、幕末の混乱の原因となった様子が、手に取るように分かった。また、勝海舟と西郷隆盛が傑出していたことなど、ドラマで見るよりも、明解に知ることができた。
--------------------
IMG_0172-a.jpg山田芳裕著、へうげもの[18]、講談社、2014/4

購入理由:これまで全て(1~17)購入している。戦国茶道の気分を、かなり伝えているように思う。絵もおかしいし
印象に残ったところ:織部が、徳川秀忠に女性の心のつかみかたを聞かれて、自分の若いころの話をするのだが、その中で、高山邸から釜(茶釜:霰釜)を奪ってきて(盗んできて)茶室の花入れにしたシーンは、秀逸
--------------------
IMG_0170-a.jpg雑誌です。特選街7月号「ハイレゾオーディオ」完全理解、特選街出版/マキノ出版

購入理由:ハイレゾは、格段に音質が良いようなので、どんなものか知りたくて
印象に残ったところ:とりあえず、ネットワークプレーヤーを準備すればよいということで、敷居が下がりました。
--------------------
IMG_0175-a.jpgみうらじゅん構成・編、ぐっとくる!仏像、えい出版社、2014/4

購入理由:みうらじゅんさんのファンであることと、彼の仏像愛を知っているため
印象に残ったところ:写真(帆足てるたか氏)がスゴイ。仏像というよりも、舞台芸術家の写真集のよう。
例えば、室生寺(奈良県)の十一面観音菩薩立像、神護寺(京都府)の板彫弘法大師像、宝台院(静岡県)の白本尊、海龍王寺(奈良県)の十一面観音立像、泉涌寺(京都府)の楊貴妃観音像、神護寺(京都府)の五大虚空蔵菩薩坐像、瀧山寺(愛知県岡崎市)の帝釈天立像、徳大寺(東京都)の子安鬼子母神像など
--------------------
IMG_0166-a.jpg歴史REAL 巨大古墳と古代天皇陵の謎、洋泉社,2014/6

購入理由:尾張(愛知県)の古墳についても詳しく書かれていた。
印象に残ったところ:天皇陵の名称が、かなり変更されていた。たとえば、仁徳天皇陵は、大仙古墳に、継体天皇陵は、今城塚古墳といった調子。もともと、宮内庁がエイヤーで決めたものが多く、根拠が乏しかった。また、前方後円墳が、連携の証のように作られたものだというのも納得できる。
--------------------
IMG_0164-a.jpg小川勇二郎著、学びなおすと地学はおもしろい、ベレ出版、2010/12(2010/10)

購入理由:断層の基礎知識を得たかった。質問と答えといった構成で書かれていて、気楽に読める。
印象に残ったところ:後日、みっちりと紹介

以上、時間切れで本日、終了

602話 ・義父の体調(II) ・天空の丘の街開き - 2014.06.15 Sun

義父の体調(II)
 義父の通院の関係で、またまた、同居人の実家へ
P1070862.jpg
 近所の田んぼは、田植えを終えていました。機械化に対応して、一枚の田んぼが大きくなっており、池のようです。ケロケロ(散歩用ポケットカメラにて 写っているのは、隣町の民家)
 水道の蛇口から入れていたら、とんでもなく時間がかかるんでしょうが、道路脇の水路から、木曽川の豊富な水が流れてきて、すぐに満杯になります。といっても地面に染み込むので、そこそこの時間がかかるようですが。
--------------------
 さて、同居人が付き添ったのは、病状が十分伝わっているか、疑問だったためです。
案の定、症状を、ほとんど何も言わなかったようで、同居人が、かなり補足したということです。(症状を伝えられなくなるのは、人ごとでない)
 その結果、過活動膀胱の薬はやめ、漢方系の便秘薬を飲むことになりました。前立腺の薬は、質・量ともに限界に近く強力なものということで、続行です。
 基本的には、加齢によるものということですが、次回、精密検査(血液検査)をすることになりました。


天空の丘の街開き
 実家から帰ってくると、昨年の11月から始まった造成工事が、ほぼ終わったんでしょうね。ポストに、街開きの広告が入っていました。
P1070863.jpg
<最後の仕上げに励む または、諦めて帰る職人さん達>(散歩用ポケットカメラにて 夕方)地層が面白い斜面は、マスキング

P1070865.jpg

P1070871.jpg
崖下(障壁の上)も宅地だ。見晴らしが良さそう。(崖の向こうは、ゴルフ場)突き出たパイプは下水管でしょう
--------------------
P1070854.jpg
<その2日前>

P1070850.jpg
<街ができる前 一木一草生えていない更地>

 「天空の丘」は、大袈裟だと思っていましたが、濃尾平野にある実家からみれば、結構、天空に近いかもしれません。

601話 講座「石が語る地球の話」(ダイアモンドの起源など) - 2014.06.10 Tue

 朝日カルチャーセンターでの講座「石が語る地球の話;キンバーライトと かんらん石 ダイアモンドの起源」(2014年前期の第1回)を受講しました。
 申し込んでおいても開講されない場合があるので心配しましたが、20名弱の受講者がおられたので、小教室で開講されました。(講師謝礼がなんぼか知りませんが、採算点ギリギリとみました・・・大きなお世話ですが)
        img196-002.jpg
 講師は静岡大の道林克禎教授です。
経歴は、案内のビラをみてください。ほとんど豪・仏で修行された方です。
写真でも分かるように、岩石オタクというよりも、テニスプレーヤーみたいな感じの先生です。

 残念ながら、新書などの入門書を出しておられないので、予習ができません。(ネットでみると、全て英文の専門書(共著)のようです)


 講演内容を、ざっくりとテキトーに紹介します。(不正確なので、コピペすると追試ですよ)

 今回は、キンバーライトという、ダイヤモンドを含む可能性のある岩石の話です。

 ということで、実物の石を見せていただきました。ダイヤモンドについては、入っているかもしれないという程度のようです。以前は、入っていたこともあったそうですが、最近は、インドで小さなダイヤまで割り出してしまうので、研究室に回ってくるものは、ほとんどクズだということです。(人ではなく、石の話です)(なお、キンバーは、産地の地名キンバリー(南アフリカ)に由来)
クズとはいえ、すごく重い石でした。(かんらん石ですから)
--------------------
 キンバーライトマグマは、日本の火山のマグマが50km程度の深さであるのに対して、200km位のマントル深部にあります。(地震波で分かった)
それが、下の図のように高速で上昇し、爆発的に噴出しました。といっても、太古(中世代)の話ですけど
img197-002.jpg img199-001.jpg
 形がパイプのようなので、キンバーライトパイプと言います。山はできず、右の写真のような穴ができます。
アフリカ南部に多く、穴を掘ってキンバーライトを採取します。(中国、ロシア、アメリカにもある。日本には無い)
--------------------
 キンバーライトの噴出時期は、大陸が分裂しはじめた時期に1回めのピークがあります。1.2億年前のあたりです(例のゴンドワナ大陸分裂のころ)
2回めは、南アフリカ大陸とアフリカ大陸が分裂していた時期です。0.8億年前のあたり
img200-001.jpg

キンバーライトの噴出は、大陸移動が引き金になったということです。(横軸:数値☓100万年(左端が現代)、縦軸:500万年毎の回数)
(噴出の際、CO2を噴出したので、地球が温暖化して、恐竜が繁栄)

また、キンバーライトは、深いところの物質が地表まで運ばれているので、地球を知る手がかりになります。それを探るのが、道林研究室のテーマということです。
地下からのメッセージを解読」なんちゃって
--------------------
 噴出の原動力は、簡単にいえばCO2流体です。流体?ガスでも個体でもなく、流体です。
詳しく言うとこの5段階
img203.jpg
ステージ1. CO2流体が排出され、流体層(上)と泡の槽(下)ができる
ステージ2. ダイク(岩脈)が地表まで到達
ステージ3. 連続的なガスの噴出
ステージ4. 噴出の終了(火山灰、火口礫が火口を塞ぐ)
ステージ5. 冷却(地表付近で、キンバーライトの角礫岩が形成される)

 研究室では、かんらん岩捕獲岩てえのを解析していますが、微細組織など、ややこしいので紹介不能
また、かんらん岩捕獲岩の組織が二種類あることの形成モデルについても省略

 妙に感動したのは、次の話
img206.jpg

 マントルかんらん岩の低い含水性が、クラトン(安定陸塊)の長期間の安定に寄与しているとのこと。
長期間といったって、ちょっとやそっとではありません。
ヨーロッパなんか、ズゥ~ッと動いてないんですから

 と、なぜか原発の映像が頭に浮かんだところで、90分の講演終了。
(途中、いろいろ質問しておいて、終了10分前に帰ったキャラの強いおばちゃん、大丈夫かいな。久々にな人を見ました)それを含めて、色々、ボケ防止の刺激になりました。

600話 義父の体調 義弟の遺品 - 2014.06.06 Fri

義父の体調

 義父がかなりヤバイ状況ということで、急遽、同居人の実家へ
--------------------
 というのは、義母から聞いた話の辻褄が合わないので、同居人が電話で義父に細かく聞いたところ、病院でもらった薬を飲んでいなかったようです。
 薬を飲んだら良くなったということですが、翌日、また、同じような症状が現れました。
 糖尿病の持病がありますが、症状としては、排尿が困難ということです。(前立腺の薬は、もらっている)

 今日は、病院(内科)の予約診察日なので、同居人が同伴して、お医者さんから直接、詳細を聞くということになりました。(腎臓に問題があるのではないか。物理的に排出(導尿)する必要があるのではないかなど)
--------------------
結果)
 心配された腎臓は、さほど悪くないということです。
また、症状がひどければ、科に関係なく導尿できるので、すぐに病院へ来るように言われました。
 内科的には大きな変化がないので、排尿関係は、泌尿器科の予約を取って、さらに診てもらうことになりました。
--------------------
対策)
 薬の飲み忘れ(間違い?)があるようなので、同居人が、すぐ分かるように整理しました。
P1070848.jpg
 種類が多く、高齢者には難しそうですが、種類と時間帯を大きな字で書いて、飲む時間帯別の箱にしたので、間違いは激減すると思います。


義弟遺品のミニチュア・シュナウザー

 同居人の家に泊まるためには、2階の義弟(故人)の部屋から寝具を降ろす必要があります。(2階で寝れば簡単なのですが、2階ですと交通騒音が気になります)
 業者に処分を依頼したということですが、七回忌を過ぎても、まだ、いろいろな物が残っています。
 その中にこんなものがありました。
P1070846.jpg
ミニチュア・シュナウザーの置物です。
 本人が飼っていたのは、パピヨンなので、変です。
 本当は、シュナが好きだったのでしょうか。
今となっては、確認できません。
IMG_0160.jpg
 結局、我が家に、ミニチュア・シュナウザーがやって来たのですが・・・
同居人の実家では、老夫婦の癒やし役に徹しています。
義母に「また来てね」と言われていました。

 帰宅後、どぉ~っと疲れた様子です。

599話 けったいだけど秀逸な5番組(TV) にっぽんリアル(BS3)など - 2014.06.03 Tue

 視聴率TOP20とは関係なく、優れた番組がいくつも存在します。
たとえば、「NHKスペシャル」なんかは、かなり鋭く原発事故の実態を報道していました。最近は、どうかな?(会長、代わったし)

 一方、かなりけったいな企画でありながら、心を捉えて放さない番組もあります。

(1)なんといっても、着信御礼!ケータイ大喜利ですが、これは既にメジャーな存在です。(そのスジの人にとっては)
P1070826.jpg
司会:今田耕司、審査委員長:板尾創路、最終審査:千原ジュニア  +その週のゲスト(声の出演者も)
土曜深夜(日曜)0時5分~0時49分(変更多し) NHK総合

 出題されたお題に対して、「なんじゃそれ!」な回答を、携帯、スマホ、PCで投稿して、板尾委員長の判定を仰ぎます。判定は、受信強度圏外から3本までで、3本で昇段していき、最終的にはレジェンドの称号がもらえます。(もらっても、実利的には何もない。ハワイとか行けない)

 板尾委員長の判定は、一部「エェ~!」という場合がありますが、それも愛嬌でしょう。ともかく回答数が多く(海外も含む)、下読みの人達(20人前後?)にピックアップしてもらうのすら、宝くじ上位当選に近い難しさのようです。
 投稿したいのですが、瞬発力が足りません。筋力を鍛えていずれ投稿側にまわりたいものです。

 ちなみに次回のルーキー(採用されたことのない人)向けのお題は予告されていて、海外旅行「このツアーコンダクター、ダメだな・・・」その理由とは?のようですが、NHKのホームページでご確認ください。
・ストレートなダメではなく、ひねってあって目に見えるようなダメさが必要
               (インパクト:☆ まとまり:☆☆ 笑い:☆☆☆)


(2)次は植物男子ベランダーです。いとうせいこう氏の原作をドラマにしたものですが、主人公の心の声というか、つぶやきが心理ドラマ(ほとんどコメディですが)風で、笑えます。
P1070828.jpg
ベランダー:田口トモロヲ、花屋店主:安藤玉恵、店員:岡本あずさ ほか週替りの出演者
水曜 23:15-23:45 NHKBSプレミアム

 言ってしまえば、マンションのベランダで植物を育てている独居のオッサンの話です。植物に対して、心のなかで、ペットあるいは、友人のように、または、愛人のように接している人です。
 植物オタクと言ってしまえばそれまでですが、少しひねくれたところがあって、周りにも、変な人が寄ってきて問題が起きたり、解決したりするわけです。挿入される植物の知識コーナーみたいなものは、勉強になります。
 今回は、「枯れ専」の女が登場しました。多肉植物を必ず枯らしてしまうのです。それを聞いてベランダーは・・・
               (インパクト:☆ まとまり:☆☆☆ 笑い:☆☆)


(3)「極私的ドキュメント にっぽんリアル」
 これは、TVディレクター自身が、自分の個人的な状況を、自分でドキュメンタリーに仕立てたものです。
周辺の人は、全て顔出しで、人権問題が起きないかハラハラします。
しかも、まるで“ドッキリ”のようにどこへでもカメラが入り込んでいきます。
P1070831.jpg
ナビゲーター:安藤サクラ    週替りのディレクターと、その周辺の人々
日曜 23:00-23:30 NHKBSプレミアム

 1回めは、自宅に寄生しているアラフォー独身男性ディレクター(フリー)が、母親にこっぴどく叱られていました。2回めは、女性ディレクター自身の出産の場面も入っていました(旦那さん撮影)。さすがにお医者さん目線ではないのですが、羊水までバッチリでした。
 リアルに他人の人生の一部を覗くのは、かなり恐いのですが、インパクトは強烈です。
               (インパクト:☆☆☆ まとまり:☆☆☆ 笑い:☆)


(4)「久米書店 ヨクわかる!話題の1冊」
 本を紹介する番組ですが、作者が登場するので、おおむねインタビュー番組です。といっても、始まったばかりで、不安定ですが。
P1070833.jpg
店主:久米宏、店員:壇蜜 +本の作者
日曜 18:00-18:54 BS日テレ

 「徹子の部屋」みたいに、聞く側がしゃべりすぎるところはありますが、教養番組のような固さはありません。ご承知のように壇蜜さんは、結構、教養人なので、バラエティ番組のように、話が散らかるようなことはありません。
 いきなり、2回目で、久米氏が欠席したので、どうなるか不安ですが・・・
               (インパクト:☆ まとまり:☆☆☆ 笑い:☆)


(5)「笑う洋楽展」
 みうらじゅん氏と安齋肇氏により、その日のテーマについて、洋楽部門から、おもろい画像や話を引っ張り出してくるといった番組のようです。今回は、「胸毛男
P1070824.jpg
両側のスフィンクスに注目
土曜深夜(日曜)0:00-0:30 NHKBSプレミアム

 守りの姿勢がなく、やりたい放題みたいで、かつ、博識に恐れ入るといった、要は、同じ趣味の友人が集まってワイワイやっている感じが、好きな人には嬉しいでしょう。嫌いな人は、すぐにチャンネルを変えるでしょうね。
 なお、笑う~という割には笑えませんが、苦笑は100%できます。
               (インパクト:☆☆ まとまり:☆ 笑い:☆☆)
 

598話 20年前のイタリア(1)一部の写真発見 - 2014.06.01 Sun

 体調がイマイチなので、終活(冗談)のため、資料を整理しています。その中で、20年前のイタリア旅行の写真が出てきました。
 懐かしいというよりも、ちょっと残念。というのは、いまのところ、一部のデジタル化済みのものだけなのです。今後、フィルム探しと、撮影場所を思い出す作業が要ります(デジタル化もかなり面倒ですが)。
この暑い時にやる作業では無いかもしれませんが・・・

 とりあえず、一部の写真を、アップしておきます。(フィルムのポケットカメラ使用)
img178.jpg

img187.jpg

img216.jpg

img218.jpg

img223.jpg

img228.jpg

img232.jpg

img234-1.jpg

img239.jpg

img240.jpg

img241.jpg

img256.jpg

20年前の夏ですね。とりあえず、ふた昔前のイタリアの雰囲気が、伝わりますでしょうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-