0612 257-001

2015-10

760話 CTのあと無人に近い森林公園へ - 2015.10.30 Fri

 今日は、胸から骨盤までのCT撮影
CTそのものは日常的になってきたが、待合所の皆さんの表情は冴えない。不安でいっぱい。
 驚いたのは、すごく高速化されたこと。10秒☓2回程度で終わり。さすが新型?
病院の駐車場へ入れるのに20分かかったのとは、対照的。地方都市の弱点(強いのが拠点だけ)(バスの本数は半減)
--------------ー
 そのあと「イオン」を覗いたら、衣料品の半額セールにオバちゃんが群がっていた。どこからか集まってくる嗅覚 スゴイ!
--------------ー
 同居人を私鉄の駅まで送って行き、その後、同乗させたサンタを散歩させる。
日没近い森林公園(愛知)は、人がいない。

IMG_15100787i.jpg
<大道平池>鳥もいない

IMG_15100786i.jpg
<芝生広場>人影なし

 すれ違ったのは、ミニでないプードルを連れた美しい白人青年だけだった。格好も王子様風(ハロウィーンか?)

IMG_15100785i.jpg
 話は変わり、サンタを繋いでいるこの桜の木は、個人からの寄贈によるもの 今は、うけつけているのかどうかも分からない
まだやっていれば、1本寄贈してもよいような気がしている
--------------ー
 なお、送っていった同居人から連絡があり、目的の場所は、本日お休みとのこと
ごくろうさま

759話 本の捨て方 - 2015.10.28 Wed

 父方が短命なので、私など十分に生きた感じがします。いずれにせよ、すぐに冥界に夜逃げできるよう、荷物は最小にしておきたいところです。いわゆる断捨離、終活の気分

 我家の場合、体積としては衣類がトップですが、重量では、書籍とペットボトルが上位を占めます。
ペットボトルの方は、どんどん使っていますので、全体で132kgありますが、問題ありません。

 それに対して本は、住宅内での流動性が極めて少なく、居座り続けます。売るとしても、最近の古書店は、新しい本しか扱わないません。 また、百科事典も拒否されます。
 一方、ネットで検索する時代に、かさばる百科事典は不要ですので、いの一番に処分したいところです。しかし、役所の見解では、表紙が紙でないものは、紙資源としてNGということなので、さらに面倒です。

IMG_15101794c.jpg
<その中の1冊>(全21巻)

 見ると、背表紙の裏に隙間があるので、表紙と本体が切り離せそうです。
IMG_15101796c.jpg

 そこで、大型のカッターナイフを突っ込んでみます。
IMG_15101798c.jpg

 本体が、ごっそりと取り外せました。刃物が大きいと簡単です。
IMG_15101799c.jpg

 表紙の部分は、何かに使えるかもしれません。状態の良いものだけ、数個残しましょう。
IMG_15101802c.jpg

 全21巻なので、かなりの減量になります。

コラッ!空いた隙間に、ガラクタを突っ込むんじゃない!

758話 芥川賞2作品の不思議(「火花」、「スクラップ・アンド・ビルド」) - 2015.10.26 Mon

IMG_15100782i.jpg
<秋の瀬戸市北西端 本文と関係なし>

 かなり前のことになってしまいましたが、芥川賞2作品(又吉氏・「火花」、羽田氏・「スクラップ・アンド・ビルド」)を読んで、不思議な現象があったので、紹介します。
いや、まったく大した話ではなく、文学的な話でもありません。

読了までの所要時間が、全然違ったのです。
又吉氏・「火花」:約2時間
羽田氏・「スクラップ・アンド・ビルド」:約50分

 「火花」の方は、病院の薄暗い待合室で読んだので、テンションが下がっていたということもありますが、どうにも変です。
いずれも「文藝春秋」9月号掲載版なのですが、両者のページ数を比較してみると、
「火花」:94頁
「スクラップ・アンド・ビルド」:58頁
です。(受賞のことば、広告含む)
これだけでも、1.45倍の長さの違いがあります。
 ちなみに、推定原稿枚数は、
「火花」:230枚弱
「スクラップ・アンド・ビルド」:150枚程度
ではないでしょうか。

 「火花」に時間がかかったというよりも、「スクラップ・アンド・ビルド」が速読できたということでしょう。
又吉氏の文体には、かなりの粘り気があり、書かれている世界も、私とはあまりにも離れているので、じっくり読むしかありません。ある程度、伝統的な小説のスピードで流れています。普通電車の感じです。

 それに対し、 「スクラップ・アンド・ビルド」の方は、若いのに、私のような棺桶に片足突っ込んだ人間のネタで、じっくり読むのに痛みを感じさせるところがあります。速読できるというよりも、じっくり読めないのです。「火花」の普通電車に対し、「スクラップ・アンド・ビルド」は、2サイクルのバイクのようです。
別の例えで言うと、羽田作品は、顔立ちは美しいが、肌が荒れ放題の女性(男性)のようなものです。(その分、新しい?)
その点、又吉作品は、歪んだところはあるが、見方によっては綺麗な女性(男性)と言えるでしょう。人間に対する接し方、見方も、全く違うようです。
どちらが良いということはなく、好みの問題でしょう。

 「火花」が、お笑いの見方を、かなり変えさせたことはたしかですが、映画化すべきではないでしょう。関連する幾つかの作品が溜まったら、構成をかなり練ったうえで、実現可能かもしれませんが・・・

757話 「天空の丘」が「点空の丘」に - 2015.10.24 Sat

 「好評販売中」に売り切れなし・・・
つまりは、大本営発表と同じで、事実ではなく、期待を言っているだけのことが多い。
しかし、「天空の丘」は、ホンマに売れている。ビックラポンや!
IMG_15100771i.jpg
 この辺りも、建ぺい率40%以下だと思うが、なぜか、建て込んでいるように感じられる。
1区画が小さいんだろうか。
 さらに、黒い壁が多いことが、建物を収縮して見せるというよりも、むしろ、自己主張のせめぎあいのような印象を与える。
黒い壁に囲まれて、この調子で行くと、「天空の丘」が、空が見えない「点空の丘」になってしまいそうだ。
 まぁしかし、とりあえず、愛知県の景気の良さが現れているとして、めでたしめでたし

 なお、居住者がどこから来られているかを、車のナンバープレートから推定すると、
留守の家もあるし、来客の車かもしれないので、ざっくりとした話ではあるが、

尾張小牧(瀬戸、尾張旭、犬山、小牧、稲沢、岩倉、江南、清須、北名古屋、西春日井郡、丹羽郡):8台
名古屋:2台
岐阜(飛騨を除く):1台
一宮:1台
いわき(福島県浜通り):1台・・・震災・原発がらみか、たまたまか?

ということで、案外、ご近所の賃貸から戸建てへの移住というかたちが多いかもしれない。
 残りは、僅かだ。

 ちなみに、昨年8月24日では、こんな程度
P1070954.jpg

同 6月15日 更地や
P1070863.jpg

756話 M先生これですか・前立腺癌の新治療薬 - 2015.10.22 Thu

 八事(名古屋市)に近い大病院のM先生「前立腺癌が再発したら、また、ホルモン療法をやることになりますね」
私「しかし、以前、ホルモン療法をやって全身が痒くなりました」
先生「今は新薬が出ているので、選択肢が増えましたよ」「泌尿器科の先生と相談するといいですよ」「高いけどね」ということでしたが・・・具体的な薬品名などは聞かずじまいでした。

 月末には精密再検査が始まるので、気になっていたのですが、10月20日のETV「きょうの健康」で、この件が放送されました。
「前立腺癌の新しい薬物治療」
 講師:JCHO 赤倉功一郎先生
概要)
2015年に発覚したガンの件数でトップ
前立腺癌で、年間1万人が死亡
骨、リンパ節へ転移する(骨が80%;背中の痛み、脚のしびれあり)

で新薬は、再発した(去勢抵抗性)場合や、転移した場合に使う。(つまりは、進行した癌に)
ホルモン療法としては、
アビラテロン : 癌細胞が、コレステロールから男性ホルモン(癌の栄養)を作るのをやめさせる・・・低カリウム血症、高血圧の副作用あり(肝臓病の人は☓)
エンザルタミド : ホルモンの癌受容体への結合を抑える・・・疲労・食欲不振の副作用、けいれんの副作用あり(てんかんの人は☓)

抗がん剤としては、
カバジタキセル : 従来の抗がん剤(ドセタキセル)が効かなくなっても、こちらは効く・・・白血球減少、好中球減少→感染症にかかりやすくなるので、発熱などに厳重注意←GCS投与

問題の費用は、高額療養費制度を使ったうえで、月数万円とのこと
(我が家の場合、誰かの道楽カットで対応可能か?)

なお、早ければ来年あたりから、放射性ラジウムを使った治療法も始まるということなので、放射線好きな私は、そちらに期待 (ラジウム温泉と間違えている)

(なお、NHKから当番組のテキストが出ているようです)

755話 「生命大躍進」 特別展と講演 - 2015.10.20 Tue

 チョコっと風邪気味なのと、部屋の模様替え中で、パソコンがダンボールの山に埋もれていたり、作業スペースが無かったり、いろいろ重なって、更新が遅れました。
 ほぼ、左手が使えない状態での家具の移動は、大変です。戦争で片腕を失った水木しげるさんは、もっと大変なんでしょうね。私程度(指1本)でも、顔が洗えない、紐が縛れない。
--------------ー
「生命大躍進」 特別展と講演 名古屋市科学館
 NHK公開セミナーの参加申し込みをしておいたら、入場券が送られてきました。(生涯の運を1万分の1ほど使ってしまった)

 講演の方は、国立科学博物館 人類研究部 研究主幹の河野礼子氏による「生命大躍進にみる霊長類の起源と人類の進化」というテーマについて90分
 司会は、NHKラジオから石垣真帆氏(夕刊ゴジらじ;微妙に訛る東京人)元気が良すぎて、聴衆が中高生であるかのようなしゃべり方が、ちょっと浮き気味。実態は、中高生ではなく、中高年

印象に残ったのは、
・頭蓋骨による類人猿~人の見分け方
・頑丈型猿人の話
・ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの交雑
中国人と日本人のDNAに、4%ぐらい、ネアンデルタール人が入っているというのが面白い
(それと、今では、標本レプリカを3Dプリンタで作っているということ)
--------------ー
IMG_15100763i.jpg
特別展 混んでいるので、じっくり見るには、度胸がいる

IMG_15100760i.jpg

IMG_15100765i.jpg
絵本にもなった完璧な霊長類化石「イーダ」 実際に見てみると小さなもの(幼児の化石)

IMG_15100759i.jpg
海の王者(デボン紀)ダンクルオステウス(でかい方 長さ6m)とウミサソリ(長さ2.2m)

IMG_15100762i.jpg
こんなのもありまっせ

 NHKテレビの「生命大躍進」シリーズを視聴して、全体の流れはよく分かったつもりでしたが、展示を観て少し補正が必要だと思いました。それは、生物の小ささです。恐竜ばかり目立つので、大雑把なデカイ生き物ばかりのように思いがちでしたが、結構、小さく華奢な生物が多いのです。映像で、画面いっぱいに映し出されていたので、巨大生物のように思っていたのが、じつは、手のひらサイズだったりして
 そういうことを含め、観覧お勧め度は、80~85%です(☆☆☆☆★)。
展示の説明が少ないので、音声ガイドを借りたほうが良さそうです。その場合は、お勧め度が90%に上がります。
あとの10%は、展示場が狭いのと、展示物が、名古屋ではレプリカに置き換わっているものがある点に対するマイナスです。
(4K映像は、言うほど感動しなかった)
 できれば、平日に行ったほうが良さそうです。(切符を買うだけでも並ぶ)12月13日まで

754話 東山通で涙  - 2015.10.15 Thu

 義父(89歳)の関係で、尾張西部に滞在
IMG_15100753i-001.jpg
<左側のモッコリは、大型商業施設、かすかな水平破線状の光は、名鉄(本線)>以下、すべてスマホ写真

IMG_15100756i.jpg
<JR東海道本線とサンタ>

 義父の体調は、急変というほどではなく、検査データをみても、安定していた。
要支援ということで、玄関内から門まで、手すりが取り付けられたので、健常者にも便利になった。


義父のところへ行く前に見つけた、自宅近くの公園に一輪だけ咲いていた「シュウカイドウ?」とかいう花こういう花は、ましなカメラで撮りたい
IMG_15100751i.jpg


画像中央付近、転倒して指の腱を切ることになった原因の孔。(探していて、やっと見つかった)(小さいようだが、靴の先が入ると、抜きにくい)(何のための孔?)(懐中電灯で照らして撮影)
IMG_15100749i.jpg


なぜか東山通が哀しい
IMG_1781.jpg
指の腱をつなぐための装具の費用の7割が戻ることになって気分が良いので、壊れていた眼鏡を直すことにした。
EYEMETRICSという眼鏡なので、星ヶ丘(名古屋市千種区)の和光というメガネ屋さんへ行く必要がある。

星ヶ丘を目指し、東山通を西に向かうとき、不思議な感情が湧いてきた。
わけもなく、涙がうっすらとにじむのだ。
久しく通っていないことは確かだが、とくに思い出のある道ではない。
強いて言えば、名古屋インターとつながっているので、東名高速から以前住んでいた北区の家へ帰るのに、よく通った道路である。
そのとき、ドライバーとしては、疲れているかもしれないが、ご機嫌なはずである。
それとも、何かが終わるときの哀しさなのだろうか。
自分が、限りなくゼロに近づいていくような。
東山通は、哀しさが、すこし染みこんだ道のようだ。

753話 ・元気すぎるほど元気な叔母さん ・足の痒み - 2015.10.09 Fri

 同居人の実家に、手作りの「水まんじゅう」を持ってきた義理の叔母さんは、我々が帰るとき、突然ついて行くと言いだした。宿泊するつもりだ。
 ゴミ座敷の我が家のどこに寝るつもりか。ともかく、一緒に家に帰った。

 我が家へ着くなり、家に入って一服することもなく、シザーハンズのように庭の草木を、バッサバッサと切り始めた。
 私の剪定の方針は、
・徒長枝を切る
・ひこ生えを切る
・枝の付け根から切る
程度なので、木々がもっこり、ぽっちゃり気味。

 それに対し、叔母さんは、切っても再生するということで、一刀両断といった感じ
IMG_15101788c.jpg
<ムクゲ>坊主に

IMG_15101787c.jpg
<ローズマリー>骸骨に

IMG_15101789c.jpg
<レッドロビン>スカスカに

IMG_15101785c.jpg
<植木鉢は、中身が無くなり 綺麗な土に>

IMG_15101786c.jpg
<こんなデカイ鉢も 空っぽ>

IMG_15101790c.jpg
遮るものが無くなり、サンタは警戒態勢

この日、叔母さんは、サンタと一緒にリビングで寝て、翌朝、早々とゴミ出しをして、また、草むしり
タフだ!

そして、嵐のように大垣(岐阜県)へ帰っていった。


その勢いに驚いたせいでもないが、その夜、眠れなかった。
・・・足が痒くて
IMG_15101782c.jpg
 写真に撮ったら、ミイラの足のような、なかなか気持ち悪い画像になった。(細いのは、昔から)
 あまりにひどいので、皮膚科へ行ったところ、夏からしばしば掻いたことによる湿疹だということ
足を温める今ごろ痒くなるらしい

(瀬戸線三郷駅前の「栄花皮フ科」です。腕の大変良い先生で、キャラがたっているので、一度、受診してみてください。なかなか不気味で、面白いですよ)

 処方としては、リドメックスコーワローションを塗布することに
治すコツは、かゆいときに薬を塗らず、落ち着いたときに塗ることだそうです。(血行が激しくないとき)

それでは、また

752話 ・尾張西部の秋 ・手作り「水まんじゅう」 - 2015.10.08 Thu

 さて、左手第4指(薬指)にバネ式固定装具なるものを装着して、同居人の実家に向かうことになったのだが、ほぼ、片手運転。
同居人は、危険だというのだが、よく出来た電動パワーステアリングのおかげで、もともと左手は添える程度なので、問題ない。
 永久に指が治らなければ、ステアリングホイールを、把手付きのものに交換する必要がでてくるが。
--------------ー
 名神も東海北陸自動車道も空いていて、あっという間に実家に到着。
尾張西部にある実家のあたりは、1が月も経たないうちに様相が変わっていた。空気が、秋~
IMG_15100741i.jpg

IMG_15100738i.jpg
 垂れる稲穂。たぶん、週末には、連休を利用した、サラリーマン兼業農家の稲刈りだ。<電車は、名鉄本線 岐阜行き>

IMG_15100742i.jpg
 ススキの中を走る?JR東海道本線 名古屋行き (以上、サンタ(M.シュナウザー)の散歩でスマホ)

 実家には、手作りの「水まんじゅう」持参で、大垣から義理の叔母が来ており、にぎやかなこと (ここで、お囃子
IMG_15101773c.jpg
水まんじゅうは、ご承知のように、大垣の名物で、シーズンになると駅前のまんじゅう屋さんは、流しそうめんみたいに、水の中でまんじゅうを冷やして売っている。
 餡が、赤福のような甘みで、葛の入った皮の部分の口当たりとよく合って、「美味しゅうございました」いろんな意味で、合掌

 二日にわたった義父の内科と、眼科診療の送迎を終えたあと、帰りに、余った水まんじゅうをもらうのを忘れ、水まんじゅうを作った叔母さんを持ち帰ってしまいました。この叔母さんが、とんでもなくパワフルな、ブルドーザーのような人で、我が家の外見が激変。その件は、次回に

751話 ・腱性マレットフィンガーのためバネ式固定具装着 - 2015.10.07 Wed

 「診察時間前においで」ということなので、9時少し前に近所の整形外科に行った。紹介状はすで用意されていたが、事務・会計の方でなにやら時間がかかり、自宅に寄ってお茶を飲んでから、公立陶生病院の近くに着いたのは、10時少し前。
道路の大渋滞で、信号3回待ち。病院東駐車場に到達したのは、10時6分。
IMG_15100734i.jpg
<東駐車場出入り口>

 診察までに1時間以上、それからレントゲンを撮って、また、待ち時間1時間以上。
認知症っぽい車いすの爺さんが、「腹が減った」とうるさい。

 診察の結果は、「腱性マレット」で、ほとんど指の固定で様子を見るのが主流とのこと
ギブス室(ギプス室)で、固定具を装着してもらうことに
ここでも、1時間以上の待ち

結局、こんなんが付きました
IMG_1776.jpg

IMG_1780.jpg

IMG_1781.jpg

これで、¥9000+は高い 
指輪だと思わねば・・・(もっとも、手続きすると、保険から補填されるとのこと)

装着後、さらに診察室へ
これでまた、小一時間

IMG_15100736i.jpg

病院は、さらに増築中・・・儲かってますな

IMG_15100737i.jpg
<東駐車場最上階から東方向>真下の白いタンクは、液体窒素などのタンクでは? なわけ無いだろ!液体酸素だろ→(後日確認、両方でした)

結局、所要時間5時間超(飲まず喰わず)
このあと、同居人実家へ

750話 ・薬指固定で分かったこと ・サンタの特技 - 2015.10.04 Sun

 本ブログとしては珍しく、5日間連続更新ですね。
このあと、数日、更新できないかもしれません。
にもかかわらず、ど~でもいいことを、書きたくなるのが、人のサガ(性)
--------------ー
・薬指固定で分かったこと

 腱断裂の応急処置として、左手の薬指を固定しています。
それに伴い、思わぬことが・・・

小指も曲げられない(薬指を伸ばしたまま、小指が曲げられるか?やってみてください)
・そのため、お椀が持ちにくい
・顔が洗いにくい
・キーボードで打ち込むとき、薬指の代わりに他の指(中指、小指)が動くためか、誤入力がつづく
・ネジを外したりする作業を、無意識に左手でやっていたらしく、右手では、やり難い(真の利き腕?)

--------------ー
・サンタの特技

 我が家のM.シュナウザーのサンタは、教えていないのに、色々なことをやります。
「お手」とか「おすわり」とか「待て」とかは、一瞬で、できるようになりました。
呼び出しブザーで、私よりも早く、1階へ降りてゆきます。
教えてないのに「入れ」で、庭、ベランダから戻ってきますし、「コレッ!」で、くわえたものを、吐き出します。
人間と一緒に生活しているので、自動的に学習したのでしょう。現在の人工知能(AI)が、2歳程度ということですが、1歳程度かも知れません。

 で、特技は、
「ウゥ~ン」というと、1分以内にウンチをすることです。確率は、70%ぐらいでしょうか(画像なし)

ハイ それでは・・・

749話 指が曲がった→近所の整形科→またまた陶生病院へ - 2015.10.03 Sat

 昨日のブログで、サンタ(M.シュナウザー)散歩中の転倒で、指がおかしくなったと言いましたが、今日もこんな状況です。
IMG_1760.jpg
<左手薬指第1関節>
IMG_1761.jpg
<自分では、まっすぐ伸ばしているつもり>(右手で真似をしようとしても、この角度は無理)

 なので、予定通り近所の整形へ行ったのですが、レントゲン写真を5枚ばかり撮って、結局、紹介状を書くから「陶生病院(地元の大病院)」へ行きなさいということでした。腱が切れている。手術前提で相談ということで・・・
 応急処置として、こんな風に固めてあります。
IMG_1763.jpg

こうなってみると、結構、左手を使っていたことが分かりました。両手で持つときなど、ヒジョーに不便です。
--------------ー
蛇足)
 陶生病院について思い出したのですが、名古屋の国立病院が空襲を受けたとき、病人の疎開が、陶生病院だったということです。我が家では、父が亡くなったのが、入院中の国立病院で、母は、救急搬送された陶生病院でした。妙に縁があります。

748話 カラダガタガタ いよいよガン転移の検査へ - 2015.10.02 Fri

 身体がガタガタというのは、今日の夕方、サンタ(M.シュナウザー)の散歩で暗い道を歩いているとき、側溝の蓋の欠けているところに左足の先がはまり、そのタイミングでサンタが強く引いたものですから、うつ伏せに倒れて、全身を打ってしまったということです。起き上がるのに時間がかかりましたが、なんとか自宅にはたどり着くことはできました。
 擦り傷は、見える範囲で7箇所、打撲は、主に膝、階段を登るのが、辛くなりました。まずいのは、左手薬指が、曲がったまま戻らなくなったことです。痛くはありませんが、気持ちが悪いので、明日、整形へ行こうと思います。
--------------ー
 それに比べ、こちらは、何の自覚症状もありませんが、ついにPSA(前立腺癌の指標)が、再発判定基準値に近づいてきました。
PSA5632.jpg

ということで、早めに検査に入ります。

 まず、体幹部のC/T
別の日に、MRIでも見ます。
さらに、骨への転移がないか、ラジオアイソトープ(放射性物質)を注射して、全身の写真を撮ります。(ガンのところが光る?)

 しばらく、X線や強力磁気、放射線を浴びて、元気が出そうです。(ラドン温泉と違う、ゴジラか)

747話 ・終わった ・何か変 - 2015.10.01 Thu

終わった
 2010年の4月からやっていた放送番組モニターを、昨日までで終了(2010年度前期-2015年度前期)。
 はじめ主に地元の局を対象としていて、半年おきに2回(足掛け2年)やって、次にBSを1年、最後は地上波を2年やって、少しばかり心理的な疲労感が出てきたところ。(もちろん、お駄賃は頂いております)
 その間、色々なことが起きました。感慨みたいなものは、後日、まとめてみます。

何か変
 今日は、朝、市主催の健康診断(基本無料、大腸がん検診のオプション¥200付けました)。昨日、左手から採血したばかりなので、今日は、右腕。まるで、昔の売血ボンビー学生のようです。
 そういえば、診断結果がいつ出るのか、受付の人が言わないし、こちらも聞かなかった。受けることに意義あり
--------------ー
(あっ、その前に、ゴミ回収車の作業員が妙に白いので、よく見たら、ウエンツのそっくりさん?どういうこと。カメラは回ってなかったようですが)
--------------ー
 その後、サンタ(M.シュナウザー)を、隣の市にある美容室へ・・・
預けて帰るとき同居人が、ユニクロへ行くというので、少し寄り道
 サンタを貰い受けて帰るとき、今度は、大根がほしいと言い出したので、生協のお店へ・・・
なんか、動きが変
--------------ー
 帰宅後、サンタの散歩。雨の中1万2千歩。昨日よりはマシだが、疲れた。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (311)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (74)
散歩;池を中心に (52)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (35)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (340)
歴史 (33)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (174)
トモセラピー(癌治療)体験記 (61)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (110)
落語・美術・演劇など (60)
オーディオ (12)
犬 (49)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (7)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-