0612 257-001

2014-09

633話 御嶽山遥拝所ですが - 2014.09.30 Tue

 以前、勤めていた長久手市(愛知県)の会社の5階自販機コーナーから、あまり親しくない先生と御嶽山の噴気のようなものを眺めていたことがあります。いつだったか、はっきりとは覚えていませんが、2007年以降のことでしょう。当然、ここだったら見られるものと思い、望遠レンズを持って立ち寄ってみました。
IMG_0324.jpg
 さほど高いところではありませんが、北北東から北東に障害物はありません。

IMG_0330.jpg
 維摩池の南東角を少し登ります。厄除弘法大師の隣りです。

 北北東から北東へスキャンしてみます。なお、レンズは35ミリ換算で400ミリ相当です。
IMG_0325.jpg
北北東
IMG_0326.jpg

IMG_0328.jpg

IMG_0329.jpg
北東

雲はありませんが、ガスがかかった感じで、視程が短すぎます。何も見えません。
御嶽を見るために、次々に散歩のおじさん、おばさんが来られますが、皆さんガッカリ。
心眼で見えるという方もおられましたが、凡人には、当分ダメかもしれません。

632話 いろいろあって とりあえず あれこれ - 2014.09.27 Sat

本日
 サンタ(M.シュナウザー)の散歩で、こんなものを見つけました。
P1080070.jpg P1080072.jpg
お地蔵さんの頭部だと思いますが、大きさは10センチ程度です。これが、バスも通る道路の端に石ころのように置いてありました。
戦国末期には、石垣に墓石を使ったりしたようですが、これは、とくに土留めというわけでもなく、誰にも気づかれないかたちで、置いて(転がして?)ありました。なにかのオマジナイでしょうか。
--------------------
 テレビを見ていたら、突然、御嶽山が噴火しそうだという字幕が出て、すぐに噴火しちゃったという字幕が出ました。
NHKのデータ画面には、「地震・津波」情報はあっても、「火山」情報はありません。火山灰まで考えれば、被害範囲はかなり広いので、「地震・津波・火山」情報とでもした方が、よいのではないでしょうか。(それにしても、噴火予知はできるのでは・・・ 川内原発のこともありますし)

 下は、本日(9/27、16時ごろ)愛知県長久手市のスーパー「アピタ」の屋上駐車場からスマホで撮った御岳方面の画像ですが、雲が多くて全くわかりません。多少、噴煙も含まれているのかもしれませんが
IMG_i0408.jpg
 画面への書き込みは、だいたいの方向です。白い塔は、デジタルタワー(地デジ送信所)です。御嶽は、北よりも北東に近い
--------------------
昨日
 何度も言うように、2011年に名古屋市内で放射線治療(トモセラピー)を受けたのですが、
IMG_i0403-001.jpg
<正面のドアのはるか奥に装置がある>

 その後のチェックのため、地元の大病院と、施術した病院の双方に行っています。
今回は、地元の病院で生体検査(検尿と採血)のみ行いました。診察は次週
何も食べずに行ったので、帰りには病院内の喫茶店で、モーニング(コーヒー+サンドイッチ)というやつを注文しようと・・・
IMG_i0406.jpg
ところが、私の影が薄いらしく、かなりの時間無視されました。(壁と一体化、忍者か!)
ベテランのおばちゃんが気づいて、注文はできたのですが、出てくるまでにかなりの時間
ただし、支払いのときは、素早かったですねぇ
--------------------
 この日は、義母の2回めの退院と重なっていたので、朝、同居人を送って行き、夜迎えに行く必要もありました。
 その間にも、サンタの散歩
P1080069.jpg
もう、秋の空です。
--------------------
 その他、受講する予定の朝日カル地球科学の講座が休講になり、一方、某TV局のモニターを(特)モニタとして、もう一年やることが、具体化してきました。

時間切れ、本日、これまで

631話 演劇「島」 青年劇場による57年後の再演 - 2014.09.23 Tue

 「島」の初演は、1957年ということですが、それから53年後の2010年に再演され、今回は、57年後の再演ということになります。
 初演は、劇団民藝によって行われ、翌年には、岸田國士戯曲賞を受賞しています。


 広島市に近い瀬戸内の島における、戦後間もない頃の生活を描いた劇です。
img251.jpg
<主にこの場所で、話が展開

 主人公(栗原学)は広島で被曝し、生死の境から生還した青年で、島で教員をやっています。そこへ、東京で働く元ライバルがやってきて心乱されたり、近しい人が原爆症で死んで、自分も心配になって、好きな人と結婚できないなどの話が綴られていきます。さらに、魚雷解体現場で爆発事故があり・・・少年の怒りが爆発・・・

img247.jpg
<出演者>

 関係者の間では評判が良いようですが、私は、なにか微妙な違和感を覚えました。
 すごい熱演で、演技とか演出の問題ではなく、脚本の古さだと思います。
 観ている間に、徐々に、既視感とともに、異邦人になったかような感覚にとらわれました。広島弁に馴染みがないということもありますが、あまりにも昭和・戦後の雰囲気が出ているのです。今から見ると、仕事や人生に対する価値観があまりにも違いすぎます。
 パワハラ、セクハラに近い台詞が多いのは、1951年ということで理解するとしても、たとえば、地元の教員であることを、負け組のように言ったりすることは、ちょっとねじれた感覚で、最後まで理解できません。

 メッセージ性を持ったリアリズム、いわゆる新劇の本道を行く演出・演技で、何十年か前にタイムスリップしたかような感覚すら覚えました。
 前半、登場人物を浮かび上がらせるため、日常生活をリアルに描いていて、テレビの朝ドラを思わせますが、舞台では、正直、退屈です。というか、観客のかなりの割合が、被爆、朝鮮戦争特需、当時の地方生活者の学歴について、ピンと来ないのではないでしょうか。早い話、生まれていないか、物心ついていないわけで、プロジェクターを使って図解する必要があるかもしれません。

 これはもう、時代劇・戦後史劇だと思って演出し、観劇すべき時期にきているのかもしれません。
 世の中が、戦争の実体を知らず、好戦的な雰囲気が漂う中、「島」のような演劇を上演することには意義がありますが、部分的に補足したり、割愛したりして、理解を深める工夫が必要でしょう。

素人なりに印象評価すると、
新規性:-(狙ってない)、問題提起:◎、楽しさ:△ 、掘り下げ:△+、今日的:◯、共感:◯、
出演者:◯、人権配慮:△(演劇ですからねぇ)
といったところでしょうか

630話 ・秋 ・崖崩れ!? - 2014.09.20 Sat


 義母の眼の手術の関係で、実家で一泊。

 サンタ(M.シュナウザー)の散歩で見た夕空。秋ですねぇ~。
P1080047.jpg
右下に名鉄電車も写っています(名鉄本線、岐阜→名古屋)(ポケットデジカメにて)

 翌朝の散歩
田んぼでは、稲穂が頭を垂れはじめています。
P1080052.jpg

612話(7/15)の俗名ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)を再掲します。
これが、どうなったかというと・・
P1070892.jpg

こうなりました。水路に居たのを、この辺りにいっぱい居る白鷺が、くわえて放り出したようです。
P1080051.jpg
すぐ横にあるU字溝の厚さと比べてください。
--------------------
 義母は、翌日の午前中に退院なので、迎えに行きました。
P1080054.jpg
<病院付近;停車中の車の窓から>画面奥の右側が、新しくなった一宮駅

手術した右目は、ずいぶんキレイに見えるようになったそうです。
左目は、1週間後になります。


がけ崩れではなかった

 スーパーの駐車場から北東の方向をみると、崖が崩れたような新しい土の面が見えました。
P1080007-001.jpg
すわ、崖崩れ(あるいは土石流)かと思い、中水野駅(愛知環状鉄道)へ行くついでにのぞいてみました。

途中、こんな看板も。 この小さな川が、土石流危険渓流ということです。
P1080035-001.jpg

崖が見えてきた。やりかたは荒っぽいが、人工的なものようだ。
P1080038-001.jpg

寄ってみても、肉眼でも、ポケットカメラでも、よく分からない。
P1080039.jpg
 高さ5m以上はありそうです。崩れませんかねぇ?
このあたりは、川が作った平坦地が隆起して中位段丘となったところのようですが、 陶磁器のなにか希少な原材料でも採掘するのか、単なる資材置き場にするのか。いずれにせよ、ほぼ垂直な切削面が放置されているのは、広島と違い、崩れない土だということでしょうね。(半分、嫌味)

P1080043.jpg
疑問が解決しないまま、中水野駅に向かって、配水管の上(幅50cm程度)を、トボトボと歩く。

629話 Nスペ 立花隆「臨死体験の謎に迫る」 超要約 - 2014.09.16 Tue

 立花隆氏は、7年前、膀胱ガンを切除したのですが、今年、再発したため、再度切除しています。
 20年ほど前から臨死体験の取材を続けていますが、ガンが分かる前と、ガン発症後では、死に対する距離感が違うと言っています。
 また、その後の脳科学の急速な進展もあり、NHKスペシャルとして「臨死体験の謎に迫る 死ぬ時心はどうなるのか」というテーマで番組がつくられました。
 1時間13分の長い番組ですが、例のごとく、テキトーに超要約して紹介します。話の順番も、ディテールも、グチャグチャですが、見たい方は、再放送?か、NHKオンデマンドで見られるのではないでしょうか。
--------------------
P1080010.jpg
<早い話が、こういうこと>死の間際、体から抜けだして、天井から周りの状況を見ていたりする。そして、お花畑を抜け、光に包まれて宇宙の彼方へ

 ちょっと前は、神秘体験として眉に唾を付けて見られていたが、近頃では、ふつうのことに(生還者の5人に1人)
P1080011.jpg
 アレキサンダー先生は、自身が臨死体験したのがきっかけで、本格的に研究を始める。(義弟と同じで、脳に菌が入った。生還率2%)
 乳児(1ヶ月)ですら、すこし大きくなって(2歳)から体験を話しだした例もある。

 医学的に見ると、以下のようなことがある。
P1080012.jpg
 ボルジギン准教授は、心停止後のネズミに、数十秒間微弱な脳波が残っていることを見つけた。

 また、脳への電気刺激で、人工的に体外離脱現象を起こすことができたとの研究もある。

P1080009.jpg
<磁気刺激で、擬似臨死体験を試みる立花氏>

P1080014.jpg
 エーソン教授は、体外離脱現象を脳の機能崩壊とみる。これも、立花氏が擬似体験

P1080015.jpg
 利根川教授の言うフォールスメモリー(偽の記憶)というのは、とくに幼児の話に関係か。人工的にフォールスメモリーを植え付け可能なことは、実験的に証明されている(SFが現実に、こわー!)。脳の想像力を司る場所が関係。

P1080016.jpg
 トリーニ教授は、感覚とかいろいろな脳の中の情報が、蜘蛛の巣状に結びつき、一つにまとまった状態が意識(≒心)で、統合情報理論で数式化可能としている。

P1080018.jpg
つまり、こんな式 と言われてもねえ・・・
要は、人以外でも、神経細胞の多さとつながりの複雑さに応じて、それなりに意識(≒心)があるということ
逆に言えば、「脳が死ねば心も無くなる」派なんですね
反対に、機械も複雑になっていけば、理論上、心を持つと言っています。(現代のマシンでは、まだまだ)(ブログ管理人:世界中のコンピュータがネットでつながっていると、なにか起きないか?)

P1080021.jpg
 ネルソン教授は、神秘体験の起きる場所を、脳の辺縁系だとしています。

P1080023.jpg
脳の奥のほうです。恐竜にもある原始的なところ
夢を見る場所と同じです。
死ぬときは、たぶん、もれなく神秘的な体験ができるそうです。とくに、夢を見やすい脳を持っている方
なぜ、そんなことを起こす必然があるのかは、科学では説明不能の問題で、信念(宗教?)の世界のようです。
(なお、敬虔なクリスチャンである教授の奥さんは、天国を楽しみにしながら、取材の半月後、亡くなられたそうです)

P1080024.jpg
 最後は、立花氏と交流のあるムーディ医師ですが、(自殺で)臨死体験してから、死後の世界を認めるようになったそうです。

 取材を終えた立花氏が感じたことは、「死ぬことが怖くなくなった」ということです。
ブログ管理者も、100%生存保証期間が、あと2年ですが、幸い、無名でボンビーなので、死ぬこと自体、全然怖くありません。

628話 ・実家へ ・豪雨の中で見るTV各局の雨雲レーダー画面 - 2014.09.12 Fri

 定例の同居人実家訪問です(三日前)。
P1070986.jpg
<実家近くのJR東海道本線を行く、田んぼの中の貨物列車>

 よく分かりませんが、この辺りの稲の生育に、問題は無いようですね。
それにしても、どこの方が耕作しておられるのか? 近くに農家風の家が見当たりません。

 義母は、この日、総合病院の健康診断で、白内障の手術を勧められ、市内中心部の専門病院を受診することになりました。近頃、高齢の方は、ほとんど手術をされているようで、まったく驚かなくなりましたが、効果にはかなりの差があるようです。紹介された病院は、地元で有名なところなので安心です。ただ、中心部までの通院が大変です。

各局の雨雲レーダー画面

 全国というか世界中で、異常気象になっています。
昨日は、尾張東部の自宅付近も、激しい雨が降りました。雨雲の中心から少し外れていましたので、雨は比較的短時間でしたが、雷が長く続いたので、パソコンは止めていました。
 その時、各TV局の情報画面に出ていた、雨雲レーダーの画面を比較してみました。
P1070989.jpg
CH1:東海テレビ 動きが予測できるが、画面が小さい 豪雨は捉えている

P1070988.jpg
CH2&CH3:NHK-E&GTV 静止画で、予測はない 豪雨は捉えているが、今後の動きが分からない(メッシュ画面での予測はあるが、局所豪雨の表示に対応できない)

P1070990.jpg
CH4:中京テレビ ともかく、表示が遅い(画面を凝りすぎて重い?)局所豪雨は、分からない

P1070991.jpg
CH5:CBCテレビ 静止画 豪雨は捉えているが、この後どうなるかは分からない

P1070993.jpg
CH6:メーテレ 3時間先までの予測あり データ更新が遅い??

P1070997.jpg
CH7:三重テレビ 予測もあるし、見やすい 当然、三重県が中心 画面には無いが、豪雨を捉えている

P1070995.jpg
CH10:テレビ愛知 雨雲レーダー画面無し

 結局、気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」級のものはありませんが、雨の多い三重テレビの画面が、最も実用的といえるでしょう。
これも、進化論的な環境適合でしょうか

627話 ナンチャッテ本か?廣宮孝信著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」 - 2014.09.08 Mon

廣宮孝信著「日本経済のミステリーは心理学で解ける」 徳間書店 (2014.8.31)
IMG_0312.jpg

 はじめに、標準的な経済の専門書を探しておられる方には、おすすめできないことを、断っておきます。
(本のタイトルと内容には、かなりズレがあります)
--------------------
 日本が、国として約1000兆円というとんでもない借金を抱えながら、さらに公共投資ということで、借金を増やしているのですが、破綻しません。
 一方では、大多数がまじめに働いていてもデフレから脱けられなかったのに、アベノなんちゃらで、株が高くなって富裕層が増えたという現実があります。

 そのあたりの謎を、心理学で解き明かそうというものです。
といっても、名探偵が現れるわけでもなく、広間での謎解きがあるわけでもありません。

 始めっから、筆者は、破綻なんか屁とも思わない派のようで、どんどん借金しろとしか読めません。いずれにせよ、日本は、国債を日本の銀行・個人が引き受けているから大丈夫だというわけです。少々破綻しても、ものづくりを続けていれば、ブレークスルーして、かえって強くなるとすら言っています。

 それで、全体の3/4を使って、マクロ経済と心理の関係を論じています・・・後半は、ほとんど、個人の心の安定化のはなしになっていますが

 注目しているのは、無意識(元型)の部分です。さまざまな繰り返しの刷り込みで、感染され、集団的無意識として、躁になったり鬱になったりします。集団的に鬱になれば、マクロ経済にデフレ傾向をもたらすとしています。

 本の後半になると、前半と調子が変わり、積極拡大と財政均衡のどちらも肯定するようになっています。
というのも、結局、冷静にものごとに対応できるためには、無意識(元型)の部分の支配から逃れ、脳の新皮質の個性的で論理的な判断に委ねるようにすべきだと言っていて、その観点から見れば、双方の極論は、最適解ではないということになります。

 最終的には、個人の心理トレーニング法にも言及しています。
--------------------
 ここからは、感想みたいなものですが、
 国の借金というのは、税金が有効に使われていれば、税収が伸びて、そんなに増えないんじゃないですか?
このままでは、さすがに、いつかは破綻するのでは・・・
「財政破綻の恐怖は、心理トレーニングで融ける」というのが、本当のタイトルだったりして
オー怖ゎ!・・・心理トレーニング使用前

626話 気分爽快 - 2014.09.05 Fri

 ここのところ何日も、しんどい状態が続いていましたが、平熱なので、“デング熱”でないことは確かです。

 それが突然、本日昼過ぎに治りました。

・気分が悪かった原因の一つ
 コーヒーをFAXで発注するのに、0120-****と入力して送信したんですが、送信画面には、04*-****-****と、神奈川県あたりの番号が表示されました。
自動転送とは思いますが、気持ち悪ぅ~
VISAカードの番号が書いてあるので、不安です。詐欺の多い時代ですので・・・

結局、足掛け5日で、現物が届きました。ほっ!
IMG_14090308.jpg

株主優待価格ですが、泡沫株主ですので配当よりも高くつきます。(無償配布分もあり)
IMG_14090304.jpg
とはいっても、AROMA FLASHと書いてある缶が、ほんとうに香りがいいんです。尾張の田舎では、店頭で見たことがないので通販ということになります。

AROMA FLASHの前に、パラダイスマウンテンというのを、試しました。
何日か、レギュラーコーヒーが切れていたので、ぼ~っとしていた頭がはっきりしただけでなく、全身の調子も良くなりました。

調子が良くなった理由として言えることは、
1. FAX誤転送かもというストレスから開放された
2. カフェイン切れが解消された単純にはこれ
3. (昼食を、ごく少量で済ませた)
4. 朝のサンタの散歩が、約6000歩だった(朝夕で13000歩超え)
5. 前日、ハルナールDを飲んだ(前立腺の薬)
6. エアコンで除湿(70%→50%)

7. 内閣改造が終わった???・・・つまらない話なのに、うるさかった・・・すこしは静かに
8. 昨日、朝日新聞に「池上彰の新聞ななめ読み」が掲載された(見合わせとか何とか言われていたが、よかった)
9. 小林よしのり氏(ゴーマニズム)のインタビュー記事が、今や理性派に思えてきた(急ごしらえのネット右翼多すぎ)

7ー9は、こじつけです。
 特定機密保護、集団的自衛権ときて、内閣の次の仕事は、言論をアンダー・コントロールにすることでしょう。
 言論封殺、マスコミ攻撃は、最後の段階として、とりあえず自主規制する空気をつくることでしょう。
乗せられてはいけません。空気を読まない、さまざまな書き手・表現者の存在が、貴重になってきました。
では、また、ごきげんよう、ハイチャ

625話 ・芝刈り機の整備 ・和風アイデア“理想のトマト”の容器 - 2014.09.01 Mon

 どうもしんどいと思ったら、最高血圧が100未満です。最低血圧もめちゃ低いので、血管は柔らかそうですが、眠くて、固有名詞が出てきません。認知症の予備軍?
 天候不順も関係してるかも。ジメジメ、ジクジクで、バス通り脇の歩道にすら、きのこが生えてきました。
P1070978.jpg

芝刈り機の整備

 雨の合間に芝刈りをしたら、水分が多いせいでしょうか、10年近く使ってきた芝刈り機が、はじめて、刈った芝を吸い込まなくなりました。
この形式です。パナソニックではなく、まだ、ナショナルと書いてありますね。充電式ではなく、電源ケーブルを伸ばして使う電動式です。
IMG_14090295 (2)
緑の大きな箱が、刈った芝を収容する容器です。昔のアメリカの電気掃除機のようなデザインですね。

IMG_14090297.jpg
横に倒した状態ですが、左側のギザギザの部分で刈り取って、刈った芝をその奥(画面右)へ、ファンで吸い込みます。

吸い込んだ芝は、中央の長く白い部分を通って、最上部から排出されます。
IMG_14090295.jpg

芝を吸引するファン部分のカバーを外した状態です。螺旋のように見えるのが、ファンの羽です。
IMG_14090303.jpg
ここに、なぜか微細粉末になった草が、片手で握れる程度詰まっていました。写真は、清掃後の状態です。

清掃後、試運転しようと思ったら、また、雨です。あぁ~ぁ


和風アイデア“理想のトマト”の容器

 以前、アイスクリーム“ピノ”容器の日本的ともいえる繊細な工夫について紹介しましたが、こちらは、几帳面アイデア賞でしょうね。
IMG_14090289-002.jpg
 伊藤園の“理想のトマト”ですが、使用量の目盛が付いています。不透明のパッケージをした場合、どうして目盛を付けないのかと疑問に思っていましたが、同じことを考える人は居るようです。もう少し、幅があったほうが見やすいとは思いますが、私のように残量が気になる方には便利です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (321)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (81)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (369)
歴史 (34)
思い出・出来事 (139)
その他(時の力) (196)
トモセラピー(癌治療)体験記 (73)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (23)
リニアック放射線治療 (5)
聴く・観る (119)
落語・美術・演劇など (69)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-