0612 257-001

2017-03

564話 数えてみた(死亡年齢、年輪、スタッドレスタイヤ、埴輪?) - 2017.03.26 Sun

有名人の死亡年齢)
 新聞に死亡記事が載った有名人の死亡年代毎の人数を数えてみました。
 きっかけは、最近、還暦前後で亡くなった方が多いように感じたからです。
 対象は、今年の1月1日から3月25日までとしました。
IMG_17032377e_convert_20170326182500.jpg 画面をクリックすると拡大できます
切り貼りの例>

 数えた結果は、こうなりました。
  有名人の死亡年齢統計(新聞から)_convert_20170326162436
 90歳前後で亡くなる方が多いのですが、60代から急に死者が増え、1/3以上の方が、70代で亡くなっていることが分かります。還暦というのは、実際、節目のようですね。


年輪)
 最近切られた大木の年輪を数えてみました。
IMG_17030383i_convert_20170326162400.jpg

 周りは、こんなところです。
IMG_17030381i_convert_20170326162343.jpg

 数えた結果は、
  43本(年)でした(誤差±2本?)


 近くの石碑に、1993年に宅地造成(元東大演習林)完成の20周年記念行事をやったとの記述がありますので、このあたりは1973年に、現在に近いかたちになったようです。今から44年前のこととなります。
 この木の植えられたのは、まさにそのころです。以前からあったのではなく、造成後に植えられたということになります。
 その木が、今、切られたことに複雑な思いがあります。地元の人は、木の成長を見てきたと思いますが・・・



タイヤ)
 サンタ(M.シュナウザー)の散歩中、ボケ防止のため、サマータイヤとスタッドレスタイヤの装着台数を数えてみました。
IMG_17030367i_convert_20170326163320.jpg
<サンタ(M.シュナウザー)>他家でもデカい顔(寸法は小さいが)

 3月25日(土)の朝ですので、この日に交換された方もおられると思いますが、ともかく朝の時点での数字です。
また、トレッドパターンから明らかに分かった台数で、迷った場合は、数に入れておりません。


結果は、
 サマータイヤが、83台
 スタッドレスタイヤが、32台でした。


 ぼつぼつ路面温度が高くなってきますので、サマータイヤにしないと、ブレーキの効きやコーナーでのグリップが悪くなってきます。でも、すぐ隣の岐阜や長野へ行かれる方は、まだ心配かもしれません。それが、この結果なのでしょう。


志段味大塚古墳の埴輪)
 なお、志段味大塚古墳に並べられた埴輪の数も気になりますが、4月まで立ち入り禁止なので、我慢我慢。予想としては、365体ですが。
IMG_17030403i_convert_20170326235913.jpg

IMG_17030425i_convert_20170326235940.jpg

563話 劇団文化座公演「旅立つ家族」を観て - 2017.03.24 Fri

 劇団文化座の「旅立つ家族」を観ました。(名古屋演劇鑑賞会例会)
 作:キム・ウィギョン
演出:キム・スジン
(平成26年度芸術祭参加作品)
 1916年、平安南道(現北朝鮮)生まれの画家イ・ジュンソプと、日本人の妻、その家族の流転の生活を演劇にしたものです。

   IMG_17032376c_convert_20170324191419.jpg
<パンフレットの表紙>絵は李の作品。劇中しばしば登場する牛、そして、李と家族
------------------------------------------------
劇で知ったイ・ジュンソプの生涯)
 絵を描くことに熱中するイ(李)・ジュンソプは、東京の文化学院美術科に留学する。
 そこで、山本方子(まさこ)と出会い、愛し合うようになる。
 李は、ウォンサン(元山)に帰るが、方子は戦時中(1945年)にもかかわらず、李を追ってウォンサンに向かう。
 なんとかウォンサンにたどり着いた方子は、李と結婚し、村人にも祝福される。また、二人の子供にも恵まれる。
 しかし、朝鮮戦争がはじまり、一家は、やむなく済州島のソギボ(西帰浦)へ移り住む。
 1952年、生活苦のため方子と子供たちを日本へ送り返す。
 李の生活は荒れる。
 それでも1955年ソウルでの個展は、そこそこ成功する。しかし、収入には、つながらなかった。
 李の荒れた生活は続き、1956年39歳で死亡。(家族には会えず)

感想)
 ともかく、演出、出演者ともに元気が良い。感情とか気力とか、人間のパワーが、むき出しで迫ってきた。(観た席が前から2列目だったことは、さほど関係ないと思うが)

 大きな牛の絵を分解して、アニメのように動かすシーンでも、動きの切れが尋常ではない。武道のようだ。
 演劇を祝祭のようにみせられるのは、大好きであり、渋い演技も良いが、こういうのが芝居の醍醐味ではないだろうか。

 脚本のほうでは、ウォンサンに来た日本人である方子を、地元の人々が、すごく暖かく迎えてくれるという描き方をされたのが、意外だった。なんか、うれしい。
 また、李を支える友人、知人の働きも、今日の日本人だったら、あきれて突き放しそうなところを、我慢強く、懐の深さを感じさせるものだった。

 一方、朝鮮戦争前後の米軍MPや共産軍の描き方は、厳しいものがあり、いまだ戦時下の国であることを、思い起こさせる。(なお、日韓についても、1965年まで国交が無かった)

 いずれにしても、日本に支配されていた側の視点、異なる文化のもとでのものごとへの反応の違いを、すこしは知ることができる作品だった。演劇の面白さが、ぎゅ~と詰まっている傑作である。万能BOXの大道具にも、感動しましたよ。


出演者)パンフレットから(子役を除く)
img016_convert_20170324234002.jpg
img013_convert_20170324233943.jpg
img017_convert_20170324234021.jpg
img019_convert_20170324234205.jpg
img020_convert_20170324234227.jpg

562話 モヤモヤが増大しつづけるご時世 - 2017.03.21 Tue

 高度成長期のはじめの頃、「エントロピーが増大しつづけるから、食事のあとはアイスクリームを食べよう」という、わけのわからない宴会のスピーチをやった偉い人がいて感心しましたが、このところあちこちで発生している問題は、聞けば聞くほど、エントロピーならぬモヤモヤが増大する方向に向かっています。
 なんか、いや~な気分が蔓延してますよね。

IMG_17030372i_convert_20170321194532.jpg
 それを反映するように、今日の虹は、ぼんやりとしてましたが、

 こちらは、明確です。
 サンタ(M.シュナウザー)、雨中散歩の前後
 「フムフム、行ってやるか」

IMG_17030368i_convert_20170321194503.jpg

 散歩後
IMG_17030369i_convert_20170321194518.jpg
「どえりゃ~濡れた~」「なんとかしてちょ~」
------------------------------------------------
 話は変わり、
IMG_17030301i_convert_20170321194142.jpg
 左側の大きな建物は、旧法務局支所なんですが、随分前に統合移転して空き家になったままです。民間だったら、売るなり、転用するなり活用すると思いますが、随分テキトーな話です。(個人的には、図書館にしてほしい)
------------------------------------------------
 さらに、
IMG_17030291i_LI_convert_20170321194100.jpg
 このところ気になっている「塞がれた排水路」の場所ですが、反対側から撮影できました。
いざとなれば、駐車場部分が水路になるんでしょうね。

 なお、最後は、水野川へ合流(複数の小川)。あと、庄内川へ流入
IMG_17030303i_convert_20170321194237.jpg
 画面手前側が支流(なぜか本流よりも護岸がしっかりしている)(対岸は、ほぼ畑)
------------------------------------------------
 これは、ごく個人的な疑問です。
IMG_17030285_convert_20170321193602.jpg
 散歩道にある妙に均質な黄色の石。鉄分だったらもっと褐色でしょう。温泉地帯の粘土に硫黄成分が結びついた石もあるそうです(石黄)。粘土は売るほどありますし、車で30分程度に天然温泉(猿投温泉、龍泉寺温泉など)がありますが、硫黄温泉ではないので、どうなんでしょうか。
 石黄は、壁に塗ることもあるようですが、そういえば、最近、黄色い外壁が多くなってきました。(関係ないか)

------------------------------------------------
 最後は、この写真
IMG_17030344i_convert_20170321194259.jpg
 切り株が目立ちます。
 ここだけでなく、このところ、あちこちで巨木が切り倒されています。
 倒木を事前に防ぎ、森の新陳代謝を促すので良いことだと思いますが、切った木材は、どうするのでしょうか。ただ、焼却するのでは、もったいないの極みです。昔だったら銭湯の燃料になるのでしょうが、いまは石油かガスでしょう。バイオマス発電に使うとかしているのでしょうか。
「モヤモヤします」(それは煙だろう!)

561話 準日常となった森林公園です - 2017.03.19 Sun

 そんなわけで(前回ブログから)、毎度お約束の自宅から車で5分の森林公園(愛知県尾張旭市)にやってきました。

 ただし、本日は、サンタ(M.シュナウザー)の美容院(高蔵寺)からの帰りなので、多少時間がかかりました。桜はまだですが、連休ですし、春のような陽気につられて、お隣の東谷山フルーツパークに出入りする車も、数倍多いように思いました。

  image1703sk6_convert_20170319205646.jpg
<森林公園に到着>

IMG_17030346i_convert_20170319210129.jpg
<子供広場への道>

IMG_17030347i_convert_20170319210145.jpg
<子供広場>4時過ぎなのに人が多い

IMG_17030241i_convert_20170319210301.jpg
<大広場へ向かう>

IMG_17030248i_convert_20170319212831.jpg
<鹿の宿から鹿がいなくなって久しい>


image1703sk11_convert_20170319212739.jpg
<鳥小屋から鳥が消え>

image1703sk3_convert_20170319212722.jpg
<それでも巨木は、モンスター化しながら生き続ける>


IMG_17030253i_convert_20170319212852.jpg
<小川の岸には、桜>もうすぐ・・・かなぁ~?

IMG_17030245i_convert_20170319212817.jpg
<大道平池への道>

IMG_17030336i_convert_20170319212933.jpg
<池のほとりの注文の多いバーベキュー場>
 禁煙はともかくとして、包丁持ち込み禁止(調理道具の貸し出し無し、調理済み材料を持ち込む)、燃料持ち込み禁止(支給のものを使う)、ゴミ持ち帰り、等々、禁止事項が多い。第一、駐車場から随分遠い。なのに、1卓2時間3200円(土日祝)です。15時45分までしか使えないというのも、お役所的。武家の商法みたいだ。


 などと言うのも、始終来るので劣化が気になるのです。
全国植樹祭を機に、いろいろ見直しが進むのでしょうか。

560話 サンタ(M.シュナウザー)の日常・非日常 - 2017.03.17 Fri

 久々にサンタ(M.シュナウザー)ネタです。
 これをやられたら、書かざるをえません。
   
IMG_17030339i_convert_20170317211629.jpg
<車の中 留守番に飽きて、冒険を始める>見たね!

  IMG_17030332i_convert_20170317211615.jpg
<庭で、まったりと日光浴>(家の中から撮影)

    1703sanntatohashi_convert_20170317211353.jpg
狭くて高い橋(というかパイプの上の通路)を見て、急いで撤退する。(タモリか?)

        170316inosisi_convert_20170317211414.jpg
野生のイノシシ、あるいはイノブタを見ても知らんぷり。(写真提供:協同生活者)

   IMG_17030305i_convert_20170317211435.jpg
一方、昨日は定光寺公園へ行き、めずらしく笑い顔。(定光寺は、山上にある尾張徳川家の菩提寺。公園は、寺の下の平地にある)

 以下、定光寺公園点描
IMG_17030306i_convert_20170317211452.jpg
<芝生広場>少々寒く、誰もいない。

   IMG_17030313i_convert_20170317211506.jpg
<正伝池の住人たち>アヒルと川鵜、鴨も。 このほか、カミツキガメ注意との看板があった。

    IMG_17030315i_convert_20170317211521.jpg
<観音堂>

    IMG_17030329i_convert_20170317211601.jpg
<正伝池>

      IMG_17030321i_convert_20170317211542.jpg
「帰るよ」、「えぇ~!」
「明日は、森林公園だよ」、「ほな、帰りまひょ」
車で5分~20分の非日常である。

956話 どえりゃー変!から、ちょびっと心配まで - 2017.03.14 Tue

 世の中、平気でうそをつく輩が多すぎて、庶民としては、怒るのもばかばかしくなって、笑うしかありません。せいぜい、選挙で憂さを晴らしたいものです。

 そんな中、「どえりゃー(名古屋語:たいへん)変!」から、「ちょびっと(名古屋語:すこし)心配」まで、四つばかりのことがらを紹介させていただきます。
------------------------------------------------
1. 遊水地の排水部を埋めちゃった(どえりゃー級)
IMG_17030279i_convert_20170314194332.jpg
 画面中央付近のコンクリート擁壁が一段低くなっているところは、洪水調整池が一杯になり、遊水地に流れ込んで、さらに水量が増したときに、あふれた水が下の小川に流れ込むための水路の末端部です。
 そこが、半分以上、コンクリートブロックで塞がれ、一段高く土盛がしてあります。(民家の庭の延長)
 ちかごろ、たびたび発生する、とんでもない豪雨が襲ったとき、どうなるのでしょうか。

------------------------------------------------
2. 道路に埋まる階段 てんでんばらばら(なんだゃ~級)
IMG_17020170i_convert_20170314194254.jpg
 階段も一生懸命、道路も一生懸命造ったんですよね。しかし、階段を昇り降りする人のことは、考えてないようです。とくに下りが難しい。
------------------------------------------------
3. 歯周病のような外構(ちょびっと級)
IMG_17020190i_convert_20170314194310.jpg
 ある日、雑草が生い茂っていた斜面から植物が失せ、地面がむき出しになっていました。(除草剤でも使ったのかな?)
すると、周りの土が沈降を始め、外構の根元部分が、見えるようになり、そのうち外構の支持が不安定になるのでは、と、ちょっぴり心配になりました。

------------------------------------------------
4. 我が机上の問題メーカー(関係にゃ~級)
IMG_17032373c_convert_20170314194351.jpg
 机の上には、いま話題のウェスティングハウス(Westinghouse)社の製品と、

IMG_17032374c_convert_20170314194412.jpg
東芝さんの製品が並んでいます。というか、東芝dynabookで、この記事を書いています。ウェスティングハウスは、外部モニターです。いずれも、かなり気に入っています。

 大企業は劣化するのが当たり前のようになってきましたが、地元トヨタは大丈夫でしょうか。電気自動車とか自動運転車が勝負だと思いますが、脇を締めていかないと・・・

955話 あちこちにボロが - 2017.03.12 Sun

 我が家も、築14年になり、一昨年のベランダ防水問題(予備的な補修)につづき、あちこちほころびが出てきて、メンドクサイ状況になってきました。

 昨年末には、ビルトイン・ガスコンロの交換をしましたが、
IMG_17032372c_convert_20170312184655.jpg
「やたらとしゃべるコンロ」というだけでなく、機能や安全性も向上していたので、修理というよりも、リノベーションといった感じで、満足しています。

 一方、このところ、立て続けに起きたのは、全くの故障・不具合で、まず、
IMG_17032370c_convert_20170312184636.jpg
食洗器が、洗うところまでは良いのですが、乾燥ができなくなってしまいました。


 トヨタホーム経由でパナソニックさんに連絡を入れてもらい、修理屋さんに来てもらいました。問題個所が見つかって部品を交換したのですが、他もかなり傷んでいるようで、買い替えの時期に来ているとのこと。

 修理屋さんが言われるには、交換に20万円以上の費用がかかるということなので、とりあえず様子を見ることにしました。
 1万円ちょっとの修理費のほとんどは、人件費でした。


 つぎに気になったのは、トイレの換気扇です。24時間換気ということで、総運転時間が12万時間を超えていますので、やむをえませんが、ギーンという異音が目立つようになってきました。
IMG_17032368c_convert_20170312184613.jpg
 こちらは、すぐに三菱電機系の修理屋さんが来られて、モーターを交換したところ、うそのように静かになりました。

 ついでに、2階の換気扇のモーターも交換。
IMG_17032367c_convert_20170312184558.jpg
こちらは、比較的静かだと思っていたのですが、モーター交換により、全く気にならなくなりました。

 費用は、2カ所で3万円弱、ほぼ半分が、部品代です。2台同時に交換したので、出張旅費が節約できました。

 あと心配なのは、給湯器です。風呂の給湯のほか、床暖の熱源でもあるので、酷使しています。
ふつう寿命は、10~15年ということなので、もう限界でしょう。
 費用は、ピンキリで、安くできるところもあるようなので、検討が必要です。安全性が問題になる製品なので、値段だけでは決められませんし・・・


 現状よりも、機能・性能が改善されていれば、うれしいのですが。
「あ~ぁ、メンドクサイ」

954話 サンタ(M.シュナウザー)的には並評価の瀬戸市民公園 - 2017.03.10 Fri

 瀬戸市民公園は、森林公園(尾張旭市)のように17時30分で駐車場から締め出されることもなく、すこし遅めのサンタ(M.シュナウザー)の散歩を、のんびりとできるので助かります。
 しかし、森林公園では、サンタは「キューキュー、ピーピー」言って喜ぶのですが、市民公園では興奮しません。

       IMG_17020183i_convert_20170310192809.jpg
      <フン>

 競技場中心の公園で、野趣が足りないからでしょうか。
IMG_17030264i_convert_20170310193049.jpg

IMG_17030263i_convert_20170310193033.jpg
<陸上競技場の中へは入れない>


    IMG_17030260i_convert_20170310192952.jpg
 公園の端の谷には、第二次世界大戦中の地下工場跡があるのですが、野趣がありすぎ

IMG_17030262i_convert_20170310193014.jpg
そう思って見ると、画面右のマンホールの部品のようなものも、中から日の丸の鉢巻きをした女の人が、這って出てきそうな趣があり、不気味です。

IMG_17020174i_convert_20170310192700.jpg
 一方では、植木を特産品の瀬戸焼茶碗風に剪定しているのは、ご当地のゆるキャラと同じかたちでもあり、無理矢理すぎて、すこし笑えます。

       IMG_17020179i_convert_20170310192717.jpg
      散歩コースとしては、ともかく急坂の連続(ここをジョギングしている人もいますが)登ったり、

       IMG_17020182i_convert_20170310192753.jpg
       下ったり、

       IMG_17020184i_convert_20170310192828.jpg
       ほとんど、滑り降りたり、

IMG_17020186i_convert_20170310192856.jpg
競技施設を横目に見ながら、歩いていると、

IMG_17020187i_convert_20170310192919.jpg
やっと、芝生広場に出ます。
 ただ、森林公園と比べると、圧倒的に狭い。
また、高低差がありすぎます。
 そのあたりが、サンタにうけない理由でしょうか。

 私にとっても、あまり爽快感を感じない場所ではあります。もっと、遠景が見られると、気分が良いのでしょうけど

953話 作ったような話だが、痛みは、本物 - 2017.03.08 Wed

 協同生活者が「ゴッホとゴーギャン展」の図録を買ってきたので、本棚に収めるため蔵書の移動をしていたのですが、この本メタ フィジカル・パンチ」を抜き出すとき
IMG_17030258i_convert_20170308214209.jpg
本棚に置いてあった電子カレンダーが落っこちました。
IMG_17030254i_convert_20170308214153.jpg
軽いもの(123g)ですが、1.2mぐらいの高さから落ちて、初期値に戻っています。そして、スイッチがやられたのか、日にち合わせができなくなりました。これは、早逝した義弟が持っていたものです。

 どこへ落ちたかというと、私の足の親指です。古傷があって爪が割れています。
IMG_17032364c_(4)_convert_20170308214233.jpg
 2時間は、痛みが続きました。しかし、夜には、ほとんど気にならなくなったので、医院へは行っていません。

 それにしても、「メタ フィジカル・パンチという本」、「動かなくなった形見の電子カレンダー」、「足の古傷」と三題噺のようになってしまいました。メタ フィジカルではなく、ただのフィジカルですが、落語でいえば、どんな「落ち」になるのでしょう?考えすぎでしょうか。

952話 瀬戸の粘土の謎が解けた「日本列島100万年史」 - 2017.03.06 Mon

 暖かくなってきたので、赤池タイヤさんで、夏タイヤに交換(会員制無償)。
IMG_17030246i_convert_20170306212957.jpg
 留守番のサンタ(M.シュナウザー)は、窓越しに見送り。

 帰ってから、留守番のお駄賃で市民公園へ散歩に。
IMG_17030247i_convert_20170306214233.jpg
 画面正面、市民公園の東は、粘土の採土場が広がっています。

 尾張東部に転居してきてから、ずーっと疑問に思っていた「どうして粘土がいっぱいあるの?」の答えが、山崎晴雄、久保純子著「日本列島100万年史」にありました。

 100万年前まで、東海湖盆という伊勢湾西岸から東濃・三河高原にいたる盆地があったそうです。(今の地形は、1回忘れましょう)
 瀬戸あたりが東の端で、西の端は、養老断層に至ります。

 瀬戸や知多半島付近、伊勢付近が、最初に堆積が進んで、淡水湖が埋められていった感じでしょう。(なお、ときどき聞く、この辺りまで海がきていたということは、痕跡がみられないそうです)


 近くの岡崎は、墓石に使う花崗岩で有名ですが、花崗岩の風化物が、瀬戸、土岐、常滑の谷や低地に堆積して、粘土になったということです。しかも、花崗岩の風化物だけで、混じりものがない良質な粘土(陶土)なので、陶磁器産業につながったわけです。
 まさにガッテン!

IMG_17032358c_convert_20170303215122.jpgクリックで拡大できます

 以上は各論ですが、この本の主題は、日本列島が今日の形になるまでの物語の方で、CGで動画になったら、100回観ても飽きない、壮大な作品になりそうです。
 長くなるので、講談社ブルーバックス「日本列島100万年史」を読んでいただくとして、衝撃を受けたキーワードは、「日本海開裂」です。チマチマした人間世界がばかばかしくなること受け合いです。

951話 「日本列島100万年史」が速読できない - 2017.03.03 Fri

 二日続いた雨で、大きい方の調整池に、少しだけ水が溜まりました。
  IMG_17030226i_convert_20170303215316.jpg

 早速、アオサギと鴨?が、やってきました。スマホ写真で、ボケボケですが・・・
      IMG_17030230i_convert_20170303215332.jpg

 ボケといえば、山崎晴雄、久保純子著「日本列島100万年史」(ブルーバックス、講談社、2017/1/20刊)が速読できません。
 アタマがボケたせいか、ポピュラーサイエンス系の本のはずですが、スーと流せないのです。

      IMG_17032358c_convert_20170303215122.jpg
 270頁の中に、日本列島100万年の大地の歴史を収めているので、情報密度が高く、さらに、新たな概念をサラっと示されているので、集中力が要ります。
 例えば、「未知の活断層などない」と言われても、世俗的な表現にならされている人間ですので、「えぇ~!?」となって、何度も読み返して、そういうことかと、やっと納得できるわけです。
 なので、遅々として進みません。感想については、次回、持ち越しということで。


 頭がボケる個人的な要因として、このところ頭をぶつけすぎるということがあります。(地球科学とは縁がないが)
 たとえば、この枝

   IMG_17030225i_LI_convert_20170303215220.jpg

 近くで見ると、
   IMG_17030224i_LI_convert_20170303215240.jpg
むやみに水平方向に伸びています。足元に段差があるので、サンタ(M.シュナウザー)に気を取られているとオデコに来ます。
ほぼ、月に1回ぶつけます。(帽子が吹っ飛ぶ程度)


 こちらの枝へは、一度ぶつけただけですが、眼鏡を壊しました。経済的な損失が大きかったわけですが、プラスチックのレンズとフレームだったので、頭への衝撃は抑えられました。
IMG_17030231i_convert_20170303215352.jpg

 ひどいのは、これ
IMG_17020192i_convert_20170303224235.jpg
 最近、やったのですが、サンタに引っ張られ、下を抜けようとしてオデコをぶつけました。そして、なぜか後頭部が痛くなりました。衝撃で、脳ミソが頭蓋骨の後ろへぶつかったのでしょうか。
幸い、その後、後遺症的なことは、なにも起きていませんが。


 さらに、深夜、トイレの帰りにベッドの角に頭をぶつけることも、まれにあります。
 その対策として、梱包材の発泡プラスチックの筒を、ベッドの角に貼り付けてみました。効果のほどは、まだ分かりません。

IMG_17032359c_convert_20170303215148.jpg

 どうも、自分のサイズを誤認しているようです。こうなると、豆腐の角が心配です。(「豆腐の角で頭打って死んじまえ」って、言いませんか?)

 政治家の中には、コンニャクの角が心配な人も居そうですが・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dadebeso

Author:dadebeso
愛知県尾張東部在住. 宗教的なものではありませんが,場所の持つ力に関心があります.また,ものごとの起きるタイミングという意味での時の力にも関心があります.そのほか,落語,オーディオは,子供のころからの趣味です.

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

未分類 (12)
場の力 (305)
その他(場の力) (52)
神社仏閣 (36)
散歩;公園など (69)
散歩;池を中心に (51)
地形を楽しむ (51)
地層・断層・地震 (35)
’83中国 (6)
ペルー (5)
時の力 (335)
歴史 (33)
思い出・出来事 (133)
その他(時の力) (169)
トモセラピー(癌治療)体験記 (60)
トモセラピー予後 (28)
再発・転移後 (16)
聴く・観る (110)
落語・美術・演劇など (60)
オーディオ (12)
犬 (49)
犬(生前のポアロ) (39)
犬(サンタ) (7)
モノと評価 (81)
創作 (7)

ご案内

・リンクフリーです。

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

QRコード

QR

カウンター20100713-