0612 257-001

2016-01

789話 人生は、紙飛行機か? - 2016.01.29 Fri

 NHK朝の連続テレビ小説“あさがきた”の主題歌に
~人生は紙飛行機~
という歌詞がありますが、そこまで、す~っと死んでいける人は、稀でしょうね。

 わたしの場合、グラフにするとこんな感じです。
横軸は、生まれてからの年数(年齢とも言いますが)、縦軸は、年平均気分(年平均気温ではありません)
気分がプラスなのは、運が良かったとか、評価されたとか、儲かったとか、好かれたとか・・・
気分がマイナスなのは、不幸があったとか、事件に巻き込まれたというだけでなく、忙しすぎたとか、なんとなくストレスが多かったとか、嫌われたとか、体調が悪かったとか・・・

160128-2.jpg
横軸は、個人情報なので、消去しておきますが、
最初のディップは、父の死です。
地下鉄工事で、立ち退きというのもありました。

 とても、紙飛行機のように、軽快に風に乗って飛んできたとは言えません。
どうみても糸の切れた風船といったところです(または、制御不能になったドローン)。

 道で言えば、こんな感じでしょうか?
IMG_16010981i.jpg

IMG_16010983i.jpg

788話 ・放射線の緩和照射 ・atrixハンドクリーム補足 - 2016.01.26 Tue

カテゴリー一部変更 「再発・転移後」を設定
 自分では、あまりピンとこないのですが、医療関係の人に「癌が再発して、骨転移もしている」と言うと、こちらが思っている以上に深刻な顔をされることが多いのです。
ということで、再発後の記事を、「トモセラピー(癌治療)体験記」のサブ・カテゴリーとして分けることにしました。(トモセラピー:強度変調放射線治療)
--------------ー 
放射線の緩和照射
 放射線治療について、1月23日の朝日新聞朝刊に参考になる記事がありました。
“症状和らげる「緩和照射」”という見出しです。
 痛みを和らげるために、線量を下げて(マイルドに)放射線を照射するというものです。
 
 緩和照射の主な目的と対象から、前立腺癌に関連する部分だけを、抜書きにすると(実際は、多岐にわたる)

痛みの軽減・・・骨転移など
圧迫を和らげる・・・脊髄圧迫症候群・・・骨転移
出血を止める・・・膀胱癌、前立腺癌

 骨転移が多発している場合は、ストロンチウム(放射性物質)を注射する方法もあるとのこと。
 そのからくりは、
・癌のまわりは骨代謝が活発
ストロンチウムは、カルシウムと化学的な性質が似ている
・なので、骨代謝が活発な癌のまわりに集まる
・そして、放射線で癌を攻撃する
とのこと

 以前、医師が言っていた「放射性物質を注射する方法もある」というのは、このことだ。やっと、スッキリとした


atrixハンドクリーム補足
 1月22日の記事で、atrixハンドクリームが、特効薬のように効いたと書きましたが、「耳なし芳一」現象というか、ついつい塗り残した部分が、プチッと割れました。
IMG_16011855c.jpg IMG_16011856c.jpg
小指です。人差し指、中指、親指ばかりに気を取られて、ほとんど、塗ってなかったと思います。
軟膏を塗る感じではなく、ハンドクリームとして、まんべんなく塗る必要があります

787話 変わる気配 - 2016.01.24 Sun

 寒波襲来前にということで、尾張西部にある義父の介護施設へ
 介護度変更の事務手続きだけと思っていたが、電気毛布を傷めていたので、施設の近くのDIYで電気アンカを入手して交換した。
 1000円未満だったので、自分用にも1個購入。ベトナム製で、安いのに温度調整が付いている。
言いたくないけど、ホンマに安価

 義父の部屋からは、雪をかぶった伊吹山が見える。
  IMG_16010973i-002.jpg
 義父は、車椅子の操作に目覚め、かなり自由に動きまわるようになった。ただ、体重は支えられないようだ。
あと、コーラに続き、嫌いなコーヒーも飲むようになった。そのうち、人格も変わるのではないか。

 寒波を恐れて、そそくさと尾張東部の自宅に帰る
--------------ー
 翌日、雪は降らなかったが、外気温が、ほぼ、0℃
空気がカラカラなのだろう、自宅近くのスーパーから、遠くの山並みがよく見える。
IMG_16010976i.jpg
<イオン屋上駐車場から、中央が猿投山>住宅群は、平成5年に20週年記念をしたとの記念碑があることから、1973年にできた住宅団地なのだろう。高低差の街であり、43年を経て、今では、歩くのがしんどくなった人も多いだろう。

 屋上駐車場には、こんな設備ができていた。
電気自動車やプラグインハイブリッド車用の充電設備である。
IMG_16010978i.jpg
豊田ナンバーのプリウス・プラグインハイブリッドが充電中だった。

IMG_16010979i.jpg
急速充電で、30分300円となっている。お支払いは、WAONカードでというのが、分かりやすい。
(しかし、ガソリンも安い。昨日は、102円/lで入れた)

 寒いので、人間用にも、少々燃料を仕入れておいた。京都伏見のバイオ燃料である。

786話 個人的には特効薬atrix薬用ハンドクリーム - 2016.01.22 Fri

 毎年、冬になると「ヒビ・あかぎれ」の話になります。
今年も、主に右手の人差し指と中指を中心に、パックリ割れはじめました。
(飲用中のガン薬“ビカルタミド”(ホルモン療法剤)の影響もあるんでしょうか)

 割れて血が滲んでいるのを、「あかぎれ」と言うのですが、
オロナイン軟膏はもちろん、ヒビケア軟膏というのも効かず、サカムケアというので傷口を固めても、しばらくすると元の木阿弥。
結局、「あかぎれフィルム」といった極薄テープで保護するしか無かったのです。
しかし、良い物に出会いました。(アトリックス エクストラ プロテクション、ニベヤ花王)
IMG_16011853c.jpg IMG_16011854c.jpg
義父の介護施設の近くのドラッグストアの店頭にあったのを、衝動買いしただけなのですが、塗ると、みるみるうちに傷口が塞がり、痛みが無くなりました。ほとんど、落語に出てくる「ガマの油」のような効能です。(相性が良かった)

 結果、現在では、この程度に収まっています。(使用前の写真は無い)
IMG_16011851c-001.jpg
まだまだ、ガサガサですが、1週間前は、6箇所から血が滲んでいたので、大幅改善です。
ドイツの会社との技術提携品のようですが、ドイツ人も「ヒビ・あかぎれ」に苦しんでるんですねぇ~多分

--------------ー
 話は変わりますが、明日は、義父の居る介護施設へ、介護認定の変更書類を見せにいく必要があります。
介護度が4になりました。最重度の介護が必要な状態との判定です。食事以外は、全介助が必要ですし、食事も一部介助が必要です。老々介護ができる状態ではありません。
 最近も、この地方で、老々介護絡みの犯罪がありましたが、自宅での介護で、追いつめられてしまったのでしょうね。
義父・義母の場合、当面の危機を回避できたのですが、これからどうなっていくのかは分かりません。
私個人で言えば、病病介護になりそうでした

785話 雪 足が綿菓子 - 2016.01.20 Wed

 全国的に雪の便り
尾張東部も、9cm程度の積雪
雪でも嵐でも、サンタ(M.シュナウザー)の散歩は、欠かせない
IMG_16010966i-001.jpg
<散歩コースにて 正面の山裾が白くなっているのを、初めて見た>

IMG_16010967i.jpg
<散歩コースにて 画面左が公園入口、右は開発中の住宅街>
 工事の日程がたてこんでいるのか、雪も仏滅も関係なく、棟上げが始まっている(大雪警報は出なかった)

IMG_16010972i.jpg
サンタの足は、わた菓子状態
鼻の頭も白くなり
「なんだ、こりゃー?!」
生きていると、いろんなことがあるね

784話 激ヤセ - 2016.01.19 Tue

IMG_16010964i-001.jpg
 夕方になって、局所的に雪が降り始め、そこに夕日が当たって赤く光っている(おそらく、赤津か岩谷堂(瀬戸市)のあたり)(1月19日夕)
--------------ー
 TVコメンテーター竹田圭吾さんは、お亡くなりになるだいぶ前から、激ヤセされていて痛々しかった。
這ってでも出て、言いたいことがあったんでしょう。見届けたいことも多かったと思います。
合掌
--------------ー
 ガン再発、骨転移と言われている私も、1ヶ月で2kg以上痩せました。
 気づいたのは、サンタ(M.シュナウザー)の体重を量るため、サンタを抱いて体重計に載ったときです。
合計体重から私の体重を引くため量ったら、着衣のままでもかなり軽くなってたのです。

 確認のため入浴のとき量ったら、少し前に比べ3kg、1ヶ月前に比べ2kg以上低下しました。
ただし、肥満~痩せを表すBMI値は、下限の18.5にギリギリ収まっています。(標準18.5~25とされる)
食欲が無いわけではなく、ボリボリとお菓子を食べ続けているのに燃費が悪い。
--------------ー
 マイルドな制癌剤のせいかもしれませんが、義父入院で、月の半分位は、尾張西部に宿泊していたことが、効いているかもしれません。(熟睡できていない)
下がり続ける株価のせいではないでしょう。
同伴しているサンタも、7.5kgから7.0kgになりました。
--------------ー
(心臓と心を病んでいる女性から電話があり、入院するとのこと。病気を持っている人には、厳しい季節のようです)

 義父の件が、一段落ついたので、しばらくのんびりすることにしましょう。

783話 義父が介護施設でニコニコ - 2016.01.18 Mon

義父は、介護施設で嬉しそう
 着替えが足りないとの連絡を受け、同居人の実家経由で介護施設へ
 丁度、入居の皆さんが、共用スペースというか、広く明るい巨大なリビングルームで休憩中(全員、車椅子)
義父は、こちらに気づくと、にこやかな顔で迎えてくれた。

 個室へ入っても、「家に帰りたい」という、いつものフレーズは、出てこない。
結構、気に入っているのではないか。

 病院のときは、6人部屋に5人入っており、早期に回復の見込みのない老人ばかりで、ハッキリ言って臭かった。
また、人の出入りが多く、騒がしかった。
当然、病院なので自由も無かった。

 この施設では、寝たままで入浴できる機械化された装置があり、4日目ですでに2回入浴できたとのこと。(病院では、1ヶ月間入浴無し)
しかも、個室なので、イヤフォンでTVを見る必要も無い。
おやつも出る。暖房もガンガンに効いている。

 風呂好きの義父は、これで、お友達でもできれば、「帰りたくない」というのが口癖になりそうだ。

782話 神社に近い介護施設へ - 2016.01.14 Thu

義父が、介護施設に

 当日ごねたりするのではないかと心配していたが、すんなりと部屋におさまった。
とはいえ、ときおり「帰りたい」と漏らす。だが、しばらくは、しかたがない。すぐに慣れるだろう。

 個室3階の窓から見えるのは、神社の森と、倉庫、大型商業施設などである。
IMG_16010951i.jpg

 車椅子は借り物で、後日、専用のものを購入することになっている。(有料老人ホーム系では、普通らしい)
暖房がガンガンに効いていたが、義父は寒いと言って、持ち込んだ電気毛布を使用している。
IMG_16010953i.jpg

真清田神社
 当人は、早速、施設の昼食を食べたが、付き添いの我々は、近所の和食レストランへ
 その後、少し足を伸ばして、真清田神社で遅い初詣となった。
IMG_16010957i.jpg
由緒正しい神社なので、門がデカイ
IMG_16010954i.jpg
本殿はさほど大きくないが、独特の造りになっている。どこかの施設からと思われる一団が参拝に来ていた。HPによると、義父の介護施設も、ここへ初詣に来るらしい。

(付帯情報:駐車場は、本殿の西側で、30分間無料)
(お参りするのは、2回目で、前回は帰宅後、脚がつったので、チョット苦手な神社だったが、今回は、いまのところ無事)

 日用雑貨を買い揃えて、再度、施設の義父の部屋へ寄ったが、熟睡していたので、荷物だけ置いて帰宅する。

近くの神社
 施設が神社の裏なので、神社へ挨拶に(というか、一方通行なので、自然にそういう流れになる)
 IMG_16010961i.jpg
 二拍手チェックでは、こちらとは、相性が良さそうだ(音の響きが良い)

IMG_16010958i.jpg
 神社の裏(介護施設の向かい側)には、屋台のようなお店が並ぶ(ドラマのセットのよう、半世紀前の雰囲気)

 これで、まずは一段落ということで、帰路につく
IMG_16010962i.jpg
名神 尾張一宮PAにて(安永餅を買った)

781話 岐阜県でも地鳴り? 2016年よそう(予想、止そう) - 2016.01.11 Mon

岐阜県でも地鳴り?
 義父の見舞いに来た岐阜の山間部に住む人が、最近、地鳴りがすると言っていたそうです。関東でも、地鳴りが話題になっているようですが、火山性の鳴動でないとすると、ピンときません。
 ただ、亡くなった母は、戦争中の三河地震のとき、ゴーゴー聞こえたと言っていました。
 地鳴りを録音することは、困難なようです。しかし、ノイズに埋もれる点は、デジタル信号処理技術の進歩でなんとかなるのではないでしょうか。あとは、年に1回あるかないかの不明確な事象を追っかける執念と、コストの問題でしょう。


2016年よそう(予想、止そう)

 これまでに、ユリ・ゲラーに便乗してスプーンが1回曲がっただけで、超能力は皆無です。
それを前提として、信じるのは止めたい「ブラック予想」を列挙

東海沖地震が起きる(硫黄島観測点の動きが不気味)
巨大台風上陸・・・温暖化が原因(これにより、低層住宅でも、空気力学を考慮するようになる)

■参院選で、改憲勢力が微妙に2/3・・・寄せ集め(菅官房長官が休養・離脱も)
非常事態法が成立(戒厳令発令・憲法制約可能に)・・・(ちなみに、ナチスの手法)

石油危機再発・・・太陽光発電・蓄電設備・電気自動車が、三点セットでブームに(400万円の福袋)
■不況になり、国の財政破綻が囁かれる・・・タンス預金的な資産への課税強化、年金カット

■テレビ局、新聞社が倒産
■一時下がった情報通信料が高騰

 ナンチャッテ!
 明日は、義父の有料介護施設入居の準備だ(こちらは、現実)

780話 介護施設へ - 2016.01.07 Thu

IMG_16010941i.jpg
<雀からの暗号文>サンタの散歩道にて いろいろなものが見える(妄想されたし)芭蕉旅姿、大笑いする怪獣など

義父の容体が安定に
 義父の容体は、利尿剤が効いて肺の水がほぼ無くなり、腎機能低下も、致命的な値の紙一重手前に留まっている。血色が良くなり、声も聞き取りやすくなってきた。脚のむくみも、かなり引いた。
 ということで、本人の強い希望もあり、退院してもよいということになった。ただし、これは、完治したということではなく、医学的にやることが無くなり、自然治癒に委ねるという意味であろう。

 だが、運動能力としては、立ち上がると、仰向けに倒れてしまう程度である。そんな状態でも、本人は、車を運転できると言って、看護士さん達を仰天(失笑)させている。そして、しばしば咳き込み、赤子のように寝続けている。

 それでも、入院生活に飽きたようだ。
頭が極めてハッキリしていて(認知度検査結果)、体が動かないというのも辛いものだ。
 自宅に帰っても、バリアフリーとは程遠い家屋構造の中で、米寿の妻の介護を受けるというのは、理屈抜きで不可能である。
--------------ー
プレゼンテーション成功
 そこへ、介護施設「ニッケあすも」の空室情報がもたらされた。
あそこだったら、バリアフリーの空間で、十分なリハビリが受けられる。

 そこで、同居人による素晴らしいプレゼンテーションが行われた。
・理想としては、夫婦で助けあって生きていくのがよいが、高齢の母には、介護ができない。
・施設であれば、理学療法士がいて、思う存分、リハビリができる。
・ある程度自由に外出もできる
・人が羨む綺麗な施設である

など、理詰めの説得である。
 普通の老人だったら怒り出しそうなものだが、そこそこ納得した様子であった。

 翌日、「ニッケあすも」から、担当者三名が聞き取りに訪れて、細かなことまで聞いていったが、淡々と答えていた。聞き取りの人が、まあまあ美人の、まあまあ若い女性だったのが良かったかもしれないが
--------------ー
再度見学
 そして、部屋へ持ち込む物の話になったきたので、再度、見学させてもらうことにした。(前回は、部屋に入っていない)
IMG_16010944i-001.jpgIMG_16010948i.jpg
ベッド                               クローゼット、中に金庫もある

IMG_16010947i.jpgIMG_16010945i.jpg
洗面(車いす用にえぐってある)               トイレ

IMG_16010943i.jpg
テレビや棚は、左の壁側に置ける

 実際の部屋の色調は、写真よりも白っぽいベージュ系で、もっと明るい。(スマホ写真は、難しい)
そして、案外広い
さて、来週は、買い出しだ

779話 初夢 - 2016.01.02 Sat

「2011年停止 2015年再発
 原発?
 いいえ、私の癌です」

という文言を、賀状に入れようと思ったが、新年早々、ブラックすぎると思い、何も書かないことにした。
--------------ー
プレ初夢と初夢
 元旦の朝、夢を見た。
戸建て住宅の内部で水が吹き上がり、人の肩の高さまで水に浸かっていた。
住宅の窓が、水族館の水槽のようだ。
人影は、よく見えないが、家具が、回転しながら浮いている。
さらに水位が上がって、窓ガラスが割れそうになったところで目が覚めた。
何かの予知夢か? @尾張西部
       IMG_16010938i.jpg
       <元旦の朝 岐阜へ向かう電車>文章と関係なし、名鉄本線
 翌日は、蒸気機関車を探す夢を見た。
見つけることはできたが、乗る前に夢が終わった。
私の人生を象徴しているかも @尾張東部
--------------ー
病院の談話室から見えたもの
 義父の帰宅願望は、肺に水が溜まっているという事実がショックだったのか、急にしぼんだようだ。
せめて病室の外で正月料理を食べようということで、車椅子で近くの談話室へ

 正月の空は澄んでいた。
IMG_16010939i.jpg
御嶽山がよく見える。 
 “←?”の点は、拡大すると銀色の楕円形で、気球かUFO?

                     IMG_16010940i-001.jpg
こちらの写真(いずれもスマホ)にも写っている
はじめの電車の写真には、写っていないので、受光面の汚れではなさそうだ

 初白日夢として、UFOということにしておこう

 そういえば、近くの映画館で、スター・ウォーズをやっているはずだ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (363)
歴史 (34)
思い出・出来事 (138)
その他(時の力) (191)
トモセラピー(癌治療)体験記 (67)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (22)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-