0612 257-001

2016-06

853話 「幻日」現る!   6月29日の義父(退院)   保線工事の騒音で寝られず - 2016.06.30 Thu

・「幻日」現る!

 本日(6/30)の夕方、虹のように色が分かれた太陽を見ました。太陽の周りに輪のような虹が出たのではなく、太陽の光そのものが、少なくとも3色に分かれていました
 ネットで見ると、幻日と呼ばれているようです。良くないことの予兆のような、不気味なものでした。

IMG_16061527i_convert_20160630192545.jpg
(愛知県尾張東部、18:30ごろ、スマホで撮影、トリミングのみで色補正なし)


・6月29日の義父(退院)

 義父は、退院して介護施設に移りました。

IMG_16061523i_convert_20160630192436.jpg
 病院10階から、介護施設の方向を見る。霞んでいるが、見えるような気もする。義父も、じ~っと見ていた。そして、久しぶりに良くしゃべった。
 介護施設では、一部の看護師さんの顔を忘れていた。しかし、食欲は、少し戻った。
後日、今後の介護方針について、提携医、看護師、介護士と面談することになっている。



・保線工事の騒音で寝られず

 義父の退院が、午前中ということなので、前日からパートナーの実家へ。
IMG_16061517i_convert_20160630192305.jpg
 サンタ(M.シュナウザー)の散歩で見かけた保線区の渋い標識。
これを写したのは、次に始まることの予感か?

 夜間、寝静まったころ、ガチャガチャ、ドンドンと轟音が響いた。
事故か?事件か?
午前0時半ごろから始まり、延々と続く。
窓からのぞくと、線路が煌々と照らされ、大勢の作業員がうごめいている。

IMG_16061518i_convert_20160630192326.jpg
(私のぼろいスマホでは、撮影不能)

 午前1時半ごろ、一旦静かになった。やっと終わったかと思ったら、しばらくして、再開。
不眠による交通事故発生を狙った、そのスジの陰謀か?
結局、午前3時半まで続き、急に静かになった。


 翌朝見てみると、
IMG_16061520i_convert_20160630192342.jpg

IMG_16061521i_convert_20160630192410.jpg
 特段変わった様子もない。砂利を突き固めて、線路のブレを無くしていたのだろうか。

 あまり寝ていないが、眠くもないのは、夜型だからだろう。病院、介護施設、イオンモールなど、あちこち回ったが、無事だった。しかし、死ぬほど疲れた。
------------------------------------------------
おまけ)
義母に奢ってもらった昼飯@イオンモール内

IMG_16061524i_convert_20160630192454.jpg
寿司とおかずの組み合わせが自由

852話 なぜこの本が圧力を?菅野完著「日本会議の研究」 - 2016.06.27 Mon

 歯医者さんの待合室で、週刊誌を見ていたら、菅野完著「日本会議の研究」という本が、出版差し止めの圧力を受けたという記事があり、そんな危ない本だったら、ぜひ読まねばということで、歯医者帰りに本屋へ直行。
 じつは、あとちょっと買うと、本屋のポイントカードがゴールド(若干値引き)になるというセコイ誘惑も手伝い、即、購入の運びに。


こんな本です。(クリックすると拡大できます)
IMG_16061967c_convert_20160627205121.jpg

帯というか腰巻の文章が、キャッチーなので、まず、読んでください。

IMG_16061969c_convert_20160627205135.jpg

これを見ると、すごい告発本のようにみえますが、読んでみると、ほぼ、事実関係の確認のような内容で、「日本会議」をぶっ潰せなどという話には、ならないと思います。


 内容については、いろいろ紹介されていますので、個人的な感想だけ述べさせていただきます。

まず、ざっくりと、本の性格を星の数で・・・

資料性:☆☆☆  (よーく調べてあります)
面白さ:☆    (やや、エピソード羅列の面があり、読み物というよりも、研究報告)
主張の強さ:☆☆ (かなり抑制的)


 私、子供のときに、近所の○○店の社長が「生長の家」(の会員)で、いつも自ら便所掃除をしたり、町内の掃除をしたりして、えらい人だという風に聞いて育ってきましたので、ウンがついて、儲かるんだとばかり思っていました。

 知らなかったんですが、「生長の家」というのは、宗教団体なんですね。そして、主流派は、政治とは縁を切っているということですが、原理主義的、行動的な一派が、強い政治性を帯び、紆余曲折を経て、安倍首相にも影響を与える「日本会議」の核になったということです。


 主張していることは、日本は神の国であり、男女同権といった現憲法は受け入れがたいという方向なので、右翼団体とされるのですが、とくに暴力的な行動をとるわけでもありません。
 例えば、地方議会で夫婦別姓阻止の決議をさせるといった、民主的な手続きを経た成果を、地道に積み重ねています。

 ただ、現憲法に対して、緊急事態条項の追加とか、家族条項の追加といった主張をしており、前者は、ワイマール憲法の欠陥として、ナチスの独裁につながった条項ですし、後者は、100年以上、時代を逆走したような話で、問題をはらんでいます。


 最も怖いのは、「日本会議」の秘匿性です。じぃーと密かに地を這うように活動していて、内閣の大半がメンバーだということは、多くの国民は知らなかったでしょう。(忍者組織か)
 安倍首相を、世界中誰も、リベラルとは思っていないのですから、「日本会議」との関係を隠す必要は無いのでは・・・

 あるいは、首相、官邸メンバーが、本当はヤバい団体だと自覚しているのでしょうか。

 争点を隠す、背景も隠す、隠したうえでの選挙?

851話 ・アメリカでいご(梯梧)の赤い実  ・6月24日の義父 - 2016.06.25 Sat

・アメリカでいご(梯梧)

 樹木にあまり興味はありませんが、近所の公園に6月中旬から赤い実をつけている木があって、落ちた実が、高山名物の「さるぼぼ」に似ているので気になっていました。
IMG_16061474i_convert_20160625192828.jpg
<道路に落ちた実>ちょっと、いやらしい形

IMG_16061505i_convert_20160625192937.jpg
<落ちる前というか、木に生っている状態>

IMG_16061503i_convert_20160625192905.jpg
<幹>

IMG_16061504i_convert_20160625192923.jpg
<葉>かなり大きい 長さ10cm以上ある葉も

 ネットでいろいろ調べてみましたが、どんな特徴かという質問に答えられず、解答にたどりつけません。
しかし、「赤い実」というだけで検索して出てきた「季節の花300」というホームページにありました、それらしい画像が。

「季節の花300」のホームページへ季節の花300

(ホームページの赤から、花・(実など)という分類に進む)

それによると、「アメリカでいご(梯梧)」(海紅豆)ということになり、学名の意味が「ニワトリのトサカ」というのも納得です。「ぼぼ」ではなく、トサカだったんですね、テヘヘ!


・6月24日の義父

 病室が10階に移っていました。
IMG_16061509i_convert_20160625193007.jpg
<病室の窓から>下の丸い部分は、5階レストランの屋根。画面中央の高架道路は、東海北陸自動車道路

 医師の話では、持病もあり、高齢なので、じわーっと衰えていくだけであれば、入院の必要はない。今回は、甲状腺機能の異常があったので、入院を受け入れ、治療してほぼ回復した。
なので、また退院して、介護施設で面倒をみてもらうことになる、ということだった。

イメージとしては、こんなことかな (我が国の経済指標ではないですよ)
入院イメージ_convert_20160625221123

850話 フリーズするサンタ(M.シュナウザー);天候が不安定 - 2016.06.23 Thu

IMG_16061476i_convert_20160623211607.jpg
<ウエストヒル牧場 居宅と雲>週末は天気が良かった。

IMG_16061480i_convert_20160623211626.jpg
夕方になっても、梅雨の気配は無かった。

IMG_16061507i_convert_20160623211529.jpg
しかし、今朝は雨。西日本では被害も出ている。

IMG_16061508i_convert_20160623211506.jpg
サンタ(M.シュナウザー)は、少々の雨は、意に介さない。「早く行きませう」

IMG_16061506i_convert_20160623211438.jpg
しかし、レインコートのヘッドカバーが顔にかかると、一歩も歩かないだけでなく、全身の動きが止まり、フリーズしてしまう。ムムッともクスンとも言わない。(めくってやれば、一瞬で回復する)

ワンコ用の頭が濡れない雨具は、ないものでしょうか?

849話 チョイ旅と音楽:豊田市コンサートホールで豊田フィル定期演奏会 - 2016.06.21 Tue

 今回で三回目になりますが、豊田フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会(第27回)を聴くために、豊田市コンサートホールへ向かいます。
 尾張から三河へのチョイ旅です(信長領→家康領;戦国時代)。


IMG_16061482i_convert_20160620205639.jpg
<愛知環状鉄道 瀬戸市駅>殺風景です。エレベーター(画面左端)はありますが、鉄道系プリペードカードが使えません。しかし、結構、収益はあがっているようで、三河武士らしい堅実経営です。
 トヨタの関係か、あるいは大学の関係か、駅にも車内にも、若い外国人が多数みうけられます。


IMG_16061493i_convert_20160620205910.jpg
余談)これリアルタイムで現在の電車の進行状況が表示されるプラズマディスプレー。10年前には、ほぉ~っと思いましたが、アップデートされてないようで、今見ると、動きがぎこちないし、情報量が少ない感じもします。短気な人には、逆効果か?

残念ながら、雨が強くなって、車窓からの風景が写せません。

30分弱で豊田に到着
IMG_16061490i_convert_20160620205825.jpg
 (愛知環状鉄道)新豊田駅と、(名鉄三河線+名鉄豊田線)豊田市駅のほか、周辺のビルをつなぐ陸橋の一部。(赤い名鉄電車が見えている)


IMG_16061483i_convert_20160620205654.jpg
 陸橋からは、昭和っぽい地方都市の面影が見られます。豊田市コンサートホールまでは、屋根付きの陸橋が続いていますので、傘なしで着くことができます。

IMG_16061485i_convert_20160620205717.jpg
豊田市コンサートホール ロビーの窓から ぐる~っと(1) でかいビル工事

IMG_16061486i_convert_20160620205735.jpg
豊田市コンサートホール  ロビーの窓から ぐる~っと(2) 恐ろしくデカいビルができそう

IMG_16061487i_convert_20160620205754.jpg
豊田市コンサートホール  ロビーの窓から ぐる~っと(3) 密集してますなぁ。

 私、豊田市には数百回訪れている計算になりますが、工場の印象が強すぎて、街としてのイメージは、グレイ~ブルーです。居るだけで、なにか、緊張します。これから、どう変わっていくのでしょうか。

IMG_16061489i_convert_20160620205808.jpg
ホールのパイプオルガン(今回は、使わない)
------------------------------------------------
プログラムは、
 ・リスト 交響詩「前奏曲」
 ・J.S.バッハ パルティータ第2番ニ短調 BWV1004より「シャコンヌ」
 ・ベートーベン 交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
指揮 寺島康朗

------------------------------------------------
聴いた印象としては、
 リストの交響詩「前奏曲」: はじめ、あまり統合されていない問題提起のようなかたちがあり、後半、ファンタジー映画、あるいは、ホラー映画のテーマ曲のような、おどろおどろしい部分が続いたあと、解決に至る安堵感がおとずれた。好みとしては、前半△、後半◎

 J.S.バッハ 「シャコンヌ」: 素人としては、似たようなテーマの繰り返しで、不安にかられた。舞曲ということなので、当然かもしれない。好みとしては、前半○、後半△

 ベートーベン 交響曲第6番「田園」: CDで聴き慣れた曲とはいえ、生演奏では、かなり印象が違った。もちろん見えてきたのは、牧場であり、その周りの林だが、牧歌的というよりも、もっとにぎやかな場所のように聴こえた。前半◎、後半△

 拍手が止まなかったが、私は、さほど聴覚のリフレッシュにはならなかった。自分でも打楽器をやりたい気持ちにはなったが、管楽器には疑問が残った。というか、難しそう。
 そして、買い物嫌いな私が、なぜか、「松坂屋へ行こう」という気分になった。

IMG_16061491i_convert_20160620205839.jpg
三河線豊田市駅の向こうに「松坂屋豊田店」が見える。蛇足ですが、松坂屋をマッツァカヤと言うのは私だけでしょうか?(小児期、毎日のように名古屋栄店に遊びに行っていた)

 そして、買ったのは、これ
IMG_16061965c_convert_20160621151241.jpg
肩掛けの小さなバッグですが、機能というよりも、質感にビビットきました。しかし、いつ使うんだろ。小さいし・・・

 これで、チョイ旅も終わりです。イベントあり、買い物ありで、完璧な旅行でした。(食もあったが、省略) それでは・・・

848話 PSA値(ガンの活性度)グググッと下がる - 2016.06.17 Fri

 再発・転移した前立腺がんの検査・治療のため、2ヶ月ぶりに尾張東部のTS病院へやってきた。

IMG_16061472i_convert_20160617191725.jpg
<病院は、相変らず工事中(東駐車場から旧市街地方面を見る)>

 午後の診察だが、生検(血液検査)の結果が出るのに2時間かかるので、午前10時半に受付。採血後、いったん自宅へ戻る。

 午後、診療科に戻ると、午前中、満員だった患者が数名になっていて、案内表示盤に受診番号が示される前に看護師に呼び出された。

 検査結果は、このようになった
PSA160616L_convert_20160617191754.jpg

 ガンの活性度を示すPSA値が、グググーと、急激に下がり続けている。
サミットでABE氏が主張して、大スベリした「リーマンショック級」。

 治療は、マイルドな抗がん剤「ビカルタミド」(男性ホルモン抑制剤)を、1日1錠、朝食後に服用することと、3ヶ月に1回「リュープリン」を、腹に注射するだけなのに、メチャンコ効いた。

 肝臓の異常とか、アレルギー反応も、全くない。血液検査の40項目すべて正常値になってしまった。

 次回、9月に最後の注射を受け、処方箋薬局で3か月分の飲み薬を受け取ったら、しばらく看視のみになる予定。
つまり、6ヶ月後には、ふつうのジジイに戻れるわけです。


 ただし、癌細胞も執念深いので、この雑草のように、倒されても、先端はググッと空に向かって垂直に伸びるかもしれません。そのときは、治療を再開するだけです。
IMG_16061468i_convert_20160616213954.jpg
<散歩道の雑草:根元から折られていたが、しばらくして、右側の先端部分が、空に向かって伸びはじめた>

IMG_16061473i_convert_20160617191739.jpg
<東駐車場から小金神社方面>(公道は、いまだ開通せず)

847話 ・道の駅「せとしなの」 ・サンタの散歩で見た(極東尾張) - 2016.06.16 Thu

 野菜が無くなったということだけで、道の駅「せとしなの」へ。

ここでは、地元農家が、持ち寄った野菜を販売している。

 付属レストラン(というよりも食堂)の名物は、「せとやきそば」

IMG_16061465i_convert_20160616213911.jpg
 はじめて食べてみた印象は、
1. 麺が短い(5±1㎝)
2. 名古屋人からみても、味が濃い(甘さと、しょっぱさが混じる)
3. 油でギトギト(とくに麺) 豚肉も脂身が多い

ということで、これは陶磁器の窯の近くで汗を垂らす職人・陶芸家が、体力を保つために進化した焼きそばではないか。

ただ、ギトギトとはいえ、食後、何の不快感もないのが、不思議だ。そのあたりにノウハウが・・・
なお、写真のものは、並み盛りで、もっと豪快な大盛というものもある。


IMG_16061467i_convert_20160616213930.jpg
 道の駅のすぐ前は、硅砂(磁器やガラスの原料)の採掘場
地面を掘れば、お金になる。
埋蔵金みたいなもんや。


サンタ(M.シュナウザー)の散歩で見た

IMG_16061462i_convert_20160616213753.jpg
 前回掲載した住宅団地出入口の工事は、どうも、写真中央に見える矢印表示板を取り付けただけ。
一方通行路にとりついた道路なので、左折しかできないが、不慣れな人が、逆走する可能性があり、せめて矢印でもということでしょう。

IMG_16061463i_convert_20160616213814.jpg
 その近くにいた蝶(中央の紫色の花びらのようなもの)○○シジミみたいな名前なんでしょが、ムラサキシジミなのか、ヤマトシジミなのか、ヤクシマシジミ、なのかウラナミシジミなのか、まるで分かりません。1/2インチぐらいの小さな蝶です。

IMG_16061471i_convert_20160616214031.jpg
 もじゃもじゃ住宅の第2弾(東側)

IMG_16061469i_convert_20160616225041.jpg
(南側)作業場兼ガレージ 展望台付きといった構想なのでしょうか。使われていないようなので、もったいない

846話 液状化バナナが原因か・・・そんな○○ナ! - 2016.06.14 Tue

 男性ホルモンを抑えるソフトな抗がん剤(ビカルタミド)の影響なのか、冷えと、睡眠不足のせいなのか、時々、体調が狂う。
とはいっても、大きな風邪はひかないし、毎日、12,000歩程度歩くことにストレスはない。

 歯周病とか口角炎、下肢のかゆみぐらいは、対症療法で、すぐに治るのだが、昨日の腹痛は、かなりこたえた。
 朝、サンタ(M.シュナウザー)の散歩の前に、少し腹に入れておこうということで、バナナを半房食べたのだが、熟しているのを超えて、液状化していた。かなりの量の油のような液体が、床にこぼれたほどだった。

 食べて1時間半ほど経ってから腹が痛み出し、トイレへ行っても何も出ない状態で、腹の圧力が高まり、どんどん膨らんでゆく。
そういえば、「生おかき」というのも食べていた(これも、お腹が緩くなる場合があるとの注意書があった)。

 もう、こうなれば「浣腸だ」と思って、ドアを叩いて家人を呼んだのだが、反応が無い。

IMG_16061461i_convert_20160614215211.jpg

 人間、生まれるときは、一人で世の中に出るのだから、死ぬときも一人だという言葉が浮かんだ。
ただ、ウンチが爆発して死ぬのは、うれしくない。やけくそといった感じだ。

 腹痛が始まってから、感覚としては2時間、実際には、たぶん1時間ほどして、サンタ(M.シュナウザー)が、トイレの前に来た。
サンタの顔が、ドアの隙間から見えたと同時に、緊張が緩んだのか、すべての汚物が排出された。

 その後も、腹痛の余震が続いたが、日付が変わるころには、解消した。

 明後日には、病院での検査と、注射があるので、一応、言っておこうか、迷う。
新たな検査に、つながりそうだし。



IMG_16061459i_convert_20160614215140.jpg
 こちらは、ある団地の出入り口。(一方通行路に直角に接しており、これ1本しかないので、出入りに難がある)
工事車両が来ているのは、出入り口の拡張工事か?
それにしては、重機が小さいが

 道路構造が、排泄器官を連想させる・・・考えすぎか

845話 ・6月11日の義父 ・散歩で見た(尾張西部) ・帰路で見た(事故) - 2016.06.12 Sun

6月11日の義父
 部屋が、7階から10階に移っていた。

 部屋に入ったら、寝たままでできるリハビリをやっていたが、入院から2週間になっても、車椅子への移行が進まない。足は、ほぼ骨だけになっていて、筋肉が無く、部分的にむくんでいる。

 今回は、「ご苦労さん」と大きな声を出した。しかし、ご飯は食べていないとのこと(記録を見ると、ゲル状の栄養食品を食べているはずだが、ご飯という認識は、ないのだろう)(「ご苦労さん」が「ありがとう」に変わったら、やばいかも)

IMG_16061438i_convert_20160612210254.jpg
<病院の会計>
 ベッドわきに請求書が置いてあったので、先月分の支払いを済ませて帰る。

IMG_16061436i_convert_20160612210206.jpg
<ロビーにあった研草>この草で、でメスを研ぐのだそうです。
------------------------------------------------
散歩で見た
 サンタ(M.シュナウザー)連れなので、いつもの散歩に
 実家のまわりは、田植えが終わっていた。

IMG_16061441i_convert_20160612210342.jpg
<農業用水路>木曽川のごく近くなので、水は豊富。轟音をあげていた

IMG_16061442i_convert_20160612210404.jpg
<白鷺が生活できる地域>ほぼ、住み着いている

IMG_16061444i_convert_20160612210712.jpg
<時空のゆがみ?>線路と道路が近い。スマホのカメラなので、こんな現象も(シャッター方式に起因)

IMG_16061454i_convert_20160612210733.jpg
<ものすごい田舎のようだが、駅近は、マンションがいっぱいできた>JR東海道本線と名鉄本線の駅が近接
私は、こういうところのほうが、落ち着く(住人にもよるが)
------------------------------------------------
夕食を食べてから帰宅することに
IMG_16061457i_convert_20160612210811.jpg
<かやのたもさんから頂いた大量の鮎>ジュルル!
------------------------------------------------
帰路で見た(事故)ドライブレコーダーの画像

 東海北陸自動車道から名神に入るのだが、一宮JCTの手前で、急に車の流れが止まった。神戸方面と名古屋方面の分岐点の手前だ。
ナビには何も出ていないので、今、起きたばかりの障害のようだ

IMG_16061961c_convert_20160612210846.jpg
<右のバンが横を向いている>写っていないが、車の外に若者3名が立っているのが見えた。他に車が無いので、自損事故かもしれない。大きなけが人は、いないようだ。

IMG_16061962c_convert_20160612210912.jpg
<警察官らしき人が左端にいるが、事故処理車・救急車などは、何もいない>

名神集中工事が朝までで終わっているので、事故現場付近を除きスイスイ走れた。もちろん制限速度厳守で

 あぁ~あ!疲れた!


844話 ・せこいの語源-新説 ・めでたし「ブラタモリ」 など - 2016.06.10 Fri

 「お詫び」から始まる

 TVをつけると、お詫びをしている画面ばかりで、いやになりますが、これも流行でしょうか。
ゲスの極みから、せこいトップ(行政~メーカー)まで、ゆる~く見てもネタが多すぎて、ぼつぼつ飽きてきました。
 不寛容(イントレランス)の時代ということですが、大局的に見た重要度に応じて突っ込んでほしいものです。

 さて、当方のお詫びですが、映画「神様メール」の記事で、神様(父)が使っているツールを、ノートパソコンとしていたのは、パソコン(デスクトップ)の間違いでした。というのは、女神(母)が、パソコンの電源プラグを抜いて掃除機のプラグをさし、そのあと、再度、パソコンのプラグをコンセントに差し込むことで、パソコンがリセットされるというシーンがあるからです。これはは、デスクトップのパソコンでなければ成立しません。(監督の名前の入力ミスとともに、こっそりと直しておきました・・・せこー)

IMG_16061434i_convert_20160610160349.jpg
<暑くてバテたサンタ(M.シュナウザー)アッチッチ!>今朝、27℃
------------------------------------------------
せこいの語源-新説(珍説)

 せこいの語源を調べても、芸人の間で使われていたという程度で、はっきりしません。
そこで、新説を・・・
(1)源平合戦 壇ノ浦の戦いで、義経が、平家方の舟の操船手・漕ぎ手を弓で射させたことは有名ですが、操船・漕ぎ手を勢子(せこ)と呼んでいたような気がします(確認できないが、そんな気が)。

 おきて破りの汚いやりかたと見られたはずで、
勢子(せこ)・射(い)→せこいとなったのでは、ないでしょうか。

あるいは、勢子は、狩りのとき獲物を追い込む役のようですから、追い込み役を間違って射てしまう下手な奴ということで、
勢子(せこ)・射(い)→せこいとなったというのもありそう。むしろこっちか

IMG_16061425i_convert_20160610160204.jpg
<閑話休題 これ、普通のプレボスよりも10円高い なぜ?>
------------------------------------------------
「ブラタモリ」国土地理院から表彰される

いや~!早かったですねぇ
 地形にウエイトを置いた娯楽系の旅番組は無かったので、TV業界から企画に対する賞を貰うかと思っていたら、国土地理院からの表彰ということで、ブラタモらしくてめでたい。今後も、食レポなどせず、鶴瓶とは一線を画した、人とべたべたしない路線で進めていただきたいものです。
IMG_16061431i_convert_20160610160259.jpg
<高低差の散歩道>

IMG_16061433i_convert_20160610160334.jpg
<どこまでも続く>サンタの目の高さで

TVについては、「ブラタモリ」と「ケータイ大喜利」、「植物男子ベランダー」があれば、生きていけます。

843話 昭和モノクロ写真館@名古屋周辺 - 2016.06.07 Tue

 整理整頓ということで、自宅の古いアルバムが、廃棄されそうになっている。
 それでなくても、写真をはがした痕があり、すでに多くの写真が、消失していることが分かる。

 他者から見ればゴミのようなものでも、当時の空気を伝えている場合があるので、削減は、ほどほどに、とどめて欲しい。
 NHKの朝ドラ「トトねえちゃん」の最後に出ている写真は、結構不気味なものもあるが、いまでは再現不能な面白さもある。

 我が家に残った写真から、10枚を紹介しましょう。

1. 1952年以前と思われる写真7枚 撮影者不明

img1606009s_convert_20160607210447.jpg
<名古屋 松坂屋屋上の遊園バス 実走可能>客ではなく、関係者が遊んで(試験して)いる。

img1606003s_convert_20160607210233.jpg
<自宅 裏>裏庭とは別に共同使用地のようなところがあった。写っているのが誰かも、定かではない(名古屋市東区)

img1606005s_convert_20160607210340.jpg
<祖母 近所の犬が集まってくる>

img1606002s_convert_20160607210944.jpg
<犬山ではないかと思っている>なぜか、三人のテンションが違いすぎる!?

img1606011s_convert_20160607210645.jpg
<全く何も分からない>山奥の観光地?養老の滝の可能性も??

img1606012s_convert_20160607210703.jpg
<少年はブログ管理人だと思うが、この綺麗なお姉さんは、誰か分からない 父の社員旅行でのOLさん?>場所不詳

img1606004s_convert_20160607210307.jpg
<たぶんブログ管理人 @香嵐渓??> 

2. 1955年-1958年ごろ2枚

img1606001s_convert_20160607210137.jpg
<名古屋まつり 唐人隊>はじめてのバイト

img1606007s_convert_20160607210417.jpg
<友人宅前 下左がブログ管理人 天使のリングが写っているゼ>(名古屋市東区)

3. 1959年以降

img1606008s_convert_20160607210433.jpg
<母 転居先(名古屋市北区)にて>このあと、急速に市街化していった。煙突は無くなり、田んぼはマンションに

以後、カラー写真の時代に

842話 映画「神様メール」を観に名古屋港近くへ - 2016.06.05 Sun

 熊本の建物の耐震性が、東京よりも1割甘くても良いなんて、ラジオで聞いたときは驚きましたが、半信半疑でした。しかし、新聞にも出ているので、聞き違いではないようです。1割くらい大差ないように思われるでしょうが、県が地震のリスクが低いと宣言しているわけで、設計する人の心構えが大きく変わってしまうでしょう。
------------------------------------------------
 それと近い話のようにも思えますが、自身の余命が秒単位まで明確になったら、どうなるでしょう。どんなことをしていても、大丈夫、百歳まで生きられると言われたら、生き方が変わりますよね。危険に対して鈍感になるでしょう。

 全人類に、神様の娘から余命を知らせるメール(残り時間カウンター付き)が送られるというのが、映画「神様メール」全体を通して、最大の事件です。

 上映館が、小牧空港か、名古屋港近くということなので、小さな人間としては、映画がを観るのに小旅行が必要なのがバリアになりますが、パートナーは、何も気にしないようで、さっさと予定を組んでしまいました。

 上映時間の都合から、名古屋港近くのトーホーシネマズへ行くことに
JR中央線「高蔵寺駅」付近の駐車場に車を置いて、中央線で名古屋駅に出て、あおなみ線に乗り換えて「荒子川公園駅」で降ります。(映画の入場券よりも、交通関係費のほうが高い)
IMG_16061422i_convert_20160605210138.jpg

道を間違えなければ、数分で「イオンモール名古屋みなと」が見えてきます。(案内看板が分かりにくいので注意)
IMG_16061415i_convert_20160605205927.jpg

「トーホーシネマズ名港」は、モールの端にあり、陸橋でつながっています。
IMG_16061416i_convert_20160605205948.jpg

観客を迎える派手な立体看板
IMG_16061418i_convert_20160605210023.jpg

切符(夫婦割引あり)を買ってから、イオンモールへ戻り、腹ごしらえ
IMG_16061417i_convert_20160605210008.jpg
1000円弱でこの品揃え・・・蕎麦は美味しかったが、他は、それなり
------------------------------------------------
さて、映画の感想は・・・

 ぜんぜん深刻ではない、コメディ映画
監督は、「トト・ザ・ヒーロー」のジャコ・ヴァン・ドルマル(ベルギー生まれ)

部分的な紹介)
 部屋に閉じこもって、世界に大小の不幸をまき散らしているような神(DV親父風)
使っているツールは、パソコン
(一見、金融投機筋のような)

 それに憤慨している娘が、何かを変えようと人々に余命を知らせるメールを送り、家出する。
家出して、新・新約聖書を創ろうと言うのだ。

 余命メールをもらった人々は、死期が近いのを悲しんだり、あほらしくなって、戦を止めたりして世の中が変わっていきます。

 また、新・新約聖書を創るのに6人の使徒が要るのですが、そこは、里見八犬伝よりも地味だがリアリティのある展開が・・・
最後、意外な結末になり、モヤモヤが解消されるかも
-----------------
で、結局、ベタな感想としては、自分が、そんなメールをもらったらどうするか、どう感じるか、どう行動するかということになります。

 私は、再発癌の関係で、ネットで見る限り、余命Max.10年程度らしいのですが、地震などの天変地異や、交通事故などの事故、事件で、縮まる可能性もあり、新薬ができるなどすれば、15年位になるかもしれません。それを明確にお知らせいただけるのであれば、少なくとも、生活費の管理のために大いに助かります。しかし、そうなると、保険屋さんは、苦しいでしょうね。

 わたしの場合は、癌だと分かった時点で終活を始めて、5年になりますので、「明日、死ぬ」と言われても、「ハイハイ」と言うだけですが、人によっては大変でしょうね。
 何かを終えていないとか、後が心配だとか

 子供のうちに余命が分かってしまうのが、一番いやかも
そんな駄弁りのネタにもなるでしょう。

 映画は、あまり、そっちの方向へは行かず、終始、カラッとしたものです。

(蛇足:ブリュッセルと思われる景色で、ごみ焼き場と言っていたシーンは、懐かしかった。1週間ばかり居た1986年頃は、もっと煙が黄色で毒々しかった。個人的には、そのシーンだけでも元が取れた感じだ。なお、映画の中に出てきた「飾り窓の女」は、現地で実際に見ましたよ・・・車の窓から)

IMG_16061424i_convert_20160605210207.jpg
余命の変動を減らす、安全柵(あおなみ線)

ということで、さようなら

841話 日経サイエンスの地震記事(南海地震が近い) - 2016.06.03 Fri

IMG_16061410i_convert_20160603190041.jpg
<好天の尾張東部高低差地域>空気も澄んでいる
------------------------------------------------
 じつは、「暗黒エネルギー」の方に興味があって日経サイエンス7月号を買ってみたのですが、△□○?!?状態で、読んでいる途中で気絶してしまいました。ブログの名称「場の力・・・・」にも関係する話ですが、紹介不能です。
「これだけかみ砕いて説明してやったのに、分からんかい!」「あほんだら!」とでも言われそうです。
------------------------------------------------
IMG_16061413i_convert_20160603190102.jpgクリックすると拡大できます

 で、次に興味のあった緊急特集「九州で大地震」を、個人的な興味中心に紹介します。
(内容は、引用ではなく、あくまでも素人が受け取ったイメージで、ザックリと書いていますので、ヨロシク)

◎またまた、専門家は、前から注目していた。
 東日本大震災のときも、2009年ぐらいからGPS観測点動きが変だと言っていたのに(国土地理院)、強い警告を出せないまま、その日を迎えてしまいました。
 今回も、地震の専門家は、16年前の予兆とも言える群発地震の後、観測拠点を設置して日奈久断層帯に注目していたのに、前兆をとらえられず、直前の警報は出せなかったということになります。

<M6~7として警告は出していた(九州大学)・・・ただし、「そう遠くない将来」発生という言い方>
何時が、はっきりしないと、自治体は動かない>
------------------------------------------------
(脱線:◎音屋さん向けにマグニチュードのイメージ提案(by dadebeso)
 M8は135dB、M7は105dB、M6は75dBといったところで、いかがでしょうか? M6とM7では、大きな違い。M6(75dB)は騒がしいが、M7(105dB)は、難聴になる)
------------------------------------------------
◎近くの火山に注意・・・割れ目ができ、噴火の可能性が高まっている
------------------------------------------------
◎巨大地震の導火線に火が付いている

 ブロック断層モデル(GPS観測点の動きに基づいて地表を分割)で見ると、同じブロックの北東端で、1995年に阪神・淡路大震災が、北西縁で今回の熊本地震、1990年の雲仙普賢岳噴火、南西縁で1997年にM6級地震、2011年霧島山噴火、等々が起きている。
 この元気が良すぎるブロックの南部一帯は、南海トラフ地震の震源域であり、M8級の地震(津波)が近づいていると考えるほうが自然だ。
 南海・東南海・東海連動地震が起きるかどうかは、別にして、南海地震が近いことは覚悟すべき

・・・という風に、読み取りました。

 古文書の例を見ても、百年単位で静かな時代があって、そのあと数年から数十年間隔で続けて地震が起きていることが記録されています。

 いずれにしても、震度7で、何も起きない家・施設にできれば、良いのですが

840話 あちこち - 2016.06.01 Wed

 このところ陽気のせいか、眠りが浅くて困っています。
たとえば、「体験入院ビジネス」というイメージが浮かんだものですから、夢の中で詳細な詰めを試みていて、疲れ、
また、「どうしてトヨタは、EVを出さないのか」、「出せば買うのに」ということで、夢の中であせり、コンビニでEVの充電ができれば、まさに、コンビニで電気(エネルギー)も売っているということになり、新しい展開になるなとほくそえんだりして、これまた疲れる羽目になります。

 そのように疲れていても、サンタ(M.シュナウザー)のカットの予約があるので、眠い目をこすりながら遠方の美容室へ向かいます。
カットの間に、方角の違う「道の駅せとしなの」で、食事券を消化するため「とんかつ定食」をいただきます。
IMG_16061389i_convert_20160601212055.jpg
小鉢は、自分で、好みのものを盛り付ける
味噌汁は、豚汁
衣が薄いので、ギトギト感は無い(キャベツも大量)

 そうこうするうち、美容室から連絡があり、サンタを受け取りに
IMG_16061407i_convert_20160601212037.jpg
爺さん顔から坊ちゃん顔に変身していた。
------------------------------------------------
 翌日は、某信託銀行の通帳変更に
合併に伴う変更があったのを放っておいたら、なんか連絡があったような気がする(たぶん)
名古屋の中心部だが、結局、車で行った。
要件は、15分で済み、駐車料金は先方持ち。

 ついでに名演会館へ会費を納入に
IMG_16061399i_convert_20160601212111.jpg
 壁に彩色してあるのが、名演会館(画面右)

IMG_16061400i_convert_20160601212129.jpg
 鳥屋さん(画面右、食べる方ではなく、愛玩用)の方から入ると逆走になる。あわてて180度転回

 帰路、これが昭和といった古いしもた屋をみつけた・・・いやいや、昔から知っていたはず。いまだに、残っているのがスゴイ
IMG_16061402i_convert_20160601212200.jpg
雀荘だったような気もするが、本当は、何屋さんだったか覚えていない。

 頭の中から、昭和が、どんどん消去されていく

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (320)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (80)
散歩;池を中心に (54)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (36)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (363)
歴史 (34)
思い出・出来事 (138)
その他(時の力) (191)
トモセラピー(癌治療)体験記 (67)
トモセラピー予後 (29)
再発・転移後 (22)
聴く・観る (118)
落語・美術・演劇など (68)
オーディオ (12)
犬 (48)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (6)
モノと評価 (83)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-