0612 257-001

2014-07

616話 小川勇二郎著「学びなおすと地学は面白い」 - 2014.07.31 Thu

 名古屋の大病院へ、放射線治療後の予後診察(問診)を受けに行ってきました。
長く続く異変の朝起きて排尿するまで続く腰痛については、そういう例はないそうです。放射線の強度からいって、(治療がらみの損傷による)放散痛も考えられないということで・・・

 病院へ往復する名鉄と地下鉄の中で、この本(603話(2014/6/17))を、サラサラとおさらいしてみました。
 IMG_14070229.jpg
学んだことがないので、学びなおすとというコンセプトには適合しない読者ですが、興味のある部分のみの感想を書いておきます。

全般について)
 出版されたのが、2010年10月25日ということで、2011年3月11日の情報は入っていません。しかし、2010年3月にチリからの津波が来たことが書かれていました。そして、そのとき、避難指示に従わない人が多かったことを嘆いています。(そういえば、そのころ、しばしば津波警報・注意報が出て、それが、ほとんど実際よりも小さかった記憶があります。オオカミ少年効果みたいなものが影響したかもしれません)

 著者は、アメリカ先住民の伝承として、彼らがもともと住んでいた場所が、地震、津波、火山活動で住んでいられないといって、アメリカ大陸へ渡ったという伝承を紹介していますが、その場所は、日本かもしれませんね。

構成・編集について)
 人間と地学、流れの地学、海水の地学、・・・隕石の地学といった、比較的独立した13章で構成されているので、章によっては、説明が不十分に感じられるところがあります。たとえば、「モールの円」を説明に使っていますが、機械系とか土木・建築系の人には分かりやすくても、馴染みのない人には、チンプンカンプンだと思います。他の本では、「モールの円」そのものを、もっと詳しく説明していて、わかったような気がしたものです。(もう忘れましたが)

印象に残った情報)
 知らなかったんですが、津波に関して「跳水」というのがあるんですね。津波が障害物で速度を失うと、位置のエネルギーに変わって、高い障害物を乗り越えてしまうので恐ろしい。
 また、地下岩盤の間の水が、岩盤を滑りやすく(水圧で浮かす)することで、大きなズレが起きやすくなって、地震につながるというのは、なるほどと納得できます。このときの水は、岩石が保有しているものを絞りだすということです。
 火山と関係ない温泉が、活断層の線上にあるというのは、活断層めぐりをしていると直感的にわかります。有馬温泉は、阪神淡路大震災の神戸断層帯、下呂温泉は、阿寺断層、上諏訪温泉は、糸魚川・静岡構造線です。(といっても、ビビる必要はありません。多くは、発生の周期が分かっているからです。ただし、軽視する人間が多いと怖い)

地震予知について)
 この本は、地震だけでなく土石流など色々な災害にふれていますが、一番気になるのは次の巨大地震で、その予知です。
 3.11震災前なので、予知に対して楽観的です。
アスペリティ(固着域)の研究が進めば、希望が持てる。巨大観測網で前兆現象を捉えられるようになってきたので、予知が可能になる日も近いかもしれないというのが、この時点の著者の見方です。

地震予知についての私の印象は、
◯地震発生の原理は、かなり分かってきた。
◯~△発生しそうな場所も、かなり絞られている。
☓ただし、いつというのが、大雑把にしか分からない。
☓前兆現象のシグナルを活かしきっていない。(統合センターが必要)

 30年以内に75%というような表現では、意味ありません。
3年以内に95%とか、◯月◯日±3日に75%とか、10分前に警報が鳴るとか、外れても笑って済ます文化も育てましょう。

615話 ・アッチッチ!@多治見の隣では ・NHKスペシャル「STAP細胞」どうなる - 2014.07.25 Fri

 地球温暖化は無いとか、むしろ寒冷化するという先生がおられますが、千年とか万年といったマクロでみてその傾向があっても、現実の気候変動を説明するには、不十分です。つまり、あまり役に立たないということです。

 ともかく、将来の氷河期を前にして、山を隔てた隣り街の多治見では、MAX39.3℃(午後2時過ぎ)でした。
そのころ、我が家の周りでは、
IMG_14070228.jpg
35.9℃、でした。(下が屋外温度。上は室内温度、エアコンの効きが悪い)

IMG_14070235.jpg
居間では、主にワンコの健康のため28℃をキープ。中途半端で、居眠りに最適。

ところが、4時過ぎには、
IMG_14070238-001.jpg
体温超え。すこし遅れてピークが来ました。
結局、午後7時過ぎても、31℃ぐらいで、夜が思いやられます。

そのせいか、時計が止まりました。
よく見たら、電池入れのプラス側が割れていました。温度のせい?もちろん中国製です。
IMG_14070237.jpg
矢印のところが破断。やむなくスポンジを挿入しました。こんなところを薄くしても儲かるわけではない。意図不明。バネ特性を期待したか?
--------------------
NHKスペシャル「STAP細胞」

 なお、NHKの取材陣が、小保方さんへの行き過ぎた取材で怪我を負わせました。NHKスペシャルの「調査報告 STAP細胞 不正の深層」は、GTV(総合)27日(日曜日)21:00-21:50の放送予定ですが、どうなるのでしょうか。
 サブタイトルの「不正の深層」というのも、科学報道番組としてはきめつけ過ぎではないでしょうか。政治家の汚職とは、質が違います。

614話 ・和風GT車 ・住宅評価 - 2014.07.22 Tue

和風GT車
 TVの宣伝で知りましたが、新しいスカイラインが出たようですね。
スカイラインといえばGTです。日産のHPを見ると、GTが標準的なグレードになっています。さすが!

 GTつまりグランツーリスモというのは、もともとは、大きな旅行(期間・距離)のための快適な車(もとは馬車)を言ったようです。しかし、今日では、レースにも出られるスポーティーな高性能車という位置づけに変わったとのこと。

 ですが、個人的には、もともとのグランツーリスモと言える車が欲しいのです。
 ただし、国内使用なので、その条件は、
1. シートが良い(数日乗り続けても腰痛、肩こりにならない)
2. 奈良や長野の山路でもストレスがない(動力性能、足回りが良い、視界が広い、デカ過ぎない)
3. 舗装が傷んだ道路でも振動乗り心地が良い(固すぎない、滑らか)、静か
4. 信頼性が高い(タイヤ、ランプなども含めて)(昔、旅先で壊れた経験あり・・・キャブレター、サーモスタット)
5. 多くの荷物が載せられる(トランクがでかいこと)
6. 航続距離が長い(燃費が良い)
7. 横風安定性、強雨での視界確保に優れる
8. ナビの経路探索、周辺情報探索などの情報能力が高い
・・・
と挙げてみると、1BOXのハイブリッド車でも良いような気がしますが、最大の心配は、シートです。
スポーツではないので、レカロに替えればよいとはいかないでしょう。
また、四駆が必要な場面も十分考えられます。
タイアの空気圧警報も欲しいし、塩害対策も必要でしょう。

ということで、当分、遠くへは鉄道で行くことになります(ホントは、鉄道好き)

住宅評価
 散歩していて、いい感じの家と、そうでもない家があることが気になっていて、なにが違うか考えてみました。
家を建てる方は、参考にしてください。
1. 統一性:和風とかアーリーアメリカン風とかありますが、たまにゴチャゴチャな家があります。(これは、ヘーベルハウスさんとか、スウェーデンハウスさんに頼めば、たぶん問題ありませんが・・・)
2. バランス:構造的なバランスですが、池に浮かべたらコケそうな場合があります(とくに増築した家に多い)。正面だけでなく、グルーと見渡してみてください(耐震性にも影響)
3. 個性:面白さが全くない家からは、幸運が逃げるような気がします。癒やしにならない

我が家は、1が◯、2も◯、3が×ですが、木を植えることで、×+ぐらいになっているように思います。5年後のメンテナンスの際に、風車でも付けてもらいましょうか(たぶん、せいぜい風見鶏でおわる)

613話 劇団民藝公演“八月の鯨” - 2014.07.18 Fri

 名演の例会で、劇団民藝公演の“八月の鯨”を、最前列中央で観ちゃいました。

img231-001.jpg
<案内ビラ>左から 篠田三郎(マラノフ)、奈良岡朋子(リビー)、日色ともゑ(サラ)

img233-001.jpg

この作品には、殺人事件も大恋愛もありません。
その代わり、背景にある自然がスゴイんです。アメリカ東海岸北端(カナダに近い)の島の別荘での話ですから。
映像では表現されませんが、波の音とうみねこの声で、それを感じさせます。

そこそこ資産がありそうで目の悪いリビー(奈良岡)を、妹で元看護師のサラ(日色)が面倒を見ているという、老々介護みたいな話が軸になっています。

夏になると、この別荘にやってくるのは、ホエール・ウォッチングを期待してのことです。しかし、このところ鯨の姿を見ることができなくなっています。

リビーのわがままにサラが手を焼くという日常に、元ロシア貴族というマラノフ(篠田)が入ってきて、二人の関係はさらにギスギス

ティシャ(船坂)は、リビーを施設に入れて、自分と暮らそうと言うし・・・

結局、マラノフは去っていくし、鯨も来ない。
しかし、別荘にジョシュア(稲垣)提案の大きなガラス窓を設けることになった。これが、暗喩となっているように、人生の小さな振幅を、楽しみながら生きていこうという気持ちが生まれ、今後の生き方に灯りが点った。
--------------------
リビーもサラも、ビラの写真よりも毛髪を白くして、かなりの老いを表現していた。
著名な出演者達で、若いころを知っているだけに、時の経過にリアリティがありすぎて、辛くもある。
歳を重ねると、個性がより先鋭化されるが、その個性が、それぞれの役がしっくりはまっていて、今だからこそ出せるアルデンテの噛みごたえとなっていた。
--------------------
この日の収穫は、篠田三郎が、メッチャ カッコイイ爺さんになっていたことです。お手本にしたいものです。

612話 ・義父退院近し ・ゲゲゲな卵(スクミリンゴガイ) ・アンの帽子!? - 2014.07.15 Tue

義父退院近し

 義父のカリウム過多は、かなり改善され、木曜日に退院のはこびとなりました。

血中のカリウムが危険レベルになったプロセスは、簡単に言ってしまうと、

前立腺肥大で排尿が困難 →腎臓に負担がかかる →腎臓機能低下 →カリウム排出困難 →カリウム過多

といったところのようです。(これに、糖尿病が絡んでいますが・・・)

     P1070889.jpg
     <復活?  自宅付近の公園にて>
--------------------
ゲゲゲな卵

 同居人の実家の近くで、ゲゲゲなものを発見(というほどではなく、じつによく目立つ)
     P1070892.jpg

カエルの卵ではないかという意見もありましたが、ネットで調べたら「スクミリンゴガイ」の卵でした。俗名ジャンボタニシですが、タニシの仲間ではないそうです。
南米からの外来種で、稲の害虫ですが、うまく使えばコイツに雑草を食べさせることで、除草剤なしの栽培ができるとのこと。しかし、義母の話では、近々に一斉に消毒(じつは農薬を撒くこと・・・加毒じゃないの?)が行われるそうなので、生き残れないのでは
P1070891-001.jpg
<名鉄電車踏切の近くの水路にも>
--------------------
アンの帽子!?

 管理人自宅近くの歩行者専用道路の脇に、帽子が落ちていました。
まるで「花子とアン」のオープニングのようです。
 小さな帽子で、子供が落としていったもののようです。風で飛ばされたのか、重力を感じさせない、すぐにまた飛ばされそうな角度でそこにありました。
     P1070890.jpg

611話 病院 尾張の東と西 - 2014.07.12 Sat

 来週の月曜日を含めると、11日間に6回病院へ行くことになります。(写真は、全てスマホ)
     IMG_0395TSHP.jpg
<私が行った尾張東部の病院、駐車場増築中で駐車に時間がかかる>

     IMG_0397TSHP.jpg
<右側の救急医療センターの病棟は完成している。免震の建物なので、空中廊下と建物の継ぎ目が、可動になっている>

IMG_0400KGHP-001.jpg
<こちらは、義父の入院している尾張西部の病院。病室の窓から(ほぼ、北の方向)>

IMG_0401KGHP.jpg
<病室近くの談話室の窓から(ほぼ、東の方向)。 左下は、別棟屋上の空中庭園>

ということで、相変わらず、ブログの更新が遅れるかもしれません。(なお、義父は順調に回復中です)

610話 地学講座受講 その2 「南マリアナ前弧地殻と 国際深海科学掘削計画」 - 2014.07.09 Wed

 頭の体操のため、全く専門外の講座(石が語る地球の話)を受講しました(第2回目)。場所は、名古屋、栄の朝日カルチャーセンター(スカイルの10階)です。
 講師は、静岡大学理学研究科の道林克禎教授
 8月から2ヶ月間、深海探査艇で、深さ4500mあたりに潜られるので、今回は、それに関連した話

まくら
上高地へ行ってきて、山の中で、勾配4/1000の平坦な土地を見て感動した(そっちかい!?) 
大正池については、水量確保のため、雪を投入していることに感心
また、ウェストン卿の像が貼り付けてある岩は、150万年前の恐ろしく若い花崗岩で、ちょっと前までは、日本一だった。今は、日本で二番目(一番は、黒部ダム近くにある80万年前のもの)。(それがぁ・・・?)(あまり掴みになっていないが、受講者には受けていた)

本題
(以下、自分流の理解ですので、講演の内容・順番とは異なります。というか、メチャメチャ端折ってあります)

 潜りに行く場所は、下図赤丸の場所、父島の深海
 1回潜るのに3000万円かかる。同じところは1回しか潜らない。床屋へ行けないので坊主頭にする(そこは、どうでもいいけど)
     img478229-001.jpg

     拡大図および地層(断面)で見ると
     img478228-001.jpg
     BON1、BON2へ穴を開けたり、石を掻き取ったりして調べます。

なにを調べるの?
 ということで、話が長くなっていきます。

 ざっくり言えば、南マリアナ前弧地殻の地質調査ですが・・・(日本の領海。レアメタルでもあれば万々歳)
ところで、前弧ってなに?
     img478210.jpg
     海溝と島弧の間の部分です。(ヤバそうな場所です)

     img478211.jpg
     赤丸の所に店を開く(研究地域)ということです。フィリピン海プレートと太平洋プレートの衝突帯です(お~怖っ)

小笠原とマリアナ前弧の地層の順番が似ているので、同時に沈み込んだのではないかと言われています。
それに関連するボニライトとか、前弧玄武岩が、物的証拠になりそう。
(ボニライト:父島固有の安山岩、前弧玄武岩:太平洋プレートが沈み込みを開始した時期(5千万年前)の最初の溶岩)
     img478214.jpg
     赤いところが前弧玄武岩  アセノスフェアというのは、岩流圏(プレートとメソスフェア(マントル下部、流動性なし)の間の部分、上部マントル中に位置、深度100km-300km) これを調査すると、沈み込みが始まったときの状況が分かるはず。

     img478220.jpg
     小笠原とマリアナで同時期に沈み込みが始まったとき、連動して長大な地球規模の噴火が起きたようだ(岩石の年代が一致)。
噴火で二酸化炭素が放出され、それによって気候変動が起きた。

 これらの学説(仮設)の確認、できれば、新事実の発見がねらいということです。

 結果は、帰国後、すぐにこの講座でも報告予定

609話 PSA改善の理由 と 義父の入院 - 2014.07.06 Sun

 前立腺がん治療後の定期検診のため、地元の大病院へ行ってきました。(薬物(ホルモン)治療を受けた病院)
前の週に検体検査が済んでますので、その結果を見ての診断ということになります。

 結果は、
   logPSA140704.jpg
前回、急激に上昇しかけたPSAが、もとのゆっくり上昇ラインに戻りました。(はじめの12ヶ月が大きく下がっているのは、薬と放射線による治療期間)
 ということで、ひとまず安心

改善というか、普通のペースに戻った理由は?
・前回の変動は、単なるバラつき?かも
ざくろジュースを本格タイプに戻した効果?
(本格ざくろジュースの販売を“旬楽膳”が止めたので、“JA”でざくろジュースを購入して飲んでいましたが、フィルターを通した嫌味のない美味しいもので、効能には疑問がありました)
 その後、近所にできた“リカーマウンテン”で、本格ざくろジュースを見つけたので、そちらに戻しました。
     IMG_4070221.jpg
瓶の底に固形物が溜まるので、よく振ってから飲む必要があります。ともかく、濃い
ジュースの変更とPSAの低下の時期が一致しているので、そこそこの効果があるように感じます。(女性ホルモン含有)
--------------------
義父の入院
 病院の会計を済ませたところへ、同居人から電話が入りました。
「おとうさんが入院する」ということです。
救急車で運ばれたのではなく、定期検査の数値が悪すぎるので、緊急入院です。

腎臓が悪いか、または別の要因によりカリウムが排出できない血中カリウム濃度が上昇不整脈発生(致死性)

ということで、装着型の心電計を付けて24時間監視です。

行ってみると、本人は異常を感じておらず、車で移動(準備のため帰宅)していました。さすがに危ないので、病院へ送って行きました。

 なお、長期にわたる糖尿病の治療を行っており、排尿が困難だったりしたこともあるので、腎臓が悪化していても不思議ではありません。しかし、透析の必要性にはギリギリセーフです。また、米寿なので、透析には耐えられないとの医師の判断もあります。

 見かけは元気なので、退屈でボケないよう、同居人がクロスワードパズルの本を持って行きました。

608話 ボケ気味(具体例~対策) - 2014.07.03 Thu

ボケ気味
 
 最近は、電子マネーでばかり支払っているせいか、現金のやりとりが苦手になってきました。(もらうのはOK。払うほうが苦手
   IMG_4070219.jpg
   <WAON(イオン)、Speedpass(ガソリン)、manaca(名鉄、地下鉄、JR東海、一部駐車場、その他)

ボケ具体例.1)
     IMG_4070218.jpg
    本を買おうとして、税込価格が暗算できません。5%だったら簡単なんですが。答えは、950円です。思ったよりも高い。(スマホのマニュアル本なので、手元に置きたいから、まぁ、いいか)

ボケ具体例.2)
 料金が税込みで823円なので、1000円出したら、小銭が無いということで、180円のお釣りをもらいました。いくらサービスしてくれたのでしょうか。答えは、3円ですが、瞬時に浮かんできません。小学生か!本来、計算しなくても答えが見えるはずですが、脳の電線が切れたようです。

ボケ時計
 ボケたのは、頭ばかりでなく、約40年前の腕時計(ズ^ゥ~と問題なかったのに、急に曇った
IMG_4070207.jpg
 先日、机の中から出てきました。プラスチックみたいですが、金属です。(機械的な自動巻きで、いまだ身につけていれば動くんですよ) まあまあ正確です。ところが、汗が入ったのか、水が入ったのか、内部に霧が発生してボケボケ
 海苔を保管する真空容器に入れて除湿中です。(蒸気圧が低いので、水分が飛ぶはず)
     IMG_4070209.jpg
     いまのところ、時計としての機能は、保っていますが、うまくいくのでしょうか

お線香
IMG_4070214.jpg
 ということで、早めにお線香でも炊いて、成仏を願うか・・・ではなく、脱法ハーブでもなく

IMG_4070216.jpg
法事でいただいたお線香が大量に余っていますので、芳香剤として使っています。火気が心配なのと、消えた後、少し焦げ臭い(たぶん、金属クリップで立てているため)

対策?
IMG_4070213.jpg
 手を使うとボケ防止になるということか、どんどん皿洗いをしろということで、同居人が、大塚屋で買った布で、手作りの前掛けを作ってくれました。皿を洗いながら計算問題をやると、効果があるかもしれません。
「いちま~ぃ
「にま~ぃ
「さんま~ぃ
「ごま~ぃ
「はちま~ぃ
「じゅうさんま~ぃ
「にじゅういちま~ぃ
(フィボナッチ数列)

607話 ・女装 ・クールな工夫 ・M.シュナウザーの名前 ・なぜ急ぐ  - 2014.07.01 Tue


女装
 BS日テレの「久米書店」(日曜18:00-18:54)で、「脳内麻薬」という新書の紹介のため、脳科学者の中野信子氏が登場しました。
P1070887.jpg
<左:書店員の壇蜜、中:著者の中野信子、右:店主の久米宏>
 結構まっとうな、脳科学に関するインタビュー番組になっていましたが、 その中で中野さんが爆弾発言、「夫は、自宅では、ほとんど女装です」、「服の共用も、してます」とのこと。さらっと言っていたので、日常的なことなんでしょうね。
 私は、幼児期に卒業しましたけど


クールな工夫
 チマチマした人間なので、これが好きです 森永「ピノ」アイスクリーム
IMG_0199-001.jpg

 紙資源に出すため分解していて、箱の工夫を見つけました。
IMG_0203-001.jpg
 曲げる部分の一部に、すこし丸みを帯びさせているのです。

IMG_0201-001.jpg
そのため、少し膨らむので、止めの爪が嵌めやすくなります。

IMG_0205a.jpg
裏から見るとこんな感じです。
たかが包装紙と言われそうですが、いかにも日本的というか、繊細な工夫です。


M.シュナウザーの名前
 サンタ(ミニチュア・シュナウザー)の散歩の途中、同じ犬種のワンコによく出会います。
写真はありませんが、名前は、順不同で

きなこ  ロイ  ルーフィ  ヌルボ  ルナ  もみじ  (サンタ)

 平凡な名前がありません。というか、これが犬の名前? ご主人様が、かなり個性的な方ばかりなようで・・・(当方を含めて)これから命名される方は、参考に?してください


なぜ急ぐ
 いよいよ、集団的自衛権の閣議決定ですね、なぜ急いだのか、理由が見えてきました

 生煮え作戦です。
 以前、改憲を簡単にできるように改定しようとして、議論が沸騰したため断念しましたね。
 そこで、今回の集団的自衛権の解釈改憲は、議論が湧き上がる前に、ともかく早くまとめてしまう作戦です。

 地方自治体の議会は、保守系も含め、かなりの数、反対の方向です。自衛隊の人も、捨て石のように、自国の防衛以外の役割で死ぬのはイヤでしょう。積極的な賛成というのは、聞いたことがありません。賛成の場合も、憲法の話なのに、軍事的抑止力の話にすり替えられています。

 しかし、北朝鮮の拉致被害者が若干名帰ってくれば、いつの間にか話題が移ってしまうでしょう。
それも狙った絶妙のタイミングというわけです。

 こうなったら、戦争で非業の死を遂げた霊の方々に、ABE先生を、ご教育いただくしかありません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (318)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (53)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (35)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (345)
歴史 (34)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (178)
トモセラピー(癌治療)体験記 (61)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (111)
落語・美術・演劇など (61)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-