0612 257-001

2015-07

722話 ・電球色に一つの利点 ・たこ焼き雲? ・火花 - 2015.07.30 Thu

電球色に一つの利点
 LED照明器具には、色を調整できるものがありますが、蛍光灯器具では、ランプ交換の際、電球色・昼光色・白色の選択を迫られます。
 西日本は昼光色が好きで、東日本は、電球色が好まれるという統計がありますので、「蚊に喰われる」と「蚊に刺される」の違いと同様、明かりをみれば、西日本系の家庭か否かが分かるはずです。(青白い光だったら、関西以西?あくまで、統計上なので、例外も・・・)
 個人的には、電球色が好きなのですが、眠くなるから嫌だという同居人の主張により、従来は、せいぜい、白色でした。
最近は、こっそりと、電球色化を進めていますが、あまり文句が出なくなったのは歳のせいでしょうか。
 
 電球色には、思わぬ利点があります。
IMG_15071669c.jpg
これは、電球色の照明ですが、ランプカバーに虫の死骸が見当たりません

 一方、同時期に掃除した昼光色の方は、ランプカバー中心部に、何匹もの死骸が見えています。
虫は、昼光色がお好きなようです。
IMG_15071670c.jpg

ということで、電球色化を推進していく良い口実ができました。
ただし、電気スタンドは、白色の方が、文字が読みやすいので、併用することになります。


猫首雲(たこ焼き雲)
 夕方のサンタの散歩のとき出ていた雲です。
この雲だけ赤っぽく、まんまるに見えました。たこ焼きみたいだと思って撮ったんですが、写真を見ると、地上を見ている猫の首のように見えます。チワワみたいでもありますが
IMG_15070565i.jpg

火花
そういえば、ぴーす又吉直樹氏の「火花」をダウンロードできますよ、というメールが、SONYから来ていたので、試みたのですが、どうも、読めない環境のようです。大体、SONYのホームページとは、相性がわるいようです。
iPadへでもダウンロードできたら、読んでみたいのですが・・・

721話 魔女の秘密展 @名古屋市博物館 - 2015.07.28 Tue

 厳密なことは分からないが、日本では、魔女を、排斥の対象にしてこなかった。
 山姥を殺したという話は少なく、もっぱら、だまして逃げたという話が多い。
 まして、小悪魔ともなれば、羨望の的でもある。(すっご~く古くは、加賀まりこ、今は、???)

 もともと、日本が、鬼道のプロ、西欧式に言えば魔女のような、「卑弥呼さまが支配する国だったからかもしれない。

 名古屋市博物館で開催中の「魔女の秘密展」は、漫画家の作品を除き、日本ではなく、西欧の魔女の資料が展示されており、ま、いわば、冤罪、拷問、虐殺の歴史を示すものになっている。

 とは言え、観覧者は、95%以上が比較的若い女性であり、魔女とされた中世女性の血の痕を求めて集まっているのは、ごく一部と思いたい。
IMG_15070558i.jpg
<魔力で、スマホ写真もボケる>

IMG_15071681c.jpg
 これは、魔女とされた女性が着せられていた服であるが、なぜ残ったかというと、火炙りでなく、斬首されたためである。火炙りが多かったので、残っているのは、これだけとされる。着せていた理由は、単なる囚人服ということではなく、香を炊き込めたりして、魔力をシールドして使えなくするためである。

IMG_15071680c.jpg
 こちらは、首切り役人が着けていた鉄の面。世間の人に見られたくないということと、魔女の呪いから身を守るためのもの。

IMG_15071682c.jpg この、指圧のツボと関係なく、やたらとトゲが出ている椅子は、自白強要の拷問のためのものとされるが、どうも、伝えられた話(たぶん誇張してある)にもとづいて、後の時代に作られたもののようである。

IMG_15071679c.jpg
<図録>詳細は、こちらをどうぞ(会場内で販売)

 これは、実物
IMG_15070556i.jpg
<無料の貸し衣装>古くは、雄羊に乗って空を飛んだとか。 薬を塗ることで、乗らなくても飛べたとか。いまは、ほうきですねぇ~

 なお、魔女の実態は、小氷期で農業生産が落ち込み、庶民の不安、不満が大きくなったので、そのはけ口として、女の浮浪者を捕まえてきて、拷問にかけ、魔女に作り上げて、火炙りなどにしたのが真相のようです。
桁違いに処刑された人数が多かったのが、ドイツで、のちの、ナチスのホロコースト・ユダヤ人大量殺戮を、連想させます。

 おすすめ度は、75%かな
小さな展示品が多く、混んでいて(凝視して動かない人が多い)よく見えないため、-25%です。
空いていたら、80%以上になるかも

720話 散歩で見かけた V (レトロな地域 虹と夕焼け) - 2015.07.24 Fri

 週のはじめは、ごく近い姻族男性の通院のため、またまた、尾張西部へ
サンタ(M.シュナウザー)連れですので、現地を散歩
IMG_15070547i-001.jpg
右に少し上り勾配になっていますが、その先は、木曽川橋で、競馬場のある笠松の方向になります。
◯△食堂というレトロな店があり、昭和末期の雰囲気が、漂っています。

IMG_15070548i.jpg
 こちらは、多少、新しくなりますが、戸建てとマンションが、密着して混在する町並みは、バブルの名残でしょうか。
かなりの息苦しさを感じるのは、私だけ?

IMG_15070546i.jpg
マンション駐車場の端っこです。道路と段差があるのは良いとして、排水溝が、道路よりも上にあります。
道路が沈下したか、それぞれが、勝手に造られたかのどちらかでしょう。たぶん、後者でしょうけど(やっぱ、バブルの時代だ)
------------ー
 自宅に帰ってから、連日、暑い暑い!

 サンタは散歩から帰り、食事がすむと、バタン!キュウ! 夢は荒れ野を駆け巡る
IMG_15071674c.jpg

 昨日は、虹が出ましたが、スマホでは、写真になってないかも(中央部ですが、分かりますか?)
IMG_15070551i.jpg

 今日は、夕焼けです。明日も、暑そう
IMG_15070552i.jpg

 体が慣れたのか、冷房28℃設定で、丁度良い感じになりました。(涼しくはない)

719話 散歩で見かけた IV (聖書、雀、泰山木の実、道路の亀裂、家屋取り壊しII ) - 2015.07.22 Wed

 同居人が、ライオンキングの真似をして飛び跳ねて、捻挫したなんてことは、書けないので、相変わらず、サンタ(M.シュナウザー)の散歩で見かけた光景から

 近所の教会、月曜(日曜礼拝の翌日)の朝
IMG_15070538i.jpg

となりの小さな公園のベンチに、聖書の落し物(忘れ物)がありました。
IMG_15070539i.jpg
マルコの福音書」のページが開かれていましたが、こうして空に向けておくと、何か良いことでも?
------------ー
 サンタが縁石との境を気にするので、よく見たら、雀の死骸です。上空は電線なので、電線音頭(古っ~!)でも踊っていて落ちたのでしょうか。
IMG_15070530i.jpg
------------ー
 これも、落下物ですが、泰山木の実。5cm以上ある大きなものです。花もデカイ(国内最大級)のですが
IMG_15070527i-001.jpg
------------ー
 これは、道路にできた大きな亀裂
横のマンホールは雨水用ですが、ここは、急坂の最下部なので、水量が多くて、排水管から漏れだして、地中がえぐられているかもしれません。
車が、落っこちなければ良いのですが(パトカーがよく通るので、連絡済みとは思いますが)
IMG_15070528i.jpg
------------ー
 法律ができて、古い家が、どんどん壊されていますが、これは、まだ新しい賃貸物件
水回りなんかが、まだ綺麗で、もったいない感じがします。(地上げ屋が横行した、バブルの頃を思い出します)
 このあたりでは、賃貸よりも、お値打ちな戸建ての方が、人気があるのでしょうね。
IMG_15070533i.jpg

IMG_15070534i.jpg

 以上、尾張東部の地元散歩道から

718話 ビッグデー 2015年7月15日(病院・美術館・劇場)その3 - 2015.07.19 Sun

名古屋演劇鑑賞会、青年座公演「ブンナよ、木からおりてこい」
会場:名古屋市民会館中ホール
img1507326s.jpgクリックで、拡大できます

<717話(7月17日)のつづき>

 名古屋ボストン美術館から市民会館中ホールまでは、徒歩5分程度の至近距離で、地下道を通れば、ほぼ、暑さ知らずである。市民会館へ向かう人の群れは、99%以上、同じ目的のようだ。

 高齢女性の集団が、「今日は、爺さんばっかりよ」
たしかに、昼の演劇鑑賞(マチネ)に来られるのは、爺さんばかりに違いない。
しかし、「あんたらに言われたくない」とは、とても口に出しては言えない。
------------ー
「ブンナよ、木からおりてこい」
作:水上勉 補綴:小松幹生 
演出:磯村純 
美術:長田佳代子 
衣装:三大寺志保美

 ちょっと変わった表題なので、内容を類推できない。中身をそのままタイトルにするのなら、「弱肉強食(鳥獣)戯画」といったところだろう。

 カエル(蛙)が中心におかれた話である。半数以上の出演者は、カエルの衣装で演技をするのだが、鳥獣戯画でも描かれているように、カエルはまっすぐ立つとひっくりかえるので、ずぅーと前かがみでなければならない。かなり、しんどい仕事である。青年座の面々は、少年期に、「ガマ太郎」と呼ばれた私から見ても、なかなかのカエルっぷりである。

 もともと、少年・少女向けのファンタジーとして創られたものらしく、基本的なストーリーは単純である。
------------ー
 お寺の池にカエルの集落があり、ブンナは、そこの見張り役のトノサマガエルの若者
そのブンナが、皆の制止をふりきり、平和な理想郷を目指して椎ノ木のてっぺんに向かう。

 やっと到達した椎ノ木のてっぺんには、すこしの土もあり、極楽のように見えた。

 ところが、そこは鳶の餌置き場で、羽根の折れた雀、瀕死の百舌鳥がいて、鳶に喰われるのを恐れながら、動けないので留まっているところだった。
 次々に喰われ、そこへまた、獲物となった鼠、青大将が、持ち込まれる。
 この演劇のいちばんおいしいところなので、詳しくは書けないが、それぞれ、自分だけは助かろうとしたり、脱走を試みたりする。自殺など想定に無い動物たちは、命がけである。ここではブンナも、ひとつの食品にすぎない。

 結局、ブンナは・・・中略・・・

 地上の蛙の集落でも異変が・・・
(「沈黙の春」を思わせる事件)
------------ー
感想)
+面
・ジャングルジムのような舞台装置を、縦横無尽に動き回る若い出演者たち。それだけでも見もの(私が真似したら、筋肉痛で一週間は寝込みそう)
衣装がよく出来ていた。とくに蛇(青大将)は、やや、蜥蜴っぽいが、なまめかしく、巻かれてもよいような気分にすらなる。
・湧き上がる生命を象徴するようなシャボン玉が、美しかった。
・鳶に喰われる場面を、大きな鏡に映ることで表現している。写り込んだら、あちらの世界へ行ってしまうということか。理屈はともかく、効果的な演出だった。

 全体に大人の鑑賞に耐えるというか、むしろ、ある程度齢を重ねたひとに共感が得られる芝居に成長していた。

-面
・こういうのが好きな人もいるのだろうが、最後のまとめ的な部分が、お説教くさい。

蛇足:演出の磯村純さんは、18歳まで名古屋で過ごしたとのこと

img1507327s.jpg
<出演者>劇団 青年座

717話 ビッグデー 2015年7月15日(病院・美術館・劇場)その2 - 2015.07.17 Fri

 716話(7月16日)からのつづき

 地下鉄のエレベーターは、病院の建物とはすこし離れているが、敷地とは直結しているので、たまに、疲れた南山大の学生も混ざることがあるが、ほぼ、病院専用のように使われている。

 地下鉄名城線での帰りは、環状左回りに乗るのだが、金山へ行くため右回りを待つことになる。
 プラットフォームに、恐ろしく青い顔をした中年女性が立っていた。まるで病人だ。
 
 といっても、ここは、病院直結に近い駅だから、当たり前かもしれない。そういう私自身、余命がそこそこになってしまったわけなので、本当は見えない異界の人が見えたのかもしれない。それぐらい、青かった。

 金山では、劇団青年座公園の「ブンナよ、気からおりてこい」という演劇を観るので、開演までの時間を、名古屋ボストン美術館でつぶすことにした。
 偶然、原田伊織著「明治維新という過ち」というペーパーバックを、読んでいるところなので、うまくシンクロしている。
「ダブル・インパクト」というのは、日本が西洋から受けたインパクトと、西洋が日本から受けたインパクトの両方を見てみようという意味らしい。
   img1507323s-001.jpg
  <美術展の広告>上が、河鍋暁斎、下が、黒田清輝

   img1507322s-001.jpg
   同、横山大観、揚州周延

img1507324s.jpg
   <裏面A

img1507325s.jpg
   <裏面B

 教科書に載っているような有名な絵ばかりだが、私は、工芸作品に心を惹かれた。
たとえば、裏面Aの右下、柴田是真の「野菜涅槃図蒔絵盆」は、実物を見て、その技量の高さに衝撃を受けた。おそらく、初めてこれを見た西洋の人も、驚いたのであろう。

 裏面B左上の高石重義「竜自在」は、鉄製であるが、かなり大きなもので、全身が自在に変形できる。関節はもちろん、鱗一枚一枚に自由度が設けられているためだが、実現するには、恐ろしい執念が必要だろう。
 
 また、裏面B右中、旭玉山の「人体骨格」は、手のひらに乗るほどの小さなものであるが、解剖医のもとで学び、実際の人骨に基づいて作られており、精密極まりない。人骨の可動部分は、すべて、動かすことができる。玩具ではなく、医学教材としての使用に耐えるものである。ちなみに、売店で、これのプラモデルを売っていたが、本物を見てしまうと、稚拙に見えて買う気が失せる。

 裏面B上段中、柴田是真の「千種之間天井綴織下図」も、描かれた線の美しさに、時空の壁を超越して引き込まれるような、恐ろしいほどの色気を感じた。

 なお、時間があれば、レクチャールームで上映している映像(23分?)をおすすめします。明治人が、迷い、戦った作品の背景にあるものとか、時代の空気が分かるような気がします。

つづく
つぎは、劇団青年座公園の「ブンナよ、気からおりてこい」について書く予定です。

716話 ビッグデー 2015年7月15日(病院・美術館・劇場) - 2015.07.16 Thu

 2015年7月15日、国会では、国の方向が、保守系過激派組織によって、ねじ曲げられる事件が起きた日でしたが、個人的にも、色々ありました。

 サンタの散歩をしてから、愛環鉄道「中水野」から中央線を経て、地下鉄で名古屋の八事方面の病院へ
IMG_15070524i-001.jpg
<中水野駅構内 ホームの下に見えているのは、レンタル農園>

 病院では、待ち時間に関するアンケートをやってましたが、予約時間+5分で受診できたので、何の文句もありません。地元の病院では、1時間ぐらいが、普通なので、優等生ほど100点(待ち時間ゼロ)を目指して頑張っているということでしょうか。
 で、検体検査のデータを見ていただいたんですが、「これは、再発の始まりか?」というお言葉でした。
ゲッ
 「PSAが、2を超えたら、骨への転移なんかを調べることになりますが・・・当院では
 地元の病院でも同じでしょう
 そのあとは、ホルモン治療になるんでしょうね
副作用については、今は、薬が選べますから・・・ただし、値は張りますが」
 ということで、PSAのグラフに、破線を追加

PSA53-2.jpg

 まあ、そういうことで
IMG_15070525i.jpg
<正式名称は、忘れましたが、仮称「ジャミジャミ肉蕎麦」和蕎麦です>高い割に、さして旨くない。不味くもない。ワサビは本物っぽい

IMG_15070526i.jpg
 場所は、スカイレストランではなく、1階のフードコートのような場所
看護師さん達は、同じフロアのコンビニで、弁当を買ってました。たぶん、そのほうがC/Pが良さそう。

 食後、地下鉄で金山へ (つづく)
(どーでもいいけど、7月16日に716話でしたね)

715話 長州へ向かう台風11号 機能性ノンアルビール と 蚊の出入口遮断 - 2015.07.14 Tue

長州へ向かう台風11号
 台風11号は、土佐から、首相の選挙区の長州へ向かうようです。
 折しも、国会では「集団的自衛権法案」が、明日にでも、一方的に採決されそう。
 成立したら、国防云々よりも、解釈改憲(憲法骨抜きの術)の道を作った首相として後世に残るでしょう。
 それにしても、首相のたとえ話は、小学生レベルで、国民を相当バカにしているとしか思えません。
 麻生くんがどうとか、戸締まりがどうとか、真面目に言っているのだったら、そのまま、法律の文章にすれば分かりやすくなりますがねぇ。

機能性ノンアルビール
 毎日1万2千歩以上歩いているのですが、明日も病院へ行く隠れビョーニンなので、ボツボツ酒でも断とうかと思っているところです。
ノンアルコールビールも、そこそこ旨いものが出てきましたし・・・

 さらに、最近では、機能性のノンアルコールビールの宣伝も、かなり派手にやられていますね。
IMG_15071652.jpg
 左が、「特保」の「サッポロプラス」で、糖の吸収を妨害するタイプですので、中性脂肪対策になります。
 中が、「機能性表示食品」の「アサヒスタイルバランス」で、ほぼ同様の狙いの製品です。
 右は、「コラーゲン2000」というもので、効能は表示してないのですが、美肌ねらいのものでしょう。

 全部飲んでみましたが、コラーゲン配合以外は、マズイ
苦味はあるが、ビールの香ばしさが無い
やっぱり、昔の青汁のように「マズイけど、もう一杯」というたぐいですね。
次回の検体検査のとき、2週間ぐらい特保のにかえてみましょうか(効果があれば、うれしくて報告するかも)


蚊の出入口遮断
 水のあるところに蚊が発生するということで、排水桝の開口を、網戸の網で塞ぐと良いというヒントをテレビでやってましたので、適当な網を探してましたら、100円ショップにありました。ゴミネットということで、60枚108円でした。
これを、孔のところへ雑に置いてみました。
IMG_15071656.jpg
<例.1>
IMG_15071655.jpg
<例.2>
 全部で4箇所あり、通路ではないので、固定してないのですが、様子を見て、もう少しきちんとする必要があるかもしれません。

714話 サンタ(M.シュナウザー)の美容院 - 2015.07.11 Sat

 サンタ(M.シュナウザー)の美容院は、このところ春日井市の押沢台にある「リーべ」へ

Liebeクリックでリーベのホームページ.

 ペットのお泊りをお願いしたくて調べたら、候補として挙がってきました。周りの環境もよく、丁寧に預かってくれそうそうだったので、(イヌ好きオーラあり)お願いしたのがはじめです。もっとも、お泊りの前に、美容室を利用することが条件ですが(お見合いみたいなもの?)。
今回で、10回目なので、特別半額サービス

IMG_15071666.jpg
<翌日のサンタ>はよ いきまひょ 散歩

IMG_15071661.jpg
そのまえに なんか ちょ
------------ー
 なお、リーベヘ行くには、高座山を半周する感じになります。
IMG_15070520i.jpg
<県道53号春日井瀬戸線>車の中から

IMG_15070521i.jpg
これが、高座山標高194m(強固な岩山)
山の大半が、航空自衛隊高蔵寺分屯基地になっていて、ここが入り口のひとつ
飛行機もヘリも見当たりませんが・・・
兵站倉庫ではないかという噂も
安保ナンチャラ法が通ると、忙しくなるかもしれません。スマホを向けると、捕まるようになるかも(一昔前の中国では、当然NGでした)

713話 散歩で見かけた III - 2015.07.08 Wed

 ごく近い姻族男性が退院ということで、尾張西部(一宮)に一泊。
濃尾平野でのサンタ(M.シュナウザー)の散歩

IMG_15070503i.jpg
 農薬を使っていないんでしょうね。しらさぎなど、鳥がいっぱいお食事に来訪

IMG_15070507i.jpg
 この地域「虫祭」ということです。<虫祭公民館>
古代の香りのする地名です。随分前のことですが、義父は、発掘調査を手伝ったと言っていました。

 以前、書いた、鯉が集まる排水口が、これです。肉眼で見ると、ほぼ、黄金色です。
IMG_15070518i.jpg
この日も、でかいのが10匹はいましたが、スマホでは、撮影困難です。


 今度は、尾張東部
IMG_15070514i.jpg
 土の中から、油がにじみ出ております。雨の後は、必ず、滲んでいます。これが石油だったら大儲け!どうなってるんでしょうか?
地震マップでは、この辺りだけが、特異的に脆弱な地盤となっているのですが

IMG_15070519i-002.jpg
 教会の後ろの雲からつきだした山
富士山かと思いましたが、猿投山でしょう。このあたり、しばしば、雲が低く垂れ込めます。

 以下、夕焼け2景
IMG_15070511i.jpg
<分離>

IMG_15070510i.jpg
<混沌>

(旧型スマホの写真に、限界を感じる今日このごろです)

712話 ・PSA上昇中  ・公立陶生病院の東駐車場から金(こがね)神社が見える - 2015.07.06 Mon

PSA上昇中
 2011年末に、トモセラピー(強度変調放射線治療)による前立腺ガンの治療を終えています。
それから、3年半経ち、血液検査でわかるガンの指標のPSAが、露骨に上昇してきました。

     PSA150626.jpg

 対数値で見ていますが、絶対値では、前回の約2倍です。
徐々に増加しているので、生き残ったヤツが、増殖しているのでしょう。
まだ、問題になる数値ではありませんが、上昇率が気になります。

 要因としては、「ざくろジュース」が、入手できなくなって、このところ飲んでいないこと、ほぼ禁酒していたのを、ワイン100ml程度は飲むようになったこと、などがありますが、寄与度はわかりません。

 症状としては、朝、尿がたまっている状態で、膀胱のあたりがかなり痛むということが、相変わらず続いています。
ただし、その痛みは、起きてから10分もあれば、完全に治まります。(放射線治療で、周辺器官が硬化しているためだと聞いています)


公立陶生病院の東駐車場から金(こがね)神社が見える
 公立陶生病院へ、傘なしで入れそうだったので、東駐車場へ駐めてみました。
やはり、濡れることなく東の入り口まで行くことができました。

 新しくできた道路(画面左右の道)から、右折して入ります。右側は、まだ、閉鎖中です。
IMG_15070500i.jpg

 写真中央の古民家風の建物は、看板を見ると金神社の集会所のようです。
IMG_15070499i.jpg

 その先の道も拡張されていて、金神社のところで閉鎖されています。
金神社の本殿は、古い記憶では、左の階段を登った奥の方だったと思います。(病院の北東方向)
IMG_15070501i-001.jpg

 東側は、「せともの祭」の開かれる瀬戸の旧市街の方向です。画面中央の中層ビルは、瀬戸旭看護専門学校です。
IMG_15070502i-001.jpg

 この病院の弱点は、南側が瀬戸線と接しているため、搬送中の救急車が止められてしまうことです。
救急車専用の高架橋、安くできませんかねぇ(国立競技場の1/2000以下で、できそうですが)
(以上、スマホ写真)

711話 散歩で見かけた II - 2015.07.04 Sat

 ごく近い姻族男性の入院にからみ、ゴタゴタしております。そこで、とりあえず、サンタ(M.シュナウザー)の散歩で見かけたモノ・風景・光景(スマホ写真)を、ご紹介(そのIIになります)

IMG_15060476i-001.jpg
 近所の公園の遊具に、立入禁止のテープが・・・
滑車の付いた椅子に座って、ロープを引くことでロープウェイ感覚が味わえる遊具ですが、スリルと危険は裏表
ちょっと、椅子の位置が高すぎるのと、下が砂場でないので、幼児には無理かも。

 私の先祖も、幼児のとき、祭りの神輿から落っこちて死んだそうですが、直系でないことは確かです。(説明要る?)

IMG_15060479i.jpg
 これも、立入禁止ですが、すでに、テープが切断されています。
危険な要素は無いと思いますが、むしろ、ヤンチャな少年のたまり場にでもなっていたんでしょうか。

IMG_15060478i.jpg
 これは、遠くの公園の端にある鉄条網です。少年院の敷地のようですが、中は全く見えません。「入るな、ボールが入ったら、◯◯へ電話しろ」と書いてあります。どこへ取りに行くのでしょうか。

 そういえば、私の少年時代、“かくれんぼ”で、お屋敷の中へ入っていった町内のガキ大将ですが、夕方まで見つけられなかったので、皆、かくれんぼをやめて、帰ってしまいました。それから、町内のガキ大将を、ずぅ~と見かけなくなりました。
ずぅ~と隠れているのかな?(@葵 東区 名古屋)

IMG_15060487i-001.jpg
 足を延ばして、森林公園(尾張旭市 愛知県)まで徒歩で(といっても、ほんのちょっとのプラス)
といっても、南東角にあたるこの辺りは、あまり知られていないのでは

IMG_15060488i-001.jpg
池を埋め立てたとしか思えない、球場
周りは桜です。

IMG_15060490i.jpg
ここは、同居人の通う乗馬クラブの馬房と事務所
手前が練習用の馬場で、競技用の馬場は、うしろの丘の上にある。
写真では見えませんが、係の若い女性が、馬を洗っていました。

IMG_15060491i-001.jpg
帰り道で見つけた擁壁の隙間
詰め物も、無くなっている。

IMG_15060494i.jpg
同じ擁壁の延長上
修理したのでしょう、色が変わっている(明るい所が復旧部分)
このあたり、地質としては、崩落地帯となってます。
まわりに、民家はありません。尾張旭市の水道施設だけです。

本日は、ここまで  際限なく続く かも

710話 病院の窓から - 2015.07.01 Wed

 卒寿のお祝いの翌日に入院したごく近い姻族男性のことは、前々回ふれましたが、入院したら急に元気になりました。(歩行補助具は使ってますけどね)
 日々変わる病状に合わせて投薬の微調整をしているのと、点滴での栄養補給もできるからでしょう。

 休憩室(談話室)の窓ガラスが綺麗に磨いてあったので、前回の入院時と同じように、遠景を撮ってみました。とはいえ、空気が澄んでいないので、こんなものです。(木曽川に近い一宮市内)
IMG_15071650.jpg
<アクア・トトぎふ方面 観覧車が見える>道の駅みたいなものですが、淡水魚の水族館があって、人気の場所です。東海北陸自動車道からだけでなく、一般道からも入れます。(木々は、木曽川堤)

IMG_15071646.jpg
<東海北陸自動車道とそこを走る観光バス(上部)>遠景の方向としては、ほぼ、犬山

IMG_15071648 (2)
<138タワー:ツインアーチ138>138は、高さが138mで、イチのミ・ヤの語呂合わせ(スカイツリーの634m=ムサシ(武蔵)と同じ)右下の白い塔は、空港の管制塔のように見えますが、どうなんでしょう(各務原の自衛隊岐阜基地?)

IMG_15071651.jpg
<光明寺公園球技場>鳥のイメージでしょうか、いい感じですが、新国立競技場のようにデザイン優先な感じです。まさか設計者が・・・

IMG_15071649.jpg
これ、煙突ではありません。東海北陸自動車道の橋の支柱のようではありますが???

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (364)
歴史 (34)
思い出・出来事 (138)
その他(時の力) (192)
トモセラピー(癌治療)体験記 (67)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (22)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-